UVカット効果の高いアームカバーの選び方

【腕の日焼け対策】UVカット効果の高いアームカバーの選び方

毎日あびる紫外線の積みかさねで、気がつくと腕が真っ黒になっていませんか?

そんなあなたは、UVカット効果の高いアームカバーが欲しいと思っているかもしれません。
 

こみち
顔は万全なのに、腕がこんなに焼けてしまうなんて痛恨のミスだわ。

車の運転や自転車に乗ることが多い人は、とくに腕が日焼けしやすいと思います。

そこで今回は、UVカット効果の高いアームカバーの選び方をご紹介します。

アームカバーには意外なメリットもあるので、夏の必需品といえそうです。

アームカバーのUVカット効果は色や素材で違うの?

少しでも高いUVカット効果のあるアームカバーを選ぶとき、色や素材によって効果に違いがあるのか気になりますよね。

たしかに色には、UVカット効果が高い色とそれほどでもない色があります。では、どんな色や素材なら効果が高いのでしょうか?

UVカット効果が高いのは「黒」と意外な色

UVカット効果が高いアームカバーの色は一般的には「黒」ですが、他にも意外な色が日焼け防止に効果的だと言われています。それは「黄色」です。

ちょっと意外かもしれませんが、ある研究では黄色が一番日焼け防止効果があるという結果が出たそうです。それ以外にも濃い赤や青、茶色などがあります。

しかし!! UVカット加工されているアームカバーなら何色でもそれほどの大差はないとのこと。

とはいえ「白」と「黒」を比べた場合、やはり黒のほうがUVカット効果が高いそうです。なるべく濃い色を選べば良さそうですね。

UVカット効果が高い素材はポリエステルと綿

色で選ぶよりも、UVカット加工されているアームカバーを選ぶことが大切だとわかりました。では素材によってUVカット効果は違うのでしょうか?

アームカバーは「綿」や「ポリエステル」のものが多いようですが、どちらも日焼け防止効果が高いとのこと。

その中でもポリエステルが一番UVカット効果が高いそうです。

光に当てて透けない素材が効果的

素材でアームカバーを選ぶポイントは、綿なら厚手のものがUVカット効果が高いそうです。

考えてみれば当然です。光に当てても透けない素材なら、紫外線を通しにくいですよね。でも厚手のアームカバーなんてつけたら、暑くて耐えられないと思いませんか?

そのことを考えても、やはりUVカット加工されているアームカバーを選ぶと良いでしょう。

これなら使いたい!アームカバーの選び方

アームカバーのデメリットは、何といっても暑いこと。ただでさえ暑くて半袖やノースリーブを着ているのに、そこにアームカバーなんてしたら暑いですよね。

そこで今回は「これなら使いたい!」と思えるようなアームカバーの機能性を中心に選び方をご紹介します。

通気性がよく涼しい・冷感素材

アームカバーの暑さを解決してくれるのが、メッシュ素材で通気性のよいものや、触れるとひんやりしている冷感素材のものです。

これなら見事にアームカバーのデメリットを解消してくれていますね。アームカバーが暑いというのは、もう古いかもしれません。

少しでも涼しいアームカバーを選ぶことで、夏の苦痛から解放させてくれそうです。

汗を吸いとる吸汗性

アームカバーは基本的に暑い屋外で使うので、汗を吸いとる吸汗性にすぐれたものを選ぶと快適に使えます。

でも、大量に汗をかいたり、汗をかき続ける状況の場合には、びしょびしょで蒸れてしまうのが心配ですよね。

蒸れにくい速乾性

すぐに乾く速乾性のある素材なら、汗で濡れても蒸れにくいメリットがあります。

アームカバーを少しでも快適に使うためにも、速乾性のある素材を選ぶことも大切ですね。

ずり落ちにくいフィット感・伸縮性

アームカバーを選ぶときは素材やUVカット効果にばかり目がいきますが、実際に使ってみると「ずり落ちやすい」というデメリットに気づきます。

半袖のシャツを着てロングタイプのアームカバーをする場合、肌がかくれているはずなのに、いつの間にかずり落ちて部分焼けしてしまうこともあります。

そんな事態を防ぐためにも、ずり落ちにくいフィット感のあるアームカバーを選ぶことをオススメします。伸縮性があると尚良いですね。

スポーツタイプのアームカバーならフィット感にすぐれているので、ずり落ちにくい可能性が高いです。

おしゃれなカラーとデザイン性

アームカバーの選び方は、やっぱりカラーやデザイン性も捨てがたいですよね。おしゃれな人はファッション性にもこだわりたいはずです。

最近はレースがほどこしてある女性らしいデザインのアームカバーや、シルク素材で高級感のあるアームカバーなど、いろいろなタイプがあります。

あなたの好みに合ったアームカバーがきっと見つかりますよ。

アームカバーの効果的な使い方と便利な使い方

アームカバーの選び方をご紹介したので、効果的なアームカバーの使い方をご紹介します。日焼けだけではない便利な使い方もあるので、ますます欲しくなっちゃうかもしれませんね。

日焼け対策に効果的な使い方は「日焼け止めとの併用」

日焼け対策として効果的なアームカバーの使い方は、日焼け止めを塗った後にアームカバーをつけることです。

「なんだ、それなら日焼け止めだけ塗ればいいじゃない」と思う人も多いと思います。でも、日焼け止めは100%紫外線を防いでくれるわけではありません。

もちろんそれはアームカバーも同じこと。どちらも完ペキじゃないなら、両方使うことで効果的に日焼け対策ができるということなのです。

意外と便利な使い方は「冷房の寒さ対策」

アームカバーのメリットは、日焼け対策だけではありません。夏の室内は冷房で寒いくらいに冷えていることも多いですよね。

女性に冷えは大敵なので、カーディガンなどを持ち歩いて冷え対策をしている人も多いかもしれません。でもカーディガンって意外とかさばって邪魔になることはありませんか?

いちいち脱ぎ着しないといけないのも面倒ですよね。そこでアームカバーの意外な使い方は「冷房の寒さ対策」として持ち歩くことです。

◆コンパクトで持ち運びやすいのがメリット

アームカバーはカーディガンよりもはるかにコンパクトですし、そもそも暑い屋外で使用しているので、冷房の利いた室内に入っても脱ぎ着する必要はありません。

カバンの中に入れてもかさばらないし、ちょっとだけ暑いなら袖をまくればOKです。アームカバーは意外と使い勝手が良いので手放せなくなりますよ。

手の甲の日焼け対策には手袋タイプ

腕はアームカバーでしっかり日焼けを防げても、手の甲や指先は意外と焼けて黒くなってしまうことってありますよね。それを防ぐためには、手袋タイプのアームカバーがオススメです。

手の部分に滑り止めがついていると、車の運転や自転車に乗ることが多い人でも安心です。

◆手袋だけ別々になっていると便利

手袋タイプのアームカバーは指先までガードしてくれますが、トイレに行くときや手を洗うときなどはアームカバーを外さないといけません。これって、意外と面倒なんですよね。

そこでオススメなのはアームカバーは普通のタイプを使って、手袋だけ別々にするとサっと外せて便利です。また手の部分は何かと汚れやすいので、別々に洗濯できるのも便利ですね。

アームカバーは日焼け対策に必須!UVカット効果が選び方のポイント

UVカット効果の高いアームカバーの選び方や便利な使い方についてご紹介しました。

意外な使い方もあったので、夏だけにとどまらず春秋にも使えますね。
 

こみち
こみちの一言コラム

アームカバーは日焼け対策に必須のアイテム。

UVカット効果が選び方のポイントですが、便利な使い方でアームカバーの幅が広がるかもしれません。

スポンサーリンク