M字ハゲの進行は止められるの?生え際の薄毛の原因と対策

M字ハゲの原因と進行を止める対策

「最近、前髪が薄くなってきた気がする」「鏡を見たら、おでこが広くなっていた」そろそろ薄毛が気になってきたという男性は多いのではないでしょうか?

前髪の生え際から薄くなるM字ハゲは、前髪で隠れていると気づかないうちに進行してしまうことも多いようです。
 

こみち
風で前髪が上がったときに、男性の生え際が薄くなっているのを見たことがあるわ。

M字ハゲに気づくと、どうしても前髪で隠したくなりますよね。でもそれがM字ハゲを目立たせる原因になってしまうこともあるのです。

そこで今回は、M字ハゲの進行を止めることはできるのか、またM字ハゲの原因と対策をご紹介していきます。

どうせ治らないとあきらめていた人も、ぜひチェックしてみてくださいね。改善できる道が開けるかもしれませんよ。

もしかしてM字ハゲ? 前兆とチェック方法

髪の量が薄くなってきたような気がする人は、自分がM字ハゲなのかどうか気になりますよね。そこでM字ハゲの前兆とチェック方法をご紹介します。

前髪が少なくなってきた

M字ハゲの前兆は、前髪が少なくなってくることです。手で前髪をかき上げたときに「何となく少なくなったような……」と感じている人は、もしかしたらM字ハゲになりかけているのかもしれません。

シャンプーのときに抜け毛が増えたり、朝起きたときに枕に髪の毛がついていた経験がある人は、M字ハゲに限らず薄毛の前兆かもしれません。

前髪が柔らかくなって髪型がうまく決まらない

M字ハゲの前兆は、前髪が柔らかくなったと感じることです。髪の成長には「毛周期」というサイクルがあり、そのサイクルが正常であれば普通に健康な髪の毛が生えています。

しかし毛周期が乱れてくると、髪が生えてから抜けるまでの期間が短くなり、まだ充分に成長していない髪が抜け落ちてしまいます。

そしてまた髪が生えてくるのですが、しっかりと成長した髪ではないため、手触りが柔らかくなったと感じるのです。

また朝のヘアセットのときに、髪型がうまく決まらなくなったと感じている人は、もしかしたらM字ハゲの初期段階かもしれません。

頭頂部から生え際までが2センチより短い

自分がM字ハゲかどうかをチェックする方法は、頭頂部から前髪の生え際までの距離が2センチより短いことがM字ハゲの基準になります。

頭頂部から生え際と言われても、どこの部分がわからないですよね。以下の絵をご覧ください。


画像:https://www.veriteclinic.or.jp

頭のてっぺんのラインから前髪の生え際にメジャーなどを当てて計れば、2センチ以上で正常な範囲なのか、2センチ以下でM字ハゲになっているのかがわかります。

怖いかもしれませんが、M字ハゲかチェックするために計ってみてくださいね。現実を受け入れて早めの対処をするほうが、将来のためになりますよ。

生え際の薄毛(M字ハゲ)の原因とは?

前髪の生え際が薄くなってくるM字ハゲは、どのような原因で起きるのでしょうか? 原因がわかれば、M字ハゲを食い止めることができるかもしれません。

AGA(男性型脱毛症)の可能性が高い

M字ハゲの原因のほとんどは、AGA(男性型脱毛症)だと言われています。AGAとは、男性ホルモンの分泌が多くなり、ホルモンバランスが崩れることで薄毛になる症状のことです。

男性の薄毛はほとんどがこのAGAだと言われていて、とくに「前髪の生え際」と「頭頂部」の薄毛はAGAの特徴となっています。

AGAは進行性の薄毛なので、原因となる行動を改善することも大切です。
 

◆AGAの原因は「遺伝」と「生活習慣」

では、AGAになる原因とは何なのでしょうか? 大きく関係しているのは「遺伝」と「生活習慣」だと言われています。

遺伝の場合は、母方の家系に薄毛の人がいると、あなたも薄毛になる可能性が高いと言えます。

また生活習慣もAGAに大きく関係していて、食生活が乱れていたり、ストレスがたまったりしているとAGAになりやすいと言われています。

頭皮の血行不良

M字ハゲの原因は、頭皮の血行が悪いことで起こりやすいと言われています。頭皮の血行が悪くなる原因は、以下のようなことです。

  • 眼精疲労
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • タバコを吸っている
  • お酒をよく飲む

 
スマホやパソコンを使う時間が長い人は眼精疲労になっている可能性が高く、目の疲れがたまると頭皮の血行が悪くなりやすいです。そのためM字ハゲになる可能性が高くなります。

またストレスや睡眠不足、運動不足などの生活習慣の乱れが、M字ハゲの原因になると言われています。

さらに嗜好品である「タバコ」や「お酒」が多い人は、頭皮の血行が悪くなりやすいので、できるだけ控えましょう。

頭皮環境の悪化

M字ハゲの原因は、頭皮環境が悪化していることが関係しています。頭皮環境が悪くなる原因として考えられるのは、次のようなことです。

  • 食生活の栄養が偏っている
  • シャンプー選びと洗い方が悪い
  • 紫外線ダメージを受けている

 
食生活の栄養が偏っていると、充分な栄養が頭皮に届けられなくなり、頭皮環境が悪化しやすくなると言われています。

またシャンプーの種類が洗浄力の強い「高級アルコール系」だと、頭皮の皮脂を取りすぎて乾燥を招き、結果的に頭皮環境が悪化してしまう場合があります。

さらに紫外線対策を何もせずに外に出ていると、紫外線ダメージを頭皮が受けて頭皮環境が悪化する場合もあります。

頭皮環境を改善するには、これらの原因を改善していくことが大切です。頭皮にやさしいシャンプーを使ったり、栄養バランスの良い食事を摂ることも大切です。

外に出るときは帽子をかぶるようにするなど、紫外線対策をすることも大切です。

M字ハゲの進行は止められるの?

M字ハゲの前兆やチェック方法、原因をご紹介しましたが、M字ハゲの進行を止めることはできるのでしょうか? 早く対策を始めれば、進行を遅くすることは可能です。

AGAの治療を早くすれば治る可能性が高い

M字ハゲの原因としてもっとも多いのが「AGA」です。AGAは進行性の薄毛なのですが、進行を止めることは可能なのでしょうか?

AGAを治すには、専門のクリニックで内服薬や頭皮への施術などを行ってくれます。AGAの専門クリニックは多数あり、治療も早めに始めれば治る可能性が高くなります。

M字ハゲが進行すると頭頂部の薄毛もミックスされてくるので、そうなる前に早めの対処(治療)をすることが進行を食い止めるための大切なポイントになります。

生活習慣を見直して健康になれば進行が遅くなる

M字ハゲの進行を止めるには、生活習慣を見直して健康になる生活を送ることが大切です。

「健康とM字ハゲは関係あるの?」と思うかもしれませんが、実は大アリです。体が健康であることは、頭皮環境や薄毛に大きく関係しているのです。

とくに頭皮に栄養を届けるための「食事」と、髪の成長を促す「睡眠」はしっかりと見直して健康的な生活を送ることで、M字ハゲの進行を遅らせることができます。

このような生活習慣は、M字ハゲに限らず薄毛対策として有効なので、ぜひ心がけておきたいですね。

初期なら頭皮環境を改善すれば間に合うかも

初期のM字ハゲであれば、頭皮環境を改善することで進行を止めることができるかもしれません。病気でも同じですが、初期の段階で発見して対処すれば治る可能性があります。

M字ハゲはAGAが原因である場合がほとんどなので、AGA治療をはじめるのも早いほうが良いでしょう。

初期の段階で気づけた人は幸運です。今すぐに自分でできるセルフケアと、生活習慣を見直して健康になることを心がけましょう。

M字ハゲの対策

ではM字ハゲの対策としては、具体的にどのようなことをすれば良いのでしょうか? AGAの治療をするとしても、日頃の生活の仕方によって改善できるかどうかが変わってきます。

育毛剤での頭皮マッサージ

M字ハゲの対策には、育毛剤を使った頭皮マッサージをするのが効果的です。育毛剤は毛が生えてくる発毛剤とは違いますが、早い段階で使うほど高い効果が期待できます。

初期の薄毛には高い効果を発揮してくれるのが育毛剤なのです。それにプラスして頭皮の血行を良くする頭皮マッサージをすれば、M字ハゲの進行を止めることができるかもしれません。

育毛剤で頭皮マッサージをするメリットは、以下の3つです。

  • 頭皮の血行を良くして、毛根に栄養を届ける
  • 頭皮の毛穴の皮脂づまりや汚れをキレイにして、毛根を元気にする
  • 頭皮を柔らかくして、毛が成長しやすい環境をつくる

 
M字ハゲの対策をするには、頭皮の血行を良くすることがとにかく大切です。頭皮の血行が良くなれば、次々と他の部分も改善されていくことが期待できます。

頭皮環境を健やかに保ち、M字ハゲの進行を遅らせるにはどのような頭皮マッサージをすれば良いのでしょうか?

◆効果的な頭皮マッサージのやり方

M字ハゲは、髪の生え際である「前頭部」の抜け毛が増える症状です。そのため前頭部を中心にして、頭皮が硬くなりやすい「頭頂部」まで頭皮マッサージをしていきましょう。

頭皮マッサージをする効果的なタイミングは、以下の3つです。

  • シャンプー前に皮脂や汚れを浮かせるオイルマッサージをする
  • シャンプー中に血行を促進しながら頭皮の汚れを落としていく
  • ドライヤーの前に育毛剤で頭皮に栄養を与えながら血行を良くしていく

 
このように3つのタイミングで頭皮マッサージをすることで、頭皮環境がどんどん改善されていくことでしょう。

頭皮マッサージのやり方は、指の腹で頭皮を押しながら、頭皮を動かすようなイメージでクルクル押し回すのが効果的です。頭皮を柔らかくするように、やさしく揉みほぐしましょう。

少しだけ面倒ですが、気持ちいいので苦にはならないはずですよ。頭皮をいたわるようにマッサージしてあげましょう。

生活習慣を改善する

M字ハゲの対策は、生活習慣を改善することがとっても重要なポイントです。とくに「食事」と「睡眠」を見直して、生活習慣を整えていきましょう。

食事は栄養バランスの良い食生活をするのは大前提ですが、とくに摂りたい栄養は以下の通りです。

  • タンパク質……皮膚を丈夫に健康にする
  • ビタミン……血行を良くして代謝を促す
  • ミネラル……ホルモンバランスを整える

 
タンパク質は肉や魚のことですが、あまり脂質が多いタンパク質を摂ると頭皮の皮脂が増えてしまうので気をつけましょう。

ビタミンやミネラルは種類がたくさんあるので、何を食べれば良いのか限定するのはむずかしいですが、頭皮の血行を良くしたり、ホルモンバランスを整えるので大切な栄養です。

栄養バランスの良い食事をするためには、いろいろな食べ物を少しずつ食べると良いでしょう。偏った食事にならないように気をつければ、自然と栄養バランスが整います。

また睡眠は長く寝れば良いのではなく、睡眠の質が大切です。良質な睡眠をとることで成長ホルモンの分泌が活発になり、髪の毛の成長や頭皮環境を整えることにつながります。

ストレスや疲れがたまるとM字ハゲが進行する可能性が高くなるので、良質な睡眠を7時間くらい取れるようにすると良いでしょう。短くても長すぎてもダメです。7時間くらいがベストです。

正しい頭皮ケアをする

M字ハゲの対策は、正しい頭皮ケアをすることが大切です。正しい頭皮ケアというのは、頭皮に刺激を与えないことです。

たとえば整髪料をシャンプーでしっかり落としきれていなかったり、シャンプーで頭皮をゴシゴシこすってしまったりすることで、頭皮に負担がかかります。

頭皮に負担がかかるとM字ハゲの進行が早まってしまうので、なるべく頭皮に刺激を与えないことが大切です。

シャンプーは洗浄力が強すぎないマイルドなものを選んだり、頭皮の汚れをしっかりと落とすことなどが正しい頭皮ケアのポイントです。

眼精疲労・首こり・肩こりを改善して血行促進

M字ハゲの対策をするなら、眼精疲労などの目の疲れは早めに解消しておくことが大切です。スマホやパソコンを長時間使う人は、眼精疲労による薄毛の可能性があるからです。

眼精疲労や首こり、肩こりなどは頭皮の血行を悪くすることにつながるので、できるだけ早めに解消しておくようにしましょう。

お風呂に浸かって首こりや肩こりを解消するのも効果的ですし、目の疲れには冷やしたり温めたりすると効果的です。目を酷使した後は冷やしたほうが良い場合が多いです。そのときの状況によって、冷やすか温めるかどちらが効果的か見極める必要があります。

タバコとお酒はほどほどにする

M字ハゲの対策は、タバコとお酒を控えることです。タバコは血行を悪くするので頭皮環境に良くありませんし、お酒は皮脂を増やしたりホルモンバランスを崩す原因になるのでほどほどにしましょう。

ストレスを解消することは大切ですが、タバコやお酒以外のことでストレス解消の方法を見つけましょう。

タバコもストレスもビタミンCを大量に消費してしまうので、頭皮の皮脂分泌が多くなり、頭皮環境が悪化しやすくなってしまいます。

M字ハゲを食い止めるためにも、タバコとお酒はほどほどの量にとどめておくことが大切です。

早めの対策でM字ハゲの進行を食い止めよう!

M字ハゲの進行を止めることはできるのか、またM字ハゲの原因と対策をご紹介しました。

早めの対策をすることで、M字ハゲの進行を食い止めることが可能です。生活習慣の改善や頭皮ケアで、M字ハゲの対策をしていきましょう。
 

こみち
こみちの一言コラム

M字ハゲの原因は、ほとんどがAGAによる薄毛です。

早めの対策をすることで、M字ハゲの進行を止めることができる可能性が高くなりますよ。

スポンサーリンク