40代のシミ・クマに効くアイクリームの選び方と効果的なエイジングケア

40代の年齢肌にはシミ・クマに効くアイクリームでエイジングケア!

40代になると、何かとお肌の悩みが出てきますよね。大人ニキビや乾燥による小ジワなども気になりますが、シミやクマだけは何とかしたいと思う人も多いのではないでしょうか?
 

こみち
若い頃に日焼けしたツケがとうとう回ってきたという感じかしら。最近は目元にファンデーションが乗らなくなってきたような気もするわ。

40代のお肌を若返らせるためには、目元専用のアイクリームで保湿ケアするのが効果的です。

そこで今回は、40代のシミ・クマに効くアイクリームの選び方をご紹介します。

シミやクマ、肌のくすみを消して、輝くような透明感のある肌を手に入れましょう!

40代のシミ・クマはアイクリームでエイジングケアするのが効果的!

40代のシミは、おもに過去に浴びた紫外線の影響が加齢とともに現れてきている状態です。とくに顔の目立つ部分である「頬骨のあたり」や「目元」などにできてしまうことが多いですよね。

また目元のクマには種類があり、「茶クマ」「黒クマ」「青クマ」に分かれています。

  • 茶クマ……紫外線が原因の色素沈着によるもの。美白成分配合のアイクリームが効果的。
  • 黒クマ……肌のたるみによる影によるもの。保湿成分配合のアイクリームが効果的。
  • 青クマ……血行不良によるものが多い。肌のターンオーバーを活発にすることが効果的。

 
40代のシミやクマを改善するには、アイクリームでエイジングケアするのが効果的です。

目元は顔の中でもとくにデリケートな部分なので、普通のフェイスクリームではなく、目元専用のアイクリームでケアすることが大切です。

40代から急激に肌が老化する原因

40代になると、急激に肌が老化していくことに焦りを感じている人も多いのではないでしょうか? 若い頃は「肌がキレイ!」と言われた美肌自慢の人も、急激に老化が加速していく年代です。

でも、加齢とともに肌が老化していくのは、仕方のないことだとあきらめるのはまだ早いですよ。まずは40代の肌老化の原因について見ていきましょう。

コラーゲン・エラスチンが急激に減少する

40代から急激に肌が老化する原因は、肌に弾力やハリを持たせる「コラーゲン」や「エラスチン」が減少してしまうからです。これらの成分は、若々しい肌を保つのに必須の美肌成分。

でも残念ながら、加齢とともに減っていってしまうのです。コラーゲンやエラスチンが減ると、肌に水分を保持することができなくなり、肌の乾燥が急激に進行してしまいます。

するとシミやクマだけでなく、小ジワやたるみなども出てきて、メイクのノリも悪くなっていきます。これを改善する方法は、保湿ケアを入念にすることが大切です。

ターンオーバーが乱れて、肌の乾燥が加速する

40代になると、次第に肌の新陳代謝であるターンオーバーが乱れていきます。体の新陳代謝が低下して太りやすくなっていくように、肌の新陳代謝も低下してしまうのです。

ターンオーバーが乱れると、新しくキレイな肌に生まれ変わることができなくなり、肌表面に古い角質がどんどんたまっていきます。

先ほどのコラーゲンやエラスチンが減ってしまうのも、ターンオーバーが乱れる原因の1つ。そして古い角質がたまり続けると、肌がゴワゴワになり乾燥が急激に加速します。

肌が乾燥すると、外的刺激から守る「バリア機能」も低下して、シミができやすくなってしまうのです。これを改善する方法も、やはり保湿ケアが1番効果的です。

アイメイクによる色素沈着が目元に残る

メイクにも流行りがありますが、若い頃は「ラメ」や「パール」などのキラキラメイクをしていた人も多いのではないでしょうか? わたしも、その1人です。

毎日頑張ってバッチリメイクをしていた人も、年齢を重ねるごとにその影響が出てきてしまいます。じつはラメやパールは金属製の物質なので、肌に刺激を与えます。それがシミやクマの原因になってしまうこともあるんだとか。

また昔はブルーのアイシャドウが流行りましたが、濃い色のアイシャドウは色素沈着しやすいので、目元のシミやクマなどの原因になりやすいです。

キレイになるためにやっていた努力が、まさか10年以上たって肌を老化させるなんて、あの頃は考えもしなかったですよね。

40代の肌老化を止めるには保湿が大事

40代になると肌老化が急激に加速する原因がわかりましたが、この肌老化を止める方法は何かあるのでしょうか?

1番の対策としては、「保湿ケア」しかありません。肌のターンオーバーを正常にするにも、色素沈着を排出するにも、肌が潤っていないと何も効果が得られないのです。

40代の肌老化を止めるエイジングケアで1番大事なのは、保湿することだと是非ここで覚えておいてくださいね。

「わたしは乾燥よりも皮脂のベタつきのほうが気になる」という人も、実は乾燥が原因の場合が多いです。

30代後半くらいから皮脂が多くなり、大人ニキビが増えてきた人は、肌の表面はベタついているのに、肌の内部が乾燥している「インナードライ肌」の可能性が非常に高いのです。

これにもやはり保湿ケアが何よりも大事なのです。肌表面がベタついていると、どうしても洗顔を一生懸命やるだけで保湿がおろそかになってしまいます。これが乾燥を悪化させる原因になります。

インナードライは、肌内部が乾燥しているのをおぎなうために皮脂が過剰分泌している状態なので、しっかり保湿することで肌のベタつきがなくなるという不思議な現象が起きるので、ぜひ保湿を入念にやってみてください。

40代のシミ・クマに効くアイクリームの選び方

では、40代のシミやクマに効くアイクリームの選び方をご紹介します。目元はとくに乾燥しやすい場所なので、シミやクマ以外にも小ジワができている人もいるかもしれません。

そうなるとファンデーションがシワに落ち込んでしまい、カサカサ感が目立ってしまいますよね。それを改善してくれるのが「目元専用のアイクリーム」なのです。効果的なアイクリームの選び方をご紹介していきます。

美白効果のある成分

40代のシミやクマに効くアイクリームの選び方は、美白効果のある成分が配合されているものを選ぶと良いでしょう。シミは色素沈着がおもな原因なので、美白成分がよく効きます。

また茶クマも紫外線が原因の色素沈着なので、アイクリームの選び方としては美白成分は欠かせないポイントです。

オススメの美白成分は、「ビタミンC誘導体」です。ビタミンCは美肌や美白効果の代表的な成分ですが、そのままでは肌に浸透しにくいのでビタミンC誘導体に変化させた成分が効果的です。

ビタミンCはコラーゲンの生成を助けるはたらきがあるので、年齢とともにコラーゲンやエラスチンが減少するのを防ぎ、肌にハリと弾力を持たせる効果もあります。

高保湿の効果がある成分

40代のシミやクマに効くアイクリームの選び方は、高保湿成分が配合されているものを選ぶと良いでしょう。何度も言っていますが、40代のスキンケアはとにかく保湿が大事。

本当に大切なことなので、しつこいくらいに言います。40代の肌トラブルには色々ありますが、どんな肌トラブルも保湿で解決できると言っても過言ではありません。

とくに効果的な高保湿成分は、「セラミド」や「ヒアルロン酸」です。これらは肌にもともとある成分ですが、やはり加齢とともに失われていく成分なので補給することが大切です。

肌内部の弾力を取りもどす成分

40代のシミやクマに効くアイクリームの選び方は、肌内部の弾力を取りもどす成分である「エラスチン」や「コラーゲン」配合のものを選ぶと良いでしょう。

エラスチンは肌の真皮層にある成分で、40代を過ぎると急激に減少してしまうと言われています。エラスチンがコラーゲンやヒアルロン酸を抱え込むことで、肌にハリや弾力を保つことができます。

目元はとくに皮膚がうすく乾燥しやすい場所なので、コラーゲンやエラスチンが不足しがちです。そのためこれらの成分配合のアイクリームを使うことで弾力を取りもどしましょう。

低刺激で肌にやさしい成分

若い頃から肌の悩みはとくになく、健康で元気な肌だった人も、40代になると刺激に弱くなってしまうことが多いです。そのため自覚がないまま肌の刺激になっているスキンケアを続けてしまうこともあるのです。

とくにアイクリームを選ぶときは、低刺激で肌にやさしい成分を選ぶことがオススメです。目元はデリケートなので、とくに注意して成分をチェックしてみると良いでしょう。

「じゃぁ、低刺激のフェイスクリームでもいいの?」と思うかもしれませんが、フェイスクリームよりもアイクリームのほうが肌にやさしい成分で作られているので、目元専用のアイクリームを使うことをオススメします。

柔らかめのテクスチャーが伸びやすく肌に浸透しやすい

アイクリームはテクスチャーにもこだわって選びましょう。硬いクリームだとデリケートな目元の皮膚に負担がかかってしまい、シワが増える原因になることもあります。

そのため柔らかめのテクスチャーを選ぶことが大切です。柔らかめのアイクリームなら伸びがよく、肌に浸透しやすいため保湿効果もバツグンです。

いくら効果的な成分が配合されていても、肌に浸透しないのでは意味がありません。肌に浸透しやすく保湿効果の高い柔らかめのテクスチャーを選びましょう。

40代のシミ・クマに効くアイクリームの効果を高めるエイジングケア

40代のシミやクマを消すアイクリームの選び方をご紹介したので、どんな成分が効果的なのかわかったと思います。

では次に、シミやクマに効くアイクリームの効果を高めるスキンケア方法をご紹介しましょう。エイジングケアには欠かせない要素ですよ。

エイジングケアで一番大事なのは「保湿ケア」

何度も言っているように、40代のエイジングケアで一番大事なのは「保湿」です。まずは保湿ケアを充分におこなってから、美容成分などを使うことでより浸透しやすくなります。

皮脂が多くベタついている人も、40代のお肌は内部が乾燥している可能性があります。これをインナードライ肌といいますが、ベタつくので皮脂を取ることばかり考えてしまいますよね。そのため洗顔を1日に何度もやってしまうと乾燥が悪化するのでご注意ください。

アイクリームで保湿するのはもちろんですが、アイクリームを塗る前の保湿ケアをしっかりすることが大切です。化粧水と美容液を顔全体になじませて、しっかりと保湿をしてからアイクリームを使いましょう。

アイクリームを塗った後は、乳液や保湿クリームでしっかりとカバーすることが大事。これで保湿は完ぺきです。色々塗るのでお金も手間もかかりますが、これが40代のシミやクマをケアする最善の方法です。

睡眠をしっかりとって「ターンオーバー活性化」

40代のシミやクマに効くアイクリームの効果を高めるスキンケアは、ターンオーバーを活発にして肌を生まれ変わらせることが大切です。

肌のターンオーバーを活発にするには、体の新陳代謝をアップさせることも大事なので、運動をして血行を良くすることも効果的です。

でもそれよりもお肌のエイジングケアに直結する方法があります。それは「睡眠をしっかりとること」。睡眠不足は美肌の大敵です。

ターンオーバーが活発におこなわれる時間帯である22~2時の間に熟睡していると、成長ホルモンが多く分泌されてお肌をキレイにしてくれます。

大人ニキビやシワやたるみ、乾燥やシミ・クマなどのあらゆる40代の肌トラブルを解消してくれる効果があるので、睡眠はおろそかにしないようにしましょう。

良質な睡眠によって肌状態が良くなれば、アイクリームの浸透力もアップします。

温めて「浸透力を高める」

40代のシミやクマに効くアイクリームの効果を高めるエイジングケアは、アイクリームを塗る前に肌を温めることです。肌を温めることで毛穴が開き、アイクリームが浸透しやすくなります。

またアイクリームを塗った後のお肌を温めることも効果的です。蒸しタオルなどを使って顔を温めても良いですし、お風呂上がりのスキンケアでアイクリームを塗るのも良いでしょう。

見た目年齢はアイクリームで効果的にエイジングケア

40代のシミやクマに効くアイクリームの選び方や、効果を高めるスキンケア方法などをご紹介しました。

見た目年齢は40代になると急激に進行します。それを食い止めてくれるのが、アイクリームによるエイジングケアなのです。
 

こみち
こみちの一言コラム

40代の目元のシミやクマは、アイクリームで効果的にエイジングケアをしましょう。

効果的なアイクリームは有効成分で選び、保湿ケアをしっかりすることでシミやクマを改善する効果がさらに高まりますよ。

スポンサーリンク