髪の紫外線対策|紫外線から守るトリートメントの効果と使い方

紫外線ダメージから髪を守るにはトリートメントが必須!

顔や体の「肌」は紫外線対策をしているのに、「髪」には何もしていない人が意外と多いのではないでしょうか?

肌が紫外線を浴びると、「乾燥」「シミ」「しわ」などの原因になりますよね。
髪は、肌の3倍も紫外線ダメージを受けていると言われているので、髪こそ紫外線対策が必要なのです。
 

こみち
最近、髪のパサつきが気になるけど、もしかして紫外線のせいなのかしら。

髪を紫外線から守るには、トリートメントが効果的です。
今回は、「トリートメントの効果」と「紫外線対策に効果的な使い方」をご紹介します。

紫外線の髪への影響とは?

紫外線を受けると、髪にはどのような影響があるのでしょうか?
肌の紫外線対策は万全でも、髪が無防備な状態になっていたら大変です。髪は、肌の3倍も紫外線ダメージを受けると言われています。

  • 枝毛や切れ毛が増える
  • 白髪が増える
  • 乾燥してパサパサになる
  • 頭皮も乾燥して、髪の成長を妨げる
  • 抜け毛や薄毛の原因になる
  • 髪の色が抜けて、茶色っぽくなる

 
髪が紫外線を受けると、このようにさまざまな悪影響を及ぼします。
「髪が茶色くなるなら、別にいいかな」と思う人もいるかもしれませんが、この場合は「髪が傷んでいる」ので、決してキレイな状態ではありません。

自然な茶髪になっても、パサパサだと意味がありませんよね。
また、頭皮も紫外線のダメージを受けるので、抜け毛や薄毛の原因に。女性にとって大切な髪を守るには、頭皮環境を整えることも重要なポイントです。

では、髪を紫外線から守るトリートメントの効果とは、どのようなものなのでしょうか?

髪の紫外線対策|紫外線から守るトリートメントの効果とは?

髪を紫外線ダメージから守ってくれるのは、「トリートメント」です。
しかも、守るだけでなく「傷んだ髪を補修」までしてくれるので、この効果を利用しないと損ですね。

では、具体的にどのように紫外線から髪を守ってくれるのか、トリートメントの効果を見ていきましょう。

髪の内部のダメージを補修する

トリートメントは、リンスやコンディショナーと違って、髪の内部から補修してくれるのが最大のメリットです。
ほとんどのリンスやコンディショナーは、髪の表面のダメージは補修してくれるものの、内部まではあまり効果がありません。

トリートメントなら、枝毛や切れ毛で傷んだ髪も、内部からディープトリートメントしてくれる効果があります。
しっかりと髪に浸透させることで、トリートメント効果がアップしますよ。

髪を保湿して、さまざまな刺激から守る

髪の紫外線対策をするなら、保湿効果のあるトリートメントが効果的です。水分量が充分にある髪は、外部のさまざまな刺激に強くなる特徴があります。

また紫外線を浴びてしまった髪の補修にも、保湿効果の高いトリートメントは効果的です。
肌も髪も、紫外線を浴びると乾燥しやすくなり、その乾燥が更なるダメージを引き起こすのです。

髪をコーティングして日焼けを防ぐ

トリートメントには、髪をコーティングして、日焼けを防止する効果があります。
何もつけていない無防備は髪は、紫外線を浴びることで、髪の内部を守っている「キューティクル」が剥がれてしまいます。

でもトリートメントをつけると、髪をコーティングすることで、紫外線をはじめとする外部刺激から髪を守ることができるのです。

白髪や抜け毛など、髪の老化を防ぐ

髪の紫外線対策は、白髪や抜け毛などの「髪の老化」を防ぐ効果もあります。

白髪の原因は、髪を黒くする「メラニン色素」が足りない状態です。これは、紫外線ダメージにより、メラニン色素をつくり出す「メラノサイト」が破壊されてしまったからです。

また、髪に紫外線を浴びたということは、頭皮も日焼けしてダメージを受けている証拠。そうすると髪の成長の妨げになり、抜け毛や薄毛の原因になります。

そこで活躍してくれるのが「トリートメントの効果」です。シャンプー後にトリートメントをつけておくと、髪に栄養が届きやすくなり、元気で美しい髪をつくることができます。

髪を紫外線から守るトリートメントの使い方

では、紫外線対策に効果的な「トリートメントの使い方」をご紹介しましょう。髪を紫外線から守るには、トリートメントを正しく効果的に使うことが大切です。

洗い流すトリートメントをしっかりと浸透させる

トリートメントには、「洗い流すトリートメント」と「洗い流さないトリートメント」の2種類があります。

洗い流すトリートメントとは、いわゆる「インバストリートメント」のことで、シャンプー後にお風呂の中でやるトリートメントのこと。

洗い流すトリートメントは、時間をおいてしっかり浸透させないと、充分な効果が得られません。

そのため、ちょっと面倒だと感じる人もいるかもしれませんね。その場合は、「洗い流さないトリートメント」がオススメです。

洗い流さないトリートメントでダメージを食い止める

洗い流さないトリートメントとは、洗髪後の濡れた髪につけるトリートメントのこと。
乾いた髪にも使えるタイプもあるので、使用法をよく確認してから購入すると良いでしょう。

洗い流さないトリートメントの効果は、ゆっくりと浸透していくことで、ダメージを補修する効果が高いことです。
そのため、これ以上のダメージを食い止め、紫外線対策としても効果的です。

ドライヤーの後に少量のトリートメントを

ドライヤー前に洗い流さないトリートメントをつけて、ドライヤー後にも少量のトリートメントをつけると、効果的なダメージ補修ができます。

紫外線ダメージと同様に、ドライヤーにも熱ダメージがあります。髪を乾かした後はキューティクルが広がった状態なので、トリートメントでキューティクルを収めることが効果的です。

朝のスタイリングで洗い流さないトリートメントを

洗い流さないトリートメントは、朝のスタイリング時にも使用できるのがメリットです。乾いた髪にも使えるタイプの洗い流さないトリートメントを購入しましょう。

朝は、これから紫外線を浴びるので、しっかりと髪の紫外線対策が必要です。
また、髪のパサつきや広がりをキレイにまとめてくれるので、サラサラで艶やかな髪で外出できますよ。

トリートメントの代用で「オイル+日焼け止めスプレー」

洗い流さないトリートメントの代用として使えるのが、「美容オイル」です。髪に効果的でベタつかないオイルといえば、「ホホバオイル」「あんず油」「馬油」がオススメです。

椿オイルもオススメですが、あんず油や馬油のほうがサラっとしたつけ心地を実感できます。
これらのオイルには「日焼け止め効果」もあるので、とっても便利で効果的な美容オイルなんです。

ただ、オイルだけでは完璧な紫外線対策にはならないため、日焼け止めスプレーをプラスして使用すると良いでしょう。

髪用の日焼け止めスプレーを使った後は、しっかりとシャンプーで洗い流すことも大切ですよ。

日焼けした髪の対処法・ケア方法

では、日焼けしてしまった髪には、どのような対処法が効果的なのでしょうか?
傷んだ髪を効果的にケアする方法をご紹介します。

髪にダメージを与えないブラッシング

紫外線ダメージを受けた髪は、髪の内部を守る働きのある「キューティクル」が剥がれた状態です。
その状態でブラッシングをすると、更なるダメージを引き起こし、補修するのが大変になります。

そのため、紫外線を浴びた後の髪には、やさしくブラッシングすることが大切です。
できれば髪にやさしい素材のブラシを使うと良いでしょう。

髪にやさしいシャンプーで洗う

日焼けした後の髪をシャンプーするなら、刺激の少ない「髪にやさしいシャンプー」で洗うのが大切です。

とくにNGなのは、「高級アルコール系シャンプー」です。
アルコールは髪を乾燥させるので、紫外線でダメージを受けた髪をパサパサにしてしまう可能性があります。

そこでオススメなのが、マイルドな洗浄力の「アミノ酸系シャンプー」です。
アミノ酸系シャンプーは髪に必要な栄養を与えながら、やさしく汚れを落としてくれるのでオススメです。

「お湯の温度・やさしく洗い流す」に気をつける

紫外線ダメージを受けた髪への対処法は、とにかく刺激を与えないことが大切です。
そのため、シャンプーや洗い流すときの「お湯の温度」や「洗い方」に気をつけることです。

お湯の温度が高いと髪を乾燥させてしまうので、ぬるま湯で洗い流すようにしましょう。
また、なるべく髪をこすらないようにして、やさしく洗い流すことが大切です。

インバストリートメントでヘアパック

紫外線ダメージ受けた髪への対処法は、お風呂の中でヘアパックをするのが効果的です。

洗い流すタイプのトリートメントをつけたら、髪全体を覆うように「蒸しタオル」をかぶせましょう。

そのまま湯船に浸かりながら、10~20分おきます。

そして、やさしくぬるま湯で洗い流します。トリートメントが残らないように、しっかり洗い流すのがポイントです。

ドライヤー前にオイルで頭皮を保湿

紫外線ダメージを受けた髪への対処法をご紹介していますが、頭皮ケアも大切です。

日焼けによって頭皮が乾燥すると、抜け毛や薄毛の原因になります。それを防ぐためには、オイルで頭皮を保湿するのが効果的です。

洗髪後のドライヤー前に、美容オイルで頭皮を保湿しましょう。「ホホバオイル」「あんず油」「馬油」がサラっとしてベタつきにくいです。

洗い流さないトリートメントは、頭皮につけると頭皮環境の悪化につながるので、頭皮を保湿するなら、美容オイルがオススメです。

指先にオイルをつけて、頭皮を撫でるようにつけましょう。

ドライヤー後に洗い流さないトリートメント

日焼けした髪をケアする方法は、とにかく「保湿」が大事。

  • 洗い流すインバストリートメント
  • ドライヤー前の洗い流さないトリートメントもしくはオイル

 
そして、ドライヤー後にも洗い流さないトリートメントをつけると効果的です。

ドライヤー後はキューティクルが広がった状態なので、トリートメントで収めることが大切です。
このときは、少量のトリートメントで充分ですよ。

髪の紫外線対策はトリートメントで保湿&補修

髪を紫外線から守るトリートメントの効果と使い方をご紹介しました。
紫外線は、髪に多大なダメージを与えるので、しっかりと保湿&補修することが大切ですよ。

紫外線の強い春から夏にかけて紫外線対策をしておけば、秋にもキレイな髪をキープできることでしょう。
 

こみち
こみちの一言コラム

髪の紫外線対策は、ダメージの補修と保湿が大事!
髪の老化も防ぎ、いつまでも若々しい髪を保ちましょう。

スポンサーリンク