髪の毛の紫外線ケアしてる?ダメージを修復して美しい髪を保つ方法

髪の毛は、肌の3倍もの紫外線ダメージを受けているって知ってますか?
これってチョットこわいですよね。

肌を守るのも大変なのに、その3倍なんて、どんだけ髪の毛が傷んでいるんだか。
もう、バッサバサのダメージヘアになるのは時間の問題ってことなんでしょうか?

いえいえ、ここであきらめるのは早いですよ。
これからケアすれば、かならず美しい髪を保つことはできます。

では紫外線のダメージから髪を守る方法をご紹介しましょう。

紫外線を受けた髪はどうなるの?

紫外線のダメージを受けた髪の毛は、どうなってしまうのでしょうか?
紫外線は肌を乾燥させることからもわかるように、紫外線を浴びると髪の毛も乾燥していきます。それが大きなダメージになっていくんですね。

髪の毛は女性の命とも言われますから、いつまでも美しく保ちたいですよね。髪がキレイだと、若々しい見える効果もあります。
逆にバッサバサの髪の毛だと、老けて見られてしまう原因になるんですね。
では紫外線を浴びると、髪の毛はどうなってしまうのでしょうか?

白髪が増える

紫外線を浴びると、白髪が増えると言われています。
「なぜ、白髪が?」と思いますよね。それには理由があります。

髪の毛はもともと白いんですが、それがメラニン色素によって黒く染められていくそうです。
その過程でダメージを受けると、髪の毛の機能がいちじるしく低下してしまうんですね。
そのため「白髪のまま黒くならない」という現象が起きてしまうのです。

薄毛になる

さいきんは薄毛で悩んでいる女性も多いと聞きます。もしかしたら、紫外線の影響もあるのかもしれませんね。
頭皮が日焼けしてしまうことが原因だと言われています。頭皮がダメージを受けると、頭皮が乾燥したり、日焼けによる炎症を起こすこともあります。

頭皮がそんな状態では、髪の毛に栄養が行き渡るはずがありませんよね。
そのため髪の毛までパサパサに乾燥してしまうことが考えられます。

乾燥だけなら、保湿をすれば回復はできるでしょう。
でも頭皮が弱ってしまうことで、健康な髪の毛が生えにくくなってしまうと言われています。そのため薄毛になる可能性があるんですね。

髪が茶色くなる

紫外線を受けた髪は、だんだんと色素が抜けて、茶色くなっていくそうです。そういえば、何となく茶色くなってきたような気もします。
「でも、髪が茶色くなるのは、そんなに嫌じゃない」と思うかもしれませんね。ところが茶色くなるだけでは済まないんです。

紫外線のダメージによって茶色くなった髪は、乾燥も同時にセットでついてくるんです。これは嫌ですよね。
とくにカラーリングした後の髪は紫外線のダメージを受けやすく、ダークな色に染めたはずなのに、だんだんと黄色っぽく明るい色になってしまうこともありますよね。

乾燥してパサパサになる

紫外線による髪へのダメージでいちばん大きいのは、やっぱり乾燥ですね。
紫外線を浴びた後の髪の毛は、とにかく乾燥しやすい状態です。なぜなら髪の毛を保護している「キューティクル」が剥がれてしまうからなんですね。

キューティクルは、シャンプーのCMでも聞いたことがあると思いますが、髪の毛を覆っている膜のことです。
キューティクルがあることで、髪の内側にある水分は守られています。でもキューティクルが剥がれることで、髪の内側にためていた水分がどんどん蒸発してしまうんですね。
そのため乾燥がどんどん進行してしまうんです。

ダメージを受けた髪を美しく保つケア方法

ダメージを受けた髪は、しっかりとケアしておかないと、どんどん傷んでしまいます。髪を美しく保つためのケア方法をご紹介します。

ぬるま湯で髪を洗い流す

紫外線のダメージを受けた後に髪の毛を洗うときは、ぬるま湯で流すようにしましょう。
熱いお湯だと頭皮にも刺激が強すぎますし、髪の毛の乾燥も進んでしまいます。
あまり頭皮や髪の毛をこすらないように気をつけて、やさしく洗い流すことが大切です。

タオルドライでも、こすらない

ドライヤーの刺激をなるべく頭皮や髪の毛に与えないためにも、洗髪後のタオルドライはしっかりしましょう。
ただし、あまりこすらないように気をつけてください。
とくに髪の毛をこすりあわせるようにしてタオルドライしないように、注意してくださいね。

はがれたキューティクルを修復するトリートメントをする

普段からトリートメントをしている人もいると思いますが、とくに紫外線を浴びた日は、かならずトリートメントすることをおすすめします。
髪へのダメージは早めに修復しないと、どんどん進行してしまうんです。パサパサな髪になってしまう前に、しっかりと保湿修復しておきましょう。

その際には、頭皮にトリートメントが付着しないように気をつけてください。
日焼け後は頭皮も敏感ですから、なるべく刺激を与えないことが大切です。
そしてトリートメントは、しっかりと洗い流すようにしましょう。頭皮の毛穴につまると、健康な髪の毛が生えにくくなります。

頭皮も日焼けしているので保湿などのケアが必要

紫外線を浴びると、頭皮も日焼けしてダメージを受けています。そのため頭皮を保湿することも大切なんです。
紫外線によって頭皮が乾燥すると、白髪や抜け毛の原因になりますので、紫外線ケアをする必要がありますね。

頭皮の保湿ケア方法としては、オリーブオイルを洗髪後に塗りながらマッサージすると良いでしょう。

洗髪後に、しっかりとタオルドライする
オリーブオイル少量を手に取り、指の腹でマッサージするようにつける
しっかりと髪を乾かす

美智
オリーブオイルは手軽に手に入りますので、比較的カンタンにケアできますね。

ダメージから髪を守る方法・予防法

体の中から髪の毛のダメージケアをすることも大切です。これは、髪を紫外線から守るための予防にもおすすめです。

免疫力をアップする

紫外線による髪の毛のダメージを修復もしくは予防するには、免疫力をアップすることも大切です。
これは紫外線にかぎらず、どんなダメージ対しても言えることですが、免疫力をアップすることで、人間が本来持っている自然治癒力を高めることができます。

病気予防や美肌などのためにも、免疫力をアップすることは大切です。ストレス対策にもなります。体も心も、免疫力によって健康が保たれているんですね。

睡眠をしっかりとる

睡眠をしっかりとることも、免疫力をアップすることにつながります。またホルモンバランスや自律神経をととのえることで、頭皮の生まれ変わりを正常にすることができます。
頭皮も肌と同じように、一定のサイクルで新しい皮膚に生まれ変わっているんですね。それを助けるのが、睡眠なんです。
頭皮が健康になると、もちろん健康な髪を保つことができます。

UVケアスプレーなどの日焼け対策をする

紫外線による頭皮や髪の毛へのダメージを修復する方法をご紹介しました。
紫外線を浴びた後のケア方法についてでしたが、日焼けする前に紫外線対策をすることも大切です。

さいきんはUVケアできる髪の毛用のスプレーもありますので、そのような便利アイテムで紫外線を最小限に食い止めることも大切ですね。
ただしUVケア商品は、しっかりと落とさないと逆に髪が傷んでしまうので気をつけましょう。

紫外線によるダメージから、髪を守って美しさを保っていきましょうね。

スポンサーリンク