髪の日焼けを防ぐ対策|日焼けしてしまったときのパサパサ乾燥を防ぐアフターケア

髪の日焼け対策してますか? なんと肌の3倍も日焼けしている!

紫外線の強い季節になると、お肌の日焼けが気になりますよね。
お肌の日焼け止めは万全でも、髪の日焼け対策もちゃんとしていますか?
 

こみち
髪も日焼けするのは知ってたけど、顔や体より日焼けするって本当なのかしら?

じつは、お肌よりも髪のほうが3倍も日焼けしやすいと言われています。
今まで、髪の日焼け対策をしていなかった人は、ぜひ今日から日焼けを予防しましょう。

そこで今回は、「髪の日焼けを予防する対策」や、「日焼けしてしまった髪のヘアケア方法」をご紹介します。
パサパサ髪を防いで、きらめくツヤ髪をキープしましょう。

肌より髪のほうが日焼けする?日焼けした髪はどうなるの?

お肌の日焼け止めは、みんな気をつかっているけど、髪の日焼け止めをおろそかにしている人は多いのではないでしょうか?

じつは、肌よりも髪のほうが3倍も日焼けしやすいと言われているので、今すぐ対策をする必要があります。

では、日焼けした髪は、どのようになってしまうのでしょうか?

  • キューティクルが剥がれてパサパサに乾燥する
  • 枝毛や切れ毛が増える
  • 髪が茶色く脱色してしまう
  • 白髪が増える
  • 抜け毛が増える
  • カラーリングしたのに、色が落ちてしまう

 
日焼けした髪は、髪を守っている「キューティクル」が剥がれてしまうので、枝毛や切れ毛の原因になります。

しかも、茶色く脱色してしまうこともあり、パサパサに乾燥してしまうことが多いです。

また、髪が日焼けすると、髪の細胞を壊してしまうため、白髪や抜け毛が増える可能性もあります。

こんなにも髪への紫外線ダメージが大きいのなら、今すぐに髪の日焼け対策を考える必要がありそうですね。

髪は、一度傷んでしまったら、修復することはできないと言われています。
でも、髪全体を回復させることは可能なので、記事の後半にご紹介する「乾燥を防ぐアフターケア」もご覧くださいね。

髪の日焼けを防ぐ対策

髪の日焼けを防ぐには、どのような対策をすれば良いのでしょうか? ヘアケアは毎日する必要があるので、続けやすくて効果のある方法が知りたいですよね。

髪用のUVカットスプレーで日焼け止め

髪の日焼けを防ぐ対策をするなら、髪用のUVカットスプレーがオススメです。

肌に塗る日焼け止めと違ってスプレータイプなので、朝の忙しいときでも、シュッと吹きかければOKです。

中には、顔や体にそのまま吹きかけることができる日焼け止めもあり、使い勝手がよく便利です。
ムラのないように、髪全体にしっかりスプレーすることが大切。

ただし、肌の日焼け止めと同じように、しっかりと洗い流さなければ、髪が傷んでしまう可能性があるので気をつけましょう。

UVカット機能のあるトリートメントを使う

髪の日焼けを防ぐ対策は、UVカットスプレーも効果的ですが、髪が傷むことを考えると、トリートメントでUVカット機能があるほうがオススメです。

トリートメントは、傷んだ髪を修復する機能もあるため、髪を守りながらUVカットもしてくれるのがメリットです。

また、夜のうちにトリートメントをしておけば、髪がコーティングされているので、外出前にUVカットスプレーをしても、髪がダメージ受けにくいと考えられます。

夜のトリートメントと、朝のUVカットスプレーで、完璧にちかい日焼け対策ができますよ。

髪を束ねる・おだんごにする

髪が日焼けするのを防ぐ対策は、髪を束ねるだけでも違います。とくに髪が長い人は、紫外線に触れる面積が広いため、紫外線ダメージが大きいのです。

そのため、髪が長い人は、髪をひとつに束ねたり、おだんごにすることで、効果的な日焼け対策になります。

その上からUVカットスプレーを吹きかけたり、帽子を被ることで、さらなる日焼け予防をすることができるでしょう。

外出前にシャンプーしちゃダメ!

シャンプーは、夜にやる人と朝起きてからやる人がいると思いますが、なるべく外出前にはシャンプーしないほうが良いでしょう。

シャンプー後は、髪のキューティクルが開いた状態になるため、紫外線ダメージをもろに受けやすいのです。

すると、髪の内部にまでダメージを受け、髪がパサパサに乾燥しやすくなります。

もちろん日焼けもしてしまうので、外出前にはシャンプーをしないようにしましょう。

紫外線が強い時間帯に外出しない

髪の日焼けを防ぐ対策は、いちばん簡単な方法だと、紫外線が強い時間帯に外出しないことです。

外で仕事をしている人は仕方ありませんが、外出する時間帯を選べる状況の人は、なるべく紫外線が強い10~14時には、外出をひかえるようにしましょう。

もちろん、それ以外の時間帯も紫外線ダメージはありますが、少しでも軽減するために、外出する時間に配慮することをオススメします。

帽子や日傘を使う

髪の紫外線対策で効果的なのは、帽子や日傘を使うことです。髪に直接紫外線が当たるのをできるだけ防ぐことで、髪が日焼けするのを防ぐことができます。

ただし、何でもいいから帽子や日傘をしていればOKというわけではありません。

帽子や日傘には、それぞれ「UV遮光率」というものがあります。遮光率の低いものでは、あまり日焼け止め効果がないので、機能性の高い帽子や日傘を選ぶようにしましょう。

◆遮光率99.0%以上の日傘の選び方とは?

日傘の場合、遮光率の高いものだと、99%以上で「遮光1級」「遮光2級」「遮光3級」「遮光傘」「遮光1級傘」などの表示があります。

これは、UV遮光率99.0%以上のものだけに許された表示で、遮光率100%のものは「完全遮光」と言います。

ちなみに「遮光1級」でUV遮光率99.99%となります。

◆帽子や日傘の色は「黒」のほうがUVカット機能が高い!?

髪の日焼けを防ぐ対策として、帽子や日傘の色によっても遮光率が変わります。一般的には、「黒」がいちばん遮光率が高いと言われています。

ただし、先ほどの「遮光率99.0%以上」のような品質の高いものに関しては、色はそれほど関係ないと言われています。

また、黒の帽子や日傘は、熱を吸収する作用があるため、「暑い」というデメリットがあります。

これを防ぐには、「遮熱性が高い」帽子や日傘を選ぶと良いでしょう。一言で「UVカット」と言っても、その機能性はさまざまなのです。

日焼けした髪のパサパサ乾燥を防ぐアフターケア方法

ここまでは、髪の日焼けを防ぐ対策についてご紹介しましたが、ここからは、日焼けしてしまった髪のアフターケアについてご紹介します。

日焼けしても、直後のアフターケア次第では、髪のダメージを最小限に食い止めることが可能です。

洗い流す&洗い流さないトリートメントでダブルケア

日焼けした髪の乾燥やダメージを防ぐアフターケアは、洗い流すトリートメントと、洗い流さないトリートメントの両方でケアすることです。

洗い流すトリートメントは、インバストリートメントと呼ばれ、お風呂の中でシャンプー後につけて、時間を置いたら洗い流すタイプです。

洗い流さないトリートメントは、アウトバストリートメントと呼ばれ、お風呂上がりの濡れた髪につけるタイプのトリートメントです。

普段は、このどちらかしかやらない人も、日焼けした後の髪には、両方でダブルケアすることをオススメします。

日焼けした髪は、想像以上にダメージを受けていますので、早いうちにしっかりと補修しておきましょう。

低刺激の「アミノ酸系シャンプー」で髪を守る

日焼けした髪の乾燥やダメージを防ぐアフターケアは、低刺激のシャンプーを使うことです。

紫外線ダメージを受けた髪は、キューティクルが剥がれ、さらなるダメージを受けやすい状態です。そのため、低刺激のシャンプーでやさしく洗い上げることが大切です。

低刺激のシャンプーといえば、「アミノ酸系シャンプー」がオススメ。頭皮にも髪にもやさしく、刺激が少ないのが特徴です。

高保湿成分配合のシャンプーで紫外線に負けない髪を育てる

アミノ酸系シャンプーの他に効果的なのは、「高保湿成分を配合したシャンプー」です。高保湿成分には、いろいろありますが、一般的な保湿成分だと「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」などがあります。

さらに効果的な成分だと、「リピジュア」という成分が、ヒアルロン酸の2倍の保湿力があると言われています。日焼け後のダメージヘアには、効果的なアフターケアとなります。

また、紫外線を受けると「活性酸素」が発生しますので、抗酸化作用の高いシャンプー成分もオススメです。

「フラーレン」という成分は、ビタミンCの約172倍の抗酸化作用があると言われているので、日焼け後のアフターケアにオススメですよ。

日焼けした直後のカラーリングは禁止

日焼けした後のアフターケアとしては、カラーリングをしないことも大切です。ケアというよりも、これ以上髪を傷めないための対策といえますね。

日焼け後の髪は、キューティクルが剥がれ、ダメージや刺激を受けやすい状態です。その状態でカラーリングをしてしまうと、かなりの確率で髪がパサパサに乾燥する恐れがあります。

日焼け直前にカラーリングするのもダメージが大きいですが、日焼け直後のカラーリングもNGです。

髪の日焼け予防には元気な髪をつくるヘアケアが大事

髪の日焼け対策と、日焼けした髪のアフターケアについてご紹介しました。紫外線は毎日降りそそいでいますので、しっかりと日焼け対策をすることが大切です。

日焼け予防も日焼け後の対処法も、すべてはあなたの髪を守るため。元気な髪をつくって、日焼けに負けない髪をつくりましょう。
 

こみち
こみちの一言コラム

髪の日焼けを防ぐ対策は、日焼け止めスプレーとトリートメントのダブル使用が効果的。
日焼けした後の髪をケアすることで、きらめくツヤ髪をキープできますよ。

スポンサーリンク