髪にボリュームを出してふんわりヘアになる方法

女性の髪にボリュームを出すヘアケア方法とヘアセット方法

髪にボリュームがなくなると、老けて見えたり、暗い印象を与えたりしてしまいますよね。

とくにトップの分け目部分にボリュームがないと、寂しげに見えてしまいます。
 

こみち
もっと、ふんわりしたヘアスタイルになりたいわ。

そこで今回は、髪にボリュームを出してふんわりヘアになる方法をご紹介します。

実際に薄毛になりはじめて気になっている女性のヘアケア方法もご紹介しますので、毎日のお手入れで気をつけてみてくださいね。

髪がペッタンコになってボリュームが出ない原因とは?

髪の毛が重すぎる

女性の髪がペッタンコになってボリュームが出ない原因は、髪が重すぎることが考えられます。髪が重くなるのはカットの仕方も関係していますが、髪質が健康で重い場合もあります。

カットをするときにシャギーやレイヤーをあまり入れていないと、髪の重みでペタっとなってしまいます。とくにロングヘアの場合には、髪に重みが出やすいでしょう。

また髪質が健康で重みがある場合は、決して悪いことではないのですが、もっと軽やかなヘアスタイルに憧れることがありますよね。外人風のかき上げヘアみたいにふんわりさせたい気持ち、良くわかります。

この場合はヘアケアやカットの仕方でボリュームを出すことができるでしょう。

頭皮の皮脂が多くベタついている

髪がペッタンコになってボリュームが出ない原因は、頭皮の皮脂が多くて、髪がベタついてしまっている可能性があります。髪がしっとりしている分には良いのですが、それを通りこしてベタつくのはイヤですよね。

その場合には毎日のヘアケア方法で頭皮環境を良くして、皮脂が多くなり過ぎない方法があります。

薄毛のはじまり

髪がペッタンコになってボリュームが出ない原因は、薄毛のはじまりかもしれません。最近は女性でも30代後半くらいから薄毛が気になり始める人が多く、薄毛は男性だけの悩みではなくなっています。

生活習慣でホルモンバランスを整えたり、髪に栄養を与えるようなヘアケア方法で頭皮環境を良くすることが大切です。

髪にボリュームを出してふんわりヘアになる方法

女性の髪にボリュームを出してふんわりヘアになるには、どんな方法があるのでしょうか?

髪にボリュームを出すカット方法

髪にボリュームを出してふんわりヘアになる方法は、カットの仕方で演出することもできます。以下の3つのパターンがあるので、順番に見ていきましょう。

  • トップを短くする
  • 全体的にショートヘアにする
  • 適度にレイヤーを入れて段差をつける

 
トップの分け目の部分にボリュームを出したい場合は、トップの髪を短めにカットすると良いでしょう。髪は短いほうが軽くなり、ふんわりヘアにすることができます。

また適度にレイヤーを入れて段差をつけると、髪に動きが出て、ふんわりとしたボリュームを出すことができます。でもレイヤーを入れるということは、髪の量を減らすことになるので、入れ過ぎると薄く見えてしまうこともあるので気をつけましょう。

そして最終手段は、髪をショートヘアにすること。長いよりもショートのほうが髪がふんわりしやすいので、ボリュームが出て若々しい印象になります。

髪にボリュームを出すヘアケア方法

髪にボリュームを出してふんわりヘアになる方法は、ヘアケアの方法で対策をとることができます。以下の3つの方法をチェックしてみましょう。

  • シャンプーで頭皮の皮脂をしっかり落とす
  • 薄毛にならない対策としての頭皮マッサージ
  • ノンシリコンシャンプーを使う

 
頭皮の皮脂が多いと髪がペッタンコになってしまうので、シャンプーでしっかり頭皮の皮脂を落とすことが大切です。でもゴシゴシ洗ったり、洗浄力の強いシャンプーで洗うと皮脂を落としすぎて、今度は乾燥を防ぐために皮脂が多くなります。

これを防ぐには、頭皮にやさしいシャンプーでしっかり洗うことが大切。それには「アミノ酸系シャンプー」を使うと良いでしょう。

また髪が重くなり過ぎる場合には、シリコンでコーティングされた髪が重くなっているのかもしれません。ノンシリコンシャンプーを使うことで髪が軽くなり、それだけでふんわりヘアになる場合もありますよ。

シャンプーとセットのリンスやコンディショナーにはシリコンが含まれている場合もあるので、シリコンが含まれていない「洗い流さないトリートメント」を使うのもオススメ。

ただしトリートメントをすると髪がしっとりして、重みが出てしまう場合もあるので調整しながら使ってみてください。

そして薄毛が気になりはじめた人は、頭皮マッサージで頭皮の血行を良くすることが大切。毎日のヘアケアに頭皮マッサージを入れてみましょう。洗髪後に頭皮を指の腹で揉みほぐすだけでOKです。

気持ちいいし、頭皮が健康になりますよ。頭皮ケアは、薄毛のはじまりの段階でやると効果的です。もちろん薄毛予防にも頭皮マッサージを取り入れてみましょう。

髪にボリュームを出すための生活習慣

髪にボリュームを出してふんわりヘアになる方法は、生活習慣を改善することも大切なポイントです。女性の薄毛の原因は、生活習慣の乱れによるものが多いからです。

生活習慣が乱れると、美しい髪をつくるための「女性ホルモン」の分泌量が減ってしまいます。するとホルモンバランスが崩れてしまうので、体調にも不調が出てきます。

とくに加齢とともに女性ホルモンの分泌量が減っていくので、髪にボリュームがなくなってきたと感じたら、生活習慣を見直してみましょう。

  • ホルモンバランスを整える
  • 睡眠をしっかりとって髪の成長を促進する
  • 「髪」や「頭皮」の栄養になるものを食べる

 
睡眠は髪の成長と深く関わっています。眠っている間に分泌される「成長ホルモン」は、女性ホルモンのバランスを整えたり、体の不調を治したり、髪の成長を助けてくれるはたらきがあります。

そのため充分な睡眠時間を確保し、良質な睡眠をとることが大切です。睡眠が美肌にとって大事だということを知っている人もいると思いますが、頭皮も同じ肌です。睡眠をしっかりとることは、頭皮を健康にしてキレイな髪をつくるためにも効果的です。

また髪や頭皮の栄養になるものを食べることも大事。人間の体は食べ物でつくられているので、栄養バランスの良い食事を心がけましょう。体が元気になると髪も元気になり、薄毛を初期の段階で改善することができますよ。

ドライヤーのかけ方で髪にボリュームを出す方法

髪にボリュームを出すには、ドライヤーのかけ方にコツがあります。髪は濡れいている状態から「乾いたとき」に固まります。乾かし方を間違えると、ペッタンコの状態で固まってしまうので気をつけましょう。

髪を立てた状態で根元にドライヤーを当てる

髪を持ち上げて、立てた状態で根元にドライヤーを当てると根元がふんわりと立ち上がり、ボリュームを出すことができます。

とくにトップの分け目部分は髪を立ち上げるようにドライヤーをかけると良いでしょう。

寝ている間にペッタンコになってしまうとしても、夜の髪を乾かすときに少しでも立ち上げておかないと、朝のセットが大変になります。

温風と冷風の使い分けで髪を固める

朝の寝ぐせ直しのときも同じですが、ドライヤーで髪を乾かすときは、温風と冷風をうまく使い分けてセットしましょう。

温風で髪を乾かし、固めたい状態で冷風を当てるとその状態が持続しやすくなります。

また温風と冷風を交互に当てることで、髪が早く乾きやすくなり、髪が傷むのを防ぐこともできます。

分け目を変えながら乾かす

いつも同じ分け目にしていると、トップの部分がペッタンコになりやすく、ボリュームダウンしてしまいます。

とくに髪を乾かすときは、分け目を変えながら乾かすようにすると良いでしょう。

いつもの分け目がセンターだとしたら、左寄りの分け目の状態にして根元を乾かし、次に右寄りの分け目の状態にして根元を乾かせば、トップが全体的にふんわりと仕上がります。

髪にボリュームを出すヘアセット方法

では、髪にボリュームを出すヘアセット方法には、どのようなパターンがあるのでしょうか? 毎朝のヘアセットに役立ててみてくださいね。

トップの部分に逆毛を立ててスプレーでセットする

髪にボリュームを出すには、トップの部分に逆毛を立てることが効果的です。髪の内側にボリュームが出るように、逆毛を立てましょう。

そして逆毛を立てた部分にスプレーをかけてセットすれば、その状態をキープしやすくなります。

スプレーはハードでもソフトでもOKですが、ハードだとパリパリになって毛束が分かれてしまうことがあるので、どちらかというとソフトがオススメです。

使い方や髪型によって使い分けると良いでしょう。髪型をキープするスタイリング剤は色々ありますが、ワックスやムースはつけ過ぎると髪がペッタンコになってしまうので気をつけてくださいね。

分け目をつくらない・分け目を変える

髪にボリュームを出すヘアセットの方法は、分け目をつくらないことがベストです。とくに分け目が薄くなってきたと感じている女性は、ショートヘアにして分け目をつくらないヘアスタイルがオススメですよ。

髪が長めの人は、トップの部分にレイヤーを入れてボリュームを出したり、分け目をいつもと変えてみることでトップをふんわりさせることができます。

トップの部分をカーラーで巻いてふんわりさせる

トップの部分は短めのほうがふんわりさせやすいですが、トップを長めにしている場合には、カーラーで巻いてふんわりセットするのがオススメ。

カーラーを朝やる場合には、そのまま忘れて巻いたまま外出しないように気をつけてくださいね。

まるでアニメの世界ですが、前髪をカーラーで巻くのが流行っていた頃は、頭にカーラーがついたまま電車に乗っている人を見たことがあります。

カーラーでトップを巻いたら、それをキープするためにスプレーをかけておきましょう。

最後までしっかり乾かした後でヘアセットをする

髪にボリュームを出すには、髪が完全に乾いた状態でヘアセットをすることです。

髪が完全に乾いていない状態でヘアセットをしても、髪が少しでも濡れているとヘアセットが長持ちしません。

とくに寝ぐせ直しのために髪を濡らす人は、しっかりと乾いてからヘアセットをしましょう。

女性の髪にボリュームを出して自在なヘアアレンジを楽しもう

女性の髪にボリュームを出してふんわりヘアになる方法をご紹介しました。髪が思い通りにふんわりすれば、好きなヘアスタイルにアレンジが自在にできるようになりますね。
 

こみち
こみちの一言コラム

女性の髪にボリュームを出す方法は、カット方法・髪の乾かし方がとくに大事。

ヘアセットの方法でふんわりさせることもできるので、やり方をマスターして思い通りのヘアアレンジを楽しみましょう。

スポンサーリンク