髪がきしまないノンシリコンシャンプーの成分と選び方

ノンシリコンシャンプーは本当に髪に良いの?

「ノンシリコンシャンプーは髪に良い」と思って使ってみたら、髪がきしんで困ると思っていませんか?

シリコンシャンプーよりも高価で、髪に良いはずのノンシリコンシャンプーですが、じつは選び方や使い方に気をつけないと、髪が傷むことがあるんです。
 

こみち
ノンシリコンシャンプーなら、何でも髪に良いわけではないのね。

ノンシリコンシャンプーが本当に髪に良いのか考えながら、配合されている成分にも注目することが大切です。
そこで今回は、髪がきしまないノンシリコンシャンプーの成分と選び方をご紹介します。

上手にノンシリコンシャンプーを使って、ふんわりサラサラの髪を保ちましょう!

ノンシリコンシャンプーで髪がきしむのはなぜ?

「髪に良いと聞いてノンシリコンシャンプーを使っているのに、何だか髪が傷んでいる気がする」
そんなふうに感じている人は多いのではないでしょうか?

ノンシリコンシャンプーで髪がきしむ理由は、髪をコーティングしていた「シリコン」がなくなってしまったからです。

「シリコンは髪に悪い」というイメージが強いですが、じつは、髪をコーティングして、ドライヤーの熱ダメージから髪を守る効果があるのです。

その一方で、髪が傷んでいる人は、ノンシリコンシャンプーによって髪がきしむと感じやすいそうです。

これは、傷んだ髪をコーティングしていた「シリコン」なくなったことで、髪のダメージを感じやすくなったからなのです。

シリコンシャンプーは手触りが良く、多少は保湿効果もあるのですが、髪の内部のダメージまで修復する効果はありません。

そのため、ノンシリコンシャンプーを使って、その後にトリートメントでダメージ修復することが大切なのです。

ノンシリコンシャンプーが合う人、合わない人

シリコン自体が、髪に悪いわけではないことがわかりましたね。でも、ノンシリコンシャンプーを使うメリットはもちろんあります。

どんな人にノンシリコンシャンプーが合うのか、そのメリットをご紹介しましょう。

髪がペタンとなる人はノンシリコンシャンプーがオススメ

ノンシリコンシャンプーは、髪がペタンとなってしまう人にオススメです。

髪にボリュームがなく、髪質がウェットな感じの人は、ノンシリコンシャンプーを使うことで、華やかなふんわり感が出てきます。

ノンシリコンシャンプーが、いちばん合っている人と言えるでしょう。

ヘアアイロンを使う人はノンシリコンシャンプーはNG

ノンシリコンシャンプーが合わない人は、頻繁にヘアアイロンを使う人です。
ほぼ毎日のようにヘアアイロンを使っている人は、髪が熱ダメージ強く受けています。

このようなダメージから髪を守るには、シリコンが役立ちます。
ノンシリコンシャンプーを使ってしまうと、髪がどんどん傷んでしまうでしょう。

しかし、ヘアアイロンを毎日使うことはオススメできません。
まずはヘアアイロンの使用頻度を少なくして、ノンシリコンシャンプーを使ってみるのも1つの方法です。

その場合には、ヘアアイロンの前に、「洗い流さないトリートメント」を使うことを強くオススメします。

ドライヤーやヘアアイロンの熱ダメージから、髪を守ってくれる効果があります。

抜け毛が気になる人はノンシリコンのアミノ酸系シャンプーが最適

抜け毛が気になりはじめた人は、シリコンが頭皮に残って、頭皮環境が悪くなっていることが原因の1つかもしれません。

とはいえ、シリコンが頭皮の毛穴をふさぐことは、ほとんどないそうです。

ただし、シャンプーによっては、配合されているシリコンが多すぎて、頭皮にシリコンが残ってしまうことがあります。

すると、頭皮環境が悪くなり、シリコンが髪の成長をさまたげ、抜け毛が増えてしまうことがあるのです。

この場合には、シャンプーをノンシリコンに変えて、頭皮をすっきりさせましょう。
ただし、洗浄力が強いシャンプーでは抜け毛がさらに増えることが予想されますので、洗浄力の弱い「アミノ酸系シャンプー」がオススメです。

髪がきしまないノンシリコンシャンプーの成分と選び方

「ノンシリコンシャンプーは髪がきしむ」というイメージを持っている人が多く、使ってみたいけど敬遠している人もいるかもしれません。

でもシリコンかノンシリコンかよりも、配合されている「成分」が大きく関係しているのです。

とくに「洗浄成分」が強すぎると、頭皮や髪に悪影響を与え、健康な頭皮と髪を保つことができなくなります。

そこで、どんな成分が配合されたノンシリコンシャンプーを選べば髪がきしまないのか、選び方をご紹介します。

高級アルコール系シャンプーが髪がきしむ原因

世に出ているシャンプーのほとんどは、「高級アルコール系シャンプー」だと言われています。
ドラッグストアに行ってみると、ちょっと値段が高いシャンプーでも、高級アルコール系シャンプーであることがわかります。

見分け方は、配合されている成分を確認するとわかります。

高級アルコール系シャンプーの配合成分

  • ラウリル~
  • ラウレス~

このような表示がある場合には、高級アルコール系シャンプーだと判断できます。

高級アルコール系シャンプーは、頭皮の皮脂をとり過ぎて、乾燥させてしまう恐れがあります。
また、髪がパサパサに乾燥してしまい、髪がきしみやすくなります。

そのため、髪がきしまないノンシリコンシャンプーを選ぶには、高級アルコール系シャンプーを避けるようにしましょう。

頭皮にも髪にも良いのはアミノ酸系シャンプー

髪がきしまないノンシリコンシャンプーの選び方は、「アミノ酸系シャンプー」を選ぶことです。

アミノ酸系シャンプーは、洗浄力がマイルドで、頭皮の皮脂をとり過ぎる心配はほとんどありません。
また、髪の栄養となる成分が含まれているので、髪を艶やかにする効果があります。

ただし、頭皮の皮脂が多くて、髪がベタついてしまう人は、アミノ酸系シャンプーでは改善できないことが多いです。

頭皮の皮脂が多い人は石鹸系シャンプー+保湿

頭皮の皮脂が多く、髪がベタつきやすい人は、石鹸系シャンプーを使うのがオススメです。
石鹸系シャンプーも洗浄力が強いのですが、植物由来の天然成分を使っているシャンプーが多いので、いくらか頭皮にやさしいです。

また、皮脂が多いと感じている人の中には、じつは「頭皮の乾燥」が原因の場合もあります。
その場合には、シャンプー後にしっかりと保湿することが大切です。

石鹸系シャンプーを使った後は、必ず保湿成分が配合されている「洗い流さないトリートメント」や「ヘアオイル」をつけると良いでしょう。

ノンシリコンシャンプーに効果的なヘアケア方法

ノンシリコンシャンプーの成分と選び方をご紹介しました。どんなノンシリコンシャンプーを使えば良いのかわかりましたね。

でも、ノンシリコンシャンプーを使ったまま、その後に何もしないと髪が傷んでしまいます。
ノンシリコンシャンプーの使い方で一番のポイントは、シャンプー後のヘアケア方法なんです。

シャンプ後はリンスではなく、トリートメントを使う

シャンプー後にリンスやコンディショナーを使っている人がいるかもしれませんが、ノンシリコンシャンプーを使う場合には、それでは足りません。

リンスやコンディショナーには、髪の表面のダメージを修復する効果しかないからです。
でもトリートメントなら、髪の内部のダメージも修復する効果があるのです。

またノンシリコンシャンプーは、髪をまっさらな状態にするので、トリートメントの成分が浸透しやすいので効果的です。

ドライヤー前に「洗い流さないトリートメント」か「ヘアオイル」

シリコンは、ドライヤーの熱ダメージから髪を守る効果があります。
そこでノンシリコンシャンプーに変えると、ドライヤーの熱ダメージから髪を守ることができなくなります。

髪を熱ダメージから守るためにも、ドライヤーの前に「洗い流さないトリートメント」か「ヘアオイル」を使うことをオススメします。

ヘアケアに適したオイルは、酸化しにくい「椿オイル」「ココナッツオイル」「アルガンオイル」「ホホバオイル」などがオススメです。

しっかりと乾かすことでダメージを防ぐ

ノンシリコンシャンプーだけでは、髪の表面にある「キューティクル」が広がったままになってしまいます。
とくに髪が濡れているときは、キューティクルが広がった状態です。

その状態のままでは、枕や髪同士がこすれ合って、髪が傷んでしまいます。

これを防ぐには、髪をしっかり乾かすことが大切です。
濡れたままの髪で長時間すごすと、頭皮環境が悪くなるとともに、髪もパサパサになりやすくなります。

ノンシリコンシャンプーを使う場合は、シャンプー後の「トリートメント選び」が重要ですね。

ドライヤー後は少量の「洗い流さないトリートメント」か「ヘアオイル」

ドライヤーの前に「洗い流さないトリートメント」や「ヘアオイル」を使うのが良いと説明しましたが、ドライヤーの後にも少しだけ保湿しておくことが大切です。

あまりつけ過ぎるとベタベタになりますので、ドライヤー後は、ほんの少しでOKです。

髪がきしまないノンシリコンシャンプーでふんわりサラサラヘアに!

ノンシリコンシャンプーで髪がきしむ理由と、髪がきしまないノンシリコンシャンプーの選び方をご紹介しました。
ノンシリコンシャンプーは、たしかに髪に良い面もありますが、使い方によっては髪を傷めてしまいます。

上手に使って、キレイな髪を保ちましょう。
 

こみち
こみちの一言コラム

髪がきしまないノンシリコンシャンプーは、成分が大事。
シャンプー後のヘアケアで、ふんわりサラサラヘアになりましょう。

スポンサーリンク