美容

顔のテカリをおさえる方法|ベタつきの原因と対策

顔がテカって、すぐに化粧が落ちてしまうと悩んでいませんか?
顔がベタつく原因は、いったい何なのでしょうか。

このテカリを何とかしたい!
と思っているあなたへ、顔のテカリをおさえる方法をご紹介します。

顔がベタついていると、気持ち悪いですよね。
顔のテカリの原因と対策を見ていきましょう。

顔のテカリ・ベタつきの原因とは?

顔がテカってどうしよう……。
毎日そんな悩みをかかえていたくないですよね。
まずは、顔がテカる原因を見ていきましょう。

洗顔のしすぎ

顔がテカる原因は、洗顔のしすぎかもしれません。
洗顔時間が長すぎたり、洗顔の回数が多いと、肌が乾燥してしまうのです。

「えっ、乾燥じゃなくて皮脂なんだけど……」と思ったあなた。
そうなんです。じつは顔がテカる原因は、肌が乾燥しているからかもしれません。

じつは乾燥しているのかも

肌が乾燥している状態だと、肌の水分量が足りなくて補おうとします。
するとどうなるか。

それは皮脂を分泌させて、肌を守ろうとするのです。
そのため乾燥すると皮脂が多くなって、顔がテカるという現象が起きてしまうのです。

とくに肌の内部が乾燥している「インナードライ肌」の人に多いです。
年齢とともに肌の水分量が失われていくので、年齢肌の特徴でもあります。

ストレスが多い

ストレスが顔のテカリの原因になる場合も多いです。
ストレスがたまると、自律神経のバランスが乱れて、ホルモンバランスが崩れます。
すると皮脂分泌が多くなってしまうことがあります。

またストレスがたまると活性酸素が増えすぎてしまいます。
活性酸素が大量発生すると、皮脂の分泌が増えてしまう現象が起きるのです。

食生活が原因かも

顔がテカる原因は、食生活のせいかもしれません。
とくに糖分と脂質が多い食生活を送っていると、皮脂の分泌が多くなります。

とくに動物性脂肪が多い食生活は、脂質が多すぎて皮脂分泌を増やしてしまいます。
また加工食品に含まれる添加物も、皮脂の分泌を増やす原因になります。

タバコは皮脂を多くする

タバコを吸っている人は、皮脂の分泌が多くなります。
タバコを吸うと活性酸素が増えるので、皮脂の分泌を増やしてしまうんですね。

またタバコを吸うと肌が乾燥しやすくなります。
乾燥すると、それを補おうとして皮脂分泌が多くなるのです。

顔のテカリをおさえる方法

では、顔のテカリをおさえる方法はどうすれば良いのでしょうか。

正しい洗顔方法をマスターする

顔のテカリをおさえる方法は、正しい洗顔方法で顔を洗うことです。
洗顔時間が長すぎると、洗顔中に肌の水分がうばわれる原因になります。

また洗顔という行為そのものが、肌を乾燥させるので、洗顔回数が多いのも良くありません。
洗顔は朝晩の2回までにしましょう。

正しい洗顔方法をぜひマスターしてくださいね。

  1. まず手を洗って清潔にします。
  2. ぬるま湯でサっと洗顔します。
  3. 洗顔フォームをしっかりと泡立てて、肌への摩擦をふせぎます。
  4. ゴシゴシこすらずに、やさしく肌を洗いましょう。
  5. お湯ではなく、ぬるま湯でしっかりと洗い流します。
  6. やわらかいタオルで、やさしく水分を拭き取ります。

1つ1つ見ると面倒に思うかもしれませんが、それほどむずかしいことはありません。
とにかく「やさしく洗う」のが、最大のポイントです。

保湿ケアに力を入れる

顔がテカる原因は、皮脂分泌の多さです。皮脂分泌が多いのは、肌が乾燥しているからでしたね。
肌の乾燥を防ぐには、保湿ケアをしっかりとやることです。

保湿ケアをする上で大切なことは、しっかりと洗顔して毛穴の皮脂を落とすこと。
だけど洗いすぎるのも、良くありませんよね。

正しい洗顔方法で洗って、毛穴がキレイになったら、しっかりと毛穴に浸透するように保湿しましょう。
入る場所がなければ、いくら高級化粧品で保湿しても意味がありません。

油とり紙は使わない

顔がテカって皮脂が多くなると、どうしてもやりたくなるのが「油とり紙」です。
でも油とり紙は、皮脂を取りすぎてしまうと言われています。

そのため、もし油とり紙を使っているなら、今すぐやめましょう。
ティッシュでおさえるくらいが、ちょうど良いのです。

皮脂を取りすぎると、また乾燥を補うために皮脂分泌を増やします。
いたちごっこにならないためにも、皮脂の取りすぎには注意しましょう。

栄養バランスの良い食生活

顔のテカリをおさえる方法は、栄養バランスの良い食生活をすることです。
先ほど言ったような脂質の多い食生活をあらため、栄養を考えて摂りましょう。

皮脂の分泌をおさえるためには、肌の新陳代謝を良くする必要があります。
肌の新陳代謝と言えば、ターンオーバーのことですよね。

ターンオーバーをうながす食べ物とは、ビタミンAやビタミンB2、ビタミンCなどです。
ビタミンAはおもに緑黄色野菜に含まれていて、ビタミンB2は豚肉や魚類などに含まれています。
ビタミンCは、果物に多く含まれています。

睡眠をしっかり摂る

睡眠をしっかり摂ることは、皮脂の分泌をおさえることにつながります。
睡眠中に肌は生まれ変わりますが、睡眠不足だとターンオーバーが正常にはたらかなくなります。

すると角質が肌に残ってしまい、保湿が機能しなくなります。
保湿するためには、肌のターンオーバーをうながすのは大切なんです。

顔のテカリはちょっとした努力でおさえられる

顔のテカリの原因と対策をご紹介しました。
意外なことが原因だったと感じているかもしれませんね。

自分はてっきりオイリー肌だと思っていたけど、じつはインナードライという乾燥肌だったのかもしれません。
化粧崩れを防ぐためにも、保湿ケアをしっかりとしましょうね。