豆乳でバストアップする方法|効果のある種類と飲み方

豆乳のバストアップ効果と飲み方

豆乳は栄養があって、健康に良い飲み物だと言われていますよね。
じつは健康だけでなく、バストアップ効果も期待できると言われているんです。
 

こみち
豆乳でバストアップできるなら、毎日の生活に手軽に取り入れられそう!

バストアップ方法にはお金や手間がかかる方法が多いですが、豆乳なら簡単にバストアップ効果が得られます。
どこでも買えるので、いつでも飲めるのが嬉しいですね。

では、豆乳にはどんなバストアップ効果があるのでしょうか?

豆乳に含まれる栄養成分にバストアップ効果がある

豆乳の原料は「大豆」ですが、この大豆の栄養にバストアップの秘密があります。
豆乳なら、ほかの大豆製品よりも効率的に摂取できるため、バストアップ効果が期待できるのです。

では、どんな栄養成分がバストアップと関係があるのか見ていきましょう。

豆乳のイソフラボンがバストアップに効く

豆乳には女性ホルモンと似たような働きをする「イソフラボン」が含まれていて、バストアップに効果的だと言われています。
女性ホルモンはバストアップに欠かせない要素ですが、ストレスや生活習慣によって、ホルモンバランスが崩れやすくなります。そのため胸を大きくしたいなら、まずはホルモンバランスを整えることが大切です。

イソフラボンは、女性ホルモンの「エストロゲン」と似た働きをすると言われています。エストロゲンは肌ツヤを良くしたり、女性らしい体をつくる作用があります。
とくに「乳腺」を発達させる作用があり、バストアップには欠かせません。

胸は「乳腺」と「脂肪」でできていますが、乳腺が発達しないと脂肪がつきにくいと言われています。そのため乳腺を発達させることで、その周りに脂肪がつき、胸が大きくなる効果があるのです。

良質なタンパク質で胸の土台をつくる

豆乳は良質なタンパク質を豊富に含んでいて、栄養価が高い健康飲料です。バストアップにもタンパク質は必須で、胸の土台である筋肉や皮膚、骨などをつくる成分になります。

良質なタンパク質を摂取すると、筋肉がつきやすくなり、胸が垂れるのを防ぐ効果もあります。まずは土台をしっかりとつくらなければ、バストアップ効果を得ることはできませんね。

良質な脂質で胸を大きくする

胸は、ほとんどが脂肪でできていますが、豆乳には良質な脂質が含まれています。そのため効率的に胸の脂肪を増やし、胸を大きくする効果が期待できます。

ただし脂質が含まれていることからわかるように、飲み過ぎると太る恐れがありますのでご注意ください。

ビタミンEが豊富でホルモン分泌を助ける

豆乳には種類があり、「無調整豆乳」「調製豆乳」「豆乳飲料」があります。この中の調製豆乳には、ビタミンEが豊富に含まれています。
ビタミンEはホルモンの分泌をうながす作用があり、バストアップに必要な女性ホルモンの分泌を助けてくれます。

またビタミンEは血行を良くする効果もあり、必要な栄養を胸まで届ける効果が期待できます。血行促進効果があることで、バストアップマッサージの効果も高めてくれます。

バストアップ効果のある豆乳の種類と飲み方

豆乳にバストアップ効果があるのはわかりましたが、効果的な種類や飲み方はあるのでしょうか?
バストアップに効果的な時間帯や摂取量などをご紹介します。

イソフラボンの含有量が多い豆乳

豆乳には「無調整豆乳」「調製豆乳」「豆乳飲料」の3種類あります。

  • 無調整豆乳……大豆と水のみ。味付けされていないので、飲みにくい。
  • 調製豆乳……塩や砂糖などで味付けされ、飲みやすくなっている。
  • 豆乳飲料……調製豆乳にさらにコーヒーなどの味付けがされて、かなり飲みやすい。

 
上記の説明でもわかるように、無調整豆乳は大豆と水のみでできた純粋な豆乳です。そのため独特の風味が苦手な人も多いと思いますが、イソフラボンの含有量は一番多いです。

豆乳のバストアップ効果はイソフラボンのおかげなので、無調整豆乳が一番バストアップ効果が高いと言えます。

イソフラボンの摂取量に注意

バストアップに効果的なイソフラボンですが、たくさん摂れば良いというわけではありません。イソフラボンには摂取量の目安が決められていて、1日あたり70~75mgとされています。

無調整豆乳1パック(200ml)には、イソフラボンがおよそ68mg含まれているので、1日1パックまでが無難です。なぜなら日本食にはイソフラボンが含まれるものが多く、ほかの大豆製品を食べると、上限を超える可能性があるからです。

◆イソフラボンの過剰摂取はホルモンバランスを崩す恐れがある

女性ホルモンのバランスを整える効果のある「イソフラボン」ですが、摂り過ぎると逆にホルモンバランスを崩す恐れがあります。
女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」があり、生理周期によって分泌量が変化しています。

そこでエストロゲンと似た作用のあるイソフラボンを過剰摂取すると、女性ホルモンの分泌に影響を及ぼすと言われています。そのため、適量を守って飲むようにしましょう。

飲む時間は朝食前か就寝前が効果的

豆乳でバストアップ効果を狙うなら、飲むタイミングは基本的にいつでもOKです。
その中でも比較的効果が高いと言われるのは「朝食前」か「就寝前」です。朝食前は栄養を吸収しやすい状態なので、豆乳の効果を最大限に取り入れられます。

また豆乳には安眠効果があり、就寝前に飲むと睡眠の質を高めてくれます。女性ホルモンのバランスを整えるには、睡眠の質が大きく関係していますので、結果的にバストアップ効果が高まります。

豆乳のバストアップ効果を高める方法

では、豆乳によるバストアップ効果を最大限に高める方法をご紹介しましょう。豆乳を飲む以外に、どんなことに気をつければ良いのでしょうか?

運動や食生活で生活習慣を整える

豆乳でバストアップした人は、生活習慣の改善を同時に行った可能性が高いと考えられます。なぜなら、豆乳でバストアップした人と、なかなか効果が実感できない人がいるからです。豆乳のバストアップ効果には個人差があり、しかも即効性はありません。そのため日頃の生活習慣が大事なのです。

生活習慣はバストアップと大きく関係していて、豆乳の効果を最大限に引き出すためにも、生活習慣を整えることが大切です。とくに適度な運動や食生活に気をつけることで、血行を促進したり、バストに必要な栄養を摂ることができます。

リンパマッサージや胸筋を鍛えるエクササイズと併用する

豆乳のバストアップ効果を高める方法は、豆乳を飲むだけでなく、マッサージやエクササイズと併用するのがオススメです。豆乳のバストアップ効果には個人差があり、飲むだけで胸が大きくなるとは言いきれません。そのため他の方法とコラボすることで、相乗効果が得られます。

豆乳には血行促進の効果もあるので、リンパマッサージの効果を高めてくれます。また豆乳は良質なタンパク源なので、胸筋を鍛えるサポートをしてくれるでしょう。

ただし、バストアップサプリだけは注意が必要です。バストアップサプリにはイソフラボンが含まれているものが多く、イソフラボンの過剰摂取になる恐れがあります。サプリを飲む際には、成分をチェックして豆乳を飲む量を調整してください。

ストレスを軽減し、ホルモンバランスを整える

バストアップにストレスは大敵です。せっかく豆乳でバストアップ効果が得られても、ストレスで女性ホルモンのバランス崩してしまったら、効果が半減してしまいます。
また、過度なダイエットや冷え性などもストレスにつながることが多く、ホルモンバランスが乱れる原因となります。

バストアップの基本は、ホルモンバランスを整えることです。ますはストレスを軽減し、睡眠を充分とってホルモンバランスを整えましょう。

女性に嬉しい効果たっぷりの豆乳でバストアップを目指そう

豆乳でバストアップする方法をご紹介しました。
豆乳の種類や飲む時間帯にも、ポイントがありましたね。
効果的に豆乳を取り入れて、効率的にバストアップを目指しましょう。
 

こみち
こみちの一言コラム

豆乳には、女性に嬉しい効果がたっぷりあります。
あなたのバストアップ作戦に、上手に役立ててくださいね。

スポンサーリンク