薬用シャンプーにはどんな効果があるの?スカルプケアで抜け毛を防ぐ

薬用シャンプーの効果と使ったほうが良い人とは?

シャンプーを選ぶなら、髪や頭皮にやさしいものがいいですよね。そこで気になるのが薬用シャンプー。

そもそも薬用シャンプーには、どんな効果があるのでしょうか?
 

こみち
薬用って書いてあると、なんとなく髪に良さそうな気がするわ。

そこで今回は、薬用シャンプーの効果についてご紹介します。また薬用シャンプーは、どんな人に効果的なのか見ていきましょう。

そもそも薬用シャンプーって何?

薬用シャンプーは頭皮や髪にやさしいイメージがありますが、具体的にはどんなシャンプーなのかわからない人も多いのではないでしょうか?

「薬用」と書かれているので薬効成分が配合されているように感じますが、医薬品とは別物です。分類としては「医薬部外品」になります。

医薬部外品とは、厚生労働省が効果を認めた有効成分を配合している製品のこと。つまり化粧品と医薬品の中間のものです。

では、薬用シャンプーには具体的にどんな効果があるのか。普通のシャンプーとは何が違うのか見ていきましょう。

薬用シャンプーにはどんな効果があるの?

頭皮や髪のトラブルに悩まされている人は、男性でも女性でも効果が期待できるのが「薬用シャンプー」です。では、薬用シャンプーには、どんな効果があるのでしょうか?

頭皮環境を改善して薄毛を予防する

薬用シャンプーには、薄毛を治す効果はありませんが、薄毛を予防する効果は期待できます。頭皮環境を改善することで、薄毛や抜け毛対策になります。

頭皮環境は生活習慣やシャンプーの種類などによって悪化しがちですが、薬用シャンプーを使えば頭皮環境を改善することができます。

頭皮環境が悪化すると薄毛や抜け毛が増える原因になってしまうので、気になる人は早めに薬用シャンプーを使うことをオススメします。

頭皮の皮脂を落としてベタつきを抑える

薄毛や抜け毛が増える前兆として、頭皮の皮脂が多くなることがあります。頭皮の皮脂が多くなると、毛穴をふさいでしまい、髪の毛が成長しにくくなります。

すると薄毛が進行したり、抜け毛が増えてしまう原因になるので、育毛シャンプーで頭皮の皮脂をしっかりと落とし、ベタつきを抑えることが大切です。

とくに男性は皮脂の分泌が多いので、頭皮がベタつきやすい特徴があります。だからといって強すぎる洗浄成分だと頭皮の皮脂を落としすぎて、逆に皮脂の分泌が多くなることがあるので気をつけましょう。

適度な洗浄力で頭皮にやさしいのが薬用シャンプーなのです。

フケやかゆみを防いで頭皮の炎症を抑える

抜け毛や薄毛の前兆としてもう1つ考えられる症状が、フケやかゆみなどです。頭皮のフケやかゆみが気になりだしたら、素早く薄毛対策をはじめましょう。

そのためには薬用シャンプーが効果的です。薬用シャンプーは頭皮の炎症を抑える効果があるので、頭皮のフケやかゆみを防ぎ、頭皮を清潔で健康な状態にしてくれます。

薬用シャンプーの成分が頭皮に浸透することはありませんが、頭皮の血行を良くして頭皮環境を良好にしてくれるのです。

頭皮のニオイを抑える

頭皮の皮脂が多くなったり、頭皮が蒸れて汗のニオイが気になることもありますよね。薬用シャンプーなら、頭皮のニオイを抑える効果もあります。

頭皮のニオイの原因は、汗や皮脂の場合が多いですが、皮膚疾患が原因の場合もあります。もし頭皮のフケやかゆみも併発しているなら、皮膚科で診てもらったほうが良いかもしれません。

頭皮の皮膚疾患になると抜け毛が増えたり、薄毛が進行したりしてしまうことがあるので気をつけましょう。

髪を健康に美しくする

薬用シャンプーの効果は、頭皮への効果だけでなく、髪を健康に美しくする効果もあります。

髪が健康で美しくなるためには、頭皮環境が大事。つまり髪がキレイになるということは、頭皮環境も良くなっている証拠なのです。

髪の毛の成長を助ける効果も期待できるので、髪にハリがなくなってきたと感じる人にオススメします。

薬用シャンプーによるスカルプケアで抜け毛を防ぐ方法

では、薬用シャンプーでスカルプケアをするなら、どんなポイントに気をつければ良いのでしょうか? 薬用シャンプーによるスカルプケアで抜け毛を防ぐ方法をご紹介します。

薬用シャンプーならどれでもOKではない

頭皮環境を改善するスカルプケアで抜け毛を防ぐなら、「どの薬用シャンプーを使ってもOK!」というわけではありません。

薬用シャンプーのように見せかけて、実は普通のシャンプーだったという場合もあるので、見分け方を知っておくと良いでしょう。

薬用シャンプーの見分け方は、「医薬部外品」と書かれているものを選ぶこと。それ以外は普通のシャンプーなので、間違えないように注意しましょう。

また薬用シャンプーの中には、頭皮に良くない成分を使っている場合もあります。では、どんな成分が配合されたシャンプーが良いのでしょうか?

洗浄力が強い薬用シャンプーもあるので注意

薬用シャンプーでスカルプケアをするなら、洗浄力が強すぎないタイプを選ぶのがポイント。薬用シャンプーの中には、洗浄力が強いタイプもあるようです。

また頭皮に刺激になる成分が含まれていると、頭皮環境が悪化しやすくなるので気をつけたいところ。

では、具体的にどんな薬用シャンプーを選べば良いのかというと、「アミノ酸系シャンプー」がオススメです。

アミノ酸系シャンプーは洗浄力がマイルドで、頭皮にやさしい成分です。ただし洗浄力が弱めなので、正しい洗い方をしないと頭皮の皮脂をしっかりと落とすことができない場合もあります。
 

◆薬用シャンプーの効果を引き出す「正しい洗い方」

薬用シャンプーの効果を最大限に引き出す正しい洗い方をご紹介します。薬用シャンプーを使う場合ではなくても、正しいシャンプー方法は大切なポイント。

ぜひ、この機会にチェックしておきましょう。

  1. お風呂に入る前に髪をブラッシングして、汚れを落としておく。
  2. まずはお湯で頭皮を洗う。
  3. シャンプーを手で泡立ててから髪につける。
  4. 頭皮を指の腹でマッサージするように洗う。
  5. しっかりとシャンプーを洗い流す。

 
シャンプーのやり方はここまでです。あとはリンスやトリートメントが頭皮につかないように注意すること。

頭皮にリンスやトリートメントがついてしまうと、頭皮の毛穴をふさいで髪の成長を妨げてしまうので気をつけましょう。

シャンプー前にお湯洗いが効果的

薬用シャンプーでスカルプケアをするなら、シャンプー前にお湯洗いをしておくことが効果的だとご紹介しましたね。シャンプーをいきなり乾いた髪につけても、頭皮をしっかり洗うことはできません。

シャンプー前にお湯洗いをすることで、頭皮の汚れの8割は落とせると言われているほど、シャンプー前のお湯洗いは大事なポイントです。

ぬるま湯で2分くらいお湯洗いをすると良いでしょう。しっかりと頭皮にお湯が届くように、やさしく頭皮を指の腹で洗うと効果的です。

薬用シャンプーが効果的な人とは?

薬用シャンプーの効果をご紹介しましたが、実際にはどんな人に効果的なのでしょうか?

頭皮のフケやかゆみが気になる人

薬用シャンプーが効果的な人は、頭皮のフケやかゆみが気になる人です。頭皮にフケやかゆみがあるということは、炎症を起こしていると考えられます。

頭皮の炎症は皮膚病の可能性もありますし、薄毛の前兆でもあります。いずれにしても頭皮を清潔にすることが大切です。

頭皮のニオイが気になる人

薬用シャンプーが効果的な人は、頭皮のニオイが気になる人です。頭皮の皮脂や汗で蒸れることで、頭皮にニオイが発生しているのかもしれません。

たとえば帽子をかぶることが多く頭皮が蒸れたり、汗をたくさんかくことで頭皮のニオイが気になるなら、頭皮を清潔に保つことが大切です。

頭皮が清潔でない状態が続くと頭皮環境が悪化して、薄毛や抜け毛が増える原因になってしまうからです。このような人は薬用シャンプーがオススメです。

髪にハリやコシがなくなってきた人

薬用シャンプーが効果的な人は、髪にハリやコシがなくなってきたと感じている人です。髪にハリやコシがなくなると、髪のボリュームが減り、セットしにくくなることが多いですよね。

実はコレ、薄毛の前兆だと言われているのです。今のうちに薬用シャンプーを使いはじめることで、未然に薄毛を防げる可能性が高くなりますよ。

頭皮トラブルが多く、炎症を起こしやすい人

薬用シャンプーが効果的な人は、頭皮トラブルが多く、炎症を起こしやすい人です。頭皮が炎症を起こすと抜け毛が増えてしまうことが多いので、早めの対策が必要になります。

頭皮トラブルには色々ありますが、先ほどご紹介したフケやかゆみもその1つ。炎症を起こしやすい人は頭皮が敏感肌だと考えられるので、頭皮にやさしい薬用シャンプーがオススメです。

また頭皮が乾燥しやすい人も頭皮トラブルが起こりやすいです。頭皮が乾燥すると、逆に皮脂が多くなってベタついたり、乾燥することが炎症の原因になることもあります。

薬用シャンプーは頭皮にやさしい成分が配合されているので、普通のシャンプーを使っているなら今すぐ薬用シャンプーに変えたほうが良いかもしれません。

頭皮環境を良くして薄毛予防をしたい人

薬用シャンプーには育毛・発毛効果はありませんが、薄毛を予防したい人には効果的です。

薄毛対策は早めにはじめるほど効果が期待できるので、とくに気になるトラブルがなくても薬用シャンプーを使ったほうが将来の髪を守ることができるかもしれません。

抜け毛が増えてきたと感じているなら、育毛剤での頭皮マッサージをすることで薄毛を改善できるかもしれません。薬用シャンプーを使うとともに、育毛剤で頭皮の血行を良くしましょう。

◆育毛剤なら頭皮に栄養を与えられる

薬用シャンプーには頭皮に栄養を与える効果はありませんが、育毛剤なら頭皮に栄養を与えることができます。

育毛剤を使うタイミングも、実は薄毛予防として使うのがもっとも効果的なのです。つまり、抜け毛予防ということ。

抜け毛が気になり始める前から育毛剤で頭皮マッサージをすれば、頭皮の血行が良くなるとともに、頭皮に栄養を与えることができます。

すると抜け毛が未然に防げる可能性が高くなるので、薄毛対策として効果的です。

薬用シャンプーはダメージヘアを修復する効果はない

薬用シャンプーの効果としては美髪効果もありますが、髪のダメージを修復する効果はありません。

薬用シャンプーというと、なんとなく万能シャンプーのように感じてしまいますが、あくまでも頭皮環境を良くする効果に限られます。

頭皮環境を良くすることで髪を美しくする効果はありますが、髪の毛そのものを修復する効果ではないのです。

ダメージヘアが気になるなら、トリートメントを使うことをオススメします。

頭皮トラブルを改善し、薄毛を予防するのが「薬用シャンプー」の効果

薬用シャンプーの効果と使ったほうが良い人をご紹介しました。育毛シャンプーも薬用シャンプーの一種ですが、薄毛を治す効果は残念ながらありません。

でも頭皮環境を良くすることで抜け毛を予防する効果は期待できるので、早めに使って頭皮環境を良好にしていきましょう。
 

こみち
こみちの一言コラム

薬用シャンプーの効果は、フケ・かゆみ・ベタつき・ニオイなどを抑える効果があること。

抜け毛が増える前から使うことで頭皮トラブルを改善し、薄毛を予防することができますよ。

スポンサーリンク