薄毛を治すには早めの対策が決め手!髪がなくならないうちに薄毛対策

薄毛対策は早めに始めることが大事! 手遅れになる前に……。

「最近、抜け毛が増えた気がする」「髪の手触りが変わってきた」そんな前兆があるなら、それは薄毛の始まりかもしれません。
 

こみち
薄毛を治すには、早めの対策が決め手となります。

そこで今回は、薄毛対策を早めに始めたほうが良い理由と、髪がなくならないうちにやるべき薄毛対策をご紹介します。

薄毛が始まると、何もしないで治ることはありません。手遅れになる前に、早めの薄毛対策が決め手になりますよ。

薄毛を治すには早めの対策が決め手!

「これって薄毛かもしれない」そう感じたら、なるべく早めに対策を始めることをオススメします。なぜなら薄毛は、自然と治ることはほとんどないからです。

それは薄毛になる原因を知ればわかります。では、男性の薄毛の原因とは何なのでしょうか?

男性の薄毛の原因は「AGA(男性型脱毛症」の可能性が高い

男性の薄毛の原因は、「AGA(男性型脱毛症)」の可能性が高いです。AGAは進行性の薄毛の症状なので、発症したら自然と治ることはほぼありません。

AGAは治療をすることで進行を遅らせることができる場合が多いですが、早めに治療を始めないとむずかしくなってきます。

では、AGAの原因は何が考えられるのでしょうか?

  • 遺伝
  • 頭皮環境の悪化
  • 生活習慣の乱れ

 
AGAの原因はおもに「男性ホルモン」ですが、それには遺伝が大きく関係しています。母方の家系に薄毛の人がいるなら、残念ながら薄毛になる可能性が高いと言えます。

それを考えると、父親が薄毛だからといって自分も薄毛になるとは限らないということですね。ちょっと意外ですね。

でもAGAの原因は遺伝だけではありません。男性ホルモンが過剰に分泌されて「薄毛因子」ができることでAGAになるので、男性ホルモンのバランスが崩れる生活習慣も大きく関係しています。

たとえば睡眠や食事、運動などの生活習慣が悪いと薄毛になりやすいです。また頭皮ケアの方法が悪くて、頭皮環境が悪化する場合もあります。シャンプーなどの頭皮ケアを正しく行う必要があります。

薄毛の前兆を知って早めの対策をする

薄毛対策は早く始めることが決め手と言われても、薄毛が始まっているのかどうかを判断するのがむずかしい人もいるかもしれません。

そこで薄毛になる前兆を知れば、早めの対策をすることができますね。薄毛の前兆は、以下のようなことです。

  • 髪が細くなる
  • 髪が柔らかくなる
  • 抜け毛が増える
  • 髪のセットが決まらない

 
薄毛になると、毛周期と呼ばれる「毛が生えるサイクル」が短くなります。このサイクルが短くなるとどうなるかというと、髪が充分に成長する前に抜け落ちてしまう可能性があります。

すると髪を触ったときに、髪が細いと感じたり、髪が柔らかいと感じることがあります。しかも充分に成長する前に抜けてしまうので、抜け毛が増えたと感じることでしょう。

また髪のセットがうまく決まらなくなったと感じるなら、それは髪が柔らかくて少なくなった可能性が高いです。これらの前兆を見逃さずに、しっかりと早めの薄毛対策をすることが大切ですよ。

薄毛対策を早めに始めたほうが良い理由とは?

では、薄毛対策を早めに始めたほうが良い理由とは、何なのでしょうか? これを知れば、早めの薄毛対策にも納得できるはずですよ。

AGAは進行性なので、早めに薄毛対策を始めることが大切

薄毛対策を早めに始めたほうが良い理由は、AGAは進行性の薄毛だからです。男性の薄毛の原因のほとんどはAGAだとご紹介したので、AGAであることを前提としてお話しています。

AGAは進行性なので、放っておいても自然と治ることはありません。だから、できるだけ早めに薄毛対策を始めることが大切なのです。

進行性という性質上、治療をしたからといって完治させるのはむずかしいですが、進行を遅らせることは可能です。

薄毛の進行はゆるやかだが、治療には時間がかかる

薄毛対策を早めに始めたほうが良い理由は、薄毛(AGA)の治療には時間がかかるからです。AGAの進行はゆるやかですが、治療には時間がかかるので早めに治療を始めることが大切なのです。

また年齢とともに治療の効果が反映されるまでに時間がかかると言われているので、早めの対策が必要になります。

進行すると、新しい毛が生えてこなくなってしまう

AGAが進行すると、いずれは新しい毛が生えてこなくなります。すると治療の効果がなくなるので、早めに対策を始めたほうが良いでしょう。

毛が抜け落ちるまでの毛周期がだんだん早くなってくると、毛根から新しい髪が生えてくる回数が増えます。しかし毛根から新しい髪が生えてくる回数には限りがあるそうなので、早めの治療しないと毛が生えてこなくなってしまいます。

毛根が寿命を迎える前に、早めに治療を始めておくことで毛周期を遅らせることができます。

新しい毛が生えてこないと治療をしても治らない

薄毛対策を早めに始めたほうが良い理由は、そもそも新しい毛が生えてこなくなると治療をしても薄毛が治らなくなるからです。

AGAの治療は、今ある毛の成長を促すことなので、毛根が寿命になり毛が生えてこなくなると手遅れになってしまうのです。そうなる前に何とかして薄毛治療や対策をしておくことが大切です。

若い年齢ほうが治療の効果が出やすい

薄毛対策を早めに始めたほうが良い理由は、若い年齢のほうがAGA治療の効果が出やすいからです。若い年齢のほうが治療や対策によって毛根の毛母細胞が活性化しやすいのです。

また薄毛は加齢とともに進行していくので、若い年齢のほうが治療の効果が出やすいと言えるでしょう。

重度の薄毛になってからの治療は高額になる

薄毛対策を早めに始めたほうが良い理由は、重度の薄毛になってから治療をすると高額になる可能性が高いからです。

薄毛になっている範囲も広くなりますし、薄毛の具合も深刻になるので、早めの治療が効果的なのです。

また治療費が高額になると、継続し続けることがむずかしくなる場合もあると思いますので、できるだけ初期の段階で薄毛治療をすることが大切です。

髪がなくならないうちにやるべき薄毛対策

では、AGA治療の他にできる薄毛対策はあるのでしょうか? 髪がなくならないうちにやるべき薄毛対策をご紹介しましょう。

頭皮に栄養を与える食事を心がける

髪がなくならないうちにやるべき薄毛対策は、頭皮に栄養を与える食事を心がけることです。

それは栄養バランスの良い食事を摂ることが1番です。食べ物の栄養が頭皮に届くのは1番最後なので、栄養が足りないと頭皮まで届くことはありません。

そのことを考えると、薄毛対策は外側からの働きかけのほうが効果的なのですが、体の中から薄毛になる要素を改善していくことが大切です。

頭皮マッサージで血行を良くする

髪がなくならないうちにやるべき薄毛対策は、頭皮マッサージで血行を良くすることです。これが外側からの対策として1番効果的です。

薄毛の初期段階であれば、育毛剤の効果も感じやすいので、育毛剤で頭皮に栄養を与えながら頭皮マッサージをすると良いでしょう。

頭皮の血行を良くすることで食べ物で摂った栄養が頭皮に届きやすくなるので、体の中からの対策も効果がアップします。
 

◆頭皮マッサージの方法

シャンプー後のドライヤーで髪を乾かす前に、育毛剤をつけて頭皮マッサージをするのがベストタイミングです。

しっかりと育毛剤を頭皮に浸透させるようなイメージで、指の腹を使ってやさしく揉みほぐしましょう。

とくに薄毛の気になる部分をマッサージすると、血行が良くなり効果的です。頭頂部や生え際などを中心にマッサージしましょう。

正しいシャンプーをして頭皮環境を良好にする

早めの薄毛対策には、正しいシャンプーをすることも大切です。頭皮環境を良好に保つには、頭皮を清潔にすることと、頭皮の皮脂量を正常に保つことです。

そのためには「シャンプーの選び方」と「シャンプーのやり方」が重要なポイントになってきます。
 

◆頭皮にやさしいシャンプーを選ぶ

頭皮を清潔にするためには、洗浄力の強いシャンプーを使うことが良いと思いがちですが、実はそうではありません。

洗浄力の強い「高級アルコール系シャンプー」は洗浄力が強すぎて、頭皮の皮脂を取りすぎてしまいます。

頭皮の皮脂が多すぎるのも薄毛の原因になるのですが、皮脂が少なすぎて頭皮が乾燥すると、それもまた薄毛の原因になります。

頭皮の皮脂量を正常に保つには、できるだけ頭皮の刺激にならないシャンプーを選ぶことが大切です。「アミノ酸系シャンプー」なら頭皮にやさしく皮脂を落としてくれるのでオススメです。
 

◆正しい洗い方で頭皮を守る

頭皮を清潔に保つためには、正しい洗い方をすることも大切です。NGな洗い方は、爪でゴシゴシ頭皮をこすることです。頭皮が傷ついて刺激となり、薄毛を進行させてしまう恐れがあります。

またシャンプーの前に、ある程度の汚れを落としておくことも大切です。シャンプー前にブラッシングをして、髪についた汚れを落としておきます。

シャンプーをつける前に、まずはぬるま湯で髪を洗いましょう。これが大事なポイント。

そしてシャンプーを直接髪につけるのではなく、手で泡立ててから髪につけることで、頭皮に刺激になりにくいです。

シャンプー後はできるだけ早く髪を乾かすことが頭皮にとって良いことなので、頭皮マッサージが終わったら素早く髪を乾かしましょう。

睡眠をしっかりとり成長ホルモンを分泌させる

髪がなくならないうちにやるべき薄毛対策は、睡眠をしっかりとることです。睡眠は薄毛に大きく関係している生活習慣です。

睡眠中に分泌される「成長ホルモン」は髪の成長を促す働きがあるので、薄毛対策として効果的です。

成長ホルモンの分泌を増やすには、22~2時に寝ていることが大切です。また浅い眠りではなく、安眠することも成長ホルモンの分泌を促すことにつながります。

薄毛対策に睡眠不足はもってのほかです。仕事が忙しくて寝る時間が充分に確保できない人もいるかもしれませんが、できる限り睡眠は大事にしましょう。

薄毛の前兆を見逃さず、髪がなくなる前に早めの薄毛対策を

薄毛を治すには早めの対策が必要な理由をご紹介しました。

薄毛になる前兆を見逃さずに、髪がなくなる前に早めの薄毛対策が必要ですよ。
 

こみち
こみちの一言コラム

薄毛の前兆をしっかりと把握して、1日でも早い薄毛対策を始めましょう。AGA治療も早めにやることが決め手になります。

髪がなくなってからでは薄毛対策も治療も効果がないので、髪がなくなる前にしっかりと早めの対策をしていきましょう。

スポンサーリンク