蒸しタオル美容法の効果とやり方|毛穴すっきりでクリアな素肌へ

蒸しタオル美容法は、毛穴をキレイにしてスキンケアの効果がアップする

鏡を見るたびに、ニキビや毛穴の黒ずみ、肌のくすみなど、気になることが1つは出てきますよね。

そんな肌の悩みを解消してくれるのが、蒸しタオル美容法の効果なんです。
 

こみち
蒸しタオル美容法って気になってたけど、本当に効果があるのかしら?

蒸しタオル美容法とは、温めたタオルを顔に乗せるだけの超簡単な美容法です。

たったそれだけで、一体どのような効果があるのか気になりますよね。

そこで今回は、蒸しタオル美容法の効果とやり方をご紹介します。注意点もしっかりとチェックしておきましょう。

蒸しタオル美容法の効果

蒸しタオル美容法には、どのような美容効果があるのでしょうか? 簡単な方法なだけに、本当に効果があるのか気になりますよね。

意外と高い美容効果があるので、ビックリするかもしれませんよ。

毛穴の奥の汚れまですっきりキレイになる

蒸しタオル美容法の効果は、毛穴の奥の汚れまですっきりキレイに落とせることです。

毛穴の黒ずみが気になる人や、毛穴に皮脂がたまってニキビができやすい人にはオススメの美容法です。

ニキビができているときにはオススメできませんが、ニキビ予防としては効果的です。

毛穴の奥の汚れまですっきり落とせれば、全体的に肌色が明るい印象になりますよね。

血行が良くなり、くすみやクマを改善

蒸しタオル美容法の効果は、温かい蒸しタオルを顔に乗せることで、くすみやクマを改善することができます。

もともと、くすみやクマは血行不良が原因なので、血行を良くすることで肌の色がワントーン明るくなるでしょう。

冷え性で顔色が悪くなりがちな人にも、オススメの美容法です。

老廃物を流し、顔のむくみが解消される

蒸しタオル美容法の効果は、顔のむくみを解消できることです。

顔の新陳代謝が悪くなり、老廃物がたまってしまうと、顔がむくんでしまいますよね。
寝不足や疲れがたまっているときも、顔がむくんでしまう人が多いのではないでしょうか?

そんなときに朝の美容法として、蒸しタオル美容法を実践すれば、老廃物をすっきり流して、顔のむくみを解消することができます。

化粧水の浸透力がグンとアップする

蒸しタオル美容法の効果は、蒸しタオルを使った後のスキンケア効果がアップすることです。

つまり、化粧水などの浸透力がグンとアップする効果が期待できるのです。

スキンケア化粧品の浸透力が高まれば、肌の奥までしっかりと美容成分を届けることができるので、肌状態が良好になります。

肌状態が良くなれば、さまざまな肌トラブルが解消され、クリアな美肌が手に入りますよ。

蒸しタオル美容法のやり方

では、美容効果バツグンの蒸しタオル美容法のやり方をご紹介しましょう。簡単なのに美容効果が高いと評判です。

蒸しタオルの作り方

蒸しタオルの作り方は、とっても簡単です。

濡らしたタオルを絞り、レンジで1分温めるだけ。

熱すぎる場合は、広げて冷ましましょう。あまり熱い蒸しタオルを顔にのせると、肌に刺激を与えてしまうのでご注意ください。

温めが足りない場合は、10秒くらいずつ追加で温めましょう。

蒸しタオルを使うのは1分が目安

蒸しタオルを顔に乗せている時間は、1分くらいが目安です。あまり長い時間乗せておくと、肌に刺激を与えたり、肌が乾燥しやすくなります。

顔の皮膚は思っている以上に薄いので、あまり刺激を与えすぎないことが美肌を保つポイントですよ。

蒸しタオルが冷めるなら、ビニールに入れて

蒸しタオルは、冷めてしまうと効果がなくなってしまいます。むしろ逆効果になってしまうので気をつけましょう。

もし寒い季節に蒸しタオルを使うときは、すぐに冷めてしまうので、ビニール袋に入れて顔に乗せると良いでしょう。

もしくは、蒸しタオルを乗せた上から、ビニール袋をかぶせるのも効果的。その場合には、鼻の部分を切り取って、呼吸ができるようにしてください。

蒸しタオル後は、必ず保湿する

蒸しタオル美容法のやり方は、その後の保湿がとっても大事なポイント。

蒸しタオルを使った後は、肌が乾燥しやすい状態になっているため、しっかりとスキンケアで保湿をしてください。

化粧水だけで終わらせることのないように、しっかりと乳液やクリームを塗って保湿ケアしましょうね。

毛穴を引き締めるのを忘れずに

蒸しタオル美容法のやり方では、もう1つ大切なポイントがあります。それは、毛穴を引き締めることを絶対に忘れないこと。

蒸しタオル美容法は、顔の毛穴を開く効果があります。そのため、そのままにしてしまうと、毛穴が開きっぱなしになってしまいます。

毛穴が開いたままだと、肌のたるみやシワなどの原因にもなりますので、しっかりと冷たいタオルで引き締めるのを忘れずに。

蒸しタオル美容法の後に、冷たい化粧水をつける方法でもOKです。化粧水をつける前に引き締めてしまうと、浸透力が低下するのでご注意を。

蒸しタオルを使う順番

蒸しタオル美容法では、どの順番で蒸しタオルを使うと効果的なのでしょうか? 欲しい美容効果によって、蒸しタオルを使うタイミングが変わります。

洗顔後に蒸しタオルを使うと、化粧水の浸透力アップ

毛穴の奥までしっかりと化粧水を浸透させたい人は、洗顔後に蒸しタオルを使うと効果的です。

洗顔前に使うのも効果的ですが、メイクの上から蒸しタオルを使うのはNG。メイク成分が肌に浸透してしまう恐れがあります。

洗顔後に蒸しタオルを使ったら、その後に化粧水をつけます。そのときに、より浸透力を高めるには、手のひらでハンドプレスするのが効果的。

コットンでパッティングするよりも、肌を傷つけずに、毛穴の奥まで化粧水を浸透させることができます。

朝の洗顔前にするとメイクのノリが良くなる

メイクのノリが良くないときは、朝の洗顔前に蒸しタオルを使うと効果的です。

蒸しタオル美容法をしてから洗顔をすると、毛穴の奥の汚れまですっきり落とすことができるので、肌がクリアな状態になり、スキンケア化粧品の浸透が良くなります。

スキンケアでしっかりと肌を整えた後にメイクをすれば、メイクのノリが良くなったのを感じられるでしょう。

蒸しタオル美容法の注意点とは?

蒸しタオル美容法は、肌を良い状態へと導く効果が高いですが、注意点もあります。どのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

ニキビがある時は、蒸しタオル美容法をしない

蒸しタオル美容法の注意点は、ニキビがあるときはやらないことです。

ニキビがあるときは、肌が炎症を起こしている状態です。このときに蒸しタオルで肌を温め、血行を良くしてしまうと、炎症が悪化してしまいます。

ニキビがあるときは、蒸しタオル美容法をお休みして、回復してから再開しましょう。

やけどしないように、温度に気をつける

蒸しタオル美容法の注意点は、蒸しタオルの温度に気をつけること。やけどには注意して使いましょう。

蒸しタオルは簡単に作れますが、電子レンジによっては、1分では熱くなってしまうこともあります。

蒸しタオルの温度をみながら、冷ますなり、温め直すなり、調整をして使ってください。

肌に乗せたときに「温かくて気持ちいい」と感じるのが適温です。

冷めてしまうと逆効果

蒸しタオル美容法の注意点は、冷めてしまったタオルを使い続けることです。

蒸しタオル美容法の効果は、肌を温めて血行を良くすることですが、蒸しタオルが冷めてしまったら、肌がどんどん冷えてしまいます。

そのため、途中で冷たくなったら温め直すなど、調整をおこないながら使いましょう。

やりすぎ厳禁! 週1回くらいでOK

蒸しタオル美容法の注意点は、毎日やるなど、やり過ぎは厳禁です。だいたい週1回くらいが目安です。

蒸しタオル美容法は、多くても週2回までにしましょう。

毎日やると、肌が乾燥しやすくなり、ゴワゴワな肌になってしまいます。また、敏感肌の人は、肌に刺激を与えすぎてしまうので、肌状態が悪化する恐れがあります。

適度に蒸しタオル美容法をして、効果的に美肌を手に入れましょう。

蒸しタオル美容法の効果を最大限に引き出しクリアな素肌へ

蒸しタオル美容法の効果とやり方をご紹介しました。上手に利用すれば、美肌効果はアップしますが、やり方を間違えると肌を傷めてしまいます。

正しい使い方で蒸しタオルを利用し、クリアな素肌を手に入れましょう。
 

こみち
こみちの一言コラム

蒸しタオル美容法の効果は、肌の悩みを解消してくれるスペシャルケア。

効果的な使い方で、輝くようなクリアな素肌を手に入れましょう。

スポンサーリンク