脱毛の料金プランの選び方|月額制と回数制ならどっちが安い?

脱毛の料金プランは、月額制と回数制のどっちがお得?

「脱毛したい!」と思ったときに、まず気になるのが料金ですよね。

最近は、学生や若い女性でも契約しやすいように、月額制の料金プランも多く見かけます。
 

こみち
月額が数千円~1万円くらいなら、払えそうな気がするわ。

月額の料金が安いと、飛びついてしまいそうになりますが、果たして脱毛料金が最終的にいくらかかるのか、ひと目ではわかりにくいですよね。

そうしないと、脱毛が終わったときに、「驚くほどの金額を支払っていた」なんてことにもなりかねません。

そこで今回は、「脱毛の料金プランは月額制と回数制のどちらが安いのか」をご紹介していきます。

脱毛サロンによって料金システムが様々なので、「お得な料金プランの選び方」についても、ポイントをご紹介します。

脱毛の料金プランの選び方は、ココがポイント!

脱毛サロンの料金プランには、月額制と回数制があります。その他にも、1回ごとに払う「都度払い」がありますが、割高になるため、月額制か回数制を選ぶことが多いでしょう。

では、料金プランの選び方は、どのようなポイントに気をつけて決めれば良いのでしょうか?

脱毛1回あたりの料金はいくら?

脱毛の料金プランの選び方は、「1回あたりの料金がいくらになるのか」にポイントを置いて選ぶと良いでしょう。

月額料金が安いと惹かれますが、月額が安くても、脱毛が終わる頃の「総額」で考えてみると、高くつく場合があります。

どこの脱毛サロンも、「いかに脱毛料金を安く見せるか」を考えているので、安易に選んでしまうと失敗することになります。

脱毛1回あたりの施術範囲・施術時間はどうなってる?

脱毛の料金プランの選び方は、脱毛1回あたりの施術範囲と時間がどうなっているかを考えてみましょう。

たとえば、月額制で月に通う頻度が多くても、1回の施術が少ないと、当然何度も足を運ぶことになります。

他の脱毛サロンなら1回分なのに、2回に分けて通う必要がある場合もあるのです。1回あたり「上半身だけ」なのか「全身」なのかで、回数が変わってきます。

結果的に、月あたりの回数は少なくても、時間をかけて広範囲の施術を1回でしてくれるほうが、プライベートの時間をムダにすることがなくなります。

脱毛サロンによって、施術方法や脱毛機器がちがうので、回数の多さだけで選ぶと失敗するかもしれません。

どれくらいの頻度で脱毛できるの?

月額制の場合、月に1回の脱毛ができるサロンや、3ヶ月に1回の脱毛ができるサロンなどがあります。

回数が多いほうがお得とは限らないと、前項でご紹介しましたが、頻度が決められている場合もあります。

たとえば、月額制で3ヶ月に1回しか施術できない場合は、1回あたりの料金が「3ヶ月分」になるわけです。

そうなると、たとえ1ヶ月の料金が安くても、安いとは言いきれない場合があります。

そのため、料金だけでなく、回数や頻度も気にして選ぶようにしましょう。

脱毛完了までの期間はどれくらい?

脱毛の料金プランの選び方は、脱毛完了までの期間がどれくらいかかるのかをチェックしておきましょう。

とくに月額制の場合は、脱毛完了までの期間が長くなるほど、脱毛料金が高くなりますよね。

そのため、脱毛完了までの目安を教えてくれるサロンなら、金額が明瞭で選びやすいでしょう。

脱毛完了したときの総額はいくらになる?

脱毛の料金プランの選び方は、1回あたりの金額と、もう1つ大事なのが「総額いくらになるのか」ということです。

総額を考えるのは当然のことですが、言葉巧みに誘導されると、総額のことを考えずに契約してしまう場合もあります。

後悔しないためにも、料金プランを選ぶときは、「1回あたりの料金」と「総額」の両方をチェックしておくようにしましょう。

月額制の料金プランとは?

料金プランの選び方のポイントがわかったので、月額制と回数制の料金システムについて見ていきましょう。

まずは、月額制の料金プランのシステムについてご紹介します。月額制には、大きく分けて2種類あります。

月謝のように、「月ごと」に支払うシステム

月額制の料金プランの1つめは、いわゆる「月謝」のような感じで、月ごとに支払うシステムです。

入会金や解約料の有無によっても変わってきますが、気楽に通える料金システムであることが特徴です。

すでにご紹介したように、「月額料金の安さ」や「回数の多さ」だけで判断すると、逆に高くなる場合もあるので、しっかりと確認してみましょう。

ローン総額を「分割払い」にするシステム

月額制の料金プランの2つめは、月額制とは言いつつも、実際にはローンを分割払いをしているシステムもあります。

総額があらかじめ決まっていて、それを月払いしているだけなのです。

解約料がかかる場合もありますし、途中でやめにくい料金システムなので、月額制という言葉だけで判断しないようにしましょう。

脱毛の料金プランを月額制にするメリット

では、脱毛の料金プランを月額制にするメリットは何でしょうか?

いつでもやめられるので、気楽に通える

脱毛サロンによって、さまざまな料金システムがあるので、たとえ「月謝」のような月額制でも、同じとは限りません。

とはいえ、比較的いつでもやめられるのがメリットで、気楽に通えるのが嬉しいポイント。

解約料金や契約の縛りがあるサロンもあるので、細かいところまで料金システムをチェックするのを忘れないようにしましょう。

お試し感覚で脱毛できる

脱毛の料金プランを月額制にするメリットは、初めての脱毛でも、お試し感覚で通えることです。もちろん「月謝」の場合です。

また、途中で契約を休止できるサロンもあるかもしれませんので、脱毛スケジュールが決まっていない人には良い料金プランと言えるでしょう。

脱毛サロンの雰囲気が合わないと感じたら、やめることもできるので、初めて脱毛に通う人にはオススメです。

脱毛の料金プランを月額制にするデメリット

では、脱毛の料金プランを月額制にするデメリットはあるのでしょうか?

最低契約月数の縛りがある場合がある

月額制のデメリットは、月ごとに支払うシステムであっても、最適契約月数の縛りがある場合もあることです。

たとえば、「最低でも3ヶ月は解約できない」などと決められている脱毛サロンもあるので、事前に確認しておくことをオススメします。

予約が取りにくい場合もある

「月謝」のような月額制の場合、脱毛サロンによっては、予約が取りにくい場合もあることがデメリットです。

月ごとに支払う月謝の場合は、回数を多くしようとすると、サロン側が損してしまうので、予約が取りにくい場合もあるようです。

どちらかというと回数制のほうが優遇される場合が多いので、その辺も考慮して、料金プランを決めるようにしましょう。

シェービング代などが別途かかる場合が多い

脱毛サロンの場合は、「光脱毛・フラッシュ脱毛」という種類の脱毛なので、施術前にムダ毛を処理しておく必要があります。

自分で処理してくれば問題ないかもしれませんが、サロンによってはシェービング代がかかる場合があります。

分割払いや回数制の場合は、シェービング代込みの料金になっていることありますが、月謝のような月額制の場合は、別途シェービング代を請求されることがあります。

契約前のカウンセリングのときに、その辺もしっかり確認しておくようにしましょう。

解約料やキャンセル料がかかる場合がある

月額制の場合、いつでもやめられるのが気楽だと説明しましたが、脱毛サロンによっては解約料がかかる場合があります。

また、どうしても予約の日に行けない場合には、キャンセル料を取られる場合もあります。

脱毛料金以上に支払うものが多いと、総額が高くなる可能性があることがデメリットです。

回数制の料金プランとは?

では、回数制の料金プランとは、どんなシステムなのか見ていきましょう。

回数と総額が決まっている

回数制の料金システムは、あらかじめ「回数」と「総額」が決まっていて、パックを買うようなイメージです。

たとえば6回プランとか、12回プランなどがあり、回数が多い契約のほうが、1回あたりの金額が安くなるような設定になっています。

ただし、何回のプランを選べば良いのか見極めるのがむずかしく、それによって脱毛総額が高くなる場合があります。

たとえば、6回プランを購入したけど、脱毛が完了していない場合は、追加契約をする必要があります。

6回パックをもう一度購入すると、今度は余ってしまうことがあるので、最初に「何回のプランを契約するのか」を見極めるのがむずかしいですね。

脱毛の料金プランを回数制にするメリット

では、脱毛の料金プランを回数制にするにするメリットは、どんなことなのでしょうか?

回数が多い契約ほど、1回あたりの金額が安い

回数制のメリットは、回数が多い契約ほど、1回あたりの脱毛料金が安くなることが多いことです。

たとえば、6回プランよりも12回プランのほうが、1回あたりの脱毛料金が安くなります。

自己処理が楽になるくらいまで脱毛したいのか、ツルツルになるまで脱毛したいのかによっても、選ぶ回数が変わってきます。

脱毛が早く終わることが多い

回数制のメリットは、月額制のように「月に何回まで」という制限がない場合が多いので、脱毛が早く終わることが多いようです。

しかしこれは、脱毛サロンによってシステムが異なるので、必ずしも回数制のほうが良いとも言いきれません。

とはいえ、料金プランによって使用する脱毛機器がちがう場合もあり、回数制のほうが脱毛効果が高い機器を使うサロンもあるようです。

月額制よりも、優先的に予約できる場合がある

回数制のメリットは、月額制の料金プランよりも、優先的に予約できる場合があるということです。

脱毛サロンによって違うとは思いますが、月額制の人を優先的に予約させてしまうと、サロン側が損する可能性があるためかもしれません。

回数制の人は、予約をつめて入れても、回数が決まっているのでサロンが損することはありません。

途中で休んでも、保証期限内ならムダにならない

月額制のプランの場合は、通わない月があっても、料金が発生することが多いですが、回数制の場合は、途中で休んでも、保証期限内ならムダな料金を支払わなくて済む場合が多いです。

脱毛の料金プランを回数制にするデメリット

では、脱毛の料金プランを回数制にするデメリットとは何でしょうか?

毛量が少ない人だと、回数が余ってしまうことがある

回数制にするデメリットは、毛量が少ない人だと、脱毛が完了したのに、回数が余ってしまう場合があるということです。

1回あたりの金額を安くしようとして、回数の多い契約をすると余ってしまい、逆にもったいない場合もあるでしょう。

毛量が多い人だと、追加で購入しないといけない場合がある

逆に、毛量が多い人だと、回数が終わっても脱毛が完了せずに、追加で購入しないといけない場合もあることがデメリットです。

その後に、ピッタリの回数チケットを購入できれば良いのですが、2回目の購入分は余ってしまう場合もあるかもしれません。

1回あたりの金額は安くても、総額が高くなるケースがあるので、選ぶ際には注意しましょう。

ローンのように金利がかかる場合が多い

回数制のデメリットは、ローンを分割払いをする月額制のプランのように、金利がかかるケースがあることです。

回数によって、金利がかかる場合とかからない場合があるかもしれません。

たとえば、6回プランなら無利子だけど、12回プランは金利がかかる場合があります。

一度に支払う金額が多い

回数制のデメリットは、一度にまとまった金額を支払わなければいけないことです。

もちろん分割払いができると思いますが、それでもちょっと抵抗がある人もいるかもしれませんね。

でも、総額的に考えると、回数制のほうが安い場合もあるので、考え方次第だと言えるでしょう。

月額制と回数制ならどっちが安いの?

脱毛の料金プランを月額制にするか、回数制にするか、それぞれのメリット・デメリットをご紹介しました。

では、結局どちらのプランを選べば安く脱毛できるのでしょうか?

「総額」や「月に通える回数」などによる

月額制と回数制では、どちらが安いのかを判断するには、脱毛が終了するまでの「総額」と、「月に何回通えるのか」によって変わってきます。

脱毛サロンによってシステムが違うので、一概には、どちらが安いとは言い切れないのが正直なところです。

たとえば、月額制のプランは「月に1回」とか「3ヶ月に1回」などと決められている場合があります。

すると、月額料金を長く支払い続ける必要があるので、総額では高くなります。

回数制のプランは、チケットが余ってしまった場合に、総額では月額制のほうが安かったということもあります。

毛量が多い人・剛毛の人は回数制のほうが安い場合が多い

比較的「毛量が多い人」や「剛毛の人」は、回数制のほうが安い場合が多いようです。

毛量が少ない人だと、脱毛回数が少なくても、脱毛が完了して余ってしまうことがありますが、毛量が多い人だと、使い切ることができるからです。

逆に、足りない場合もあるかもしれませんので、その際には月額制に変更できるか確認すると良いかもしれません。

2度目の購入も回数制にするほうが良い場合もあるので、どちらが良いかはサロンによって異なります。

脱毛の料金プランを比較して総額でお得なほうを選ぼう!

脱毛の料金プランの選び方と、月額制と回数制ではどちらが安いのかをご紹介しました。

メリット・デメリットを見ながら、どこの脱毛サロンがお得なのか見極めましょうね。
 

こみち
こみちの一言コラム

脱毛サロンによって、料金プランのシステムが全然ちがいます。

契約内容をしっかりチェックして、総額でお得なプランを選ぶのがオススメですよ。

スポンサーリンク