胸を小さくさせるNG習慣|あなたも知らないうちにやっているかも

バストアップ効果がなく胸が小さいまま……。それはNG習慣のせいかもしれません!

バストアップするために毎日頑張っているのに、なかなか効果がでなくて悩んでいませんか? それは知らないうちににやっている「NG習慣」のせいかもしれません。
 

こみち
バストアップ効果がなくて胸が小さいままなのは悲しすぎるわ。

正しいバストアップ方法を実践することも大切ですが、そもそもNG習慣が染みついていたら効果的にバストアップすることができません。

そこで今回は、胸を小さくさせるNG習慣をご紹介します。NG習慣を改善して、今すぐバストアップ習慣を実践していきましょう!

あなたも知らないうちに「胸を小さくさせるNG習慣」をしているかも!

「バストアップを頑張っても胸が大きくならない」「何だかバストダウンしたような気がする」

そんな悩みを持っているなら、知らないうちに「胸を小さくさせるNG習慣」をしているのかもしれません。

胸を小さくさせるNG習慣が染みついていると、どんなにバストアップ法を頑張ってもムダになってしまうこともあります。

でも、今気づくことができたならラッキー! 今すぐバストアップ習慣に変えていきましょう。

胸を小さくさせるNG習慣って、どんなこと?

では早速、胸を小さくさせるNG習慣を見てきます。1番怖いのは、知らないうちにやっていること。気づいた今から改善していけば大丈夫ですよ。

気がつくと猫背になっている

胸を小さくさせるNG習慣は、ずばり「猫背」です。スマホを見るとき、デスクワークでパソコン作業をするときなどに、気がつくと猫背になっていませんか?

猫背になると胸の血行が悪くなり、バストダウンの原因になってしまうのです。猫背はバストダウン以外にも、顔のたるみや二重あごの原因にもなります。

まさに美の大敵! 見た目も美しくないので、つねに姿勢を正しておくことが大切ですよ。

タバコを吸う・アルコールを良く飲む

胸を小さくさせるNG習慣は、タバコを吸ったり、アルコールを良く飲む習慣も良くありません。タバコは血行を悪くしたり、女性ホルモンの分泌を減らす原因にもなります。

胸を大きく、そして形を美しくするのは、女性ホルモンのはたらきによるものなので、ホルモンバランスが乱れるのはNGなのです。そのため、ホルモンバランスを整える生活を心がけましょう。

またアルコールは肝臓に負担がかかるので、女性ホルモンの分解がうまくいかなくなります。少量を飲むなら血行改善にも効果的ですが、くれぐれも飲み過ぎには注意しましょう。

楽チンな「カップ付インナー」を着ている

胸を小さくさせるNG習慣は、楽チンな「カップ付インナー」を良く着ていること。ブラの締めつけが苦手な人は、快適なカップ付インナーを着たくなる気持ちは良くわかります。

でもバストアップの面で考えるとNG。カップ付インナーでは胸をしっかり支えることができないので、胸が垂れてしまう原因になるのです。

胸が小さい女性やバストアップを願っている女性にとって、ブラは絶対に必要ですよ。

体を冷やす習慣

胸を小さくさせるNG習慣は、体を冷やす習慣です。女性は、体を冷やして良いことは1つもありません。まず女性ホルモンのはたらきが悪くなり、胸まで届いてくれなくなります。するとバストダウンの大きな原因になってしまいますよ。

また女性は冷え性の人が多いので、体を温めることが大事。とくに以下のようなNG習慣をしていないかチェックしてみてください。

  • お風呂で温まらない
  • 寒くても薄着
  • 靴下を履かない
  • お腹を冷やしている

 
時間がないからといってシャワーで済ませている人は、お風呂で体を温めることが大事。全身の血行が良くなって、女性ホルモンが胸に届きやすくなりますよ。

また寒くても薄着だったり、靴下を履かない人は、体が冷えがちに。おしゃれも大事ですが、体が冷えてしまったら女性らしい魅力が半減してしまいます。

さらに冷たい飲み物ばかり飲む人や、寝ているときにお腹が出ている人は、お腹を冷やしている可能性があります。お腹には子宮があるので、女性ホルモンの分泌に大きく影響を及ぼしますよ。

できるだけ体を冷やさない習慣を心がけることが、バストアップには大切です。

1日3杯以上コーヒーを飲む

胸を小さくさせるNG習慣は、1日に3杯以上のコーヒーを飲むこと。「なんでコーヒー?」と思うかもしれませんが、コーヒーには体を冷やす効果があるのです。

実際に1日に3杯以上のコーヒーを飲む女性を対象に研究したところ、3杯以下の女性よりも胸が小さいという結果が出ているようです。これは怖いですね。

コーヒーは眠気覚ましや気分をシャキっとさせる効果があるので、愛飲している人も多いはず。飲んではいけないわけではなくて、1日に1~2杯にとどめておきましょう。

お菓子などのジャンクフードをよく食べる

胸を小さくさせるNG習慣は、お菓子などのジャンクフードをよく食べることです。とくに砂糖が多く含まれている甘いお菓子は、体を冷やす効果があると言われています。

砂糖以外にも、カップラーメンやポテトチップスなどのジャンクフードには、体に悪い添加物がたくさん含まれています。しかも栄養は皆無。良くないことばかりです。

キレイな胸をつくるためにも、できるだけジャンクフードは控えて、ちゃんとした食材を食べるようにしましょう。

激しい運動をしている

胸を小さくさせるNG習慣は、激しい運動をすることです。適度な運動にはバストアップ効果がありますが、激しすぎる運動はNG。

激しい運動がNG習慣な理由は2つあります。1つは「胸が揺れてクーパー靭帯が伸びてしまうこと」。クーパー靭帯が伸びると胸が垂れやすくなります。運動をする習慣がある人は、必ず「スポーツブラ」を着用してくださいね。

そしてもう1つは「女性ホルモンの分泌が減ってしまうこと」。激しい運動をすると男性ホルモンの分泌が活発になるので、ホルモンバランスが崩れる原因になる場合があります。

でも筋トレは若返りホルモンが分泌されるので、美容にはオススメ。むずかしいですね。
結論からすると、激しい運動をたくさんするのは控えたほうが良いでしょう。適度な筋トレや有酸素運動なら、美容にも健康にもバストアップにもオススメです。

ストレスがたまっている

胸を小さくさせるNG習慣は、ストレスがたまっていることです。仕事や家族、友人のことでストレスがたまることも多いと思いますが、上手に発散させないとバストアップ効果が半減してしまいます。

ストレスがたまると副交感神経のはたらきが悪くなり、血行が悪くなります。するとバスト周辺の血行も悪くなり、女性ホルモンがバストに届かなくなってしまいます。

またストレス自体がホルモンバランスを乱す原因になるので、女性にとってストレスは大敵です。胸のためにも美容のためにも、ストレスは上手に発散しましょう。

今すぐ実践したい「バストアップ習慣」とは?

では、バストアップ効果を高める習慣とはどんなことなのでしょうか? NG習慣に当てはまることが多かった人は、今すぐバストアップ習慣を実践していきましょう。

栄養バランスの良い食生活をする

バストアップ習慣は、栄養バランスの良い食生活をすることです。とくにバストアップに効果が期待できる栄養は、以下の通りです。

  • タンパク質……胸にハリを持たせる
  • 大豆イソフラボン……ホルモンバランスを整える
  • 良質な脂質……胸の脂肪を増やす
  • ビタミン・ミネラル……血行を良くする

タンパク質はダイエット効果もあり、空腹を感じにくくなるのは嬉しいポイント。胸にハリを持たせて若々しいバストをつくるためにも効果的ですよ。

納豆や豆乳などに含まれる「大豆イソフラボン」は、女性ホルモンと似たような働きをすることで有名な栄養です。ホルモンバランスを整えて、バストアップ効果を高めてくれますよ。

また太りたくないと思っている人は、脂質を控えすぎていませんか? 脂質は確かに太りますが、良質な脂質ならバストの脂肪を増やす効果があります。良質な脂質とは、オリーブオイルやアボカド、魚に含まれる油やアーモンドなども良質な脂質です。

さらに野菜などに含まれるビタミン・ミネラルは、血行を良くする効果があります。何でもバランスよく食べることが大切ですよ。

質の高い睡眠をたっぷりとる

バストアップ習慣は、質の高い睡眠をたっぷりとること。現代の女性は忙しいので、睡眠時間が少ない人が多いようです。

睡眠不足になるとバストの成長を妨げ、疲れやストレスを解消することもできなくなります。疲れがたまった状態では、バストアップどころではありませんよね。

毎日元気に過ごし、メンタル的にも満たされた状態になるためには、質の高い睡眠をたっぷりとることが大事。そのために寝室の環境を快適にすることも大切ですよ。

気分が癒されるアロマの香りを漂わせたり、室温・湿度ともに快適に調整するなど、できることから始めてみましょう。

ストレスは早めに解消する

バストアップ習慣は、ストレスを早めに解消することです。ストレスは誰だってたまります。でもそれを上手に解消することが大事。

ストレス解消の方法は人それぞれに違うので、自分が気持ちいいと感じることを実践してみましょう。

休日にのんびり森の中を歩いてみるのもオススメですし、スマホをオフにして部屋でのんびり過ごすのもオススメ。

自分だけのために豪華な手料理をつくって食べるのも良いですし、1日中本を読みながらゴロゴロするのも良いかもしれません。

人と会ってストレスを発散することも時には効果的ですが、疲れがたまっているときは、一人でのんびり過ごすのがオススメですよ。

そうすればホルモンバランスも整って、バストアップ効果が高まります。

適度な運動で血行を良くする

バストアップ習慣は、適度な運動で血行を良くすることです。NG習慣で「激しい運動はダメ」と言いましたが、適度な運動はバストアップ効果があります。

散歩がてらにウォーキングをするのも良いですし、仕事帰りに遠回りして帰るのも良いでしょう。ちょっとした時間を使って運動をするだけでOK。わざわざ運動の時間をつくらなくても大丈夫ですよ。

日頃から階段を使うとか、ちょっとした行動を見直すだけで、適度な運動は簡単にできます。そうすれば全身の血行が良くなって、バストアップ効果が高まりますよ。

お風呂で疲れを癒しリラックス

バストアップ習慣は、お風呂で疲れを癒してリラックスするのがオススメ。お風呂に浸かることは、「体を温める」ことと「リラックス効果」のWの効果が期待できる簡単な習慣です。

疲れて帰ってきたら、1分でも早く寝たい気持ちだと思いますが、お風呂に入ることで疲れが癒されていきますよ。そして安眠効果もアップするので、翌朝の目覚めが変わります。

シャワーで済ませることが多い人は、ぜひ今日からお風呂習慣をはじめてみましょう。お風呂の中でバストアップマッサージをするのもオススメですよ。

目的に合ったブラをつける習慣も大事!

胸を小さくさせるNG習慣と、バストアップ習慣をご紹介しましたが、ブラの選び方も大切です。目的に合ったブラをつける習慣が、バストアップ効果を高めてくれます。

サイズをしっかり測るのは大前提!

あなたが今つけているブラは、しっかりとサイズを測ってもらった上で購入しましたか? サイズの合わないブラをつけることほど、バストアップに悪影響を及ぼすことはありません。

ブラをつけている時間は長いので、自分にぴったりサイズのブラを選ぶことは大前提です。下着ショップの店員さんにサイズを測ってもらうと良いでしょう。

寝るときはナイトブラをつける

寝るときはブラをつけないで寝ている人も多いかもしれませんが、それはNGです。胸が垂れる原因で多いのが、ナイトブラをつけないで寝ることなんです。

寝ているときは長時間にわたって胸が引っ張られてしまい、クーパー靭帯が伸びやすくなってしまうのです。クーパー靭帯が伸びると胸が垂れるので、ノーブラで寝るのはNGですよ。

これから先の胸を守るためにも、今からナイトブラをつけて寝る習慣をはじめましょう。

運動するときはスポーツブラをつける

ダイエットや健康のために運動をしている人も多いと思いますが、普通のブラのままで運動していませんか? 運動するときは胸が揺れてしまうので、クーパー靭帯が伸びる原因になります。

また胸が揺れると、胸が小さくなると言われているので、絶対に揺らすのはNG。だから運動するときは、スポーツブラが必須です。

それぞれの目的に合ったブラをつけることで、最大限に胸を守ることができますよ。

小さい胸を大きくするバストアップ習慣を始めよう!

胸を小さくさせるNG習慣をご紹介しました。効果的なバストアップ習慣も併せてご紹介したので、今すぐ実践してみましょう。
 

こみち
こみちの一言コラム

胸を小さくさせるNG習慣は、知らないうちにやっていることが多いです。

気づいたときから改善することで、バストアップ効果が高まりますよ。

スポンサーリンク