胸の蒸れを防いでサラサラにする方法|胸が汗で蒸れやすい原因とは?

胸の汗が多く蒸れやすい原因と、蒸れを防ぐ対策

暑い季節になると気になるのが、胸が汗で蒸れることではないでしょうか?

ブラや服が汗で濡れた状態だと、なんとも不快な気分になりますよね。
 

こみち
大量に汗をかくと、ブラパッドが濡れたままになり、胸が蒸れてかゆくなるのよね。

ブラや服が汗で濡れると、すぐにでも着替えたい気分になりますが、外出先ではなかなかそうもいきません。

そこで今回は、「胸の汗を抑える方法」「胸の蒸れを防ぐ方法」をご紹介します。

いつでもサラサラな胸をキープして、快適に過ごしましょう!

胸に汗をかくと不快! 胸の蒸れを防ぐ方法はあるの?

胸に汗をかくと、とっても不快ですよね。

ずっとブラが濡れた状態だと、こんな悩みが出てくるのではないでしょうか?

  • 胸がかゆくなる
  • 胸の汗が臭くなる
  • あせもができやすい
  • 胸ニキビができやすい
  • ブラだけでなく、服まで汗でビッショリになる

 
胸に汗をかいても、なかなか人前では拭くことができないので困ります。

そのまま、ブラや服が汗で濡れた状態が続くと、胸が蒸れてしまいますよね。

では、胸の蒸れを防ぐ方法はあるのでしょうか?

胸の蒸れを防ぐには、蒸れにくいブラの素材や、汗とりアイテムを使うことが効果的です。

そして、胸の汗を出にくくすることができれば完ぺきですよね。

では、そもそも胸が汗で蒸れやすい原因とは何なのでしょうか?

胸が汗で蒸れやすい原因とは?

暑い季節は、胸の谷間に汗をたくさんかいて、蒸れやすくなりますよね。

きっと多くの女性は……

  • 胸の谷間を流れる汗を止めたい!
  • 胸の蒸れを防いで、快適に過ごしたい!

 
と思っているのではないでしょうか? では、「胸に汗をかく理由」と「蒸れてかゆくなる原因」とは何なのか見ていきましょう。

胸は汗が多く、蒸れやすい場所

胸が汗で蒸れやすい原因は、もともと胸は汗をかきやすい場所だからです。

人間の体には、中心部のほうが汗をかきやすいという性質があり、腕や肩よりも、額や胸、背中などに汗をかきやすいのです。

とくに胸は「皮脂腺」が多いので、汗と皮脂が混ざり合って臭いを発したり、雑菌が繁殖して、胸ニキビができてしまうこともあります。

そのため、できるだけ胸から出る汗を防いだり、胸が蒸れないように工夫することが大切です。

アポクリン腺から出るベトベトの汗だから

胸が汗で蒸れやすい原因は、皮脂や汗が多いからというだけでなく、ベトベトした汗が出る「アポクリン腺」が存在しているからです。

汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」があり、アポクリン腺はワキガの原因になる汗腺です。

そのためワキガ体質の人は、ワキだけでなく、胸の汗の臭いが気になることも多く、いわゆる「チチガ」と呼ばれる症状が出てくることも多いのです。

もともと乳腺は、汗腺から派生したものだと言われているので、胸は汗が多いという特徴があります。

ブラのサイズが合っていない

胸が汗で蒸れやすい原因は、ブラのサイズが合っていない場合もあります。

とくにブラジャーがきつ過ぎる場合には、胸が蒸れやすくなることがあります。

また、胸の谷間をつくると、肌同士がくっついて、汗で蒸れやすくなります。

逆にブラジャーがゆる過ぎると、動いたときにブラと肌がこすれ合い、かゆくなってしまうこともあります。

そのため、しっかりと自分に合ったサイズのブラジャーをつけるようにしましょう。

そのほうが、バストアップにも効果的です。

蒸れやすい素材のブラジャーを使っている

胸が汗で蒸れやすい原因は、蒸れやすい素材のブラジャーを使っているのかもしれません。

一般的に販売されているブラジャーのほとんどは、ナイロンなどの化学繊維ですよね。

そのため汗を吸いとる機能が低く、通気性も悪いため、胸が蒸れやすくなってしまうのです。

胸が蒸れるのを防ぐ素材としては、「シルク」や「コットン」などの天然素材がオススメですよ。

胸の蒸れを防いでサラサラにする方法

では、胸の蒸れを防いで、サラサラで快適にするには、どのような方法があるのでしょうか?

胸の汗は、小まめに拭く

胸の蒸れを防いでサラサラにする方法は、汗をかいたら小まめに拭くことです。

汗ふきシートで拭いても良いですが、アルコールが含まれている場合は、肌が刺激を受けて乾燥しやすくなるので、使いすぎには注意しましょう。

そのため、できればティッシュやハンカチで拭くのがオススメです。

汗をかいた直後は、まだ臭いのない汗なので、すぐに拭けば臭いを抑えることができますよ。

胸用の汗とりパッドを使って、汗をかいたら交換する

とはいっても、人前で胸の汗を拭くのはむずかしいですよね。

いつでもトイレに行ける環境にいれば良いですが、なかなかそうもいきません。

そんなあなたには、胸用の汗とりパッドがオススメです。

ハート型になっていて、胸の谷間にフィットするような胸パッドがあります。

胸の汗を吸いとって、蒸れを防いでくれます。取り外しも簡単なので、トイレに行けば簡単に交換もできるでしょう。

いつでも胸をサラサラの状態にしておくには、優れものの商品です。

胸パッドには、いつかのタイプがあり、薄着でも目立たないものもあるようですよ。

ブラ・肌着の素材は「吸汗性」「速乾性」を重視

胸の蒸れを防いでサラサラにする方法は、ブラや肌着の素材に気をつけて選ぶことです。

ブラや肌着は直接汗を吸いとるものなので、汗を吸いとる「吸汗性」と、すぐに乾きやすい「速乾性」のある素材であることが大切です。

汗をかいてもすぐに乾けば、臭いを防ぐことができます。

汗を吸いとりやすい素材は、肌ざわりも良いものが多いので、快適に過ごせますね。

冷却シートを胸に貼る

胸の蒸れを防いでサラサラにする方法は、胸の周辺に「冷却シート」を貼ることです。

ちょっとユニークな方法ですが、意外と効果的なようです。

冷却シートとは、熱が出たときなどに、おでこにペタっと貼りつける冷却ジェルのことです。

剥がれなければ、8時間くらいは効果が持続しますので、かなり役立ってくれそうです。

保冷剤で「胸」や「首」を冷やす

冷却シート以外にも、保冷剤を胸の周辺に入れるという方法もあります。

保冷剤といっても、ケーキを買ったときについてくる「ドライアイス」はNGですよ。

保冷剤は、直接肌につけないように、ハンカチやタオルで包んで入れるようにしましょう。

ただし、注意点が1つあります。それは、胸の周辺には「心臓」があるので、急激に冷やすことはオススメできません。

胸を冷やすと心臓に負担がかかるので、できれば「首」を冷やすほうがオススメです。

首には動脈があるため、首を冷やすことで冷えた血液が全身を巡り、体全体が冷えていきます。

首を冷やせば、胸の汗を防ぐ効果だけでなく、顔汗も防ぎ、メイク崩れを防ぐことができますよ。

暑い夏は、熱中症対策にも役立ちますね。

風通しの良い服を着る

胸の蒸れを防いでサラサラにする方法は、風通しの良い服を着ることです。

ブラや肌着の素材にこだわっても、服が暑くて汗をかいてしまうのでは意味がありませんよね。

では、風通しの良い服には、どんな服があるのでしょうか?

  • 袖口が広く開いた「ドルマンスリーブ」
  • 胸元が大きく開いている服
  • 網目状で空気が入りやすい「ニット系」

などがあります。

胸の汗蒸れで臭いが気になる人は、このような服を着ることで、胸汗を軽減することができるでしょう。

ベビーパウダーで汗を抑える

胸の蒸れを防いでサラサラにする方法は、ベビーパウダーをつけることです。

ベビーパウダーは、赤ちゃんでも使えるくらい肌にやさしいので、とくに肌が弱い人にはオススメです。

汗をたくさんかくと、あせもになることも多いので、ベビーパウダーは効果的ですよ。

制汗スプレーをつけている人もいると思いますが、ガス噴射式のデオドラントスプレーは、肌に刺激を与えるので臭いが悪化する場合もあります。

できるだけ肌に刺激を与えないことが、臭いを防ぐポイントになります。

胸の蒸れを防いで、臭いやかゆみのないサラサラ肌をキープ

胸が汗で蒸れやすい原因や、胸の蒸れを防いでサラサラにする方法をご紹介しました。

夏は、どんな服を着ても暑いですが、少しでも胸を蒸れにくくして、臭いやかゆみを防ぎましょう。
 

こみち
こみちの一言コラム

胸は汗が多い場所だから、蒸れやすい。

できるだけ汗を抑えて、胸の蒸れを防ぎ、サラサラ肌をキープしましょう。

スポンサーリンク