背中の産毛の上手な剃り方|自分で処理するならどの方法がベスト?

背中の毛の剃り方とその他の自己処理方法

背中の毛をキレイに剃りたい! でも、自分で剃るのは大変!

そんなとき、あなたはどうしていますか?
 

こみち
背中の毛を剃るのは、かなり高度な技術が必要な気がするわ。

背中の産毛を剃る人と剃らない人がいると思いますが、剃る以外にも自己処理の方法があります。

では、どんな処理方法があるのかチェックして、それぞれのメリット・デメリットを比較してみましょう。

背中の産毛を自分で処理する方法|メリット・デメリット

背中の産毛を自分で処理する場合、どのような方法があるのでしょうか?

また、それぞれの自己処理方法には、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

カミソリで剃る

ムダ毛処理の方法として、もっとも一般的なのは、カミソリで剃る方法ですよね。費用もほとんどかからないし、その場でキレイに処理できるのがメリットです。

でも、背中の産毛を剃るとなると、結構むずかしいのが現実。

見えないし、手が届かないし、骨が出っ張っているので、皮膚を削ぎ落としてしまう可能性もあります。

これがカミソリで背中を剃るデメリットですが、後ほど「上手な剃り方」をご紹介します。

電気シェーバーで剃る

やりにくい背中の産毛を、刃がむき出しのカミソリで剃るのは大変だし、怖いですよね。そこで、電気シェーバーで剃る方法もあります。

電気シェーバーなら、刃が直接肌に触れないタイプも多く、比較的安心して剃れるのがメリット。

やはり多少は肌を傷つける可能性がありますが、アフターケアをしっかりすれば、肌トラブルは1番少ないかもしれません。

背中の産毛の自己処理方法としては、電気シェーバーのデメリットはとくにないと言えるでしょう。

除毛クリームで処理する

背中の産毛を自分で処理する方法は、除毛クリームを使う選択肢もあります。

除毛クリームは、毛を溶かして取りのぞく効果があるので、チクチクしないし、刃を当てることもないので安心できるのがメリットです。

しかも、除毛クリームは濃くて太り毛よりも、産毛のほうが効果が出やすいので、背中の産毛処理としてはオススメ。

ただし、毛を溶かすほどの効果がある薬剤を肌につけて、時間を置くわけですから、肌トラブルの可能性があるのがデメリットです。

肌にやさしい除毛クリームもありますが、背中の肌はデリケートなので、肌に刺激が強すぎる可能性があります。

他の部位なら大丈夫でも、背中は肌荒れしてしまう場合もあるので、必ずパッチテストをおこなってから使いましょう。

また、手が届かなくてムラなく塗るのが大変なのもデメリットですが、柄の長いヘラを使えば、簡単に塗ることができます。

脱毛タオルで洗う

背中の産毛を自分で処理するなら、脱毛タオルで洗う方法もあります。

細長いタオルの両端に持ち手がついていて、背中をゴシゴシこするだけで、産毛をからめ取るというグッズです。

1番簡単で、安全に処理できることと、古い角質を取るピーリング効果もあるのがメリットです。

ただし、強くこすると肌がヒリヒリしてしまうこともあることと、使い続けないと効果が出ないのがデメリットです。

背中の毛を自己処理するなら、剃るのがベスト

背中の産毛を自分で処理する方法をご紹介しましたが、その中でも「剃る」のがベストでしょう。

でも、上手に剃らないと肌を傷つける恐れがあるので、正しい剃り方をマスターする必要があります。

また、自分では手が届かないなどのデメリットもあるので、あなたが処理しやすい剃り方を見つけることも大切です。

自分で剃るのがむずかしいなら、家族や友人に剃ってもらう

どうしても自分で剃るのがむずかしいなら、家族や友人に剃ってもらう方法もあります。

うつ伏せに寝て、カミソリや電気シェーバーで剃ってもらうと良いでしょう。

カミソリを使う場合は、必ず「T字カミソリ」にしましょう。「I字カミソリ」だと力加減がむずかしいので、人の肌に当てるのは危険です。

また、3枚刃~5枚刃など、刃の数が多いカミソリのほうが、肌への負担が少ないと言われています。

電気シェーバーの場合は、顔用のI字シェーバーのほうが剃りやすいかもしれません。

顔用の電気シェーバーなら、デリケートな肌に使えるタイプなのでオススメです。

柄の長いカミソリ・電気シェーバーで剃る

家族や友人に剃ってもらうのはラクですが、万が一失敗すると、相手も気まずいですよね。そのため、自分で剃ったほうが良いと思う人が多いと思います。

その場合には、背中にも手が届きやすい「柄の長いカミソリ」もしくは「柄の長い背中用の電気シェーバー」を使うのがオススメです。

オススメというよりも、できれば柄の長いタイプを使うほうが良いでしょう。

では、背中の産毛を自分で剃るなら、どのように剃れば良いのでしょうか?

背中の産毛の上手な剃り方

とにかく大変な背中の産毛処理ですが、上手な剃り方をご紹介します。準備しておくものは、以下の通りです。

  • 鏡2つ。1つは大きいものか、洗面所などの壁面鏡があればOK。
  • シェービングクリーム
  • シェービングクリームを塗る柄の長いヘラ
  • 柄の長いカミソリ、もしくは背中用の電気シェーバー

 
必要に応じて、タオルがあると良いでしょう。また、剃った直後に冷やすので、保冷剤も凍らせて準備しておきましょう。

まずは毛や皮膚を柔らかくする

背中の産毛を剃る前に、まずは毛や皮膚を柔らかくして、剃りやすくします。

蒸しタオルで温めても良いですが、お風呂に入ったほうが簡単です。でも、あまり長く入り過ぎないように注意しましょう。

皮膚がふやけて、逆に肌を傷つける恐れがあります。

柄の長いヘラでシェービングクリームを塗る

次にシェービングクリームを塗りますが、ムラがないようにしっかりと塗りましょう。ローションやジェルではなく、クリームがオススメ。

シェービングクリームが一番厚く塗れるので、肌を傷つけにくいです。

塗りムラがあると、その部分だけ肌を傷つける恐れがあるので、柄の長いヘラを使って、しっかりと塗ります。

柄の長いヘラは、通販でも数百円~千円くらいでいくつか売っているので、持っておくと便利ですよ。

もしくは、シェービングクリームだけ人に塗ってもらうのも良いかもしれません。

鏡を2つ用意して、1つを持ちながら剃る

大きな鏡に背中が映るようにして、もう1つの鏡を手で持ちながら剃ります。

ちょうど良い場所に置いて、しっかり背中が見えるなら、そのほうが良いでしょう。

これが、けっこうむずかしいポイントです。

毛の流れに沿って1度だけ剃る

シェービングクリームをムラなく塗ったら、いよいよ剃っていきます。

刃を滑らせる方向は、毛の流れに沿って1度だけ当てるのがポイント。何度も同じ場所を剃ると、肌が傷むのでご注意を。

背中の毛の流れは、肩甲骨のあたりが「外側から内側へ」、肩のあたりが「内側から外側へ」、それ以外の場所は「上から下へ」向かって剃るのが基本です。

逆剃りにならないように注意してください。

背中を自分で剃るときの注意点

では、背中を剃る時の注意点には、どのようなことがあるのでしょうか? すでにいくつかご紹介しましたが、改めて確認しておきましょう。

逆剃りをしない・何度も同じ場所を剃らない

背中を自分で剃るときの注意点は、逆剃りをしないことです。逆剃りは肌に負担をかけるので、オススメできません。

また、何度も同じ場所を剃らないこと。シェービングクリームは、1度剃るとなくなるので、地肌に刃が当たってしまいます。

もし剃り残しがあるなら、シェービングクリームを拭き取った後に確認し、その場所だけもう一度シェービングクリームを塗って剃ります。

その場合には、1回だけ逆剃りで剃っても良いでしょう。

背骨や肩甲骨の出っ張りで、皮膚を削がないように注意

背中を自分で剃るときの注意点は、背骨や肩甲骨の出っ張り部分に気をつけることです。

スネで失敗した人もいるかもしれませんが、骨の部分にカミソリが当たると、皮膚を削ぎ落としてしまい、出血してしまいます。

そのため、骨の部分が平らになるように背中を丸めたり、腕を前に出したりして、なだらかな面に刃を当てましょう。

また、長距離をサっとはやく剃るのではなく、ゆっくりと刃を動かしたほうが良いかもしれません。

とくに骨の部分は力を入れないで、やさしく剃るようにしましょう。

背中を剃った後は、必ず「冷却」&「保湿」をする

背中を自分で剃るときの注意点は、背中を剃った後に、必ず「冷却」&「保湿」をすることです。

このアフターケアは、絶対に忘れないようにしましょう。

なるべく早く冷やすことがポイント。シェービングクリームを洗い流し、やさしく水気を拭き取ったら、すぐに冷やしましょう。

肌が落ち着いたら、保湿をすることも忘れずに。背中の肌はデリケートなので、しっかり保湿しないと、さまざまな肌トラブルが起きる可能性があります。

カミソリは清潔にして、乾燥させて保管しておく

背中を自分で剃るときの注意点は、カミソリや電気シェーバーを清潔にして、乾燥させておくことです。

お風呂場に置きっぱなしにすると、湿気で刃が傷みやすくなり、肌を傷つけてしまいます。

そのため洗って清潔にしたら、キレイな布で拭き、乾燥させてから保管しておきましょう。

剥がして抜く脱毛ワックスは、背中の処理にはオススメできない

では、背中の産毛を自分で処理する際に、NGな方法はあるのでしょうか?

1つ挙げるとすれば、「脱毛ワックス」で処理することです。

脱毛ワックスは、薬液そのものが刺激になり、肌荒れする場合もありますし、厳密には毛を抜く行為なので、肌によくありません。

埋没毛やニキビ、皮膚炎などの原因にもなることが考えられるので、脱毛ワックスはオススメできません。

自己処理がむずかしい場合は、プロにお任せが安全・安心!

もし、どうしても自分で剃るのがむずかしい場合は、プロのお任せするのが安全で安心です。

ではプロにお願いする場合、どのような方法があるのでしょうか?

脱毛サロンで背中脱毛をする

脱毛方法は、大きく分けて2つあります。脱毛サロンの「光脱毛」と、脱毛クリニックの「医療レーザー脱毛」です。

背中の毛は産毛なので、レーザー脱毛だと効果がない場合があります。レーザーは黒い毛に反応するので、産毛には効果がない場合があるからです。

その点、光脱毛なら産毛に反応しやすく、産毛でも脱毛できる可能性があります。

しかも脱毛クリニックよりもリーズナブルなので、脱毛サロンをオススメします。

どうしても自分で処理できない場合には、脱毛したほうが断然ラクですよ。

シェービングをしてもらう

背中の毛の処理をプロにお任せする場合、どこで剃ってもらうかを選ぶ必要があります。

シェービングができるのは、以下のような場所です。

  • シェービングサロン
  • エステサロン
  • 理容室
  • 美容室

 
いちばん安心なのは「シェービングサロン」ですが、なかなか見つけるのが大変かもしれません。

そこで次に挙がるのは、「理容室」です。美容室でも良いのですが、理容室のほうがシェービングに慣れているので安心です。

また、エステサロンの「ブライダルエステ」や「美肌コース」などに、シェービングが含まれている場合もあります。

女性がいきなり理容室に行くのは抵抗があると思いますが、どうしてもお近くにシェービングサロンがないなら、理容室のほうが安く済むでしょう。

ただし、女性スタッフが対応してくれる理容室を選ぶのがポイント。

背中をガッツリ出すわけですから、女性にやってもらいたいですよね。

背中の産毛の剃り方は肌に刺激を与えないのがポイント

背中の産毛の剃り方や、その他の処理方法をご紹介しました。

自分で剃るのはなかなか大変ですが、自分で背中を剃れるようになれば、節約にもなりますね。
 

こみち
こみちの一言コラム

背中の産毛の処理方法は、肌に刺激を与えないのがポイント。

自分で剃るなら、肌を傷つけないように気をつけましょう。

スポンサーリンク