育毛剤の正しい使い方|育毛効果を高める5つのポイント

育毛剤の正しい使い方と効果アップのポイント!

薄毛が気になりはじめて、「何か対策をしないと!」と思って育毛剤を使っている人は多いのではないでしょうか?

でも思ったような効果が感じられなくて、「やっぱり育毛剤は効果がないのかな」なんて諦めかけていませんか?
 

こみち
それって、育毛剤の使い方が間違っているのかもしれないわ。

薄毛を改善するには、育毛剤を正しく使うことが、育毛効果を最大限に高めるポイントになります。そこで今回は、正しい育毛剤の使い方をご紹介します。

育毛剤に見切りをつける前に、しっかりとした使い方で効果を確認してみてください。それが将来の薄毛を左右する大きな分かれ道となるでしょう。

育毛剤を使っているのに効果が感じられない!

「薄毛対策のために育毛剤を使っているのに、効果が感じられない!」と思っている人は、使い方が良くないのかもしれません。

では、育毛剤の効果を感じられない理由をいくつか挙げてみたいと思います。

育毛剤の効果を正しく理解していない

育毛剤を使っているのに効果が感じられない理由は、育毛剤の効果を正しく理解していないのかもしれません。

育毛剤の効果は、頭皮環境を改善して、これ以上抜け毛が増えないようにすることです。発毛剤ではないので、育毛剤を使ったからといって、直接的に髪が増えるわけではありません。

とはいえ、育毛剤を使うことによって頭皮環境が良好になり、髪が増えてくることは十分に期待できます。そのため、できるだけ早めに育毛剤を使いはじめることが大切です。

「じゃぁ、すでに薄毛になってしまった人には効果がないの?」という疑問が湧いてきますが、まったく効果がないわけではありません。かなりの時間はかかると思いますが、少しずつ頭皮環境が良くなれば薄毛が改善されることもあるようです。

使う量が適切ではない

育毛剤の効果が感じられない理由は、使う量が適切ではないのかもしれません。育毛剤にはそれぞれに適量が決められています。

育毛効果を高めたいからといって多めに使っても、効果に違いはありません。むしろ適量よりも多く使うことで、逆効果になってしまう場合もあるようです。

または塗り方がうまくいっていなくて、十分な量を頭皮に塗れていないのかもしれません。今一度、育毛剤の使い方を確認して正しく使いましょう。

使うタイミングが最適ではない

育毛剤の効果が感じられない理由は、育毛剤を使うタイミングが適切ではないのかもしれません。

育毛剤には「1日に何回つける」ということは書いてあっても、いつのタイミングでつければ良いのかは書いていない場合があります。

そのため最適なタイミングで育毛剤を使えば、今までにはなかった効果が実感できるようになるかもしれませんよ。

頭皮環境が悪化している

育毛剤の効果が感じられない理由は、そもそも頭皮環境が悪化しているのかもしれません。

育毛剤には頭皮環境を良くする効果がありますが、それと同時に生活習慣の乱れなどによって頭皮環境を悪化する生活を送っていると、せっかくの育毛剤の効果を消してしまうこともあり得ます。

抜け毛が増える直接的な原因は、頭皮環境の悪化の場合が多いので、頭皮環境を整えることは薄毛対策においてもっとも大切なポイントとなります。

使う期間が短すぎる

育毛剤の効果が感じられない理由は、育毛剤を使いはじめてから十分な期間が経っていないのに、効果に見切りをつけてやめてしまったのかもしれません。

育毛剤には即効性がないので、使う期間が短すぎると十分な効果を実感できない場合が多いです。よく言われているのは「3ヶ月以上は使い続ける」ということですが、実はそれでも短いです。

育毛剤の効果を本当に実感するまでには、最低でも半年は使い続けなければわからないのが本当のところです。

育毛剤の正しい使い方

では、育毛効果を高めるために、まずは育毛剤の正しい使い方をご紹介しましょう。一般的な正しい使い方をご紹介しますが、基本的には育毛剤に書かれている使い方をすることが大切ですよ。

1日1回なら夜、1日2回なら朝晩使う

育毛剤の正しい使い方は、いつでも塗って良いわけではありません。だいたい1日に何回使うのか書かれていることが多いので、その回数で使うのが効果的です。

もし1日1回と書かれているなら、夜使うのがもっとも効果的です。1日2回と書かれているなら、朝晩の2回使うのが良いでしょう。

それには理由があるので、後ほど「育毛効果を高める5つのポイント」でご紹介しますね。

濡れた髪よりも、乾いた状態のときに使う

育毛剤の正しい使い方は、濡れた髪ではなく、乾いた状態の髪に使うことです。育毛剤によっては、濡れた状態の洗いざらしの髪に使うように書いてある場合もあると思いますので、それに従って使ってください。

でも育毛剤の効果を最大限に高めるための一般的な使い方は、乾いた髪につけること。ドライヤーの熱で育毛剤が蒸発してしまったり、水で薄まってしまうのを防ぐためです。

髪ではなく頭皮に塗り込む

育毛剤の正しい使い方は、髪ではなく、頭皮に塗り込むことです。抜け毛が増える原因は「頭皮環境の悪化」なので、頭皮を元気にしなければ薄毛が改善されることはありません。

薄毛の状態は髪が弱っているので、髪を元気にするイメージがありますが、そもそも髪が元気になるためには、その土台となる頭皮が元気でなければ育たないのです。

そのため髪に育毛剤をつけるのではなく、頭皮にしっかりと塗り込むことが大切です。
 

◆育毛剤の塗り方のポイント

では、育毛剤の塗り方のポイントは、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

  • 分け目をつくって頭皮に直接つける
  • 分け目を少しずつずらしながら、気になる部分にまんべんなくつける
  • 指で揉み込むようにつける

 
などがあります。育毛剤をつけた直後は、ほんの1分くらいはそのままにして、しっかりと頭皮に浸透させるのがコツです。それから揉み込むように頭皮マッサージをすると良いでしょう。

育毛効果を高める5つのポイント

では、育毛剤の正しい使い方がわかったところで、育毛効果を高めるポイントを5つご紹介します。せっかく育毛剤を使うなら、その効果を最大限に引き出したいですよね。そのためには、ほんの少しの手間をかけることが大切です。

①頭皮の毛穴をすっきりキレイにしてから使うと効果アップ

育毛効果を高めるポイントは、頭皮の毛穴をすっきりキレイにしてから育毛剤を使うことです。そもそも頭皮がキレイな状態でないと、育毛剤がしっかりと浸透してくれません。

抜け毛が気になりはじめている人は、頭皮の皮脂が多くなっていることが考えられるので、皮脂が残っていると育毛剤が浸透しにくくなります。

そのためシャンプーでしっかりと頭皮をキレイにすることが重要なポイントの1つです。
 

◆頭皮を清潔にする「正しいシャンプーの仕方」

頭皮を清潔にする正しいシャンプーの仕方をご紹介します。やみくもにゴシゴシ洗っては頭皮を傷つけてしまうので、正しくシャンプーすることが大切ですよ。

  1. ブラッシングをして髪のホコリなどを落とす
  2. お湯だけで頭皮や髪の汚れを洗い流す
  3. シャンプーを泡立ててから頭皮につけ、毛穴の皮脂や汚れを落とす
  4. 毛穴にシャンプーが残らないようにしっかりと洗い流す
  5. リンスやコンディショナーは頭皮につかないようにする

 
まずは洗う前にブラッシングをすることが大切です。ブラッシングをするだけで髪についたホコリや汚れが取れるので、シャンプーのときに頭皮や髪が傷つくのを防ぐことができます。

また最初にお湯だけで洗うことで、8割くらいの汚れが落ちると言われています。目安としては、お湯がしっかりと頭皮に到達するまでに少し時間がかかることを考慮すると、1~2分くらいお湯だけで洗うことがベストです。

そしてシャンプーは泡立ててから髪につけることで、きめ細かい泡が頭皮の汚れをキレイに落としてくれます。あとは毛穴にシャンプーが残らないように、しっかりと洗い流しましょう。

髪の傷みを防ぐためにリンスやコンディショナーを使っている人も多いと思いますが、絶対に頭皮につかないようにしてください。せっかく毛穴の汚れを落としたのに、また毛穴をつまらせて頭皮環境が悪化してしまいます。

そしてシャンプーはできるだけ刺激がマイルドな「アミノ酸系シャンプー」を使うのがオススメですよ。

②育毛剤を使うベストタイミングは、夜の「お風呂上がり」

育毛効果を高めるポイントは、育毛剤をいつのタイミングで使うかにかかっています。1日1回もしくは2回使うなら、必ず夜のタイミングで1回は使うようにしましょう。

夜でも、もっとも育毛効果を高めるタイミングは、ズバリ「お風呂上がり」です。お風呂上がりは血行が良くなっているので、育毛剤を使うベストタイミングです。

体が温まると血管が広がって、血行が良くなります。このタイミングで育毛剤を使うと、最大限に育毛効果をアップさせることができるでしょう。

③指の腹で頭皮をマッサージするように浸透させる

育毛効果を高めるポイントは、指の腹で頭皮マッサージをするようにして、育毛剤を浸透させることです。育毛剤と頭皮マッサージは、セットで考えたほうが良いでしょう。

でも、育毛剤を塗った直後に揉んだりこすったりするのは良くないという意見もあるので、1分くらいそのままにして、それから頭皮マッサージをすると良いでしょう。
 

◆効果的な頭皮マッサージのやり方

  1. 育毛剤を頭皮全体に浸透させたら、5本指全部の腹を使って押すように揉みほぐします。
  2. とくに「頭頂部」と「生え際」は抜け毛が多くなりやすい場所なので、良くマッサージしましょう。
  3. 押して離すをくり返したり、押し回すようにグルグルするのもオススメ。
  4. 頭皮を吊り上げるようにして、パっと離すのも効果的です。

 
頭皮マッサージをするときは、髪を引っ張らないように注意してください。毛根に負担がかかって、せっかくの元気な髪が抜けてしまうことがあります。

頭皮マッサージをすると頭皮の血行が良くなるので、スーっとした気持ち良さが感じられます。育毛剤の成分のせいもあるかもしれませんが、頭皮マッサージをするとスッキリとした感じがありますよ。

一度何もつけない状態で頭皮マッサージをしてみると、その感じが良くわかると思います。育毛剤をつけなくても、頭皮マッサージは1日に何度やってもOK。

仕事中のリフレッシュや、眠気覚ましにも効果的ですよ。ぜひ試してみてくださいね。

④生活習慣を整えて、体の中から育毛効果アップ

育毛効果を高めるポイントは、生活習慣を整えて、体の中から育毛効果をアップさせることです。育毛剤は頭皮の外側からのはたらきかけですが、体の中からのはたらきかけも大切です。

薄毛対策の1番の基本は、体を健康に保つことなのです。体が健康でないと薄毛を治すことはできません。そのため以下のようなことに気をつけて、生活習慣を見直してみてください。

  • 栄養バランスの良い食事
  • 適度な睡眠時間と良質な睡眠
  • タバコやアルコールは極力ひかえる
  • 適度な運動で新陳代謝を良くする

 
わたしたちの体は食べた物で作られているので、食事はとっても大切です。栄養バランスの良い食事をすることがもっとも効果的ですが、お菓子や即席麺などのジャンクフードを食べないことも大切です。

また良質な睡眠と適度な運動も大事。適度な睡眠時間は7時間くらいだと言われていますが、睡眠の質も大事です。安眠できる環境を整えるようにしましょう。

運動は全身の血行促進になるので、頭皮の血行も良くなります。運動は新陳代謝を活発にすることができるので、頭皮環境を良好に保つためにも必要です。

タバコやアルコールは抜け毛を増やす原因となるので極力ひかえるようにして、体を健康に保つように心がけましょう。体が健康ならメンタルも元気になり、活力がみなぎってきますよ。

⑤ストレスをためない生活を心がける

育毛効果を高めるポイントは、ストレスをためない生活を心がけることも大事です。ストレスは体にさまざまな悪影響を及ぼすので、ないに越したことはありません。

もちろん薄毛対策としてもストレスは大敵。ストレスがたまると頭皮の血行が悪くなり、頭皮の皮脂が増えます。そのため頭皮環境が悪化してしまうのです。

でも現代社会ではストレスゼロの生活は正直むずかしいでしょう。だからストレスをため込まないで、小まめに解消することが大事。

自分なりのストレス解消法を見つけて、「最近疲れてるな」と感じたときにスッキリ解消できるようにしましょう。

育毛剤を効果的に使ってフサフサな髪を取り戻そう!

育毛剤の正しい使い方をご紹介しました。育毛効果を高めるためには、正しく使うことが大切ですよ。
 

こみち
こみちの一言コラム

育毛剤の効果的な使い方は、お風呂上がりに使うこと。そして頭皮マッサージをセットにすることが効果アップのポイントです。

生活習慣にも気をつけて、毎日健康的な生活をすれば育毛剤の効果を最大限に発揮させることができるでしょう。

スポンサーリンク