肌の赤みを治す方法|顔が赤くなる原因とNGスキンケア

肌の赤みを治す方法は、ターンオーバーを正常にすること

顔の一部分が赤くなっている。
ニキビみたいな赤いブツブツがある。

そんな悩みのある人はいませんか?
顔が赤くなると、なんか恥ずかしいですよね。

赤ら顔が悪化するようなスキンケアをしているなら、それはやめないといけないですね。
肌の赤みの原因と改善方法をご紹介していきたいと思います。

肌の赤みの原因は?

冬になると顔がほてって赤くなる人もいれば、緊張した時に赤くなる人もいますよね。
これは主に、血行が悪くなることが原因です。

とくにそのような状況ではないのに、肌の赤みが気になる人もいると思います。
その場合の原因は何なのでしょうか?

皮膚が炎症を起こしている

紫外線や加齢により肌が乾燥すると、刺激を受けやすくなります。
すると皮膚が炎症を起こしやすくなるんですね。

また皮脂の分泌が多くなり、雑菌が繁殖して炎症を起こす場合もあります。
肌の赤みの原因は、皮膚が炎症を起こして赤くなっていると考えられます。

毛細血管が拡張して赤くなる

毛細血管が拡張して血液が増加する「毛細血管拡張症」になると、皮膚の表面付近にある血管が透けて見えることがあります。
そのため肌が赤く見えるんですね。

とくに皮膚が薄い人は、毛細血管が見えやすくなります。
緊張したり、気温が高くなると、血管が拡張しやすいので、顔が赤く見えることが多いでしょう。

紫外線による赤くすみ

もともと皮膚が薄かったり、肌が刺激に弱い人は、紫外線の刺激による赤みが出てしまう場合があります。
また紫外線によるダメージがなかなか治らずに、皮膚の奥に色素沈着してしまう場合があります。

これを「赤くすみ」と言います。
毛細血管から出血して、その色があらわれると赤黒くくすんでしまいます。

ニキビ跡が残っている

ニキビができて炎症を起こすと、赤くなってしまいますよね。
それがなかなか治らずに、そのままニキビ跡になってしまうこともあります。

その色素沈着によって、肌に赤みが出ることがあります。
ニキビケアでは改善できないので、他の対処法が必要になります。

肌の赤みが悪化するNGスキンケアとは?

肌の赤みを改善しようとして頑張っても、もしかしたらそれが逆効果になっているかもしれません。
NGスキンケアとは、どんなことなのでしょうか?

ピーリングのしすぎ

肌に赤みやダメージが残るということは、ターンオーバーが乱れている証拠ですよね。
そのためターンオーバーを活発にしようとして、ピーリングをしすぎていませんか?

ピーリングも適度には効果的ですが、やりすぎは逆効果になります。
皮膚が薄くなり、余計に刺激に弱く、赤みが出やすくなります。

ゴシゴシ洗顔をする

古い角質を取るために、ゴシゴシ洗顔をすると、肌の赤みを悪化させてしまいます。
ニキビ跡などの色素沈着が原因で肌の赤みがある場合には、確かに古い角質をとり、皮膚の新陳代謝を活発にすることも有効です。

でもゴシゴシ洗顔をして刺激を与えると、それが原因で肌が炎症を起こしてしまうことも多いです。
洗顔をする場合には、やさしく洗い流すようにしましょう。

刺激の強い洗顔や化粧品を使う

肌を清潔にしたいばかりに、洗浄力の強い洗顔料を使ってしまうと、肌の赤みが悪化する場合があります。
液体洗顔料や泡で出てくる洗顔料は、比較的肌に刺激が強い場合が多いです。

できれば無添加の固形石鹸のほうが、肌にはやさしいでしょう。
また化粧水やメイク用品も、なるべく肌に刺激にならないものを使うのがベストです。

肌の赤みを治す方法とは?

では、どのようにして肌の赤みを治せば良いのでしょうか。
日頃のスキンケアと生活習慣で、肌の赤みを治すことができます。

なるべく肌をこすらない

NGスキンケアのところでもご紹介したように、なるべく肌をこすらないようにすることが大切です。
それは洗顔の時だけではありません。

メイクの時にも、ファンデーションを塗る時などに、肌をこすらないようにしましょう。
また汗を拭く時や洗顔後にタオルで拭く時なども、とにかく肌をこすらないようにすることです。

紫外線対策をしっかりする

紫外線によるダメージは、シミをつくるだけではありません。
紫外線によるダメージが肌に炎症を起こし、それが長引いて肌の奥まで損傷してしまうことがあります。

すると炎症の跡が色素沈着して、肌が赤みを帯びることがあります。
そのため日頃から紫外線対策をしっかりとしておく必要があります。

睡眠を充分にとる

肌に良い生活習慣と言えば、睡眠以上に大切なことはないでしょう。
肌は眠っている間にターンオーバーを繰り返し、新しい肌へと生まれ変わっていきます。

そのためくすみや色素沈着を改善するには、ターンオーバーを活発にする必要があるんです。
睡眠中に分泌される「成長ホルモン」によって、肌は生まれ変わるのです。

その効果を最大限に引き出すためには、2つのポイントがあります。
「22~2時は寝ていること」と「安眠すること」です。

22~2時までは肌のゴールデンタイムと呼ばれ、成長ホルモンの分泌が活発になる時間帯です。
また長く寝ても安眠できていなければ、ターンオーバーをうながすことができません。

栄養のある食べ物を食べる

肌のターンオーバーや肌そのものに栄養を与える場合には、食べ物に気をつけることも大切です。
肌に良い食べ物は、ビタミン・ミネラルが豊富に含まれているものです。

ビタミンEは血行を良くして、代謝を促してくれます。
野菜を中心に摂るとビタミンが多いので、栄養バランスが整いやすくなりますよ。

一番大事なのは、何でも食べることです。
そして色々な物を食べることです。

顔が赤くならないように予防しよう

顔が赤くなる原因と治す方法をご紹介しました。
肌の赤みが悪化するスキンケアを改善して、予防することも大切です。

とくに睡眠と食事で予防することも可能です。
またスキンケア方法もしっかりと気をつけるようにしましょうね。

スポンサーリンク