美胸の条件「バージスライン」のつくり方

きれいなバージスラインのつくり方

「バージスライン」って、何のことだかご存知ですか? 実は美胸をつくるうえで、とっても大切な条件になるのです。

バージスラインとは、バストのふくらみの下にあるラインのことです。このバージスラインがあるかないか、またどんな形をしているかによって、バストの印象が大きく変わります。
 

こみち
たしかにバージスラインがあると、胸がキレイに見えるわね。

そこで今回は、美胸の条件である「バージスライン」のつくり方をご紹介します。キレイなバージスラインをつくるには、ブラ選びがとっても重要になります。

バージスラインがない理由や、バージスラインをつくるためのブラのつけ方なども見ていきましょう。

バージスラインって何?

バージスラインとは、バストのちょうど下の部分のこと。半円形の曲線のところをバージスラインと言います。このバージスラインがキレイなラインを描いていると、美胸の条件に当てはまります。

またバージスラインが狭いとか広いという言い方をしますが、これは左右のバージスラインを結んだ直線距離が短いか長いかを表しているそうです。

ちなみにバージスラインが広いと左右のバストが離れていることを表しているので、バージスラインが狭いほうが美胸の条件に当てはまります。

バストの大きさにかかわらず、キレイなバージスラインをつくることが、美胸を手に入れる第一歩になります。

バージスラインがない理由とは?

人によっては、バージスラインがない場合もあります。その理由は何なのか見ていきましょう。

加齢によるバストの下垂れ

バージスラインがない理由は、加齢によるバストの下垂れが原因の場合が多いです。バストの形は年齢とともに変化していきますが、とくに年齢による変化で多いのが「垂れること」です。

バストが垂れるとバージスラインがあるようなイメージですが、バージスラインはくっきり見えるのがベストな状態。だからバージスラインがぼんやりしてしまうのは美胸の条件とは言えません。

美胸をつくるためにバージスラインは必須。キレイなバージスラインをつくるには、ブラ選びや効果的なバストアップ方法を実践する必要があります。

胸の筋力が低下している

バージスラインがない理由は、胸の筋力が低下していることが考えられます。胸にはもともと筋肉がありませんが、バストの上側には「大胸筋」があります。

この大胸筋が衰えてしまうと、バストが垂れてしまうことが多いのです。大胸筋を鍛えるには、筋トレやバストアップエクササイズが効果的です。

ただし鍛えすぎてもいけないので、適度な筋トレを目指しましょう。

クーパー靭帯が伸びてしまった

バージスラインがない理由は、クーパー靭帯が伸びてしまったことが原因かもしれません。クーパー靭帯とは、バストを支えているコラーゲン繊維のこと。

このクーパー靭帯は、バストが揺れたり、流れたりしてしまうことで伸びたり、切れたりしてしまいます。そうなってしまう原因の多くは「運動」や「睡眠」です。

運動をするときはバストが激しく揺れるので、クーパー靭帯に負担がかかり、伸びたり切れたりしてしまうことがあります。また睡眠中はバストが横に流れやすく、長時間クーパー靭帯を引っ張ることで伸びてしまうことがあるのです。

このような事態を予防するには、スポーツブラやナイトブラをつけることが対策となります。

バストにハリがないため、バージスラインがはっきりしない

バージスラインがない理由は、バストにハリがないためにバージスラインがはっきりしないのかもしれません。

バストは加齢とともにハリを失ってしまうことが多いので、バストの下の部分のバージスラインがはっきりしないことが多いのです。

バストにハリを保つためには、日頃の生活で女性ホルモンの分泌を活発にすることが大事。また適度な筋トレなどで大胸筋を鍛えるとともに、しっかりとサイズの合ったブラをつけることが大切です。

キレイなバージスラインをつくるブラの選び方

キレイなバージスラインをつくるためには、何といってもブラの選び方が重要です。逆に言うと、しっかりとしたブラさえつけていれば、バストの垂れや型崩れを防ぐことができ、バージスラインを保つことができます。

では、どのようなブラジャーを選べば、キレイなバージスラインをつくることができるのでしょうか?

  • カップのワイヤー(アンダーの部分)がバージスラインにフィットしているか
  • カップの大きさだけでなく、カップの幅は合っているか
  • カップで胸を押しつぶしていないか
  • バストをしっかり持ち上げているか

 
まず大切なことは、バージスラインにカップのワイヤーがフィットしているかどうかです。バージスラインに合っていないワイヤーブラをつけていると、キレイなラインを保つことができません。

またブラを選ぶときは、カップの大きさだけでなく、カップの幅がバストに合っているかをチェックするのがベストです。

とはいえオーダーメイドでもない限り、なかなかぴったりのブラを選ぶのはむずかしいかもしれませんが、実際に試着をして、できるだけフィットするブラジャーを選ぶことが大切です。

バージスラインにNGなブラジャーは、カップで胸を押しつぶしてしまったり、バージスラインの内側(バスト)に、ブラジャーの跡がついてしまうブラです。

実際のサイズよりも小さいブラをつけていると、谷間はつくれるものの、バストを押しつぶして胸の成長に良くない影響を与えます。

またバージスラインの内側に跡がつくということは、ブラがずり上がっている証拠。これは紛れもなくサイズが合っていないということですよね。

キレイなバージスラインをつくるブラの選び方は、カップのワイヤーがバージスラインに合っていることと、しっかりとバストを持ち上げてくれることが大切です。

胸が垂れてしまったら、キレイなバージスラインがつくれなくなりますからね。

キレイなバージスラインのつくり方

では、ブラの選び方以外の「キレイなバージスラインのつくり方」をご紹介します。

姿勢を良くする

キレイなバージスラインのつくり方は、つねに姿勢を良くすることです。猫背になると大胸筋が衰えやすくなり、胸が垂れてしまうことが多いのです。

バストのハリを保つためにも、姿勢を良くすることは大切です。バストの血行をよくすることで、バストに女性ホルモンが届きやすくなります。

バストマッサージをする

キレイなバージスラインのつくり方は、バストマッサージをすることです。これはバストアップ方法の王道ですが、バスト周辺のリンパの流れを良くすることでバストのハリを保つことができます。

バストのリンパが滞ってしまうと血行も悪くなり、バストが冷たくなってしまうこともあります。胸が冷えると、さらなる血行不良を招き、女性ホルモンが届かなくなってしまいます。

これを改善するには、お風呂でしっかりと温まった後にバストマッサージをすると良いでしょう。そのときにはバストを傷つけないためにも、バストアップクリームを塗ってマッサージするのがオススメ。

◆バストアップマッサージのやり方

バストアップマッサージのやり方は色々ありますが、キレイなバージスラインをつくるには、リンパとバージスラインをマッサージするのが良いでしょう。

  1. わきの下のリンパ節を手のひらで押し、そこから胸の上部まで滑らせます。
  2. 反対側も同じようにやります。5回くり返す。
  3. バージスラインがあるアンダーの場所(胸とお腹の境界線)を、わきから谷間に向かって滑らせます。
  4. これも5回くり返しましょう。

 
またバストアップマッサージは、乳腺を刺激することも効果的です。乳腺はバストの外側にあります。両側を同時に押すことで、バストアップ効果が期待できます。

バスト全体をやさしく揉みほぐし、リンパの流れを良くしてキレイなバージスラインをつくりましょう。

ホルモンバランスを整える生活

キレイなバージスラインのつくり方は、ホルモンバランスを整える生活を送ることです。胸を大きくするために、さまざまなバストアップ方法を実践している女性が多いと思いますが、一番根本的なバストアップ方法は生活習慣を整えることなのです。

女性の体が健康でないと、バストアップすることはできません。ホルモンバランスを整えるためにも、ストレスをためずに睡眠をしっかりとって、栄養バランスの良い食事をすることを心がけましょう。

筋トレやエクササイズも必要

キレイなバージスラインのつくり方は、筋トレやエクササイズも必要です。実は直接的に関係しているわけではありませんが、そもそもバストの下垂れによってバージスラインがほやけてしまうなら、大胸筋を鍛えることが必要です。

代表的でもっとも簡単なバストアップ筋トレは、「合掌のポーズ」や「ひざ立ち腕立て伏せ」です。回数は10~20回くらいが限度です。それ以上やってしまうと胸が硬くなり、血行が悪くなる場合があるので気をつけましょう。

バストアップのためには、筋トレのしすぎは逆効果になる場合があるので、適度な回数にとどめることが大切です。

腹筋を鍛えるのも効果的

キレイなバージスラインのつくり方は、バストへの働きかけだけではありません。バージスラインとは、バストとお腹の境界線なので、お腹を鍛えることも効果的なのです。

腹筋を鍛えることで、バストとお腹の境界線をくっきりさせる効果もあります。とくに「腹直筋」と呼ばれる、お腹の真ん中の筋肉を鍛えると良いでしょう。

腹筋運動の中でも、「クランチ」が効果的です。腰が痛くなりにくく、ちょうどバージスラインの下を鍛えることができるエクササイズです。

◆クランチのやり方

クランチとは、足を上げた状態で腹筋運動をするエクササイズ方法です。

  1. 股関節と膝を90℃に曲げて、その足を動かさないように固定した状態で上体を起こします。
  2. 腰は持ち上げずに、上半身の上のほうだけ上げればOKです。
  3. この腹筋運動は腰に負担がかからないのがメリットです。
  4. 10回を2セットからはじめてみましょう。

 
胸の筋肉を鍛えるわけではないので、回数はたくさんやってもOKです。バストとお腹の差ができて、見た目のバストアップ効果も抜群ですね。

キレイなバージスラインをつくるブラのつけ方

キレイなバージスラインをつくるブラの選び方をご紹介しましたが、ブラのつけ方も重要です。では、どんなつけ方をすれば良いのでしょうか?

最近はラクなブラが人気ですが、キレイなバージスラインをつくるには、ワイヤーブラをつけるのもオススメです。

その際にはワイヤーがしっかりとバージスラインに沿っているかをチェックしましょう。そこさえフィットしていれば、あとは脇や背中に流れた脂肪を寄せ集めるだけ。

ホールド力の高いブラジャーなら、キレイなバージスラインをつくってくれるでしょう。でも、締めつけが苦しくないブラジャーを選ぶことがポイントですよ。

苦しいようでは、バストアップの妨げになってしまいます。またバストがずれたら、トイレなどで小まめに直すことも大事です。

美胸の条件「バージスライン」をつくろう!

美胸の条件である「キレイなバージスラインのつくり方」をご紹介しました。バージスラインをつくるには、ブラの選び方が重要ポイントですよ。
 

こみち
こみちの一言コラム

キレイなバージスラインのつくり方は、ブラの選び方と女性ホルモンのバランスを整えること。

そしてバストアップマッサージをしてリンパの流れを良くすれば、あこがれのバージスラインをつくれるでしょう。

スポンサーリンク