美肌菌を増やす洗顔法|毛穴レスのすべすべ美肌になる!

美肌菌による美肌効果で、キメの整ったつや肌を手に入れよう!

肌には、もともと常在菌という菌がいますが、その中に「美肌菌」と呼ばれる菌が存在します。
美肌菌は、肌にうるおいを与え、肌トラブルのない美肌をつくってくれます。
 

こみち
でも、菌と言われると、何となく悪いもののようなイメージがするわ。

最近は、腸内細菌を増やす「菌活」がブームになっていますが、美肌菌の菌活をして、増やしていくことが美肌のカギになります。
では、美肌菌とは、いったいどんなものなのでしょうか?

美肌菌の効果と、美肌菌を増やす方法をご紹介していきます。

美肌菌を増やすと、潤いのある美肌になれる!

多くの女性は、美肌菌を減らす生活やスキンケアをしている可能性があります。というのも、肌をキレイにしようとすればするほど、美肌菌は減ってしまうのです。すると、さまざまな肌トラブルが起きてしまいます。
肌荒れを改善するためにも、美肌菌を増やして、美肌の条件をクリアしていきましょう。

美肌の条件

  • うるおいのある、しっとり肌
  • キメが整っていて、毛穴が目立たない肌
  • ハリと弾力があるエイジレスな肌

 
年齢とともに肌は衰えていきますが、歳を重ねても、キレイな肌を保っている人もいますよね。
肌トラブルがなく、エイジレスな肌を目指すには、美肌菌を増やすことが効果的です。

美肌菌とは、肌にもともとある「常在菌」の一種です。肌の常在菌には、「善玉菌」と「悪玉菌」がありますが、美肌菌とは「肌の善玉菌」のことです。
具体的には、「表皮ブドウ球菌」と呼ばれる菌のこと。この美肌菌は、肌の悪玉菌が増えるのを抑える働きがあります。

そして、肌の善玉菌と悪玉菌のバランスが取れている状態を「肌フローラ」が整っていると言います。まさに腸内環境と同じ考え方ですね。

美肌菌による美肌効果でつや肌美人に!

美肌菌が増えると、肌フローラが整い、美肌効果がアップします。美肌菌には、具体的にどんな美肌効果があるのか見ていきましょう。

キメを整えて、毛穴を目立たなくする

毛穴が黒くブツブツと目立ってしまうのは、毛穴が開いているからだと思っていませんか? じつは、毛穴の大きさは基本的に変わらないそうです。では、なぜ毛穴が大きく見えてしまうのでしょうか?

それは、毛穴の入り口に、古い角質がすり鉢状にたまってしまうからなんだとか。では、これを改善するには、どうすればいいのでしょうか?

毛穴を目立たなくするためには、肌のキメを整えることが有効です。肌のキメが整っていると、肌表面に網目状の溝が、細かく張りめぐらされている状態です。そのため光が乱反射して、毛穴が目立たなくなるのです。

でも肌のキメが粗いと、溝が少ないため、光が多方向に反射せず、毛穴が目立ってしまうのです。
毛穴を目立たなくするには、毛穴の汚れを落とすことと、肌のキメを整えることが大切なのです。

しっとり潤いのある美肌へ

美肌菌が増えると、肌のうるおいを保つことができます。美肌菌は、肌にうるおいを与える「グリセリン」や、「セラミド」を増やす効果があります。そのため保湿効果があり、しっとり潤いのある美肌へと導くことができます。

美肌菌は、肌表面にある「皮脂」をエサにして繁殖します。そのため、洗顔をしすぎると、皮脂がなくなってしまい、美肌菌を増やすことができなくなります。
美肌菌を増やすには、適度な皮脂が必要なのです。

ニキビなどの肌トラブルを予防

美肌菌の美肌効果は、ニキビを防ぐはたらきもあります。ニキビの原因になる「アクネ菌」や「黄色ブドウ球菌」は、肌の悪玉菌の一種です。美肌菌が少ない状態だと、これらの悪玉菌が繁殖して、肌トラブルを引き起こします。また、アトピー性皮膚炎の原因にもなります。

美肌菌を増やせば、肌の悪玉菌を減らすことができるので、肌フローラのバランスがとれ、美肌へと導いてくれるのです。ニキビ予防のために、躍起になって洗顔しすぎると、逆効果なんですね。

美肌菌を増やす洗顔法とは?

美肌菌を増やすには、洗顔方法に気をつける必要があります。間違った洗顔法では、美肌菌がどんどん減ってしまい、肌トラブルの絶えない状態になってしまいます。
では、どのような洗顔法をすれば、美肌菌を増やすことができるのでしょうか?

洗顔料を使う洗顔は夜だけ

美肌菌を増やすには、洗顔をしすぎないことが大切です。そのため、洗顔料を使った洗顔は、夜だけにしましょう。つまり、洗顔は1日1回にすることです。
洗顔料をマイルドなタイプに変えても、やはり洗顔料による刺激は完全に消すことはできません。それならば、洗顔の回数を減らすしか方法はありませんよね。

夜は、1日の汚れが溜まっているし、メイクもしっかりと落とさないといけないので、洗顔料を使った洗顔でスッキリしましょう。
皮脂を落としすぎるのが良くないと言っても、メイクなどの汚れが残っていると、美肌菌を増やすことはできません。それどころか、皮脂が多すぎてニキビの原因になる場合もあります。

朝は水かぬるま湯だけで洗顔する

夜は洗顔料でしっかり洗顔をしますが、朝は、水かぬるま湯だけで洗顔しましょう。
眠っている間は、それほど肌が汚れることはないので、朝は洗顔料を使う必要はありません。

むしろ、洗顔料を使ってしまうと、皮脂を取りすぎて肌が乾燥し、化粧のノリも悪くなります。
美肌菌を増やすためにも、朝の洗顔は水かぬるま湯だけにしましょう。

化粧水はつけすぎない

美肌菌を増やすには、洗顔の後の化粧水のつけ方にもポイントがあります。美肌菌を増やすには、化粧水をつけすぎないことが大切です。
化粧水には、防腐剤などの添加物が含まれているので、美肌菌を減らしてしまう原因になります。

そのため、無添加で低刺激のアルコールフリーなどの化粧水をつけると良いでしょう。そして、適量を守り、つけすぎないようにしましょうね。

乳液とクリームで保湿をしっかりする

美肌菌を増やすスキンケアは、化粧水だけではダメなんです。化粧水だけだと、しっかりと保湿できていないので、肌の水分がどんどん奪われていきます。
すると、肌の乾燥を防ぐために、皮脂が大量に分泌されますが、そうなると今度はニキビの原因になります。

適度な皮脂を肌の表面に残すためにも、しっかりと保湿ケアすることが大切です。化粧水だけで終わらせず、乳液や保湿クリームを塗るようにしましょう。

美肌菌を増やす方法

美肌菌を増やす方法は、洗顔やスキンケアだけではありません。生活習慣の中にも、美肌菌を増やすコツがあります。

寝る前の軽い運動で汗を出す

美肌菌を増やすには、適度な皮脂が必要だと言いましたよね。そこで有効なのが、寝る前に軽い運動をして、汗を出してから寝ることです。
汗をかくとお風呂に入りたくなりますが、そのまま寝ることで、美肌菌を増やすことができるそうなんです。

激しい運動では逆効果なので、軽い運動でじんわりと汗を出すことが大事。でも、寝る前に運動をすると安眠のさまたげになるので、「ストレッチ」がオススメです。
ストレッチならリラックスできて安眠効果がありますし、適度な運動量で軽く汗をかくことができます。汗をかいたなら着替えて、そのまま顔を洗わずに、布団に入りましょう。

充分な睡眠が美肌のカギ

言うまでもありませんが、充分な睡眠をとることが、美肌のカギになります。睡眠中に成長ホルモンが分泌され、美肌をつくるためのターンオーバーがおこなわれます。だから、美肌は眠っている間につくられるのです。

とくに22~2時のゴールデンタイムには、眠っていることで美肌効果がアップします。睡眠の時間の長さではなく、いつ眠っているかが、美肌のポイントになります。

ストレスを軽減し、ホルモンバランスを整える

美肌菌を増やすには、ホルモンバランスを整えることも大切です。女性ホルモンは、美肌をつくるために必要なホルモンです。そのため、ホルモンバランスを崩すような
「ストレス」は、早めに解消しておく必要があります。

女性の美しさには、リラックスが欠かせませんね。肌も心もキレイになるには、リラックスして穏やかに過ごすことが大切なのです。ストレスがたまっても、なるべく早く解消できるように努めましょう。

腸内フローラを整える

肌の善玉菌と悪玉菌のバランスが良い状態を「肌フローラが整っている」と言いましたが、腸内フローラも整えることが、美肌菌を増やすポイントになります。
腸内環境を整えて、便秘を解消すれば、体内の老廃物や毒素が排出されて、肌に刺激を与える原因がなくなります。

腸と美肌は、切っても切れない関係にありますので、肌フローラを整えるとともに、腸内フローラも整えるようにしましょう。

腸に良い食べ物は、便秘を解消する「ヨーグルト」や、健康効果の高い「納豆」、キムチなどの発酵食品がオススメです。また、根菜類や海藻類などの食物繊維も、腸内環境を整える効果があります。

美肌菌を育てる菌活でキレイな肌へ

美肌菌を増やすスキンケアと生活習慣をご紹介しました。
美肌菌を増やすには、美肌菌を育てる「菌活」をすると良いでしょう。

お金をかけずにできるスキンケアなので、とってもお得ですよね。
ぜひ毎日のスキンケアに取り入れてみてくださいね。
 

こみち
こみちの一言コラム

美肌菌は、肌をきれいにする救世主。
もっと美肌になるには、食生活やスキンケア方法を見直して、最高の肌を手に入れましょう。

スポンサーリンク