目のクマを解消するアイクリームの選び方|コンシーラーより効果的

目のクマを解消するアイクリームは効果のある成分で選ぶ!

顔が老けて見える、疲れて見える……その原因は、目の下のクマかもしれません。
クマがあるだけで顔色が暗くくすんで見え、老け顔の原因にもなりますよね。
 

こみち
メイクをしっかりしても、なぜかクマが消えないのよね。

鏡を見るたびに、自分の老け顔にガッカリしていませんか?
せめてメイクで隠せればいいのに、なかなか思うように消えてくれない「クマ」。

そんなクマを消すには、「アイクリーム」が効果的なんです。
クマの種類によって効果的なアイクリームが違いますので、今回はアイクリームの選び方をご紹介します。

クマを消すにはコンシーラーよりアイクリームが効果的!

「目のクマをどうにかしたい!」と思ったときに、まず思いつくのは「コンシーラー」ではないでしょうか?
クマの改善ではなく、クマを目立たなくするだけなら、コンシーラーでも良いでしょう。その場合は、クマの種類によって、目立ちにくい色のコンシーラーを選ぶ必要があります。

でも「目のクマを根本的に消したい!」という人には、アイクリームが効果的です。即効性はないものの、コンシーラーで一時的に隠すよりも断然効果的です。

アイクリームというと、目元のシワを改善するイメージがありますが、じつはクマの解消にも効果的なんです。
その理由は、目元のエイジングケアをすることでクマが解消できるからです。

クマの原因別アイクリームの選び方

クマを消すには、目元のエイジングケアが大事。でも、どのようなエイジングケアをすれば良いのかわかりませんよね。
クマには3つの種類があり、その種類によって原因が違います。クマの原因がわかれば、効果的なアイクリームの選び方がわかります。

では、まず目のクマの原因から見ていきましょう。

目のクマの原因は?

目のクマには、3種類あります。「茶クマ」「黒クマ」「青クマ」の3つです。それぞれ原因が違うので、まずは原因を知ることから始めましょう。

茶クマの原因は、おもに紫外線によってできたメラニン色素が皮膚に沈着することです。いわゆる「シミ」のような状態になることで、目の下がくすんで見えるのです。

黒クマの原因は、おもに加齢による皮膚のたるみです。加齢によりコラーゲンが減り、肌にハリがなくなることで皮膚がたるんでしまうのです。また表情筋の衰えによって、たるみができる場合もあります。

青クマの原因は、おもに血行不良によるものです。目の疲れや睡眠不足によって疲れがたまると、血行が悪くなり、血管が透けて見える場合があります。

このようなクマを解消するには、どのようなアイクリームを選べば良いのでしょうか?

茶クマを消すには美白成分配合のアイクリーム

紫外線による、メラニン色素の沈着が原因の茶クマ。これを解消するには、美白成分が配合されたアイクリームを使うのが効果的です。
茶クマの解消に効果的な美白成分は、「ビタミンC誘導体」「アルブチン」「ハイドロキノン」です。

ビタミンC誘導体はメラニン色素の生成を抑え、茶クマができるのを防ぐ働きがあります。
アルブチンとハイドロキノンは、美白に高い効果がある成分です。そのため肌を白くし、色素沈着による茶クマを解消してくれるでしょう。

黒クマを消すには肌のハリを蘇らせるアイクリーム

加齢によりコラーゲンやセラミド、エラスチンやヒアルロン酸が減少していくと、肌にハリと弾力がなくなってきます。
すると皮膚がたるみ、その影が黒クマとなって現れてしまうのです。

この黒クマを解消するには、失われた肌の成分を補給するアイクリームが効果的です。
高保湿成分である「セラミド」や「ヒアルロン酸」、肌に弾力を与える「コラーゲン」や「エラスチン」、コラーゲンの生成を助ける「ビタミンC誘導体」などが効果的です。

青クマを消すには血行を良くするアイクリーム

スマホやパソコンの長時間使用は、目の疲れを招き、目の周りが血行不良を起こします。また寝る直前までスマホをいじっていると、安眠の妨げになり、睡眠不足になることが多いです。
このように目の疲れや体の疲労が残ることで、血行が悪くなります。とくに目の周りの血行が悪くなると、青クマができてしまうのです。

この青クマを解消するには、まずは目元を中心に、顔全体の血行を良くすることが大切です。さらには、体全体の血行も良くすることが理想的です。
体の血行を良くするには生活習慣の改善や適度な運動をすることが効果的ですが、目元の血行を良くするには、血行促進効果のあるアイクリームを使うのが効果的です。

血行を良くする成分としては、「ビタミンE」や「レチノール」が効果的です。
レチノールとは、コラーゲンの生成を助け、新陳代謝を良くする働きがあります。新陳代謝が良くなると、肌のターンオーバーが正常になり、血の巡りが良くなっていきます。

アイクリームを塗ったときに、軽くマッサージするのも効果的です。

目元のシワも改善する高保湿成分でエイジングケア

アイクリームのおもな目的は、目元のシワを改善することです。そのため高保湿成分が配合されているアイクリームが多いです。
目のクマを消すには、目元を保湿することも大切です。

もともと加齢によるコラーゲンなどの減少が原因であることが多いので、目元のハリを取り戻すためにも、高保湿成分が配合されたアイクリームでエイジングケアをしましょう。保湿とクマの解消は、関係しているのです。

伸びの良いアイクリームで皮膚への負担を軽減

アイクリームも色々ありますので、テクスチャーの硬さも色々です。目元の皮膚は薄いので、ちょっと触っただけで負担がかかることが多いです。そのためアイクリームはなるべくテクスチャーの柔らかいものを選び、伸びの良いものを使うようにしましょう。

塗るときも力を入れずに、スーっと伸ばすように塗るのがポイントです。

成分と価格のコスパで続けられるアイクリームを

目のクマは今すぐ消したいと思いますが、それほど即効性はありません。でも続けることで確実に変わってきますので、継続して使うようにしましょう。
そのため続けやすい価格のアイクリームを選ぶのもポイントです。

アイクリームのようなスポット化粧品は、比較的高価なものが多いです。それは効果の高い成分が凝縮して配合されているからです。成分をチェックした上で、なるべく無理のない価格のアイクリームを選びましょう。

あまり安いアイクリームだと、クマの解消に効果的な成分が配合されていない場合もあります。または、配合量が少ないかもしれません。

目のクマに効くアイクリームの使い方

目のクマを解消するアイクリームの選び方をご紹介しました。次に、効果的なアイクリームの使い方をご紹介します。
目元はとてもデリケートなので、塗り方にも気を配る必要があります。

アイクリームを塗る順番

まずはアイクリームを塗る順番をご紹介します。スキンケアのどの段階でアイクリームを塗れば良いのでしょうか?
基本的にはアイクリームが推奨している順番で使うのが良いでしょう。ほとんどのアイクリームは、乳液の後に使うものが多いようです。

  1. 化粧水で肌を保湿する
  2. 乳液で肌を整える
  3. アイクリームで目元のケアをする
  4. 保湿クリームで顔全体を保湿ケアする

 
洗顔後に、まずは化粧水で肌全体を保湿します。化粧水だけでスキンケアを終わりにする人もいると思いますが、その後に乳液を塗らないと肌が乾燥しやすくなります。

乳液をつけたら、その後に目元にアイクリームを塗ります。そして最後に、顔全体を保湿クリームで保湿します。
このような順番で、丁寧に塗っていきましょう。

アイクリームの塗り方

目のクマの原因の1つとして、目の下の皮膚をこすり過ぎている場合もあります。目の周りの皮膚はとてもデリケートなので、できるだけこすらないようにしましょう。

だからアイクリームを塗るときも、なるべくこすらないことが塗り方のポイントです。そのため、柔らかいテクスチャーのアイクリームを選ぶことが重要なのです。
柔らかくて伸びの良いアイクリームなら、力を入れずに塗れるので、目の下の皮膚に負担がかかりません。

顔全体の保湿もしっかりと

目の下は皮膚が薄く、乾燥しやすい部分です。そのためしっかりとアイクリームで保湿することが大切です。アイクリームを保湿成分の高いものにすれば、シワの予防・改善にも効果的です。
また目元だけでなく、顔全体の保湿もすることで、よりアイクリームの効果が発揮されます。そのためアイクリームの後に、保湿クリームを顔全体に塗るようにしましょう。

アイクリームを顔全体に塗ってもOKです。アイクリームには、有効成分がたっぷりと凝縮されています。そのため高い保湿効果が期待できます。
ただ顔全体に塗るのは、ちょっともったいない気もしますよね。アイクリームは高価なものが多いので、乾燥のひどい時だけ、たまに顔全体に薄く伸ばすように塗ると良いでしょう。

目のクマを解消するアイクリームですっぴんも怖くない!

目のクマを解消するアイクリームの選び方をご紹介しました。
なかなか人前にすっぴんで出ることはありませんが、いざという時にすっぴんに自信が持てないのはイヤですよね。

でも今回ご紹介した選び方で効果的なアイクリームを使えば、すっぴんでも怖くありませんよ。
 

こみち
こみちの一言コラム

目元のクマは老け顔の原因に……。
素肌に自信が持てれば、いつまでも若々しい印象をキープできますね。

スポンサーリンク