産後に胸が垂れる原因とバストケア|ずっとキレイなママでいるために

産後に垂れた胸をキレイな形にするバストケア方法

愛する我が子の寝顔をみて「かわいい♥」と思いつつ、鏡に映った自分の胸が無惨に垂れていることにショックを受けていませんか?

ママだから子どもを1番に考えるべきなのはわかるけど、やっぱりママだってキレイな女性でいたいですよね。
 

こみち
女性はいくつになっても女性よ。

「妊娠前のようなキレイな胸を取り戻したい!」と思うのは当然のこと。あきらめることはありません。

そこで今回は、産後に胸が垂れる原因とバストケア方法についてご紹介していきます。ずっとキレイなママでいるために、垂れた胸をキレイな形にするコツを見ていきましょう。

産後に胸が垂れる・しぼむ原因とは?

人生の大仕事である「出産」を無事にむかえ、我が子の健康を考えて母乳で育ててきたママは、まさかの代償に驚いているかもしれません。

「こんなに胸が垂れてしぼんでしまうなんて聞いてない」と思っている人もいることでしょう。では、産後に胸が垂れたり、しぼんだりしてしまう原因とは何なのでしょうか?

ホルモンバランスの変化によって胸の大きさや形が変わる

妊娠から出産にかけて、従来のバストサイズよりも大きくハリのある胸になった人も多いことでしょう。でも出産を終えて授乳をはじめる頃から、少しずつ胸がしぼんで垂れてくると感じる女性が多いです。

卒乳の時期になると、まるで別人のように胸が垂れてしまうこともありますよね。これはホルモンバランスの変化が原因の1つです。女性の胸は女性ホルモンの影響が大きく関係しているのです。

胸の大きさは妊娠前とほぼ同じサイズに戻っても、形が大きく変わってしまうことが多いですよね。でも適切なバストケアをすれば、妊娠前に近い状態に戻すことができますよ。

妊娠中に大きくなったバストの重みでクーパー靭帯が伸びる

妊娠中は、うれしいくらいに胸が大きくなりますよね。女性にとっては願ってもないことですが、実はこれが胸が垂れる原因になっているのです。

妊娠中に胸が大きくなると、もちろんバストの体積も多くなるので重くなります。その重みこそが、胸が垂れる原因です。

胸が重いことでバストが下に下がり、胸が引っ張られることによってクーパー靭帯が伸びてしまうことがあるのです。クーパー靭帯はバストを支えてくれる大事な存在。これが伸びてしまうことでバストが垂れ下がってしまうのです。

一度伸びてしまったクーパー靭帯は、残念ながら元に戻すのはむずかしいと言われています。でも他の方法でバストを持ち上げることができるので、まだあきらめないでくださいね。

妊娠中に大きくなったバストによって皮膚が伸びる

妊娠中に大きくなったバストによって伸びるのは、クーパー靭帯だけではありません。胸の表面にある皮膚も伸びてしまい、肌にハリがなくなることで胸が垂れてしまうのです。

伸びた皮膚は戻らないように感じますが、時間をかければ戻すことも可能だと言われています。完全に戻るとは言い切れませんが、大幅に改善できる可能性は高いです。

産後に垂れた胸は元に戻せるの?

産後に胸が垂れたり、しぼんだりする原因をご紹介しましたが、そもそも産後に垂れた胸を元に戻すことはできるのでしょうか?

残念ながら、完全に元のバストに戻すことはできません。といっても、妊娠から卒乳までには最低でも2年くらい経っているわけで、バストは年齢とともに垂れてしまうのは普通のことなのです。

そうです、お肌と同じ。だから、胸もアンチエイジングすれば良いのです!

これから頑張ってバストケアをしていけば、ある程度までは胸にハリを取り戻すことができますよ。ひとまず安心ですね。

では、どのようなバストケアをすれば妊娠前のようなバストに近づけることができるのでしょうか?

産後に垂れた胸を大きくするバストケア

では、産後に垂れた胸を大きくするバストケアは、どのようなことをすれば良いのでしょうか? いくつかの方法をご紹介します。

胸をしっかりと支えてくれるブラをつける

産後に垂れた胸を大きくするには、胸をしっかりと支えてくれるブラをつけることが大切です。産後は育児に追われて外にあまり出ないので、カップ付キャミソールなどを使っている人が多いかもしれません。

たしかに締め付け感がほとんどなく、快適で使いやすいですよね。でも産後の垂れ胸さんには、しっかりと胸を支えてくれるブラが必須。

ホールド力のあるブラをつけることで、少しずつ垂れが改善されていきます。ゆっくり時間をかけてバストアップしましょう。

ターンオーバーを活発にして皮膚を再生させる

産後に垂れた胸を大きくするバストケアは、ターンオーバーを活発にして皮膚のハリを取り戻すことです。ターンオーバーを活発にすれば、美肌をつくることができるのと同じように、バストの皮膚も再生することができます。

完全に元の状態に戻すことはできませんが、ターンオーバーを活発にすることでだいぶ改善されるはずです。

伸びてしまったクーパー靭帯をサポートできるのは「大胸筋」しかない

産後に垂れた胸は、クーパー靭帯が引っ張られて伸びてしまった状態です。クーパー靭帯がバストを支えられなくなることで、胸が垂れてしまうのです。

この伸びてしまったクーパー靭帯の代わりに胸をサポートしてくれるのは「大胸筋」しかありません。大胸筋とは胸の根本の部分にある筋肉のこと。

バストそのものには筋肉はありませんが、胸の土台である大胸筋を鍛えれば胸の位置を高くすることもできるのです。

◆いつでもどこでもできる「合掌のポーズ」

バストアップエクササイズ方法として有名な「合掌のポーズ」。育児に追われている忙しいママは、時間をとってエクササイズするのは大変ですよね。

でも合掌のポーズなら、いつでもどこでもできるのでオススメ。お料理を煮込んでいるちょっとした時間や、食後のまったりタイムなどに両手を胸の前で合わせてみましょう。

このときに肘を上げて、脇を開くことが大事。腕が床と並行になるようにしましょう。

◆背中のストレッチ効果もある「ダウンドッグ」

ダウンドッグとはヨガのポーズです。大胸筋を鍛えるとともに、背中や肩甲骨のストレッチ効果もあります。

つらい場合は膝が曲がっていてもOKです。上半身を優先させましょう。腕の力で体を支えるイメージです。

腕と同じ位置に頭がくるようにすると、肩甲骨もストレッチできます。バストアップのためには肩甲骨をストレッチして、血行をよくすることも大事。

朝晩のちょっとした時間でできるエクササイズなので、ぜひやってみてくださいね。

◆大胸筋を鍛える「ひざ立ち腕立て伏せ」

ひざ立ち腕立て伏せは、大胸筋を鍛えるエクササイズの定番です。普通の腕立て伏せでは負荷が強すぎるので、膝をついて四つん這いになった状態で腕立て伏せをしましょう。

両手の位置は普通の四つん這いよりも少し前方へ置き、両手の幅は広めにします。できれば肘が90℃になるところまで曲げます。

ポイントは腕だけ曲げるのではなく、お尻も一緒に落としましょう。腕にしっかりと体重を乗せていきます。

◆胸の血行を良くする「大胸筋のストレッチ」

大胸筋を鍛えるエクササイズをしたら、最後に大胸筋のストレッチもしておきましょう。大胸筋を鍛えただけでは、胸が硬くなって血行が悪くなる場合があります。

バストの血行不良は、垂れやサイズダウンを招きます。これ以上垂れさせないためにも、大胸筋のストレッチは大切ですよ。

  1. 壁を横にして立ち、壁側の手を肘から手のひらまで壁にベタっとつけます。
  2. 壁側の足を一歩前に出して、胸の上側が伸びているのを感じましょう。

 
これも朝晩にやると効果的ですし、エクササイズの後にもやりましょう。気持ちいいので、何度やっても良いですね。

女性ホルモンの分泌を活発にする生活習慣を心がける

産後に垂れた胸を大きくするバストケアは、女性ホルモンの分泌を活発にする生活習慣を送ることが大切です。女性ホルモンの急激な変化によって、バストの形が変わってしまうことも原因の1つです。

この現象を少しでも食い止め、バストをキレイに改善するにはどのようなことに気をつければよいのでしょうか?

◆垂れた胸を大きくする食習慣

  • 大豆イソフラボン……女性ホルモンと似た働きをする
  • ビタミンA……皮膚のハリや弾力を取り戻す効果
  • ビタミンC……コラーゲンの生成をサポートする効果
  • ビタミンE……血行を良くしてアンチエイジング効果

 
垂れた胸を大きくするには、栄養バランスの良い食事をするのが大前提です。上記の栄養だけ摂ればOKではないので、その点は注意してくださいね。

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするので、加齢とともに減少していく女性ホルモンの働きをサポートしてくれます。女性ホルモンの働きが活発になれば、胸が大きくキレイな状態に近づきます。

またビタミンA・C・Eは皮膚にハリを持たせる効果あるので、たるんだ皮膚を改善してくれます。ビタミンA・C・Eのことを「ビタミンエース」と言って、美容・健康・アンチエイジングに効果があります。

産後のバストアップには、お肌と同じようなアンチエイジングが大切です。ターンオーバーを活発にすることで、たるんだ皮膚を改善してくれます。

◆「適度な運動」と「良質な睡眠」をできる限り心がける

産後のママは、猫の手も借りたいほど大忙しだと思いますが、女性ホルモンの働きを活発にするには、生活習慣を整えることが大切です。

とくに「適度な運動」と「良質な睡眠」は、欠かせないポイント。なかなかむずかしいとは思いますが、息抜きも兼ねて歩いて買い物に行くのも良いでしょう。自宅で簡単にできるスクワットなどのエクササイズもオススメです。

また女性ホルモンの分泌を活発にするには、良質な睡眠が欠かせません。とはいえ、ゆっくり寝る時間をとるのは大変ですよね。忙しい中でも睡眠をとるポイントは、寝られるときに寝ること。

子どもがお昼寝をしているときに一緒に寝る、旦那さまの夕食が終わったら子どもと一緒に寝てしまうなど、できるところで睡眠をとりましょう。

1番効果的な時間は22~2時。この時間だけは、できれば睡眠を確保したいところです。成長ホルモンが分泌されて、疲れた体とメンタルを修復してくれます。

あれもこれもというと、ちょっとむずかしいので、できることから実践していきましょう。

いつまでもキレイなママでいるためにバストケアは手を抜かない!

産後に胸が垂れる原因と、垂れた胸を大きくするバストケアをご紹介しました。産後の体は、いろいろと悩みが多くなると思いますが、いつまでもキレイなママでいるために、しっかりとケアしていきたいですね。
 

こみち
こみちの一言コラム

産後の胸は垂れてしぼんで、完全に戻すことはできません。でもハリを取り戻すことは可能です。

毎日のバストケアと生活習慣で、効果的にバストアップしていきましょう。

スポンサーリンク