海やプールでの髪ダメージの予防と対処法|夏の髪を守るヘアケア

海やプールで髪が傷むのはなぜ? 予防法や髪ダメージへの対処法が知りたい!

春から夏にかけて、海やプールへ行く機会が増えますよね。
楽しいレジャーの予定はうれしいけど、「いつも髪が傷んで困る」と思っていませんか?
 

こみち
海水やプールの水は、髪に悪そうなのはわかるけど、何か予防する方法はないのかしら?

夏は、髪が傷みやすい時期。
それに加えて、海やプールに行くと、さらに髪がダメージを受けて、パサパサになってしまいます。

そこで今回は、「海やプールで髪が傷むのを防ぐ方法」と、「傷んだ髪をケアする対処法」をご紹介します。
髪を守るヘアケアで、キレイな髪を保ちましょう。

海やプールで髪が傷む原因は?

海水やプールの水が髪に悪そうなのは、何となく想像がつきますよね。でも、何が原因で髪が傷んでしまうのでしょうか?

「海水」と「塩素」で髪のキューティクルが剥がれる

海やプールの水は、髪のキューティクルを剥がしてしまうので、髪が傷みます。髪はもともと「弱酸性」ですが、海水は「弱アルカリ性」です。

髪の主成分である「タンパク質」は、弱アルカリ性の海水によって、溶けてしまう性質があるのです。

つまり、髪を守っているキューティクルが剥がれることで、髪内部の水分などが蒸発してしまうのです。そのため、パサパサになります。

プールの水に含まれている「塩素」も、同じような作用によって、髪にダメージを与えます。海やプールは、美髪の大敵だったんですね。

傷んだ髪に、紫外線ダメージでダブルパンチ

でも、海やプールで髪がパサパサに傷む原因は、それだけではありません。

夏の紫外線は、他の季節に比べて強いのが特徴です。また、海の紫外線は、街中の紫外線よりも強いのが特徴です。
海では、とにかく紫外線ダメージが強いのです。

海水やプールの水で、キューティクルが剥がれてしまった無防備な髪が、強い紫外線にさらされたら、どうなるでしょうか?
それはもう、ボロボロになってしまいます。

ダメージから髪を守るためには、海水などの対策のほかに、紫外線対策もしっかりとしなければいけないのです。

海に入らなくても、油断できない

「じゃぁ、海に入らなければ、髪が傷むことはないの?」と思うかもしれませんが、海に入らなくても、髪は傷みます。

その原因は、海から吹いてくる「潮風」です。

潮風は気持ちいいですが、海に入っていないのに、髪がベトベトでゴワゴワになった経験はありませんか?

これが、潮風によるダメージです。海水で髪が濡れたときと、同じような状態になってしまうのです。海に入らなくても、油断はできないということですね。

海やプールでの髪ダメージの予防法

では、海やプールでの髪ダメージを予防する方法をご紹介しましょう。事前にしっかりと準備しておくことで、髪のダメージを最小限に食い止めることができますよ。

髪が濡れないようにする

まず、いちばん簡単な対処法は、髪が濡れないようにすることです。とっても単純な対処法ですが、濡れるのがいちばん髪に悪いのです。

そうはいっても、やっぱり濡れてしまうことってありますよね。そんなときは、どのような対処法があるのでしょうか?

◆シリコン製のスイムキャップが効果的

海やレジャープールでは、ちょっと無理な対処法ですが、シリコン製のスイムキャップを被ることで、髪が濡れるのを最大限に防ぐことができます。

水泳選手が被っているアレですね。
市民プールやジムのプールで泳ぐときは、シリコン製のスイムキャップを被ると良いでしょう。

◆髪が濡れたら、水で洗う

もし、髪が海水やプールの水で濡れてしまったら、なるべく早く水で洗うのが効果的な対処法です。

海水やプールの水が、髪に長時間ついたままだと、髪が傷みやすくなります。

ふつうの水で濡れた状態も、それはそれで傷みやすい状態なのですが、海水やプールの水で濡れているよりは良いでしょう。

日傘やパラソル、帽子で紫外線をカバーする

日傘や帽子を被ったまま、海やプールに入ることはできませんが、休憩時間にはパラソルの下に入ったり、日傘や帽子などで、髪に直接紫外線が当たらないようにしましょう。

髪だけでなく、頭皮も紫外線ダメージを受けているので、頭皮の日焼けを予防することもできます。

でもこれは、紫外線を予防する方法です。潮風による髪ダメージを防ぐことはできません。

髪をおだんごヘアにする

海やプールで遊んでいるときに、髪をダメージから守るには、髪をおだんごヘアにするなど、アップにまとめるのが予防になります。

髪をまとめることで、紫外線や潮風、海水やプールの水が、髪に触れる部分を少なくすることができます。

髪用の日焼け止めスプレーを使う

海やプールで髪が傷むのを予防するには、髪用の日焼け止めスプレーを使うのが効果的です。

顔や体用の日焼け止めは、髪を傷める可能性があるので、必ず「髪用の日焼け止め」を使いましょう。

髪や頭皮の紫外線対策になるうえに、海水やプールの水からも、ある程度は髪を守ってくれます。

最善の予防法は、洗い流さないトリートメントをつける

海やプールで髪が傷まないための予防法は、洗い流さないトリートメントを使うのが、いちばん効果的です。

洗い流さないトリートメントは、髪のダメージをを修復する効果がありますが、じつは日焼け止めの効果もあります。

しかも、髪をコーティングしてくれるので、海水やプールの水で、髪が傷むのを予防することもできるのです。

今回ご紹介した中では、いちばんの予防法と言えるでしょう。

海やプールで傷んだ髪の対処法

では、海やプールで遊んだ後に、髪がダメージを受けてしまったときは、どのような対処法が効果的なのでしょうか?

遊びの途中で髪がゴワゴワ・ギシギシだと感じたら触らない

海やプールで遊んでいる途中で、髪がゴワゴワ・ギシギシになってしまったと感じたら、なるべく髪に触らないようにしましょう。

これは、髪に不純物などが付着してしまっている状態なので、髪同士がこすれると、キューティクルが剥がれやすくなります。

とくに、髪が濡れているときは、かなり傷みやすい状態なので、髪同士が触れ合わないようにすることが大切です。

すぐにシャンプーで洗う

髪が濡れた時点で、小まめに水で洗うのが効果的な対処法ですが、毎回洗うのもむずかしいですよね。

だからといって、そのまま家に帰るのは、あまりオススメできません。

なるべく早めにシャンプーをするのが効果的な対処法なので、プールのシャワー室や、海の家のシャワーでシャンプーするのが一番です。

でも、シャンプーを使えない状況の場所もあると思いますので、その場合には、帰宅後すぐにシャンプーをしましょう。

髪にやさしいアミノ酸系シャンプーがオススメ

海やプールで髪が傷んだときの対処法は、髪にやさしいシャンプーを使うことです。
いつもは違うシャンプーを使っていても、海やプールで傷んだときは、「アミノ酸系シャンプー」を使うことをオススメします。

アミノ酸系シャンプーは、洗浄力がマイルドで、頭皮や髪に刺激の少ないシャンプーです。

髪がこれ以上傷まないように、ダメージを受けているときは、ぜひ使ってみてください。

◆海やプールで傷んだときの髪の洗い方

  1. まずは、ぬるま湯で髪についた汚れを洗い流します。
  2. アミノ酸系シャンプーをしっかり泡立てて、髪を洗います。
  3. 洗い流すタイプのトリートメントをつけて、髪に浸透させます。
  4. しっかりとトリートメントを洗い流します。

 
いつもは、シャンプー後の「洗い流さないトリートメント」だけしか使わない人も、海やプールで髪が傷んだ後は、お風呂の中でする「インバストリートメント」をやると効果的です。

髪を保湿する成分などが配合されたシャンプーも効果的

海やプールで髪が傷んだ後に使うシャンプーは、アミノ酸系シャンプーがオススメですが、それ以外の成分にも注目してみましょう。

◆高保湿成分「ポリクオタニウム(リピジュア)」

海水やプールの水で髪が傷んだときは、髪が乾燥しています。そのため、髪を保湿する成分が配合されているシャンプーを選ぶと良いでしょう。

「ポリクオタニウム」とは、別名「リピジュア」と呼ばれていて、ヒアルロン酸の2倍の保湿力のある成分です。

髪が極度に乾燥しているときには、とても効果的な成分と言えるでしょう。

化粧品や洗顔料などに含まれていることが多いですが、シャンプーの成分として配合されていることもあります。

裏面の成分表示のところをチェックしてみてくださいね。

◆抗酸化作用のある「フラーレン」

海やプールで紫外線を浴びると、活性酸素がつくられて、髪が傷みやすくなります。

これを改善するには、抗酸化作用のある成分が配合されたシャンプーを使うのが、効果的な対処法となります。

フラーレンとは、ビタミンCの約172倍の抗酸化作用がある成分で、医療や美容の現場で注目されています。

老化予防や病気予防、アンチエイジングなどの効果が高く、化粧品に配合されていることも多い成分です。

海やプールで傷んだ髪への対処法には、フラーレンが配合されたシャンプーを選ぶと良いでしょう。

洗い流さないトリートメントをつける

シャンプー後に「洗い流すトリートメント」を使いましたが、ドライヤーをかける前に、洗い流さないトリートメントもつけておくと良いでしょう。

海やプールで髪が傷んでいるときは、「インバストリートメント」「アウトバストリートメント」の両方でヘアケアするのが効果的な対処法です。

洗い流さないトリートメントは、ドライヤーの熱ダメージを防ぐこともできます。

洗ったらすぐに髪を乾かす

髪が濡れている状態は、とてもダメージを受けやすい無防備な状態です。

そのため、海やプールで髪が傷んだ後は、シャンプー後すぐに髪を乾かすようにしましょう。

髪が濡れているときは、キューティクルが剥がれた状態なので、そのまま長時間すごすと、さらに髪が傷んでしまいます。

洗い流さないトリートメントをつけてから、なるべく早く乾かしましょう。

海やプールで傷みやすい髪をダメージから守ろう!

海やプールでの髪ダメージを予防する方法と対処法をご紹介しました。

紫外線が強い季節である「夏」と、紫外線が強い場所である「海」のダブルパンチで、髪はかなり傷んでしまいます。

予防とヘアケアでの対処法が、今後の髪を守ってくれますよ。
 

こみち
こみちの一言コラム

海やプールに行く予定が決まったら、洗い流さないトリートメントを買っておきましょう。

髪を守るためにレジャー前に塗り、ダメージ修復のためにシャンプー後にも塗ると効果的ですよ。

スポンサーリンク