横隔膜呼吸トレーニングでバストアップ効果|呼吸法だけで垂れ乳予防

横隔膜呼吸トレーニングでバストアップ効果がある!

横隔膜呼吸って何? と思っている人も多いかもしれませんね。
横隔膜とは、肋骨の下あたりにある筋肉のことです。

この横隔膜は、おもに呼吸の時に使われる筋肉なんです。
横隔膜呼吸をすることで、バストアップができると言われています。

なぜ呼吸とバストアップが関係あるのでしょうか?
おまけに、くびれまでできちゃうそうなんです!

これは早速やってみたいですよね。

横隔膜って何?

そもそも横隔膜とは、何なのでしょうか?
横隔膜がある場所は、肋骨の下あたりです。

この横隔膜が上下に動くことで、より多くの酸素を取り込めるようになります。

呼吸で使う筋肉のこと

横隔膜とは、呼吸で使う筋肉のことです。
筋肉という文字が入っていませんが、筋肉の一種なんですね。

1日に2万回くらい呼吸をしていますが、横隔膜の動きが悪いと、呼吸が浅くなり、さまざまな体調不良を引き起こします。
「何だか毎日体調がすぐれない」と感じている人は、横隔膜の動きが悪いのかもしれません。

横隔膜の動きが悪い人が多い

横隔膜を意識して呼吸をしている人は少ないと思いますが、横隔膜の動きが悪い人が多いんです。
その原因の1つが、猫背です。

猫背になると胸を圧迫してしまい、呼吸が浅くなると言われています。
呼吸が浅くなると、さまざまな不調を引き起こします。

横隔膜を使う呼吸法は酸素を多く取り込める

横隔膜の動きが悪く、呼吸が浅くなると、さまざまな体調不良になります
たとえば疲れやすくなる・太りやすくなる・だるくなるなど、不調のオンパレードです。

でも横隔膜を鍛えることで呼吸が楽になり、より多くの酸素を取り込めるようになると言われています。
そのため横隔膜呼吸は、バストアップ効果だけでなく、体の健康に良い効果があるんですね。

横隔膜を使った呼吸法の効果とは?

では、横隔膜を使った呼吸法をすると、どんな効果が期待できるんでしょうか?

垂れ乳を予防してバストアップ効果がある

横隔膜の動きが良くなると、胸が開きやすくなります。
胸が開くということは、猫背も解消されているということ。

つまり垂れ乳を予防して、バストアップ効果が期待できるというわけです。
胸の筋肉をストレッチする効果もあるので、後ほどご紹介する「横隔膜呼吸トレーニング」を実践してみましょう。

疲労を回復して、肩こり解消できる

横隔膜を使った呼吸法は、疲労を回復して、肩こり解消の効果も期待できます。
肩が硬くなっている状態が、肩こりですよね。

肩が柔らかく動くようになると、横隔膜を動かしやすくなるんです。
そのため横隔膜呼吸トレーニングでは、肩のストレッチ方もご紹介します。

猫背を解消して、胸のストレッチができる

横隔膜を動かす呼吸法は、猫背解消にとっても効果的です。
現代人の猫背は、わりと深刻な悩みになりつつあります。

それは長時間のスマホなどが、大きな原因になっています。
猫背になると見た目だけでなく、体の機能も低下させます。

とくに血行が悪くなるので、健康面でも良くありません。
さらに内臓を圧迫しているので、内臓機能も低下してしまいます。

横隔膜呼吸トレーニングをすれば、呼吸がしやすくなり、体調不良も改善できますよ。

副交感神経が優位になり、リラックスできる

横隔膜を動かす呼吸法をすると、副交感神経が優位になると言われています。
副交感神経が優位になると、リラックスした状態になります。

リラックスすることで安眠効果が高まり、疲労も回復しやすくなります。
安眠することで、美肌効果も期待できますね。

さらに良質な睡眠は、女性ホルモンのバランスを整えてくれます。
そのためバストアップ効果も期待できるというわけです。

くびれができることで、見た目バストアップ効果も

横隔膜を使う呼吸法をすると、くびれができると言われています。
実際に体験した人の中には、なんと9センチもウエストが細くなった実績があります。

くびれができると、バストとの差が大きくなり、見た目的にもバストアップ効果が期待できます。
つまり横隔膜呼吸は、女性らしいスタイルになる効果もあるんですね。

横隔膜呼吸トレーニングでバストアップ

横隔膜呼吸トレーニングは、どのようなやり方なんでしょうか?
リラックスした状態でやらないと、効果が半減してしまいます。

そのため簡単なので、ぜひやってみてくださいね。
1日5分くらいあれば、全部できるでしょう。

まずは横隔膜を柔らかくするトレーニング

まずは横隔膜を柔らかくするトレーニングからご紹介しましょう。
横隔膜を柔らかくすることで、呼吸がより深くできるようになります。
基本的には「腹式呼吸」の要領でやればOKです。

  1. 姿勢を正して、真っすぐ立ちます。
  2. 両手を肋骨の下に押し込んで、息をゆっくりと吐きましょう。
  3. 吐き切ったら手を離して、ゆっくりと息を吸います。
  4. これを5回くらい繰り返してください。

 
10秒かけて息を吐き、5秒かけて息を吸います。
息を吐く時にお腹をひっこめて、息を吸う時にお腹をふくらませます。

手を押し込むことで、横隔膜呼吸がやりやすくなります。
肋骨の下に横隔膜がありますので、刺激することができます。

胸を開いて、横隔膜を動きやすくする

次に、胸を開くストレッチをします。
胸を開くことで呼吸がしやすくなり、より多くの酸素を取り込めるようになります。

枕とクッションを用意してください。

  1. 床に横になり、頭の下に枕を置きましょう。
  2. 上側の膝を曲げて、膝の下にクッションを置きます。
  3. 両手を前方へ伸ばし、上側の手をゆっくり広げていきます。
  4. 手と一緒に顔も同じ方向へ向けていきましょう。
  5. 床に手がつく人は、つけるくらいまで体をひねります。

 
反対側も同様に、数回くり返します。
無理に手を床に着けなくてOKです。

体をひねったときに息を吐き、戻したときに息を吸います。
このストレッチをすると、猫背の解消に効果的です。

肩を柔らかくして、呼吸をしやすくする

次は、肩を柔らかくするストレッチです。
肩が柔らかくなることで、体の歪みが矯正される効果も期待できます。

枕とバスタオルを用意します。

  1. バスタオルをクルクル巻いて、背骨の下に来るように仰向けに寝ます。
  2. 膝を曲げても良いですし、伸ばしたままでもOKです。
  3. 両手は体から数十センチくらい離し、手のひらは天井に向けます。
  4. 床を滑らせるようにして、肩を上下に動かします。

 
両手同時にやってもOKですし、片腕ずつやってもOKです。
肩に力が入らないように気をつけてやらないと、効果がありません。

肩よりも、手に意識を集中させると、やりやすいかもしれません。

ストローを使って、簡単に呼吸トレーニング

ストローを使った簡単な呼吸トレーニングをご紹介します。
ストローは細いので、あまり空気が入ってきません。

そのため強制的に横隔膜を使うことになり、横隔膜を鍛えることができるんです。

  1. ストローをくわえて、ゆっくりと息を吐き切ります。
  2. ゆっくりと息を吸います。
  3. これを繰り返しましょう。

 
息を吐き切るときに、目は開けたままにしましょう。
目を閉じてしまうと、呼吸が短くなるそうです。

しっかり深く呼吸ができないと、横隔膜を効果的に鍛えることはできないですからね。
ストローは、最初は太いものを使用して、だんだん慣れてきたら細くしていくと良いでしょう。

ゆっくり話すことで、呼吸が深くなる

じつは、ゆっくり話すだけでも、呼吸が深くなる効果があるんです。
ゆっくり話すと、自然と深く呼吸するようになるんです。

深く呼吸をすると横隔膜を動かすので、副交感神経が優位になります。
副交感神経が優位になるとリラックスでき、女性ホルモンのバランスも整っていきますね。

ゆっくり話すことは、女性らしさも醸し出すので、女性ホルモンのはたらきも活発になることでしょう。

垂れ乳を予防してストレスなくバストアップ

横隔膜呼吸の効果と呼吸トレーニング方法をご紹介しました。
バストアップが呼吸法だけでできるなんて、何だかお得な感じがしますよね。

しかもリラックス効果があるので、ストレスの緩和や疲労回復にも効果的です。
疲れていたら、女性らしさがなくなってしまいますからね。

横隔膜呼吸トレーニングで垂れ乳を予防して、ストレスなくバストアップしちゃいましょう。

スポンサーリンク