柔らかい胸は垂れやすい|ハリのある上向きバストにする方法

胸が柔らかい人の悩みは垂れること!ツンと上向きのバストになる

人からは羨ましいと言われるけど、柔らかい胸に悩んでいる女性もいますよね。

胸が柔らかい人がいちばん恐れているのは、胸が垂れることではないでしょうか?
 

こみち
彼氏に胸が柔らかいと言われるのは嬉しいけど、垂れ乳になるのが心配だわ。

そこで今回は、「胸が柔らかいと垂れやすい理由」と、「柔らかい胸をハリのある上向きバストにする方法」をご紹介します。

重力に負けず、ツンと上向きのバストを目指しましょうね。

なぜ「柔らかい胸」と「硬い胸」があるの?

なぜ胸には、「柔らかい胸」と「硬い胸」があるのでしょうか?

どちらの胸の女性も、自分の胸に悩みを抱えていることでしょう。

一般的に考えると、胸が柔らかいのは羨ましいこと。ふわふわのマシュマロバストは、男性からの人気も高いです。

でも、柔らかい胸の女性からすると、不安や悩みが意外と多いですよね。

胸は何でできているのかを考えると、柔らかい胸と硬い胸の違いがわかります。

  • 柔らかい胸は、「乳腺が少なく、脂肪が多い胸」なのが特徴です。
  • 硬い胸は、「乳腺が多く、脂肪が少ない胸」なのが特徴です。

 
女性としては、どちらも悩ましいですよね。今回は、柔らかい胸をハリのあるバストにする方法をご紹介します。

硬い胸にお悩みの女性はコチラ
硬い胸を柔らかくする方法|憧れのマシュマロバストへ

胸が柔らかい悩みは意外と多い!?

胸が柔らかいと、悩みがないように思われがちですが、じつは意外と悩んでいる女性が多いですよね。

胸が大きい女性のほうが垂れやすいと言われていますが、大きさに関わらず、柔らかい胸は垂れやすいという特徴があります。

胸が柔らかいことによるリスク

  • 年齢とともに垂れ乳になるリスクが高い
  • 横に流れやすい
  • 柔らかいので、形が崩れやすい

 
これは、回避しなければいけないことばかりですね。

胸が柔らかいと、年齢とともに垂れ乳になるリスクが高いのは、若い頃から危機感を持っている女性が多いでしょう。

でも、若い女性でも垂れ乳に悩んでいる場合が意外と多いようです。

若くても胸が垂れる原因

若い女性でも胸が垂れる多くは、成長期である中高生の時の過ごし方に原因があります。

  • 胸が大きいのに、小さいサイズのブラを着けていた
  • ブラを着けるのが遅かったのかも
  • 猫背の姿勢が多い

 
中高生の頃は、母親が買ってきたブラを着けたりして、本当はもっと大きいのに、小さいサイズのブラを着けていた人も多いでしょう。

また、ブラそのものを着ける時期が遅かったのかもしれません。

さらに、スマホ使用が増えて、猫背になる人が増えているので、その影響で胸が柔らかくなってしまったとも考えられます。

猫背になると、胸への血行が悪くなるので、バストへの栄養が行き届かなくなり、乳腺が発達しにくくなることもあります。

それが乳腺が少なく、脂肪が多い柔らかい胸になった原因だと考えられます。

胸が柔らかいことによるデメリット

胸が柔らかいことによるデメリットは、実際にそうなってみないとわからないものですよね。

柔らかい胸のデメリットは、ブラを着けないで仰向けになると胸がペッタンコになってしまうことです。

彼氏と一緒に寝ているときに、胸がペッタンコだとイヤだから、昼用のブラをつけたまま寝ている女性もいるかもしれません。

でも、それは絶対にNGですよ。余計に胸が垂れやすくなる恐れがあります。

また、ノーブラで過ごす時間を極力少なくすることです。

胸を締めつけても血行が悪くなるからダメ、胸を支えないでノーブラで過ごすのはダメ、どちらもNGなんです。

とくに寝るときに胸の形が崩れやすいと言われているので、寝るときは、必ずナイトブラをつけるようにしましょう。

柔らかい胸が垂れやすい理由ってなに?

柔らかい胸が垂れやすい理由とは、どんなことなのでしょうか?

乳腺に対して脂肪が多すぎる

柔らかい胸が垂れやすい理由は、乳腺の量に対して、脂肪の量が多すぎることです。

脂肪は柔らかいので、脂肪が多い胸は柔らかいのですね。

日本人を含めるアジア人の胸は、欧米人に比べて柔らかいという特徴があります。

欧米人の胸にハリがあるのは、乳腺が発達しているからだと考えられます。

ということは、乳腺を発達させれば、胸にハリが出て、ツンと上向きのバストが実現するということですね。

大胸筋が衰えている

柔らかい胸が垂れやすい理由は、大胸筋が衰えている可能性があります。

大胸筋は、クーパー靭帯とともに胸を高い位置に支える働きがあります。

大胸筋はクーパー靭帯とつながっているそうで、大胸筋を鍛えることで胸を高い位置にキープする力が生まれます。

でも脂肪が多い胸は重く、垂れやすいので、クーパー靭帯が伸びてしまうことがあります。

クーパー靭帯は、一度伸びると元に戻りにくいので、胸が垂れないためには、大胸筋を鍛えることが大切です。

胸が大きいと、とくに垂れやすい

基本的には、乳腺が発達していることで脂肪が増え、胸が大きくなります。

でも胸が柔らかい人は、乳腺が発達していなくても脂肪が多いという特徴があります。

そのため、比較的バストサイズが大きい人に多いです。

胸が大きいと垂れやすいと言われているので、それを回避するには、「乳腺を発達させる」か「大胸筋を鍛える」必要があります。

女性ホルモンのバランスが悪い

柔らかい胸が垂れやすい理由は、乳腺を発達させる「女性ホルモン」の働きが低下しているからです。

乳腺が発達していて胸が大きい人は、ハリのある上向きバストになるので、柔らかく垂れやすいのは、脂肪だけが多い胸の特徴です。

乳腺は、女性ホルモンの1つである「エストロゲン」の働きによるもの。

そのため、女性ホルモンのバランスを整えることで、ハリのあるバストが手に入りますよ。

ダイエットでリバウンドを繰り返すと脂肪が増える

そもそも柔らかい胸になる理由は、無理なダイエットでリバウンドを繰り返し、脂肪ばかりが増えてしまった可能性があります。

食事制限だけのダイエットをしていると、筋肉が落ちてしまいます。

すると代謝が低下して、脂肪が増えやすくなると言われています。

また、リバウンドしてしまうと、筋肉量が減った状態で脂肪だけが増えるので、垂れやすい柔らかい胸になってしまうのです。

ダイエットをするなら、運動で代謝をアップさせて、筋肉量を減らさないことが、これ以上胸の脂肪を増やさないコツです。

柔らかい胸をハリのある上向きバストにする方法

では、柔らかい胸をハリのある上向きバストにする方法は、どうすれば良いのでしょうか?

大胸筋を鍛えてクーパー靭帯を守る

柔らかい胸をハリのある上向きバストにする方法は、大胸筋を鍛えることです。

大胸筋を鍛えることで、クーパー靭帯を守ることができ、垂れ乳を防ぐことができます。

大胸筋を鍛えるには、筋トレが効果的です。筋トレといっても、スポーツジムでやる筋トレではないので、安心してください。

◆合掌のポーズで大胸筋を鍛える筋トレ

  1. 体育座りをして、軽く足を開きます。
  2. ヒザに横から手を当て、足と手で押し合うように力を入れます。
  3. 次に、足を閉じて、ヒジをヒザに当てます。手は合掌のポーズ。
  4. 上に伸びるようにして、ヒザとヒジを押し合いましょう。

 
合掌のポーズは、バストアップ方法では王道の「大胸筋を鍛える筋トレ」ですよね。

それにちょっとだけアレンジを加えたバージョンなので、やってみてください。

◆ひざ立ち腕立て伏せで大胸筋を鍛える

大胸筋を鍛える筋トレは、腕立て伏せです。でも、ふつうの腕立て伏せではなく、ヒザをついた状態でやるので楽ちんです。

  1. 四つん這いになり、手を肩幅より広く開きます。
  2. 足は閉じた状態で、ゆっくりとヒジを曲げて腕立て伏せをします。
  3. このときに、ヒジを曲げるだけではなく、お尻が上から乗っかるように体重をかけます。
  4. なるべくワキを締めて、ゆっくりと10回くり返しましょう。

 
ヒジを曲げるだけでは、ほとんど負荷がかからないので、しっかりとお尻を乗せていきましょう。

ナイトブラを着けて寝る

柔らかい胸をハリのある上向きバストにする方法は、ナイトブラを着けて寝ることです。

胸が柔らかい人は、胸の形が崩れやすいですし、バストの形が崩れるのは、寝ているときが一番多いと言われています。

そのため胸が柔らかい人は、ナイトブラが必須ですね。

最近は色々な種類のナイトブラが出ていて、見た目が可愛いブラも、機能性の高いブラもあります。

昼夜共用できるブラもあるので、ナイトブラとして買わなくても良いのは嬉しいですね。

乳腺を増やす女性ホルモンを活性化させる

柔らかい胸をハリのある上向きバストにする方法は、乳腺を増やすことです。

乳腺を増やすためには、女性ホルモンの1つである「エストロゲン」の働きを活発にする必要があります。

女性ホルモンを活性化させるには、「良質な睡眠をとること」や「ストレスをためないこと」が大事です。

ストレスは、女性が美しくなるための妨げになるので、絶対に回避したいポイントですね。

また、良質な睡眠をとることは、美肌・病気予防・美髪効果など様々な栄養があるので、しっかりと寝て疲れをとりましょう。

乳腺を刺激するツボ押しをする

柔らかい胸をハリのある上向きバストにする方法は、乳腺を刺激するツボ押しをすることです。

乳腺を刺激するツボは、2つあります。

  • 天渓(てんけい)……乳首と同じ高さの位置のワキの下の部分
  • よう窓(ようそう)……乳首と鎖骨のちょうど中間部分

 
このツボを「5秒押して離す」のを3~5回くらい繰り返します。

痛ければ、あまり強く押さなくて大丈夫です。

バストマッサージでハリのある胸にする

乳腺を刺激するツボの「よう窓」は、胸の上側にあるので、リンパマッサージに最適な場所ですね。

  • やさしく円を描くようにさする。
  • 滑りを良くするために、バストクリームを使う
  • お風呂の中でマッサージすると効果アップ

 
バストマッサージは、毎日継続することが大切です。また、強く揉んではいけないので、気をつけてください。

乳腺を刺激することで、脂肪と乳腺のバランスが良くなり、柔らかい胸にハリが出てきますよ。

柔らかい胸をツンと上向きバストにするには、どんな栄養が効果的?

ツンと上向きのバストになるには、栄養バランスの良い食事が大切です。

栄養が偏っていると、胸に栄養が届かないので、ハリのあるバストは手に入りません。では、どのような栄養を取れば良いのでしょうか?

ハリのあるバストに必要なのは「タンパク質」

ハリのあるバストに欠かせない栄養は、クーパー靭帯や大胸筋をつくっている「タンパク質」です。

タンパク質よりも脂肪分を多く摂る人は、脂肪が増えやすいので、食生活を見直してみると良いでしょう。

大胸筋の筋トレをするなら、タンパク質との相乗効果で柔らかい胸をハリのあるバストにすることができます。

エストロゲンを活性化させる「大豆イソフラボン」を摂る

柔らかい胸をハリのある上向きバストにする方法は、エストロゲンを活性化させて、乳腺を発達させることです。

エストロゲンには、乳腺を発達させる効果があるので、エストロゲンを活発にする「大豆イソフラボン」を摂ると良いでしょう。

大豆イソフラボンは、豆乳やきな粉にたくさん含まれているので、毎日の食生活に取り入れてみてくださいね。

血流を改善する「ストレッチ&リンパマッサージ」で柔らかい胸から卒業

柔らかい胸をハリのある上向きバストにする方法は、ストレッチやマッサージも効果的です。

血行を良くすれば、胸まで栄養を届けることができるので、女性ホルモンも活性化され、バストケアの効果がアップしますよ。

柔らかい胸を改善するストレッチ方法

柔らかい胸をハリのあるバストにするには、壁を使ったストレッチで、しっかりと胸の上側を伸ばしていきましょう。

  1. 壁が横になるように立ち、壁側の手をヒジまで床につけます。
  2. 壁側の足を一歩前に出して、胸の上側がしっかりと伸びているのを感じましょう。
  3. 10秒くらいキープして、反対の手もやってみましょう。

 
とっても簡単な方法なので、ぜひ試してみてください。

胸が柔らかくても垂れないコツを身につけよう!

胸が柔らかいと垂れやすい理由と、柔らかい胸をハリのあるバストにする方法をご紹介しました。

胸が柔らかくてもたれないコツをつかんで、ツンと上向きのバストをつくりましょうね。
 

こみち
こみちの一言コラム

胸が柔らかいのは、脂肪が多いから。

乳腺を発達させて、ハリのある上向きのバストを目指しましょう。

スポンサーリンク