日焼け止めによる「かゆみ」の原因と対処法

日焼け止めによるかゆみの原因と対処法。かゆくならない対策をしよう!

紫外線対策のためには、日焼け止めを塗ることが効果的です。でも日焼け止めを塗ると、肌荒れしてしまうことも多いですよね。

ニキビのようなボツボツができたり、乾燥してしまうことあると思いますが、肌に「赤み」や「かゆみ」が出る人も多いようです。
 

こみち
日焼け止めは必須アイテムなのに、かゆくなるから塗らないほうが良いのかしら?

原因が日焼け止めだとわかっている人は、塗らないほうが良いのかと思ってしまいますよね。

そこで今回は、日焼け止めによるかゆみの原因と対処法をご紹介します。

まずは原因を知って、自分に合った日焼け止めを選びましょう。かゆみを起こさないための対策もご紹介します。

日焼け止めによる「かゆみ」の原因とは?

さっそく日焼け止めによるかゆみの原因を見ていきましょう。色々なパターンが考えられるので、かゆみの原因を突きとめて対処していきましょう。

日焼け止めの成分によるかゆみ

日焼け止めを塗るとかゆみが出る原因は、日焼け止めの成分による刺激によって、肌の赤みやかゆみが出ているのかもしれません。

肌の刺激になり得る日焼け止めの成分には、以下のようなものが考えられます。

  • 紫外線吸収剤
  • アルコール(エタノール)
  • 合成界面活性剤
  • 香料や合成着色料

 
まず考えられるのが、日焼け止めの主成分である「紫外線吸収剤」です。市販のほとんどの日焼け止めに含まれている化学物質で、肌の刺激になりやすいと言われています。

紫外線吸収剤とは肌の表面で紫外線を吸収して化学反応を起こし、別の物質にかえて排出するという成分です。この化学反応を起こすときに肌に刺激になることが多いようです。

またアルコールや合成界面活性剤、香料や着色料なども肌の刺激になる場合があります。もっと肌にやさしい日焼け止めを選べば、かゆみが治るかもしれません。

肌の乾燥によるバリア機能の低下

日焼け止めを塗るとかゆみが出る原因は、肌そのもののバリア機能が低下していることで刺激を受けやすくなっているのかもしれません。

とくに紫外線を浴びると肌が乾燥しやすくなるので、肌が敏感な状態になりバリア機能が低下することがあります。また、日焼け止めを塗ることで肌が乾燥してしまう場合もあります。

このような肌の乾燥がかゆみの原因の場合には、肌状態を元気にすることが先決です。

SPFやPAが強くて肌に刺激を与えている

日焼け止めを塗るとかゆみが出る原因は、日焼け止めの機能を表す「SPF」や「PA」の強いものを使っているせいかもしれません。

SPFは紫外線による肌の赤みを防げる時間を表し、PAは紫外線を防御する強さを表しています。この2つの数値が高いほど肌に刺激となるので、強い日焼け止めが肌のかゆみの原因になっている場合があります。

もし今使っている日焼け止めがSPFやPAの高いものなら、数値の低い日焼け止めに変えてみると改善されるかもしれません。

ちなみにSPF50とPA++++が最高レベルの日焼け止めなので、SPF30以下、PA+++以下の日焼け止めがオススメです。

ウォータープルーフが肌に合わない

日焼け止めの中には、ウォータープルーフのタイプがあります。汗や水によって落ちることが少ないので、海やプールなどのレジャーやスポーツをするときに重宝します。

ただし落ちにくいということは、それだけ肌に刺激になりやすいことを意味しているので、ウォータープルーフが原因でかゆみが出ている可能性もあります。

なるべく肌にやさしい日焼け止めを選ぶには、クレンジング不要の石けんだけで落とせるタイプの日焼け止めにすると良いでしょう。

ノンケミカルでもかゆいなら「金属アレルギー」かも

日焼け止めによるかゆみの原因は、日焼け止めの強さだけではないかもしれません。敏感肌の人は肌にやさしい「ノンケミカル」の日焼け止めを使っていることと思います。

それでも肌にかゆみが出てしまう場合には、金属アレルギーの可能性があります。ノンケミカルの日焼け止めには「紫外線散乱剤」が使われていて、この成分がチタンや亜鉛などの金属製のためかゆみが出てしまう場合があります。

肌にやさしい日焼け止めを使っているつもりでも、思わぬところで肌に刺激を与えてしまう場合があるので原因をしっかり突きとめましょう。

日焼け止めをしっかり落とせていない

日焼け止めを塗ってかゆみが出る原因は、そもそも昨日の日焼け止めが肌に残っているのかもしれません。肌に乗っている時間が長くなれば、雑菌などの繁殖が増えてしまうこともありますし、日焼け止めの成分が肌を乾燥させてしまうことがあります。

肌が乾燥すると敏感になるので、かゆみや赤みが引き起こされる場合があります。メイク落としの際には、しっかりと日焼け止めまで落とすようにしましょう。

化粧品と日焼け止めの相性が悪いのかも

日焼け止めを塗ることでかゆみが出る場合は、日焼け止めと化粧品の相性が悪いのかもしれません。

化粧品にもさまざまな成分が含まれているので、それだけなら肌に刺激にならなくても、日焼け止めと重ねて塗ることで何らかの反応を起こしてかゆみが出る場合があります。

どの化粧品との相性が悪いのかわからない場合には、1つずつ試してみるしかありません。毎日1つずつ使わないようにして、どの化粧品との相性が悪いのか突き止めましょう。

日焼け止めではなく「紫外線」が原因のかゆみもある

日焼け止めを塗るときは、紫外線を浴びることが多いですよね。そのために日焼け止めを塗るので紫外線を浴びるのは当然のことですが、じつは日焼け止めではなく「紫外線」が原因でかゆみが起きている場合もあります。

これを「紫外線アレルギー」と呼びます。紫外線アレルギーは、紫外線を浴びることでかゆみなどのアレルギー症状が起きることが多く、2~3日症状が続く場合が多いようです。

紫外線を浴びることが原因なので、この場合には紫外線が直接肌に当たらないようにすることが大切です。肌を露出しないとか、日傘をさすなどして対処しましょう。

もし症状がひどい場合には、皮膚科を受診することをオススメします。皮膚科を受診すると、抗ヒスタミン剤を処方されることがあるようです。症状が悪化しないうちに診てもらうのが1番大切です。

日焼け止めによる「かゆみ」の対処法

では日焼け止めを塗ってかゆみが出た場合には、どんな対処法があるのでしょうか? かゆみが出たら、できるだけ早く対処することが大切です。

日焼け止めをしっかりと洗い流す

日焼け止めによるかゆみの対処法は、まずは日焼け止めをしっかりと洗い流すことからです。しっかりといっても、ゴシゴシこすって洗ってはいけません。

石けんなどでやさしく洗い流すと良いでしょう。でも肌に日焼け止めが残らないようにすることが大切です。

肌に日焼け止めが残っていると刺激になったり、肌が乾燥してしまうことがあるのでしっかり洗い流しましょう。

かゆみがある場所を冷やす

日焼け止めがキレイに落とせたら、かゆみがある場所を冷やすことが効果的です。冷やすと血管が細くなり、炎症を抑える効果があります。そのためかゆみが収まる場合があるので、まずは冷やして様子を見てみましょう。

保冷剤をタオルでくるんでかゆみのある場所に当てたり、シャワーの水で冷やしてもOKです。なるべく肌に刺激にならないように、自分が心地よいと感じる方法で冷やしましょう。

保湿ケアで肌状態を回復させる

日焼け止めによるかゆみの対処法は、保湿ケアをして肌状態そのものを回復させることが大切です。日焼け止めをしっかり洗い流して冷やしたら、しっかりと保湿ケアをしましょう。

保湿することで肌本来の力が発揮されて元気になっていきます。すると少しずつかゆみが収まってくるかもしれません。どんな肌トラブルにも保湿は絶対に必須です。

日焼け止めによる「かゆみ対策」としてできることは?

日焼け止めでかゆみが出る原因と対処法をご紹介しました。では、日焼け止めによる「かゆみ対策」は何かあるのでしょうか?

かゆくならないための対策をご紹介していきましょう。

日焼け止めを使う前に必ずパッチテストをする

日焼け止めによるかゆみを予防するには、まずは使いたい日焼け止めでパッチテストをしておきましょう。肘の内側などの皮膚がデリートな部分に塗って、24時間たっても肌に異常がなければ安心してその日焼け止めが使えますね。

パッチテストをするのは面倒ですが、以前使って異常がなかった日焼け止めでもパッチテストをしてから再度使うようにしましょう。

日焼け止めを塗る前に保湿ケアをする

日焼け止めによるかゆみ対策は、日焼け止めを塗る前にしっかりと保湿ケアをすることです。保湿をしないで日焼け止めを塗ると肌に刺激を受けやすいので、赤みやかゆみが出てしまうこともあるかもしれません。

保湿ケアをすると肌が元気な状態になるので、日焼け止めの刺激を受けにくくなります。そのためかゆみ対策として有効です。

紫外線散乱剤(ノンケミカル)の日焼け止めに変えてみる

日焼け止めによるかゆみ対策は、紫外線吸収剤はなるべく使わないようにすることです。なるべく肌の刺激になる成分が含まれていない日焼け止めを使うようにしましょう。

だから、紫外線散乱剤の日焼け止めに変えてみると良いでしょう。いわゆる「ノンケミカルの日焼け」のことです。

ただしチタンや亜鉛が含まれているので、金属アレルギーの人は注意が必要です。その場合はもっと他の対策が必要になりますね。

「塗る日焼け止め」以外で紫外線対策をする

日焼け止めでかゆくならないための対策は、塗る日焼け止め以外の方法で紫外線対策をすることです。どんなに刺激の弱い日焼け止めを使っても、日焼け止めを塗るたびにかゆみや赤みが出たら困りますよね。

その場合には、塗る日焼け止めはあきらめて、それ以外の方法で紫外線対策をするのも効果的です。たとえば「飲む日焼け止めサプリ」とか「日傘」などで紫外線対策をするようにしてみましょう。

自分に合った日焼け止めを選び、かゆくならない対策をしていきましょう

日焼け止めによる「かゆみ」の原因と対処法をご紹介しました。いろいろな原因が考えられるので、原因に合った対策をしていきましょう。
 

こみち
こみちの一言コラム

日焼け止めによるかゆみは、強い成分による肌への刺激の場合が多いです。

なるべく肌にやさしい日焼け止めを使うことで改善できるかもしれません。かゆくならないためにも、自分に合った日焼け止めを選びましょう。

スポンサーリンク