敏感肌にやさしい日焼け止め!赤ちゃんにも使えて低刺激

日焼け止めで肌荒れして、もうイヤ!
日焼け止めを塗りたくない!

肌が弱いと、紫外線を防ぐのも大変ですよね。
しかも日焼け止めを落とす時にもひと苦労。

これじゃ日焼け止めを塗らないほうが良いんじゃないか? と思ってしまいます。
でも日焼け止めを塗らないと、肌はもっとひどい状態になってしまうので塗るしかない。

それなら少しでも肌にやさしい日焼け止めを探したいですよね。
また赤ちゃんは、日焼け止めを塗っても良いものなのか悩んでいるママもいるかもしれません。

そんなデリケートな肌にも塗れるのは、どんな日焼け止めなのでしょうか?

赤ちゃんの日焼け止めって、どうすればいいの?

赤ちゃんの肌って、キレイでまっさらで汚したくないと思いますよね。
赤ちゃんに日焼け止めって、塗っても大丈夫なんでしょうか?

生後3ヶ月までは、あまり外に出さないほうが良い

生後すぐの赤ちゃんの肌は、言うまでもなくとっても敏感です。
そのため紫外線に当たるのはおろか、日焼け止めを塗るのも良くありません。

そもそも生後3ヶ月くらいまでは、あまり外に出さないほうが良いでしょう。
生後3ヶ月を過ぎたくらいから、やっと赤ちゃん用の日焼け止めを塗っても良いと言われています。

極力紫外線の強い時間帯の外出はひかえる

赤ちゃんとのお散歩は、大切な時間です。
でも極力紫外線の強い時間帯の外出はひかえるようにしましょう。

ベビーカーにシェードがついていても、目から入る紫外線の影響も大きいのです。
また暑い時間帯の外出は、言うまでもなく赤ちゃんの負担になりますよね。

でも午後は午後で、けっこう湿気が多くなります。
そのため意外にも熱中症が心配な時間帯でもあるんです。

赤ちゃんは自分の体調を伝えられないので、ママがしっかりと見ていてあげなくてはいけませんね。
朝は早朝ならまだ涼しいし、紫外線もまだ弱めですが、7時を過ぎると朝の紫外線も意外と強いです。

添加物やオーガニックに注意

紫外線の強い時間帯でなくても、紫外線の強い季節は赤ちゃんの日焼けに注意が必要です。
あまり推奨はされていないのですが、赤ちゃん用の日焼け止めも売っています。

赤ちゃん用の日焼け止めを選ぶときには、添加物にも注意が必要です。
ベストなのは天然成分のオーガニックですが、オーガニック表記はあてになりません。

ちょっとでも天然成分が配合されていれば、オーガニック表記をして良いことになっているんです。
表示を鵜呑みにするのではなく、しっかりと成分を確認することが大切ですね。

ノンケミカルで石鹸で落とせるタイプを

赤ちゃん用の日焼け止めなら、ノンケミカルであることは大前提です。
そして添加物がほとんど含まれていなくて、石鹸で落とせるタイプがベストです。

もちろん水やお湯だけで落とせるタイプの日焼け止めなら、なお良いでしょう。
赤ちゃんの肌に塗る日焼け止めは、慎重に選んであげてくださいね。

敏感肌やアトピーでも使える日焼け止めの選び方

敏感肌やアトピーの人でも使える日焼け止めは、基本的には赤ちゃんと同じだと考えてOKです。
それプラス気をつけることをご紹介します。

SPFやPAの数値の低いものを選ぶ

日焼け止めには「SPF」や「PA」の表示があります。
SPFは10~50まであり、PAは+~++++まであります。

SPFは日焼けによる皮膚の炎症を遅らせる時間を表し、PAは紫外線を防ぐ強度を示しています。
敏感肌やアトピーの人は、SPFやPAの数値が低いものをおすすめします。

SPFやPAが高いほうが日焼け止め効果は高いのですが、肌にかかる負担が大きすぎるんです。
そのため敏感肌の人には、できるだけ肌にやさしい日焼け止めをおすすめします。

小まめに塗りなおすことが必要

これは敏感肌の人でなくても言えることですが、小まめに塗りなおす必要があります。
とくに肌にやさしい日焼け止めの場合には、効果が持続する時間が短いです。

そのため2~3時間おきに必ず塗りなおしましょう。
できるだけ肌に負担をかけないで、しっかりと紫外線を防止するにはこれが一番です。

日焼け止めを塗る前・落とした後の保湿が重要

日焼け止めを塗ると、肌が乾燥しやすくなります。
そのため「日焼け止めを塗る前」「日焼け止めを落とした後」の両方の保湿が大切です。

塗る前の保湿は、しっかりと肌に浸透してから日焼け止めを塗る

日焼け止めを塗る前の保湿は、しっかりと肌に浸透されるようなテクスチャーが良いでしょう。
ローションなど、あまりこってりしていないタイプなら、肌に浸透しやすいですよね。

また肌に保湿成分が浸透した後でないと、日焼け止めが落ちやすくなってしまいます。
とくに肌にやさしい日焼け止めは、水だけでも落とせるタイプが多いです。
そのため普通の日焼け止めよりも、落ちやすい場合が多いんですね。

落とした後の保湿は、水分の蒸発を防ぐことが大事

日焼け止めを落とした後の保湿は、肌から水分が蒸発するのを防ぐことが大事です。
肌の細胞が傷つきやすい敏感肌の人は、ちょっとした乾燥でも肌バリアがこわれます。

肌細胞がこわれると、肌の水分が蒸発しやすい状態になります。
とくにアトピーの人は、つねに肌バリアがこわれている状態ですから、保湿には気を遣っていることでしょう。

日焼け止めは肌への刺激になりやすいので、いつも以上に保湿を心がけてください。

体の中からも保湿ケアをする

日焼け止めは一年中塗っているかもしれませんが、とくに紫外線の多い季節は、体の中からも保湿しましょう。
水分を充分に摂ることも大切ですし、食べ物で補うこともできます。

保湿ケアに良い食べ物は、皮膚や粘膜を守る「ビタミンA」や、コラーゲンの生成をうながす「ビタミンC」などが良いでしょう。
また抗酸化作用の高い「ビタミンE」や、適度な脂質も肌の乾燥を防ぎます。

敏感肌や赤ちゃんの日焼け止めは成分に気をつけて

敏感肌やアトピーの人、赤ちゃんなどデリケートな肌の人にも良い日焼け止めをご紹介しました。
なかなか本当に肌にやさしい日焼け止めを見つけるのは、むずかしいかもしれません。

自分の肌に合った日焼け止めが見つかっても、シーンによって使い分けることも必要です。
できれば紫外線が強い場所は避けることが良いですが、それでは人生を楽しめないですよね。

根気が必要かもしれませんが、自分の肌を守るためだと思って、パッチテストなどでチェックするのが良いでしょう。
デリケートな肌には、保湿も重要ですよ。

スポンサーリンク