拭き取り化粧水の効果|正しい使い方で透明感のある素肌へ

拭き取り化粧水の効果と使い方を知って透明感アップ

拭き取り化粧水は気になるけど、効果や使い方がイマイチわからない人もいるのではないでしょうか?
 

こみち
拭き取り化粧水って、メイク落としみたいなものかしら?

そのネーミングから、メイク落としと同じようなものだと思っている人もいるようです。

くすみなどを改善して、透明感のある素肌にしてくれる効果がある拭き取り化粧水ですが、使い方を間違えると肌トラブルを引き起こす場合もあります。

そこで今回は、拭き取り化粧水の効果と正しい使い方をご紹介していきます。

正しく使って、透明感のある素肌を目指しましょう!

拭き取り化粧水とは?

拭き取り化粧水とは、保湿効果のある普通の化粧水とは、根本的に役割が違います。

では、どんな効果があるのでしょうか?

  • 洗顔で落としきれなかった汚れを落とす
  • 化粧水の浸透を良くする
  • 古い角質を落とす

 
拭き取り化粧水とは、基本的には洗顔で落としきれなかった汚れを落とす効果のある化粧水です。

中には「簡易的なメイク落とし」だと思っている人もいるようですが、クレンジングと洗顔は必須です。

拭き取り化粧水は、古い角質を落とし、化粧水の浸透を良くする効果があります。

それを考えると、普通の化粧水とは使い方が違うことがわかりますよね。

保湿ではなく、汚れを落とすなら、少なくともその後に、保湿する必要がありそうですね。

正しい使い方をすれば、拭き取り化粧水でクリアな素肌が実現しますよ。

拭き取り化粧水の効果

では、拭き取り化粧水には、どのような効果が期待できるのでしょうか?

毛穴づまりを落としてニキビ予防

拭き取り化粧水の効果は、洗顔で落としきれなかった毛穴づまりを落として、ニキビ予防をすることができます。

毛穴の黒ずみが気になる人や、毛穴づまりに悩んでいる人は、スッキリ洗顔できなくて気持ち悪いですよね。

毛穴に皮脂がつまると「白毛穴」になり、ニキビの原因になります。

それが酸化すると「黒毛穴」になり、それが炎症を起こすと「赤毛穴」になってしまいます。

これをキレイに落とす効果があるのが、拭き取り化粧水なのです。

毛穴の引き締め効果

拭き取り化粧水の効果は、毛穴の引き締め効果もあります。

いわゆる「収れん化粧水」のことですね。

毛穴の汚れを落としたら、しっかりと引き締めないと「開き毛穴」になってしまいます。

すると毛穴のたるみなどを引き起こし、乾燥肌になってしまう場合もあります。

それを防ぐために、毛穴の汚れを落とすとともに、毛穴を引き締める効果もある拭き取り化粧水が多いのです。

ターンオーバーを活発にして、くすみを改善

拭き取り化粧水の効果は、ターンオーバーを活発にして、くすみを改善する効果も期待できます。

拭き取り化粧水は、肌の表面にたまった古い角質を取り除くことで、肌をクリアな状態にし、ターンオーバーを活発にしてくれるのです。

ターンオーバーが活発になれば、シミやシワなどのエイジングサインを改善して、若々しい透明感のある素肌が実現します。

拭き取り化粧水を使ったほうが良い人

拭き取り化粧水には、うれしい美肌効果がありますが、誰でもいつでも使って良い効果があるとは限りません。

普通の化粧水は誰でも使っていると思いますが、拭き取り化粧水は、使ったほうが良い人と、そうでない人がいます。

では、拭き取り化粧水を使ったほうが良い人は、肌にどのような特徴があるのでしょうか?

  • 洗顔しても毛穴の汚れまでスッキリ落ちない
  • 化粧水が肌にあまり浸透していない気がする
  • 肌にくすみやゴワつきを感じる
  • ばっちりメイクをしている

 
このような肌の人は、拭き取り化粧水を使うことで、肌がより良い状態になることが期待できます。

ニキビやくすみなど、肌トラブルが多かった人は、改善できるかもしれません。

拭き取り化粧水を使わないほうが良い人

では、拭き取り化粧水を使わないほうが良い人は、どのような肌の人なのでしょうか?

  • 乾燥肌・敏感肌
  • メイクをしていない
  • 40代以降の女性
  • ピーリングやスクラブ洗顔をしている

 
このような肌の人は、拭き取り化粧水を使うことで、余計に肌トラブルが悪化してしまう恐れがあります。

拭き取り化粧水は、基本的に保湿を目的としていないので、乾燥肌の人や敏感肌の人には向いていません。

拭き取って汚れを落とすのがメインの目的ですから、アルコールやフルーツ酸などの肌に刺激のある成分が含まれていることが多いのです。

また、日頃からメイクをしていない人は、それほど毛穴が詰まっていない可能性があるので、拭き取り化粧水を使う必要がありません。

さらに40代以降の女性は皮脂の分泌が減っていくことが多いため、拭き取り化粧水は使わないほうが良いでしょう。

古い角質がたまって、肌のゴワつきが気になっている人は、ピーリングやスクラブ洗顔などを使っている場合がありますよね。

これらの洗顔と一緒に使ってしまうと、肌に刺激が強すぎるので、普通に健康的な肌の人でもオススメできません。

拭き取り化粧水の使い方

拭き取り化粧水は、正しい使い方をすれば、肌状態を今よりキレイに保つことができます。

では、どのような使い方をすれば良いのでしょうか?

拭き取り化粧水を使う順番

拭き取り化粧水は、どのタイミングでスキンケアに組み込めば良いのか見ていきましょう。

  1. クレンジング
  2. 洗顔
  3. 拭き取り化粧水
  4. 化粧水
  5. 美容液
  6. 乳液
  7. クリーム

 
拭き取り化粧水の効果は、洗顔で落としきれなかった汚れを落とすことが目的ですから、洗顔の後に使用します。

拭き取り化粧水を使った後は肌が乾燥しやすくなるので、そこから化粧水・乳液などで保湿をします。

必ずコットンにつけて使う

拭き取り化粧水の使い方は、普通の化粧水とは少し違います。

普通の化粧水の使い方は、人によって2通りに分かれると思います。

手にとってパッティングやハンドプレスで浸透させる人と、コットンに含ませて肌に浸透させる人がいますよね。

拭き取り化粧水の使い方は、必ずコットンに含ませてから使います。

そして、コットンでやさしく肌を滑らせて、毛穴汚れなどを拭き取るのが正解です。

手でパッティングしても、まったく意味がありません。

拭き取り化粧水の後は、必ず保湿する

拭き取り化粧水を使った後は、肌が乾燥しやすい状態になるので、必ず保湿ケアをすることが大切です。

保湿しないで拭き取り化粧水だけつけて終わりにすると、肌がカピカピに乾燥したり、乾燥による皮脂の過剰分泌で大人ニキビができることもあります。

余計な肌トラブルを防ぐためにも、拭き取り化粧水を使ったら、必ず保湿をするようにしましょう。

拭き取り化粧水を使う頻度は2~3日に1回

拭き取り化粧水の使い方は、使う頻度にも気をつける必要があります。

普通の化粧水は毎日使いますが、拭き取り化粧水は毎日使うことはオススメできません。

拭き取り化粧水を使う頻度は、2~3日に1回くらいが良いでしょう。

週1回くらいでもOKです。

基本的には、肌状態をみながら、汚れが残っていると感じるときだけ使うのが良いでしょう。

拭き取り化粧水の注意点

拭き取り化粧水を使う際の注意点は、どのようなことがあるのでしょうか? 肌トラブルが悪化する場合も考えられるので、注意点は守って使いましょう。

毎日使うのはNG

拭き取り化粧水の注意点は、毎日使わないことです。

とくに乾燥肌の人が毎日使うと、肌の乾燥が悪化して、シワの原因になります。

できれば拭き取り化粧水を使わないでOKの肌状態がベストなので、むやみに拭き取り化粧水を使わないようにしましょう。

毛穴づまりが気になる人にとっては救世主のような化粧水ですが、それ以外の人には必要ありません。

ニキビがあるときは使わない

拭き取り化粧水の注意点は、ニキビがあるときは使わないことです。

拭き取り化粧水は、普通の化粧水よりも強い刺激があるので、ニキビの炎症が悪化する恐れがあります。

普通の化粧水も、ニキビのときはあまりつけないほうが良いですが、拭き取り化粧水はとくにNGです。

ピリピリとした刺激を感じたら、使う頻度を少なくする

拭き取り化粧水の注意点は、刺激が強いため、肌にピリピリとした刺激を感じたら、使う頻度を少なくするようにしましょう。

何度も言っているように、拭き取り化粧水はたまに使うものです。

あまり頻繁に使うと、角質を取りすぎて肌のバリア機能が低下し、刺激に敏感な状態になってしまいます。

肌には、適度な皮脂と角質が必要なので、取りすぎても良くないのです。

力を入れてこすらない

拭き取り化粧水の注意点は、コットンに含ませて使用するため、力を入れてこすらないことが大切です。

毛穴づまりが気になるからといって、ゴシゴシこすってはいけませんよ。

あくまでも、やさしく肌を滑らせる程度です。

刺激が強い化粧水なので、使い方には注意しましょう。

拭き取り化粧水を正しく使って透明感のある素肌になろう

拭き取り化粧水の効果と正しい使い方をご紹介しました。

拭き取り化粧水は、必要な人と必要でない人がいますので、必要な時だけ使うようにしましょう。
 

こみち
こみちの一言コラム

拭き取り化粧水は、毛穴づまりの救世主ですが、乾燥肌の人には大敵です。

正しく使って、透明感のある素肌になりましょう。

スポンサーリンク