手荒れの原因と対策|乾燥やあかぎれを改善するクリームの選び方

ひどい手荒れには効果的なクリームを選ぶのが大事!

きれいな手は、女子力をアップする大きなポイントになります。
男性は、意外と女性の手を見ていますから、いつでもきれいな手を保っていたいですよね。

でも、さまざまな原因によって手荒れが悪化すると、見た目以上に、痛みやかゆみなどが辛くなってきますよね。
 

こみち
毎年この時期になると、手荒れが治らなくて困るの。

痛いあかぎれを改善するためにも、きれいで若々しい手を保つためにも、症状に合ったハンドクリームを選ぶことが大切です。
そこで今回は、手荒れの原因や効果的なハンドクリームの選び方をご紹介します。

なぜ手荒れするの?原因は5つ

手荒れの原因は、おもに5つ考えられます。日常生活の中で、あなたが頻繁におこなっている行動が、手荒れを悪化させているかもしれません。
心当たりがあれば、手荒れ対策をする必要がありますね。では、順番にご紹介していきます。

①水を使う機会が多い

主婦なら家事で水を使うことが多いですし、サービス業などの仕事をしているなら、水を使う機会が多いですよね。
水で手が濡れると、手にもともとあった水分が蒸発しやすくなり、手が乾燥しやすくなります。これが、手荒れの原因です。

とくに寒い時期は、お湯を使うことが多いですよね。すると水以上に手が乾燥しやすくなります。
ゴム手袋などで対策をしている人もいると思いますが、じつはゴム手袋も手荒れしやすいのをご存知でしょうか?

水を使う機会が多いなら、ゴム手袋よりも、「ワセリン」を塗ってから水を使うと手をカバーしてくれますよ。

②洗剤や石鹸で手が乾燥する

水だけでなく、洗剤や石鹸を使うことが多い人は、とくに手が乾燥しやすくなります。
だからといって、冬はインフルエンザなどの風邪が流行しやすいので、しっかりと手洗いすることは大切です。

洗剤や石鹸を使った後は、必ずハンドクリームを塗る習慣をつけるようにしておきましょう。
そして、殺菌のためにアルコールを使っている人もいると思いますが、このアルコールが最も乾燥しやすいのでご注意ください。

③本や書類など、紙を触ることが多い

わたしが本屋でアルバイトをしていたとき、「やけに手が乾燥するのはなぜだろう?」と不思議に思っていました。
じつは、本屋や書類などの紙を触ることが多い人は、手の水分が紙に奪われやすいのです。

デスクワークで書類を触る機会が多い人や、本屋や図書館などで本を触る機会が多い人は、手の保湿をしっかりとすることが大切です。

④手が冷えて、血行が悪くなっている

寒い冬は、手が冷たくなってしまいますよね。手が冷えると血行が悪くなり、手荒れが悪化する原因になります。
外出するときは、なるべく手袋をして、家にいるときは、手が冷えすぎないような室温を保つようにしましょう。

また、手の血行が悪くなると、しもやけになることが多く、指が腫れあがってしまうことがあります。
かゆかったり、痛かったりして辛い症状なので、手の冷えにはご注意ください。

⑤季節的な空気の乾燥

どうしても避けられないのは、季節的な空気の乾燥です。乾燥した空気の中にいると、どうしても手の水分も蒸発してしまいます。
普段は平気なのに、冬だけ手荒れがひどいという人は、だいたい10月くらいからハンドクリームを塗り始めると良いでしょう。

いつも12月くらいになって手荒れに気づいてからハンドクリームを塗る人は、手荒れが悪化しやすい原因になるので、事前に予防しておくことが大切です。

手荒れを改善するハンドクリームの選び方

手荒れを改善するには、ハンドクリームに配合されている成分に注目すると良いでしょう。
手荒れの症状によって、効果的な成分が変わってくるからです。では、それぞれの症状別に、手荒れを改善するハンドクリーム選びのポイントをご紹介します。

痛いあかぎれやひび割れには、ヘパリン系で炎症を鎮める

手荒れでいちばん辛いのは、パックリ割れてしまう「ひび割れ」や、血がにじんでしまうような「あかぎれ」ですよね。
この症状になると、何をするにも痛くてたまったものではありません。お風呂に入るだけでも痛くて、本当に辛いものです。

あかぎれやひび割れの原因は、炎症を起こしている場合が多いです。そのため炎症を抑える「ヘパリン系」のハンドクリームを選ぶと良いでしょう。
まずは炎症を抑えて手荒れを改善してから、保湿成分が配合されたハンドクリームを使うのがオススメです。

またターンオーバーを正常にすることで、あかぎれやひび割れを改善することもできます。ヘパリン系の成分には、肌の再生をする効果もあるのでオススメですよ。

尿素入りのクリームには注意!

手荒れの改善に効果的なハンドクリームで、尿素入りは人気が高いですよね。
でも、あかぎれやひび割れになっている人は、しみて痛い場合があるのでご注意ください。

ヘパリン系以外の物で対応するなら、ロングセラー商品である「オロナイン軟膏」がオススメです。
切り傷やあかぎれを始め、さまざまな症状を改善してくれる万能薬なので、一家に1つあると便利ですよ。

しもやけには、ビタミン系で血行を改善する

しもやけの原因は、おもに血行不良です。そのため血行を改善する「ビタミン系」のハンドクリームを選ぶと良いでしょう。
とくに血行促進に効果的なのは、「ビタミンC」と「ビタミンE」です。

ビタミンCは肌の再生をうながす作用があり、免疫力を高める効果があります。また美白効果もあるので、白く美しい手を目指す女性にはオススメです。
ビタミンEは血行促進の効果が高く、美肌にも良いので、手荒れ改善に効果的です。

ひどい乾燥で硬くなっているなら、尿素で皮膚を柔らかくする

手荒れで乾燥がひどくなると、皮膚がゴワゴワと硬くなってしまうことがありますよね。これは肌の再生である「ターンオーバー」が乱れている証拠です。
古い角質がたまり、肌が硬くなってしまうのです。

このようなゴワゴワ肌を柔らかくするには、「尿素」が配合されたハンドクリームを選ぶと良いでしょう。
手全体ではなく、部分的にゴワつきが気になるなら、その部分だけ尿素入りのハンドクリームを使うと効果的に改善できます。

また、ビタミンCやEも肌の再生に効果的です。

カサカサで白くなっているなら、セラミドで保湿を強化する

冬になると、とにかく手が乾燥して白くなってしまう……という人は、セラミド配合のハンドクリームを選ぶと良いでしょう。
保湿成分は色々ありますが、その中でもセラミドがいちばん保湿効果が高いと言われています。

年齢とともに減少する成分でもあり、年々手荒れがひどくなっていると感じるなら、セラミド配合のハンドクリームを使ってみると良いかもしれません。
ハンドクリームを塗っても塗っても乾燥するという人も、セラミドやヒアルロン酸などの高保湿成分がおすすめです。

またシアバターも油分が多いので、高い保湿効果があります。手荒れする前から、予防として塗っておくのも良いですよ。

手荒れに効くハンドクリームの塗り方

手荒れに効くハンドクリームの選び方がわかったところで、次に、手がキレイになるハンドクリームの塗り方をご紹介します。
適当にサッと塗って終わりでは、手荒れを効果的に改善することができません。

次の手順にしたがって、しっかりと丁寧に塗っていきましょう。

  1. 手を清潔に洗い、水分をしっかり吸い取っておく。
  2. 手が冷たいなら、温めてクリームが浸透しやすくしておく。
  3. まずは化粧水で保湿する。
  4. 適量のハンドクリームを手に取り、手で温めてから塗る。
  5. 関節のしわや指先、爪の周りなど細かい部分まで塗り込む。
  6. 指や手を軽くマッサージをして、血行を良くする。

 
手が濡れていると、水分が蒸発しやすいので乾燥が悪化することがあります。手を洗ったら、しっかりと水分を吸い取っておきましょう。
そして、いきなりハンドクリームを塗るのではなく、最初に化粧水で保湿しておくと、手荒れが改善しやすくなります。

また、ハンドクリームを効果的に使うには、手やハンドクリームを温めてから使うと、より浸透しやすくなり、手荒れ改善に効果的です。
適当にサッと塗って終わりではなく、指の関節や爪の周りなどにも、しっかりとクリームを塗り込みましょう。

最後に、指や手を軽くマッサージすると、血行が良くなり、手荒れが改善しやすくなります。

手荒れは「老け手」の原因に|手荒れを防ぐ対策とは?

ひどい手荒れをそのまま放置しておくと、手が年齢よりも老けて見える「老け手」の原因になります。手には年齢が現れやすいと言われていますが、老け手を改善して、いつまでもキレイな手でいたいですよね。

上記で説明したように、手荒れを改善することはもちろん、老け手対策も必要になってきます。
手のアンチエイジングに効果的な成分は、「ナールスゲン」です。

ナールスゲンの効能は、加齢による乾燥を根本から改善する「コラーゲン」や「エラスチン」などの保湿成分をサポートする働きがあります。
また、肌内部の水分をコントロールし、肌の奥まで浸透しやすい分子構造になっている画期的な成分です。

▼老け手対策には「ナールスゲン」配合ハンドクリーム

とくに、このハンドクリームは、肌のターンオーバーをうながし、血行を改善する「ビタミンC・E」が配合されています。
さらに、女性が大好きな「ローズの香り」で、癒し効果が高いのも特徴です。老け手を改善して、手のアンチエイジングもしたい美意識の高い女性には、このハンドクリームがオススメです。

では、老け手を未然に防ぐためにも、手荒れを予防する対策があるのでご紹介します。

ストレスを減らす

ストレスがたまると、肌のターンオーバーが乱れたり、乾燥しやすくなってしまいます。それは顔の肌だけでなく、手も同じです。
女性ホルモンのバランスも乱れがちになるので、女性にとってストレスは大敵ですね。

日頃からできるだけストレスを減らすために、リラックスした時間を過ごすように心がけましょう。
心と体をいたわることが、女性の美しさを保つコツです。

食生活を見直す

食生活を見直すことは、体の中から手荒れを改善することにつながります。
血行を良くしたり、栄養を補給したり、美肌を保つコツと手荒れを改善するコツは同じなのです。

「何を食べれば良いか」を考えるよりも、バランス良く色々な栄養を摂ることが大切です。
睡眠や適度な運動などの生活習慣を改善するとともに、食生活も見直してみましょう。

手を冷やさない

手が冷えると、どうしても血行が悪くなってしまいます。冬は寒くて手が冷えやすいので、外出時には手袋などの防寒対策をすると良いでしょう。
もちろん、手だけでなく、体も温めることが大切です。温かい飲み物を飲んだり、暖かいインナーを着たり、色々と対策をしてみてください。

とくに血行が悪くなると「しもやけ」や「乾燥」がひどくなります。悪化すると日常生活にも支障が出るほど手荒れがひどくなりますので、あらかじめ予防しておくことが大切ですよ。

手荒れを改善して、きれいな手になる!

手荒れの原因や、効果的なハンドクリームの選び方などをご紹介しました。
たかが手荒れと放っておくと、痛くて悪化してしまうばかりでなく、老け手の原因にもなってしまいます。

今回ご紹介した方法で手荒れを改善して、キレイな手をキープしましょう。
 

こみち
こみちの一言コラム

顔は気をつけてスキンケアしていても、手はおろそかになりがち。
きれいな手は、女性らしさのシンボルでもありますよ。

スポンサーリンク