彼氏と喧嘩別れしないために絶対NGな暴言と行動|仲直りする方法

彼氏と喧嘩別れしたくない!それならNGな暴言と態度を知っておこう

つい勢いで言い過ぎちゃった……。
彼氏と喧嘩をして、後悔していませんか?

もし別れたくないなら、今すぐ仲直りしないといけませんね。

また大好きな彼氏と喧嘩別れしないために、あらかじめNGな暴言と態度を知っておきましょう。
そうすれば喧嘩になりそうになった時に、対処できますよね。

彼氏と喧嘩別れになりやすい喧嘩パターン

「喧嘩しても今までは仲直りできたから」と安心するのは危険かもしれません。
大きな喧嘩が何度かあったなら、彼氏が限界に達してしまう可能性もあります。

喧嘩別れになりやすい喧嘩パターンをご紹介しましょう。
心当たりがあるなら、今すぐ仲直りしましょうね。

ずっと我慢してきたことが大爆発の喧嘩

あなたにせよ、彼氏にせよ、ずっと我慢してきたことが一気に大爆発してしまう喧嘩は、別れの危険があります。

「好きだから嫌われたくない」と思って、我慢してきたのかもしれません。
彼氏のことを思って、一歩譲ってきたのかもしれません。

でも我慢はいつか爆発するものなんです。
我慢して付き合っても、本当の絆は築けないんですよ。

日頃から言いたいことをチョコチョコ言い合う関係のほうが、長続きします。

その日のうちに仲直りできない喧嘩

喧嘩の仕方って、人によって違いますよね。
その場ですぐに解決したがる人と、とりあえず放っておいてほしい人、とにかく時間を置きたい人などいろいろです。

でもその日のうちに仲直りできない喧嘩は、喧嘩別れになりやすい喧嘩パターンなんです。
その日は別れて、数日冷却期間があってから仲直りするケースももちろんあります。

ただし、それが何度も続くと、いつか「このまま別れてもいいかな」と思ってしまう場合があります。

女性らしからぬ汚い言葉遣いをする喧嘩

興奮して喧嘩になると、多少は言葉遣いが汚くなるのは仕方ないかもしれません。
でも、あまりにも女性らしくない汚い言葉遣いをすると、彼氏のあなたへの恋心は冷めてしまいます。

彼氏はあなたのことを可愛いと思って付き合っているのですから、男の夢を崩してはいけません。
男性はロマンチストが多いので、「女性は可愛いもの」「女性は言葉遣いがキレイなもの」だと思い込んでいるんです。

ワタシは彼氏に「絶対に俺の前でオナラしないで」と言われたことがあります。
「昭和のアイドルか!」って、突っ込みたくなりましたけど。男って、不思議な生き物ですよね。

ヒステリックに当たり散らす喧嘩

男性は、ヒステリックな女性が嫌いなんです。
なぜですかね。きっと声のトーンが、受け付けられない周波数なのかもしれません。

女性は比較的、怒るとヒステリックになりがちですが、そこをなるべく冷静に対処しましょう。
取り乱してはいけません。穏やかに美しくありましょう。

彼氏との喧嘩で絶対に言ってはいけない暴言とは?

彼氏との喧嘩で、絶対に言ってはいけない暴言があります。
それを言ってしまったら、喧嘩別れになるケースが多いです。

感情的になって、つい思ってもいないことを言ってしまうことってありますが、取り返しのつかないことにならないようにご注意を。

彼氏の人格を否定するような暴言

彼氏と喧嘩になっても、絶対に言ってはいけない暴言は、彼氏の人格を否定するような発言です。
彼氏の収入が少ないとバカにしたり、外見や能力をけなすこともNGです。

喧嘩のネタとは違う部分で、彼氏の人格を否定する暴言を吐いてしまうと、彼氏はあなたを信じられなくなってしまいます。

彼氏の家族を侮辱するような暴言

彼氏と喧嘩になっても、絶対に言ってはいけない暴言は、彼氏の家族を侮辱するような発言です。
彼氏の人格否定と同じように、彼氏の家族を侮辱したら、もう取り返しがつかないでしょう。

彼氏はもう、あなたを愛せなくなる可能性があります。
彼氏にとっては、かけがえのない家族なんです。

付き合ったことを否定するような暴言

彼氏と喧嘩になっても、絶対に言ってはいけない暴言は、付き合ったこと自体を否定する発言です。
「出会わなきゃよかった」とか「あなたなんかと、付き合うんじゃなかった」なんて言ったら、彼氏は傷つきます。

人格否定されたのと同じくらいショックです。
いくら頭に血が上っても、言って良いことと悪いことがあるということを自覚しましょう。

「は?」とバカにした上から目線の暴言

喧嘩していると、どうしても負けたくないと思ってしまいますよね。
でも「は?」というバカにした上から目線の暴言はいけません。

「なんで、そんなこと言うの?」のほうが、可愛いです。
女性は、可愛くてナンボですよ。愛嬌を忘れないようにしましょう。

彼氏との喧嘩で絶対にやってはいけない行動とは?

彼氏との喧嘩で絶対に言ってはいけない暴言の次は、絶対にやってはいけない行動をご紹介します。
この行動をしてしまうと、喧嘩別れになるケースが多くなるでしょう。

完全に無視する

彼氏との喧嘩で絶対にやってはいけない行動は、完全に無視することです。
喧嘩中は口もききたくない気持ちはわかります。

でも、完全に無視するのはやめましょう。
突破口を少しだけ残してあげることが、早く仲直りする秘訣です。

面倒くさいという態度で仲直りを拒否する

彼氏との喧嘩で絶対にやってはいけない行動は、「面倒くさい」という態度をすることです。
彼氏が仲直りしようと歩み寄って来たのに、仲直りを拒否するような態度では、喧嘩別れになる可能性が高いです。

「喧嘩してすぐに受け入れるなんてできない!」と思うかもしれませんが、別れたくないなら、受け入れる準備をしましょう。
意地を張っているだけなら、その意地は今すぐ捨ててください。

良いことは、1つもありません。
女性は、素直でなくっちゃね。

物を壊したり、暴力を振るう

彼氏との喧嘩で絶対にやってはいけない行動は、物を壊したり、暴力を振るうことです。
最近は、妻にDVを受ける夫もいるみたいですが、女性も男性も、暴力はいけません。

暴力を振るうくらいなら、家を飛び出して、冷却期間を置くほうがマシです。
それで別れることになったら、そういう運命なのだと受け入れるしかありません。

友達に愚痴をぶちまけて、彼氏を一方的に悪者にする

彼氏との喧嘩で絶対にやってはいけない行動は、あなたが友達に彼氏の愚痴をぶちまけることです。
それだけでも彼氏からすると、プライベートなことを他人に知られるのはイヤだと思います。

しかも彼氏を一方的に悪者にするような言い方をすると、友達はあなたの言い分だけを信じることになります。
それはフェアじゃないですよね。

ましてやSNSで彼氏との喧嘩ネタをつぶやくのも、喧嘩別れの原因になります。
男性側の都合も考えてから行動するようにしましょう。

彼氏と喧嘩しても仲直りする方法

彼氏と喧嘩しても、仲直りする方法をご紹介します。
なるべく穏便に解決できるような方法を選びましょう。

喧嘩を勝ち負けで考えない

彼氏と喧嘩しても仲直りする方法は、喧嘩を勝ち負けで考えないことです。
どうしても喧嘩中は、相手が憎たらしいですから、「負けたくない」と思ってしまいますよね。

そうなると、意地を張って素直になれなくなってしまうんです。それはもったいないんです。
だから喧嘩を勝ち負けで考えてしまうと、別れの原因になる可能性があります。

1つでもいいから悪い部分を謝る

彼氏と喧嘩しても仲直りする方法は、1つでもいいから悪い部分を自分から謝ることです。
あなたから折れることで、彼氏は気を良くして仲直りが早くできます。

でも我慢すれば良いというわけでもありません。心にしこりが残ったら、結局また喧嘩してしまいますから。
あなたが「ここは折れてもいいかな」と思う部分を、素直に謝ることです。

「わたしは悪くないのに、謝るなんて絶対にイヤ!」なんて言ってると、喧嘩別れの原因になります。

彼氏の謝罪は素直に受け入れる

彼氏と喧嘩しても仲直りする方法は、彼氏が謝罪してきたら、素直に受け入れることです。
彼氏が誠意をもって謝っているなら、しっかりと受け止めてください。

そもそも謝罪を受け入れないことには、喧嘩が収まるはずがありません。
しかも彼氏から謝ってきているのですから、「ラッキー、このまま仲直りしちゃお」くらいに思ったほうが楽しいですよ。

彼氏と別れないために喧嘩で絆を深めよう

彼氏と喧嘩した時に、別れないための方法をご紹介しました。
彼氏との喧嘩で別れるのではなく、彼氏との喧嘩で絆を深めていきましょう。

そうすれば、この喧嘩も無駄にならないですよね。
ステキな関係を築いてくださいね。

スポンサーリンク