家庭用脱毛器の効果と選び方|サロンとの違いや脱毛完了までの期間

家庭用脱毛器は、サロンと同じくらいの効果があるの?

脱毛サロンで脱毛するのはお金がかかるし、通う時間が取れない人もいますよね。

そこで気になるのが、「家庭用脱毛器」です。
 

こみち
家庭用脱毛器って、サロンと同じような効果があるのかしら?

そこで今回は、家庭用脱毛器の効果と選び方をご紹介します。

脱毛サロンとの違いや脱毛完了までの期間を比較して、トータル的にどちらが良いか選んでくださいね。

家庭用脱毛器には、どんな種類があるの?

家庭用脱毛器には、いくつか種類があります。

脱毛器といっても、実際には「除毛器」もあるので、しっかりと効果のある種類を選ぶことが大切です。

光脱毛器

家庭用脱毛器で、もっとも一般的なのは「光脱毛器」です。

広範囲を一度に脱毛できるので、自分で脱毛するには、いちばん使いやすい脱毛器です。

脱毛サロンでやっている光脱毛と同じような効果が期待できますが、出力は弱めになっています。

痛みも少なく、出力を調整できるので、使いやすいと思いますよ。

レーザー脱毛器

家庭用脱毛器で、2番目にオススメするのが「レーザー脱毛器」です。

脱毛クリニックの「医療レーザー脱毛」と同じような効果が期待できますが、出力は弱めになっています。

痛みは光脱毛器よりも強めですが、太くて濃い毛にも効果を発揮しやすい特徴があります。

脱毛効果は高いのですが、照射範囲が狭いので、全身脱毛をするには時間と手間がかかります。

バルジ式脱毛器

さいきん注目されている「バルジ式脱毛」ですが、家庭用脱毛器としてはあまり実績がありません。

そのため口コミなども少なく、脱毛器の本体価格も高額です。

光脱毛器やレーザー脱毛器と違って、毛根を破壊するのではなく、毛包を刺激する脱毛方法です。

痛みはほとんどないのですが、高額なバルジ式脱毛器を買うよりも、クリニックでやるほうがオススメです。

超音波脱毛器

家庭用脱毛器には、超音波脱毛というものがあります。ここから後にご紹介するのは、脱毛器ではなく「除毛器」です。

超音波脱毛器とは、毛を1本ずつまんで超音波を与えることで、毛を抜きやすくする機器です。

痛みは軽減されていますが、効果としては、毛抜きで抜くのと変わりません。

高周波脱毛器

高周波脱毛器も、超音波脱毛器のように毛を抜く機器です。

高周波を毛根に流して毛を抜くのですが、使い続けるほどに毛が細くなっていく効果は期待できるようです。

ただし、本質的には毛抜きと変わらないと考えたほうが良いでしょう。

サーミコン式脱毛器(熱線式)

サーミコン式脱毛器とは、熱で毛をカットする機器です。つまり、カミソリで剃るのと変わらない効果と言えます。

サーミコン式脱毛器のメリットは、毛の切断面が細いので、毛が目立ちにくく、チクチクすることがないことです。

ただし、肌にカミソリを当てることがないので、肌を傷める心配はありません。

家庭用脱毛器を買うメリットとは?

家庭用脱毛器は、いつでも自分の好きなときに脱毛できるのがメリットですよね。

時間に縛られず、予約が取れなくて困ることもありません。

脱毛間隔も、自分の都合で選べるので、サロンの方針に従う必要はありません。

脱毛サロンによっては、3ヶ月以上に1回しか脱毛できないこともあるので、その点は家庭用脱毛器のほうがメリットが大きいでしょう。

そして、家庭用脱毛器を買う最大のメリットは、カートリッジさえ交換すれば、そして脱毛器が壊れなければ、半永久的に使い続けることができるということです。

脱毛サロンだと、また生えてきたときに再契約しなければいけませんが、家庭用脱毛器ならいつまでも使い続けられます。

家庭用脱毛器の効果とは?

では、家庭用脱毛器には、どれくらいの効果があるのでしょうか?

太い毛に効果が高いのはレーザー脱毛器

家庭用脱毛器の効果は、太い毛や産毛などの毛質によって変わってきます。

脱毛機器によって、得意な毛が変わってくるのです。

太くて濃い毛に対しては、レーザー脱毛器のほうが効果があると言えます。

脱毛サロンの光脱毛で効果がなかった人は、家庭用のレーザー脱毛器のほうが高い効果を発揮してくれる場合もあるかもしれません。

産毛にも効果が期待できるのは光脱毛器

家庭用脱毛器の効果は、毛質によって異なるとのことでした。では、産毛への効果が高いのは、どれでしょうか?

産毛への脱毛効果を比較的発揮しやすいのは、光脱毛器です。

全身脱毛をしたい人は、光脱毛器のほうが照射範囲も広いのでオススメです。

永久脱毛の効果はない

家庭用脱毛器には、永久脱毛の効果はありません。

そもそも永久脱毛は、クリニックの医療レーザー脱毛しか認められていません。

そのため家庭用脱毛器でも、脱毛サロンでも、永久脱毛はできないのです。

自己処理がほとんど不要になるまで脱毛することも可能

家庭用脱毛器には、永久脱毛の効果がないとすれば、どれくらいまで脱毛できるのでしょうか?

それは、人によって個人差があるものの、自己処理がほとんど不要になるくらいまで脱毛することも可能です。

丁寧にしっかりと使いこなすことができれば、永久的にあなたの脱毛の強い味方になってくれることでしょう。

家庭用脱毛器の選び方

では、数ある家庭用脱毛器の中から、どれを選べば良いのでしょうか? 家庭用脱毛器の選び方をご紹介します。

脱毛器と除毛器を間違えないように選ぶ

家庭用脱毛器の選び方は、まず「脱毛器」と「除毛器」を間違えないことです。

ここを間違えたら、話になりませんよね。

まるで脱毛器のようなキャッチコピーに惑わされず、しっかりと脱毛器の種類を見極めましょう。

機器によって脱毛効果が違うのでチェック

家庭用脱毛器の選び方は、機器によって脱毛効果が違うので、しっかりとチェックしてから買いましょう。

たとえば、脱毛の強さが違うとか、照射範囲が広いとか狭いとかですね。

それを間違えると、安くない脱毛器がムダになってしまいます。

ムダというわけでもないと思いますが、使うのが億劫になってしまうかもしれません。

そうなったら使わなくなるので、結果的に買った意味がなくなってしまうということです。

カートリッジなど消耗品の金額もチェック

家庭用脱毛器の選び方は、本体価格だけでなく、カートリッジなどの付属品や消耗品の金額もチェックすることです。

本体価格は安くても、カートリッジが高ければ、トータル的に高くなってしまいます。

そのため購入する際には、しっかりと両方の金額をチェックするようにしましょう。

後から「あっちのほうが安かった」と気づくのは残念ですからね。

サロンとの違いや脱毛完了までの期間は?

家庭用脱毛器の効果や選び方をご紹介しました。なかなか使えそうな家庭用脱毛器ですが、サロンとどのように違うのでしょうか?

サロンよりも出力が弱いので、脱毛効果は劣る

サロンと家庭用脱毛器の違いは、照射出力が弱いことです。

そのため、サロンよりも脱毛効果が劣ることがデメリットかもしれませんね。

でも、家庭用脱毛器は、誰でも使いこなせないといけないので、これは仕方のないことです。

照射出力が弱いと、一般的には脱毛期間が伸びることが予想されます。

脱毛完了までの期間がサロンより早い場合もある

家庭用脱毛器は、自分のペースで脱毛間隔を選べるので、結果として、脱毛サロンよりも脱毛完了までの期間が短くなることがあります。

脱毛サロンの多くは、毛周期に合わせて脱毛するので、2ヶ月くらいに1回の脱毛間隔になることが多いです。

でも家庭用脱毛器なら、最初は2週間に1回脱毛して、効果が出てきたら間隔を空けて脱毛するなど調整ができます。

そのため、自分に合った効果的な脱毛ができるのがメリットです。

家庭用脱毛器を買ったことで予測されるトラブルとは?

家庭用脱毛器を買ったことで予測されるトラブルを考えてみましょう。

想定内であれば、家庭用脱毛器を買って後悔することがなくなります。

  • 期待していた脱毛効果が得られない
  • 自分で脱毛するのが面倒になってしまった
  • 肌トラブルが起きても自己責任
  • 背中など手が届かない場所は脱毛できない
  • レーザー脱毛を買ったけど、光脱毛器のほうが良かった

 
などが挙げられます。

自分で脱毛するのが面倒になってしまう人もいると思いますが、それは脱毛器を買う前にチェックしておきたいですね。

また、レーザー脱毛器を買うのか、光脱毛器を買うのか、それを一番最初に決めると良いでしょう。

家庭用脱毛器の効果と選び方で自分に合った脱毛を

家庭用脱毛器の効果と選び方をご紹介しました。サロン脱毛とどちらが良いのか、自分に合った脱毛を選ぶようにしましょうね。
 

こみち
こみちの一言コラム

家庭用脱毛器は、サロンよりも出力が低いけど、同じような脱毛効果が期待できます。

照射範囲や脱毛効果によって、あなたに合った家庭用脱毛器を選びましょう。

スポンサーリンク