家庭用の脱毛器に永久脱毛の効果はあるの?脱毛器購入の注意点

家庭用脱毛器で永久脱毛できる? できない?

脱毛したいけど、サロンやクリニックに通うのは高すぎる」と思っている人も多いのではないでしょうか?

そんなときに検討するのが「家庭用脱毛器」ですよね。

では、家庭用脱毛器に永久脱毛の効果はあるのでしょうか?
 

こみち
家庭用の脱毛器で、この先ずっと毛が生えてこなくなるなら嬉しいわ。

そこで今回は、家庭用脱毛器の脱毛効果についてご紹介していきます。

いつまでもツルツルな肌を保ちたいあなたが知りたいことに、お答えしていきます。

家庭用の脱毛器に永久脱毛の効果はあるの?

家庭用の脱毛器には、永久脱毛の効果はあるのでしょうか? もし、それくらいの効果があるなら嬉しいですよね。

まずは、永久脱毛とはどういう意味なのか見ていきましょう。

永久脱毛とは?

永久脱毛とは、一生毛が生えてこなくなることだと思っている人が多いですよね。でも実は、ちがうんです。

永久脱毛の定義は、以下のようなことになります。

  • 脱毛の施術を3回やって、6ヶ月後の毛の量が67%以上減っていること
  • 脱毛の施術をした1ヶ月後の毛の再生率が20%以下であること

 
このことからもわかるように、永久脱毛とは、一生毛が生えてこなくなるという意味ではありません。

ある一定期間の間に、どれだけ減毛できたかが基準になります。

その基準をクリアできれば、「永久脱毛」と言えるのです。

家庭用脱毛器で永久脱毛はできない

家庭用の脱毛器でも、毛の量が減ったり、毛が細くなったりするので、脱毛効果はあります。

でも、家庭用脱毛器で永久脱毛はできません。

ただし、毛質や毛量は人によって個人差があるので、家庭用の脱毛器を使っただけで、何年も生えてこなくなる人もいるようです。

永久脱毛ができる「医療レーザー」でも永久に生えてこないわけではない

現在の日本では、クリニックで施術を受ける「医療レーザー脱毛」のみが、永久脱毛と呼ばれています。

でも、医療レーザー脱毛でも、永久に毛が生えてこないわけではありません。

ひと昔前のレーザー脱毛は、脱毛効果が弱く、2~3年後には生えてくることが多かったようです。

でも現在は、脱毛効果が高くなったようですが、やはり何年か後には生えてくることが多いです。

といっても、やはり個人差があるので、何とも言えません。

ニードル脱毛がもっとも脱毛効果が高い

できるだけ長期間の脱毛がしたいと考えるなら、ニードル脱毛が世界的にも「永久性が高い」と言われています。

ニードル脱毛とは、美容電気脱毛とも呼ばれ、毛穴に針を刺して電気を流し、毛根を破壊する脱毛方法です。

脱毛効果は高いのですが、デメリットが多すぎて、最近は影をひそめています。

ニードル脱毛は、基本的に医療機関での施術になりますが、現在でもTBCではニードル脱毛を実施していると思います。

できるだけ脱毛効果を持続させたいですが、ニードル脱毛には、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

  • 痛みが強すぎる
  • 料金が高い
  • 1つ1つの毛穴に施術するので、時間がかかる

 
などがあります。

何よりも脱毛効果を優先させたい人は、ニードル脱毛がオススメですが、全身脱毛にはあまり向いていません。

ワキなどの部分脱毛ならオススメできますが、デリケートな部分には痛みが強すぎますし、全身脱毛にはお金も時間もかかりすぎます。

わたしがまさに、ワキのニードル脱毛をしたのですが、15年くらいは自己処理を一切しなくて良い状態にまでキレイになりました。

でも涙が出るくらい痛いし、両脇で50万円くらいかかりました。

15年くらい経過して、徐々にまた生えてきましたが、人によっては30年経っても生えてこない人もいるようです。

家庭用の脱毛器の脱毛効果はどれくらい?

ちょっと話が逸れましたが、家庭用脱毛器の脱毛効果はどれくらいあるのかご紹介していきます。

毛が生えてくるまでの期間が長くなる

家庭用の脱毛器でも、脱毛効果は充分に期待できます。

あまりマイナーな機器を買わない限り、ある一定の脱毛効果は期待できるでしょう。

1~2回くらい使っても効果は感じられませんが、回数を重ねるごとに脱毛効果が出てきます。

サロンやクリニックよりも照射出力が弱いので、回数は多くなりますが、30回くらいやればキレイになることが多いようです。

生えてくる毛が細くて少なくなる

家庭用の脱毛器の脱毛効果は、毛が生えてきたとしても、細くて毛の量も少なくなります。

脱毛を始める以前のような状態になることは、あまりないと思われます。

でも、ツルツル肌になるのを夢見て購入した人には、思ったほどの脱毛効果がなかったと感じる人もいるようです。

ある程度の減毛ができれば、あとは電気シェーバーなどと併用すれば、今までには想像もできないくらいにキレイになると思います。

産毛の脱毛の効果があるのは光脱毛器

家庭用の脱毛器の脱毛効果は、どちらかというと太い毛のほうが効果を発揮してくれます。

これは、サロンやクリニックの脱毛でも同じメカニズムですが、黒色が濃い毛ほど、脱毛効果を感じやすいのです。

脱毛器の光やレーザーは、黒いメラニンに作用して、毛根を破壊する脱毛方法です。

そのため、毛の色が薄い「産毛」には、あまり脱毛効果がないと言われています。

どちらかといえば、産毛の脱毛に強いのは「光脱毛器」です。

それでも回数を多く重ねないと、あまり脱毛効果が感じられない場合もあるようです。

家庭用の脱毛器で脱毛するメリット

家庭用の脱毛器で脱毛するメリットには、どのようなことが考えられるのでしょうか?

また生えてきても、いつでも脱毛できる

家庭用の脱毛器を使うメリットは、また生えてきても、いつでも脱毛できることです。

家庭用の脱毛器で永久脱毛はできないわけですから、またいつか生えてきます。

これがもしサロンやクリニックならば、また高額な契約をしなければいけませんが、家庭用の脱毛器ならいつでも脱毛を再開できるのがメリットです。

カートリッジを交換すれば、半永久的に使える

家庭用の脱毛器は、カートリッジを交換できるようになっています。

機種によってカートリッジの価格がバラバラなので、本体価格と照射可能回数、カートリッジの価格をトータルで計算して、一番コスパが良い脱毛器を選びたいですね。

家庭用の脱毛器で脱毛するメリットは、このカートリッジさえ交換すれば、半永久的に使えることです。

もちろん壊れたら使えなくなるので、お手入れをしっかりして、大切に使いたいですね。

家庭用脱毛器の種類

では、家庭用脱毛器には、どのような種類があるのでしょうか?

光(フラッシュ式)脱毛器

使いやすく、広範囲を一度に脱毛できるのが「光(フラッシュ式)脱毛器」です。

光脱毛器のほうが脱毛効果は弱めですが、産毛の処理に向いていたり、全身脱毛をするにも使いやすいです。

ただし、価格がレーザー式脱毛器よりも高いのがデメリットです。

あなたが、どの部分の脱毛を重視しているのかによって、選ぶべき脱毛器が変わってきます。

レーザー式脱毛器

レーザー式脱毛器は、照射範囲が狭いので、全身脱毛をするには時間がかかることが予想されます。

でも、ワキなどの太くて濃い毛への脱毛効果が高いので、部分脱毛には向いています。

産毛の脱毛には、あまり効果が感じられないことが多いようなので、全体的な産毛を重点的に脱毛したい人は光脱毛器のほうが良いでしょう。

脱毛効果は光脱毛器よりも高いのですが、痛みが強いので、「どうしても痛いのはイヤ」という人は、光脱毛器のほうが良いかもしれません。

でも、痛みだけで選んでしまうと、脱毛効果が合わなくて後悔することもあるかもしれません。

痛いといっても、クリニックでの医療レーザー脱毛よりも照射出力が弱いので、それよりは痛くないでしょう。

家庭用脱毛器を購入する際の注意点

家庭用脱毛器についてご紹介してきましたが、もし購入を検討しているなら、注意点があります。

除毛器と間違えないように注意

「脱毛器」として売っている商品の中には、脱毛器ではなく「除毛器」もたくさんあります。

除毛器とは、カミソリや毛抜きと同じような効果しかない機器のことです。

カミソリや毛抜きで自己処理するよりも、肌に刺激を与えないという意味では優れていますが、脱毛したい人には効果がありません。

脱毛器に比べて価格が圧倒的に安いので、価格だけで選ぶと失敗する場合もあるでしょう。

中古品はカートリッジが買えない場合がある

家庭用の脱毛器は、意外と高額です。安い機器でも7万円くらいしますし、高い機器だと10万円以上します。

そのため、中古品を検討する人もいると思いますが、脱毛器を中古で買うことはオススメできません。

脱毛器のカートリッジは、新品で購入した人しか購入できない場合があるからです。

中古品なら照射回数も減っていますし、カートリッジを交換しないと使えない場合もあります。

でもカートリッジが買えないのなら、お金を捨てるようなものです。

そのため、家庭用の脱毛器を購入するなら、必ず新品にしましょう。

顔・VIOには使えない機器がある

家庭用の脱毛器を購入する際には、どの部位に使えるのかをしっかりチェックしておきましょう。

中には、顔やVIOには使用できないという脱毛器もあります。

これらの部分を脱毛するために購入したいと思っているなら、しっかり脱毛部位をチェックして、もし対応していないなら、サロンやクリニックに行くしか方法はないでしょう。

といっても、顔やVIOは皮膚がとてもデリケートな部分なので、自己処理で肌トラブルが起きると、取り返しのつかない場合もあるかもしれません。

そのため、顔やVIOなどのデリケートな部分を脱毛するなら、サロンやクリニックで脱毛することをオススメします。

肌トラブルは自己責任なので、事前に対処法をチェック

家庭用の脱毛器で脱毛するなら、もし肌トラブルが起きても自己責任になります。

そのため、脱毛後の肌ケアの方法や、肌トラブルへの対処法などを事前にチェックしておくことが大切です。

脱毛後の肌はダメージを受けているので、しっかりケアしないと肌がボロボロになってしまうかもしれません。

永久脱毛をしたいならレーザー脱毛かニードル脱毛で

家庭用の脱毛器で、永久脱毛ができるのかをご紹介しました。

人によっては永久脱毛に匹敵するくらいの効果が実感できますが、基本的には永久脱毛はできません。

もしあなたが永久脱毛をしたいなら、「医療レーザー脱毛」か「ニードル脱毛」を選びましょう。
 

こみち
こみちの一言コラム

家庭用脱毛器には、永久脱毛の効果はない。

でも、使い続けることで、脱毛効果は高まっていきます。

スポンサーリンク