子宮が冷える原因|生理痛や不妊・下半身太りも解消する方法

子宮冷えは下半身太りや生理痛の原因になる

子宮が冷えてるって、どんな感じなんでしょうか?
あまり「子宮が冷えてるな」と感じることはありませんよね。

女性にとって子宮は、体の中で一番大切な臓器です。
そのため子宮冷えになると、さまざまな不調が起きる可能性があるんです。

あなたの子宮が冷えてるのかチェックした後で、生理痛も和らげる「子宮を温める方法」をご紹介します。

子宮が冷えてると、どんな症状が起きるの?

子宮が冷えてると、どんな症状が起きるのでしょうか?
女性なら、誰しも避けたい症状ばかりなんです。

不妊症や流産のリスクが高まる

子宮が冷えてると、不妊症になっている可能性が高いです。
晩婚化が進んでいますので、妊娠する年齢も高くなっています。

仕事のキャリアなどの関係で晩婚になる女性は、「もう少し仕事が落ち着いてから子どもを」と思っている人も多いはず。
でも、いざ妊娠を望んだ時に、じつは不妊症だったということも少なくありません。

また不育症といって、妊娠はしてもお腹の中で胎児が育たない症状もあります。
そのため死産や流産を繰り返す人も多いのです。まさにワタシもそうでした。

比較的早い段階で流産することが多く、原因も明らかではありません。
その原因の1つとして、子宮冷えも関係しているのではないかと言われています。

生理痛や生理不順がひどくなる

子宮が冷えてると、生理痛や生理不順がひどくなる場合が多いです。
生理は直接子宮と関係がある現象ですから、当然ですよね。

このまま子宮冷えを改善しないと、不妊症や子宮筋腫などの病気のリスクも高くなります。

下半身太りやむくみが生じる

子宮冷えが原因で起きる症状として、下半身太りも考えられます。
ダイエットをしても下半身だけ痩せない人は、もしかしたら子宮が冷えてるのかもしれません。

また下半身がむくむという女性も、子宮冷えの可能性があります。
子宮が冷えることで、子宮周辺の血行が悪くなると、下半身への血行も滞ってしまうんです。

子宮が冷えてるかチェックしよう

では、子宮が冷えてるかチェックしてみましょう。
多くの女性が当てはまるのではないでしょうか?

お尻と下腹部が冷たい

あなたの子宮が冷えてるかチェックする方法は、お尻と下腹部を触ってみることです。
服の上からではなく、皮膚を直接手で触ってみましょう。

お尻と下腹部が冷たいと感じるなら、それは子宮が冷えてる可能性が高いです。
お尻は冷たい人が多いのですが、お腹が冷たい人はとくに改善が必要ですね。

手と足が冷えてることが多い

子宮が冷えてるかチェックする方法は、手と足が冷えてるかどうかです。
手足の先端が冷えることを「末端冷え性」と呼びます。

これは多くの女性が悩まされている症状の1つで、意外と本人は冷え性だと気づいていない人もいます。
体はそれほど冷え性だと感じない女性でも、末端冷え性になっていることがあるんです。

子宮が冷える原因とは?

では、そもそも子宮が冷える原因って何なのでしょうか?
普段の生活の中で、心当たりがある人も多いのではないでしょうか。

座りっぱなしの時間が長い

デスクワークの女性は、長時間にわたって座りっぱなしの状態ですよね。
じつは、これが子宮冷えの大きな原因になるんです。

では立っていれば良いのかというと、そうでもありません。
立った状態で長時間過ごすのも、子宮が冷える原因になります。

つまり同じ体勢を長時間つづけることが、子宮冷えの原因になるんですね。
子宮が冷えると、下半身への血行が悪くなり、結果として下半身が太るということです。

冷たい飲み物を飲むことが多い

子宮が冷える原因は、冷たい飲み物を飲むことです。
お風呂上がりに冷たい飲み物を飲みたくなる気持ちはわかりますが、そこはグっと我慢。

大切な体のために、冷たい飲み物よりも温かい飲み物を飲むようにしましょう。
冷たいよりは、常温でもOKです。

ほとんど運動をしていない

子宮が冷える原因は、運動不足も考えられます。
一日中あまり動かないデスクワークなどをしていて、しかも運動もしていない女性は、子宮冷えの可能性があります。

子宮冷えによって下半身太りが気になる人は、適度な運動で血行を促進しましょう。
血行をうながすことが、冷えを改善する一番の方法です。

締めつけるファッションや薄着が多い

子宮冷えの原因は、締めつける服装や薄着が多いことです。
夏でも室内はエアコンで冷えていますので、締めつける服や薄着によって、さらに冷えます。

とくにボトムスで締めつけることが多く、ストッキングやスキニーパンツは、子宮冷えや下半身のむくみの可能性が高いです。
できるだけウエストや下半身を締めつけない服装をしましょう。

また薄着が多い人も、子宮冷えになる可能性が高いです。
知らず知らずのうちに、子宮を冷やしていたんですね。

子宮の冷えを解消する方法

では、子宮の冷えを解消する方法をご紹介しましょう。
毎日の生活の中で、取り入れられる方法ばかりですので、ぜひ実践してみてください。

食生活を改善する

子宮冷えを解消する方法は、食生活に気をつけることです。
栄養バランスの良い食べ物をチョイスするのはもちろんですが、添加物をなるべく摂らないことも大切です。

添加物は、スナック菓子やカップラーメン、ファーストフードや冷凍食品などに多く含まれています。
また、なるべく精製されていないものを食べるようにしましょう。

たとえば上白糖ではなく黒糖、白米ではなく玄米など、精製されていないものを食べると体を冷やしにくいです。
血糖値の上昇も防ぐため、脂肪がつきにくくなります。脂肪がつきにくいということは、冷えにくいことを表しています。

マッサージで血行を良くする

子宮冷えを解消する方法は、下半身のマッサージをすることです。
下半身の血行が悪くなることで、子宮の血行も悪くなると考えられます。

その逆もあり、子宮の血行が悪くなると、下半身の血行も悪くなります。
下半身は血行が悪くなりがちな場所なので、マッサージで解消しましょう。

つま先の冷えを解消する簡単マッサージ

  1. つま先を手で内側に丸め込みます。
  2. そのまま10~15秒くらいキープします。
  3. 素早く手を離します。

 
これをするだけで、足の末端の血行が良くなりますよ。

子宮の血行を良くする漢方薬を飲む

子宮の冷えを解消する方法は、子宮の血行を良くする作用のある「漢方薬」を飲むことです。
漢方薬は、基本的に血行をうながすものが多いです。

とくに不妊症や生理痛の改善に効果的な漢方薬もありますので、体質に合うならお試しください。
はじめての漢方薬なら、「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」がオススメです。

比較的どんな人にも合いやすいと言われています。
煎じて飲むタイプの漢方薬が、もっとも効果的です。

子宮冷えとり体操をする

子宮の冷えを解消する方法は、適度な運動をすることです。
ヨガやピラティスもオススメですが、簡単なエクササイズやストレッチも効果的です。

下半身の血行を良くする簡単エクササイズ

  1. テーブルやイスの背もたれに両手を置きます。
  2. 肩幅に足を開いて立ち、軽く膝を曲げます。
  3. 膝を伸ばしたら、片足を後ろに蹴り上げます。(床から5センチ程度でOK)
  4. 反対の足も同じように、30回くり返しましょう。

 
軸足をつま先立ちすると、さらに効果的。
膝を曲げた時に、上半身をひねると、子宮周辺の血行も良くなりますよ。

お風呂でゆっくりと浸かる

子宮の冷えを解消する方法の王道は、やっぱりお風呂でゆっくり湯船に浸かることです。
シャワーで済ませる人は、お風呂に浸かる習慣をつけましょう。

疲労やストレスも解消できますし、リラックス効果で安眠もできますよ。
38~40℃のお風呂に10~20分くらい浸かる「半身浴」もオススメ。

その際には水分補給をしっかりして、のぼせないように気をつけてください。
途中でつらくなったら、休憩しても大丈夫です。

腹巻などでお腹を温める

子宮の冷えを解消する方法は、普段から体を冷やさない生活をすることが大切です。
とくにお腹と足は冷やさないように気をつけましょう。

腹巻をしたり、家でも靴下を履くようにしてください。
かわいいモコモコ靴下なら、テンションも上がりますよ。

子宮冷えを解消すれば、女性の明日は元気になる

子宮が冷える原因と解消法をご紹介しました。
子宮が冷えると、女性を悩ませる症状がたくさん起こります。

まずは子宮を冷やさないように気をつけて、冷えを改善する方法を実践してみましょう。
軽い運動を取り入れると、適度に筋肉がついて、代謝もアップしますよ。

ダイエットを成功させるため、生理痛を和らげるため、不妊症を治すためにも、子宮冷えは改善しなければいけませんね。

スポンサーリンク