加齢臭に効くボディソープの選び方|加齢臭対策をして爽やかな男性へ

加齢臭対策ができるボディソープの選び方で上手に体臭予防

若い頃はそうでもなかったのに、何だか体臭がきつくなってきたと感じていませんか?

そんな異変を感じているなら、もしかしたら「加齢臭」かもしれません。
 

こみち
加齢臭は、正しく対策をすれば抑えることができますよ。

そこで今回は、加齢臭対策に効くボディソープの選び方をご紹介します。

効果のあるボディソープを選んで、正しく洗えば、気になる臭いを改善することができるでしょう。

【加齢臭対策】ボディソープの選び方と正しい洗い方が大事

加齢臭を抑えるには、いろいろな対策があります。その中でも、今回は「ボディソープ」についてご紹介していきます。

加齢臭をはじめとする「体臭」は、基本的には、汗をかくことが発端となり発生します。

それならば、その汗をしっかりと洗い流して、汗を抑えることができれば、加齢臭を改善することができますよね。

今回ご紹介する加齢臭対策のポイントは、以下の3つです。

  • 加齢臭対策には、どんなボディソープが効果的なのか
  • 加齢臭が発生する場所を洗えば、加齢臭を抑えられる
  • ボディソープ以外で対策できることとは?

 
この3点について、これからご紹介していきますね。

では、どんなボディソープを選べば効果的なのか見ていきましょう。

加齢臭に効くボディソープの選び方

加齢臭は、ふつうの体臭と違って、なかなか臭いが取れないのが特徴です。そのため、加齢臭を抑える成分に注目してボディソープを選ぶと良いでしょう。

また、あなたの肌に合ったボディソープを選ぶことも大切です。では、加齢臭に効くボディソープの選び方をご紹介していきます。

加齢臭に効くボディソープの成分

「毎日ちゃんと洗っているのに、なぜか加齢臭が消えない」と悩んでいる男性も多いと思います。それには、いくつか考えられる理由があります。

  • 加齢臭に効く成分の入ったボディソープを使っていない
  • サッパリとした洗い上がりを意識して、肌に刺激を与えている
  • 加齢臭が発生する場所をしっかり洗えていない

 
この3つの理由を解決できれば、加齢臭を効果的に改善することが可能です。

では、加齢臭に効くボディソープの成分には、どんなものがあるのでしょうか?

加齢臭の原因を考えると、効果的な成分が導きだせますよ。

◆皮脂の酸化を防ぐ「抗酸化成分」

加齢臭の原因は、皮脂が酸化することで発生する「ノネナール」という物質による体臭です。

これを改善するには、皮脂の酸化を防ぐことが大事。

そのためには、「抗酸化成分」が配合されたボディソープを使うことが効果的です。

ボディソープに含まれていることが多い抗酸化成分とは、以下のものです。

  • ポリフェノール……柿渋エキス
  • カテキン……緑茶エキス

 
緑茶に含まれていることで知られている「カテキン」は、消臭効果にすぐれていますが、「柿渋エキス」はカテキンの約20倍の抗酸化作用があると言われています。

柿渋エキスが配合されているボディソープを使えば、汗をかいたときに出てくる「皮脂」が酸化することを防ぎ、加齢臭を抑えることができます。

◆加齢臭の元から消す「消臭成分」

加齢臭に効くボディソープには、いやな臭いを消す「消臭成分」が含まれていると良いでしょう。

先ほどのカテキンにも消臭作用がありますが、以下の2つが加齢臭対策に効果的です。

  • タンニン……柿タンニン
  • 銀イオン

 
この2つの成分が含まれているボディソープを選ぶと良いでしょう。

汗をかいたときに使っている人が多い「汗ふきシート」には、銀イオンが配合されているものが多いですよね。

銀イオンは強力な消臭効果で、加齢臭を抑える効果が期待できます。

◆臭いを吸着して包み込む成分

加齢臭に効くボディソープは、臭いの元を吸着して包み込み、洗い流す成分が配合されているものを選びましょう。

いやな臭いを吸着する効果がある成分は、以下の2つを選ぶと良いでしょう。

  • ベントナイト

 
炭は、「お部屋」や「冷蔵庫」などの消臭に使われることが多い成分ですよね。

洗顔フォームでも使われているので、炭が配合されたボディソープなら、汚れや臭いを吸着して落としてくれます。

またベントナイトとは、粘土質で吸着性が高いので、加齢臭を抑えるのに役立ちます。

◆殺菌作用・菌の繁殖を防ぐ

加齢臭に効くボディソープの成分は、殺菌作用の高いものが良いでしょう。

加齢臭の原因は、皮膚の上で皮脂が雑菌と混ざり合い、繁殖してしまうことです。
そのため、その臭いの元を殺菌することができれば、加齢臭を改善できます。

殺菌作用の高い成分といえば、「アルコール(エタノール)」が思い浮かぶと思いますが、アルコールは肌が乾燥しやすくなるのでオススメできません。

加齢臭に効くボディソープの成分としては、以下のものがオススメです。

  • 銀イオン
  • ミョウバン

 
銀イオンは消臭のほかに、殺菌作用が高いことも特徴です。汗ふきシートにも良く使われる成分です。

ミョウバンは、金属イオンが含まれているので、銀イオンと似たような成分です。

これらの成分が含まれているボディソープを選べば、加齢臭を効果的に抑えることができるでしょう。

◆肌に刺激を与えない「無添加・アルコールフリー」

加齢臭に効くボディソープの成分は、「無添加」で「アルコールフリー」のものを選ぶと、肌に刺激を与えないのでオススメです。

アルコールは肌に刺激が強く、乾燥させることで加齢臭が、かえってきつくなる場合があります。

また、ボディソープのような製品には、添加物が多く含まれているものが多いです。
添加物には色々ありますが、天然成分ではないため、肌に刺激を与える場合があるので気をつけましょう。

◆臭いが混ざらないように「無香料」

加齢臭を抑えるために、臭いでごまかそうとするのはオススメできません。

お風呂上がりは良い香りがするかもしれませんが、また汗をかき、皮脂が酸化すると臭いが混ざり合ってしまう可能性があります。

そのため、加齢臭対策のボディソープは「無香料」をオススメします。

どうしても香りがあったほうが良い人は、柑橘系などの爽やかでほのかな香りのボディソープにすると良いでしょう。

肌に合っているか

加齢臭に効くボディソープの選び方は、肌に合っているかどうかを見極めることも大切です。

男性の場合、スッキリとした洗い上がりを好む傾向が強く、皮脂をサッパリ落としたいと思っている人が多いです。

でも、加齢とともに肌が乾燥しやすくなり、昔よりも肌が刺激に弱くなっている可能性があります。

そのため、肌にやさしいボディソープを選ぶことが大切です。

肌への刺激が強いボディソープでは、かえって加齢臭がきつくなる場合もあるので気をつけましょう。

泡立ちは良いか

加齢臭に効くボディソープの選び方は、泡立ちの良さも大切です。

「洗顔は、モコモコの泡で洗うと良い」と聞いたことがあるかもしれませんが、体を洗うボディソープも同じです。

肌に刺激を与えないために、泡で洗うことが大切なのです。

泡立ちが良いボディソープなら、肌の摩擦を防ぎ、加齢臭の元をしっかりと吸着する効果が高いので、臭いを抑えることができます。

加齢臭が発生する場所をしっかり洗おう

加齢臭対策に効果的なボディソープがわかっても、洗うべき場所をしっかりと洗わなければ、加齢臭を抑えることはできません。

加齢臭が発生する場所をしっかりと洗うことで、臭いの元を落とすことができます。

加齢臭が発生する場所

  • 耳の後ろ
  • おへそ

 
これらの場所をしっかりと洗えば、加齢臭を最小限に抑えることができます。

この場所は「皮脂が多い場所」なので、皮脂が酸化して、加齢臭の原因である「ノネナール」が発生しやすい場所です。

加齢臭に効果的なボディソープがわかったので、それを使ってこれらの場所をしっかりと洗うことが大切です。

加齢臭対策に効果的な正しい洗い方

しっかり洗うといっても、やみくもに洗っても肌を傷つけたり、加齢臭が悪化する恐れがあります。

加齢臭対策に効果的な正しい洗い方ができていなければ、加齢臭を抑えることはできません。

では、どのような洗い方をすれば良いのでしょうか?

タオルでゴシゴシこすらず、できれば「手」で洗う

加齢臭対策に効果的な正しい洗い方は、タオルでゴシゴシこするのはNGです。

肌に刺激を与えて、加齢臭が悪化してしまう恐れがあります。

加齢臭が気になっていると、どうしてもゴシゴシ洗いたくなりますよね。でも、それが逆効果になったら努力が水の泡になってしまいます。

とくに、ザラザラの「ナイロンタオル」で洗うのはオススメできません。

柔らかくて肌ざわりの良いタオルか、できれば「手」で洗うのがベストです。

背中は手が届かないので、柔らかいタオルで洗うと良いでしょう。

しっかり泡立てて、肌に刺激を与えない

加齢臭対策に効果的な正しい洗い方は、ボディソープをしっかりと泡立ててから洗うことです。

肌を直接こすらずに、泡で洗うイメージです。そうすれば、肌に刺激を与えることはないでしょう。

しっかりと泡立てて洗えば、自然と泡に汚れが吸着されていきます。

ボディソープを残さないように、しっかり流す

加齢臭対策に効果的な正しい洗い方は、ボディソープが体に残らないように、しっかりと洗い流すことです。

ボディソープが体に残っていると、それが雑菌のエサになり、繁殖して加齢臭を悪化させます。

そのため、ボディソープがしっかりと流れるようにシャワーを浴びましょう。

浴槽に浸かって、汚れを浮かせてから体を洗うと効果的です。また、お風呂で汗をかくことも、加齢臭対策に効果的です。

肌の乾燥を防ぐため、熱いお湯を使わない

加齢臭対策に効果的な正しい洗い方は、肌の乾燥を防ぐためにも、熱いお湯を使わないことです。

熱いお湯では、必要な皮脂まで洗い流してしまう恐れがあるため、適温のお湯を使うことが大切です。

適温とは、38~39℃くらいのお湯のこと。40℃以上になってしまうと、皮脂が流れやすくなるので注意が必要です。

そのため、お風呂の温度にも気をつけましょう。ぬるめのお湯のほうがリラックス効果があり、ストレスを解消できて、加齢臭対策にも効果的ですよ。

ボディソープだけでは、完全な加齢臭対策はできない!?

加齢臭対策に効果的なボディソープの選び方と、正しい洗い方をご紹介しました。ボディソープで加齢臭対策はできますが、完全な加齢臭対策にはなりません。

では、ボディソープの加齢臭対策の効果を見てみましょう。

  • 全身の加齢臭をケアできる
  • 頭皮の加齢臭には対応できない
  • 消臭はできるけど、予防はできない
  • 洗っても、皮脂が出ればまた臭いが発生する

 
まず、加齢臭がもっとも発生すると言われている「頭皮」のケアができないのが、ボディソープのデメリットです。

また、全身のケアはできるものの、洗ってもまたすぐに皮脂が出れば、それが酸化して加齢臭を発生させます。

つまり、完全な加齢臭対策はできないということです。

では、ボディソープと併用すると効果的な対策はあるのでしょうか?

加齢臭対策には、酸化を防ぐ生活習慣も大事

加齢臭対策をするには、ボディソープだけに頼るのではなく、生活習慣も改善することが効果的です。

とくに、酸化を防ぐ生活習慣が大事なので、ポイントをご紹介していきましょう。

食べ物で加齢臭を改善する

加齢臭対策になる生活習慣は、食べ物に気をつけることです。加齢臭に限らず、ほとんどの体臭は食べた物が関係していることが多いです。

食べ物には、「加齢臭の原因になる食べ物」と、体の酸化を防ぎ、「加齢臭を改善する食べ物」があります。まずは、加齢臭の原因になる食べ物からご紹介します。

加齢臭の原因になる食べ物とは?

  • 高カロリーの「油っこい食べ物」
  • カップ麺などの「ジャンクフード」
  • マーガリンなどの「トランス脂肪酸」

 
とくに加齢臭の原因になる食べ物は、以上のような物です。

油っこい食べ物は、皮脂の分泌を増やし、皮脂が酸化しやすくなります。つまり、加齢臭がきつくなる可能性が高いということですね。

また、高カロリーの食べ物は、コレステロールを増やす原因にもなるため、体臭がきつくなる傾向があります。

カップ麺などに含まれる「食品添加物」は、ビタミンB群を大量に消費して、血行を悪くします。

すると体が酸化しやすくなるので、なるべく避けるようにしましょう。

脂肪分の中でも、加齢臭の原因になるのは「トランス脂肪酸」です。マーガリンが代表的ですね。これらの食べ物は、なるべく控えるようにしましょう。

ストレスや睡眠不足を解消し、体が酸化するのを防ぐ

加齢臭対策になる生活習慣は、ストレスをなるべく溜めないことと、睡眠不足にならないようにすることです。

ストレスや睡眠不足は、体が酸化しやすい状態になるので、加齢臭が発生しやすくなります。

疲れやすくなったり、体臭がきつくなる原因になるので、その日のストレスはなるべくその日のうちに解消すると良いでしょう。

たとえば、「適度な運動」「短時間でも良質な睡眠をとる」など、体のためになる対処法を実践することが、加齢臭対策にもなります。

タバコやお酒は、なるべく控える

加齢臭対策になる生活習慣は、タバコやお酒をなるべく控えることです。

タバコやお酒は、体が酸化する原因になるので、できるだけ我慢することをオススメします。

加齢臭が気になる年代の男性は、健康面でも気になることが増えはじめる時期なので、この機会にタバコやお酒をやめてみるのも良いかもしれませんよ。

なかなか簡単にやめられるものではありませんが、体のことを考えて今のうちにやめておくほうが、体調が良くなり元気になれるでしょう。

加齢臭はボディソープで上手に防ぎ、爽やかな男性へ

加齢臭に効くボディソープの選び方と、正しい洗い方などをご紹介しました。

なかなか手ごわい加齢臭ですが、上手に対策をすれば、効果的に加齢臭を改善することができますよ。
 

こみち
こみちの一言コラム

加齢臭を改善するには、ボディソープの選び方が大事。

効果的な加齢臭対策で、臭いわない爽やかな男性を目指しましょう。

スポンサーリンク