切れ毛をなくす方法|切れ毛を減らすシャンプーとヘアケア

切れ毛をなくす方法は、シャンプーやヘアケア次第!

気がつくと、プチっと切れてしまう切れ毛。髪が傷んでいるのはわかりますが、切れ毛を防ぐ方法はないのでしょうか?

切れ毛予防も大事ですが、切れ毛をそのまま放置すると、どんどん髪の水分が蒸発し、パサパサになってしまいます。
 

こみち
切れ毛って、ピンピン飛び出してしまって、見た目も恥ずかしいのよね。

切れ毛は、途中で切れてしまった髪なので、ほかの髪よりも短いのが特徴です。

すると、頭の上にピンピン飛び出てしまうので、どんなヘアスタイルにしても決まらなくなってしまいます。

そこで今回は、「切れ毛になる原因と対策」をご紹介します。
切れ毛をなくすには、シャンプーと毎日のヘアケアが大事。そのコツをご紹介していきましょう。

切れ毛になる原因とは?

切れ毛をなくすには、まず原因から知ることが大切です。何が原因で、切れ毛が増えてしまうのでしょうか?

大きな原因となるのは、何らかの刺激によって「髪を守るキューティクルが剥がれるから」です。キューティクルが剥がれると、髪の内部の水分が蒸発し、パサパサになってしまいます。

すると髪が弱くなり、いつかプツっと切れてしまうのです。

では、キューティクルが剥がれる具体的な原因を見ていきましょう。

ヘアアイロンやドライヤーの刺激

切れ毛の原因は、髪にダメージを与える「ヘアアイロン」や「ドライヤー」による刺激です。

ドライヤーはシャンプー後に必ず使わなくてはいけないので仕方ないですが、ヘアアイロンは毎日使わないほうが良いでしょう。

髪をストレートにしたり、髪のハネを直すために使う人が多いと思いますが、非常に髪が傷みやすいアイテムです。

たまに使うなら良いですが、毎日ヘアアイロンを使用するのは、切れ毛を予防するためにもやめましょう。

パーマやカラーのやり過ぎ

切れ毛の原因は、パーマやカラーによる刺激です。パーマやカラーに使われる薬液は、髪のキューティクルを剥がす作用があるので、切れ毛の原因になります。

切れ毛をなくすには、頻繁にパーマやカラーをするのをやめ、最小限にひかえることで少しずつ回復してくるでしょう。

紫外線によるダメージ

顔や体よりも、紫外線ダメージを受けているのは「髪」だと言われています。髪への紫外線ダメージは、顔や体の3倍とも言われているのです。

紫外線が髪に当たると、髪のキューティクルを剥がし、髪をパサパサに乾燥させてしまいます。

そのため、切れ毛をなくすには、髪の日焼け止めをするなど、何らかの対策をとるようにしましょう。

髪の日焼けを防ぐ対策

枕やブラッシングなどの摩擦

切れ毛の原因は、髪と枕による摩擦でキューティクルが剥がれることです。また、ブラッシングのときにも摩擦が起こっているので、髪に刺激を与えています。

とくに、「プラスチック」や「ナイロン」のブラシは、髪に静電気を起こしやすく、切れ毛になりやすくなります。

また、ブラシの突起部分の密度が高いものだと、髪に触れる部分が多いため、切れ毛ができやすくなります。

切れ毛をなくすには、ブラシの突起部分が少ないものを使うようにしましょう。つまり、スカスカのブラシがオススメです。

強引に髪をほどくと切れてしまう

切れ毛を増やす原因は、結んだ髪を強引にほどくことです。

髪を結んだヘアゴムを無理やり引っ張ってしまうと、髪がブチブチと切れてしまうのです。

この場合は、自然にできる切れ毛ではなく、強制的に髪をちぎって切れ毛になってしまいます。

これを防ぐには、ゆっくりとやさしくほどくのはもちろんですが、あまりきつく結ばないほうが良いかもしれませんね。

タンパク質やミネラルなどの栄養不足

切れ毛の原因は、健康な髪をつくるための「栄養」が足りていないのかもしれません。

髪を元気にする栄養とは、髪の主成分である「タンパク質」と、髪の細胞を活発にする「亜鉛」などのミネラルです。

亜鉛は、タンパク質のはたらきをサポートする作用もあるので、セットで摂りたい栄養素です。

この2つに加えて、栄養バランスの良い食事を心がけることで、切れ毛をなくすことができるでしょう。

切れ毛をなくす方法は毎日のヘアケアが大事

切れ毛をなくす方法は、毎日のヘアケアがとっても大事です。ヘアケアを怠ってしまうと、髪が元気に成長できなくなってしまいます。

では、どんなヘアケアに気をつければ切れ毛を防げるのでしょうか?

シャンプー後の「洗い流さないトリートメント」で切れ毛予防

切れ毛を予防するには、シャンプー後の「洗い流さないトリートメント」が効果的です。

洗い流さないトリートメントとは、アウトバストリートメントと呼ばれ、お風呂上がりの濡れた髪につけるタイプのトリートメントです。

お風呂の中で洗い流すトリートメントよりも、長時間にわたってダメージ補修をしてくれる効果があるので、切れ毛対策に最適なのです。

また、シャンプー後のドライヤーの熱ダメージからも髪を守ってくれるので、切れ毛にお悩みなら、毎日のヘアケアに必須ですよ。

天然素材の「髪にやさしいブラシ」で摩擦を防ぐ

切れ毛をなくすには、「動物の毛」や「木製」などの、天然素材のブラシを使うと良いでしょう。

プラスチックやナイロンと違って、天然素材のブラシは、摩擦や静電気を防ぐことができます。

髪がパチパチして、ボワっと広がってしまうようなブラシでは、切れ毛がどんどん増えてしまいますよ。

また、ブラッシングの仕方によっても切れ毛を増やす場合があります。

とくに髪が傷みやすいのは、以下の3つのブラッシングです。

  • 髪が濡れているときのブラッシング
  • ヘアセット剤で、髪が固まっているときのブラッシング
  • 髪がからまっているときに、無理やりブラッシングすること

 
この3つのタイミングでブラッシングをするときは、細心の注意をはらっておこなうようにしましょう。
くれぐれも、ブチブチと髪を切ってしまわないように、やさしくとかすことが大切です。

また、朝のヘアセットのときに髪を引っ張ると、だんだん弱ってくるので、切れ毛になりやすくなります。切れ毛を防ぐためにも、なるべく髪を引っ張らないようにしましょう。

ドライヤーによるダメージは、髪の乾かし方で対策する

切れ毛をなくすには、ドライヤーによるダメージを防ぐことが大切です。そのためには、髪の乾かし方で対策をとりましょう。

まず、ドライヤーと髪の距離が近すぎるとNG。また、同じ場所に長時間ドライヤーを当てるのもNGです。

髪とドライヤーの適切な距離は、だいたい20センチ以上。そして、ドライヤーを揺らしながら、一ヶ所に当て続けないように注意しましょう。

また、髪を乾かさないで寝るのもNG。髪が濡れているときは、キューティクルが開いた状態なので、切れ毛になりやすくなります。ブラッシングも慎重にしましょう。

しっかりと乾かせば、キューティクルが閉じていきます。

切れ毛を減らすシャンプーの選び方

切れ毛をなくすには、シャンプーの種類を選ぶことが大切です。適当にシャンプー選びをしているなら、ぜひこの機会に、髪にやさしいシャンプーを見つけましょう。

タンパク質を補給できる「アミノ酸系シャンプー」がオススメ

切れ毛をなくすシャンプーは、髪に足りない栄養を補給できるシャンプーが効果的です。
髪の主成分はタンパク質ですから、その栄養をおぎなえるのは「アミノ酸系シャンプー」です。

アミノ酸系シャンプーは、洗浄成分もマイルドなので、髪に刺激を与えずに、髪に必要な栄養をおぎなってくれます。

髪に必要な栄養を与えることで、切れ毛をなくすにも、切れ毛になる前のダメージ補修にも効果的です。

切れ毛予防には「保湿効果の高いシャンプー」が効果的

切れ毛を予防するには、髪を保湿するシャンプーも効果的です。

切れ毛ができるのは、キューティクルが剥がれて、髪の内部の水分がどんどん蒸発してしまうからです。

すると髪がパサパサに乾燥して、もろくなってしまい、プチと切れてしまうのです。

それを防ぐには、「保湿効果の高いシャンプー」を使うと良いでしょう。アミノ酸系シャンプーも保湿成分が入っていることが多いですが、他にもオススメの保湿成分があります。

髪を効果的に保湿してくれる成分は、

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • 美容オイル系……椿オイル・ホホバオイル・アルガンオイルなど
  • リピジュア

などです。

リピジュアは、なんとヒアルロン酸の2倍の保湿力があると言われているので、かなりオススメです。

切れ毛の原因は「高級アルコール系シャンプー」の可能性が高い

そもそも切れ毛の原因は、今お使いのシャンプーかもしれません。高級アルコール系シャンプーは、髪を乾燥させるので、切れ毛の原因になります。

ドラッグストアで売られているシャンプーのほとんどは、この高級アルコール系シャンプーです。

最近は、だいぶアミノ酸系シャンプーも増えてきましたが、ほんの数種類しかないことが多いです。

そのため、効果的なアミノ酸系シャンプーをお探しなら、通販で購入するのがオススメですよ。

切れ毛をなくす生活習慣とは?

切れ毛をなくすヘアケアについてご紹介してきましたが、切れ毛予防・改善には、生活習慣も大事なポイントです。

髪を育てる「女性ホルモン」を活発にする

髪の成長に大きく関わっているのは、「女性ホルモン」です。女性ホルモンは、女性らしい体をつくったり、肌をきれいにする効果がありますが、髪を美しく保つ効果もあるのです。

でも、加齢とともに女性ホルモンの分泌が減少し、ホルモンバランスが崩れがちになります。

すると、髪の水分量が減り、パサパサになってしまい、切れ毛を増やしてしまう可能性があるのです。

切れ毛をなくすための対策としては、ホルモンバランスを整える生活習慣にすること。

そのためには、睡眠をしっかりとったり、栄養バランスの良い食事をしたり、ストレスをためないことが大切です。

良質な睡眠で、「成長ホルモン」の分泌をうながす

切れ毛をなくす生活習慣は、良質な睡眠をとることで、眠っている間の「成長ホルモン」の分泌をうながすことです。

成長ホルモンは、22~2時に眠っていると多く分泌されると言われていますが、入眠後2~3時間で分泌がピークになるとも言われています。

成長ホルモンには、病気やケガを回復させたり、肌をきれいにしたり、髪を成長させる働きがあります。

成長ホルモンの分泌を活発にして、切れ毛をなくすには、良質な睡眠をとることが大切なのです。

健康な髪に必要なのは、栄養バランスの良い食生活

切れ毛をなくす対策は、栄養バランスの良い食生活をすることです。といっても、食べ物で摂った栄養は、体の必要な部分で消費され、髪の毛に到達するのは、いちばん最後なのです。

なぜなら髪の毛は、生命の維持には無関係だからです。髪に栄養を届かせるのは大変といっても、髪の健康は、体の健康ともつながっています。

そのため、体を健康にするための食生活を送らなければ、余計に切れ毛が増えてしまうことになります。

切れ毛をなくすためにも、体の健康を保つためにも、食生活の栄養バランスには気を配るようにしましょう。

髪に直接栄養を届けるなら「育毛剤」がオススメ

食べる栄養が、なかなか髪に届かないなら、直接髪に栄養を届ける「育毛剤」を使うのが効果的です。

育毛剤は、薄毛の人だけが使うものではなく、本来は「髪を健康に保つ効果」がメインなのです。

育毛剤を選ぶときには、「女性用の育毛剤」を選ぶことが大切です。育毛剤には、ホルモンに働きかける成分が含まれていることが多いので、女性用でないとホルモンバランが崩れる場合があります。

頭皮環境を良好にするための生活習慣

「切れ毛をなくす対策に、頭皮が関係あるの?」と思うかもしれませんが、切れ毛が多い人は、頭皮環境も悪化している場合が多いのです。

そのため、頭皮環境を良好にするための生活習慣を心がけることが大切です。

切れ毛対策として、改善すべき生活習慣とは?

  • 無理なダイエットをすると栄養不足になるのでNG
  • 適度な運動をして血行をよくすることが大切
  • タバコはビタミンを大量に消費するのでNG
  • ストレスがたまると血行不良になる
  • 頭皮マッサージで血流をうながす

 
このような生活習慣に気をつけることで、頭皮環境が良くなり、切れ毛をなくすことができるでしょう。

切れ毛をなくす方法は、日々の生活とヘアケアが大事!

切れ毛の原因と、切れ毛をなくす方法をご紹介しました。切れ毛対策は、日々の生活とヘアケアが何よりも大事ということでしたね。

気をつけるべきところはたくさんありますが、できることから始めてみましょう。
 

こみち
こみちの一言コラム

切れ毛をなくす方法は、なるべく髪に刺激を与えないこと。

髪を保湿したり、健康な髪を育てる習慣も大事ですよ。

スポンサーリンク