乾燥肌でかゆいときの対処法|顔も体もクリームでかゆみ対策

乾燥肌でかゆいときの対処法は、保湿クリームと生活習慣の改善!

寒い季節になると、とくに気になるのが「乾燥肌」ですよね。しかも、かゆみをともなう人は、とてもつらいことでしょう。
かゆくてかくと、どんどんかゆみが悪化するという人も多いのではないでしょうか?
 

こみち
なぜ乾燥肌だと、かゆくなるのかしら。

そもそも乾燥肌でかゆみが出てくるのは、なぜなのでしょうか?
乾燥肌の原因と、かゆみが出たときの対処法をご紹介します。

なぜ乾燥肌だとかゆくなるの?

乾燥肌でかゆみを伴う場合には、ボディクリームを塗っても改善されないことが多いですよね。保湿をいくらしても、かゆみが収まらない場合は、炎症を起こしている可能性が高いです。

まずは炎症を鎮め、かゆみが落ち着いてから保湿ケアをすることが大切です。もしくは、かゆみが出てくる前に保湿をしっかりして、乾燥肌を改善しておく必要があります。そのケアをおこたると、どんどんかゆみが悪化して、改善するのがむずかしくなってしまいます。

かいたら余計にかゆくなる理由は「ヒスタミン」

乾燥肌でかゆみを伴う場合には、かけばかくほど「かゆみが強くなる」と感じたことはありませんか? これは、「ヒスタミン」という化学物質による作用です。
ヒスタミンは免疫力に関わる物質で、「かく」という刺激が皮膚に加わると、ヒスタミンが神経を刺激して「かゆみ」を増幅させるとても厄介な物質です。

そのため、「かいたら余計にかゆくなる」という悪循環が起こってしまうのです。また、爪で肌をかきむしると、肌を傷つけて余計に炎症が悪化してしまう原因になります。

「でも、かゆいのにかかないなんて無理!」という人も多いと思います。
そこで、乾燥肌によるかゆみの対処法をご紹介しますが、根本的に乾燥肌を治すためにも、乾燥肌の原因からご紹介します。

かゆみの原因「乾燥肌」になる原因とは?

かゆみの原因である「乾燥肌」。そもそも乾燥肌になる原因とは、何なのでしょうか?

室内のエアコンや、冬の空気の乾燥

冬になると乾燥肌が悪化して、かゆみまで出てくるという人は多いと思います。それは冬の空気が乾燥していることも原因のひとつ。
また冬だけでなく、夏も室内のエアコンが原因で、肌が乾燥しやすくなります。乾燥がひどくなればなるほど、かゆみが起こりやすいという特徴があります。

また、部屋が寒くて眠れないとき、電気毛布を使っている人はいませんか? じつは電気毛布は、体から水分を奪い、乾燥肌が悪化する原因になります。
布団の中が寒いときは、電気毛布ではなく、湯たんぽを使うことをオススメします。

肌のバリア機能の低下

乾燥肌になると、肌のバリア機能が低下して、ちょっとした刺激でも過敏に反応してしまいます。これが、乾燥肌でかゆみが起こる原因です。

肌が乾燥するということは、皮膚を保湿する効果のある「皮脂」が減っているということ。加齢にともなって皮脂は少なくなりますし、季節的な乾燥で皮脂が出にくくなることもあります。

肌のバリア機能が低下すると、ターンオーバーも乱れがちになり、お肌の生まれ変わりの妨げになります。そのため乾燥肌が改善しにくくなるのです。

熱いお風呂での入浴は皮脂を落とす

乾燥肌になる原因は、体の皮脂がお風呂のお湯で流れてしまうからです。とくに熱いお湯だと、皮脂を落としすぎて乾燥肌が悪化しやすくなります。できるだけお風呂の温度は、40℃以下にしましょう。

また、長湯もダメ。長く入るほど皮脂が流れてしまうので、湯船に浸かるのは15分までにしましょう。さらに、体をゴシゴシ洗うのもダメです。とくにナイロンタオルで体を洗うと、肌の刺激になることが多いです。なるべく皮膚に刺激を与えないことが、乾燥肌とかゆみを改善するポイントになります。

加齢や生活習慣によってホルモンバランスが崩れる

加齢とともに減少していくのが、「女性ホルモン」の分泌と、「セラミド」などの保湿成分です。そのため、加齢にともなって乾燥肌が悪化しやすくなります。
また、生活習慣が乱れていると、ホルモンバランスが崩れたり、肌のバリア機能が低下したりします。

適度な運動をして、体の血行をうながし、ストレスも解消することを心がけましょう。ホルモンバランスが整えば、乾燥肌も改善しやすくなります。乾燥肌の人は、冷え性も併発している場合が多く、血行が良くなれば、冷え性の改善にもなります。

乾燥肌でかゆいときの対処法

かゆみが起こるメカニズムと、乾燥肌になる原因がわかったので、いよいよ対処法をご紹介していきます。
乾燥肌を根本から改善するとともに、かゆみの対処法も見ていきましょう。

肌に刺激を与える服を着ない

乾燥肌でかゆいときは、チクチクするウールや、化学繊維の服はひかえ、コットン100%やシルクなどの天然素材の服を着るようにしましょう。
肌が乾燥しているときは、肌のバリア機能が失われ、皮膚が刺激を受けやすい敏感な状態です。そのため肌ざわりの良い服を選ぶことが大切です。

また、締めつけのキツイ服は血行を悪くして、乾燥肌やかゆみを悪化させます。なるべく体に負担のかからない服を選びましょう。
服を洗濯するときも、柔軟剤を使って、ふんわりやわらかく仕上げると、肌に刺激を与えにくいです。

「セラミド配合のクリーム」で根本から改善

かゆみを抑えるには、根本的に乾燥肌を改善することが大切です。そのためには、高保湿成分である「セラミド配合のクリーム」などで保湿すると良いでしょう。
顔の乾燥肌なら、化粧水で終わらせずに、セラミド配合の美容液や保湿クリームで、しっかりと保湿しましょう。

体の乾燥なら、保湿効果のある入浴剤も効果的ですし、ローションなどの伸びの良いものがオススメです。
また手の乾燥や部分的にひどい乾燥肌に悩まされているなら、シアバターなどの油分の多いクリームも効果的です。

ちなみにワセリンは、保湿効果はなく、肌をカバーして外部刺激から肌を守ったり、肌の水分が蒸発するのを防ぐ働きがあります。そのため、保湿ケアをした上から塗ることで、保湿成分を逃がすことなく浸透させる役割があります。

かゆいときは、体を温めない

乾燥肌でかゆいときは、なるべく体を温めないことが大切です。血行が良くなり、体が温まると、かゆみが増してしまうからです。
乾燥肌やかゆみの予防には、体を冷やさずに、血行を促進することが重要ですが、かゆみが出たら温めないようにしましょう。

お風呂はなるべくぬるめにして、室温もあまり温めすぎないようにしましょう。また、かゆみがあるときは炎症を起こしているので、一時的に冷やすことでかゆみを鎮めることができます。

生活習慣を改善して、ホルモンバランスを整える

乾燥肌の改善に大事なのは、「食事」と「睡眠」です。栄養バランスの良い食事を心がけて、体の内側から体質を改善していきましょう。

そして、睡眠をしっかりとり、ホルモンバランスを整えることが大切です。睡眠はホルモンバランスを整えるだけでなく、肌のターンオーバーをうながし、新しい肌に生まれ変わることで、乾燥肌の改善につながります。

我慢できないかゆみには、塗り薬が有効

かゆくて我慢できない場合には、保湿よりもかゆみをどうにかしたいですよね。乾燥肌によるかゆみを止めるには、「抗ヒスタミン剤」や「ステロイド」が効果的です。
ただし、ステロイドには副作用があるため、あまりオススメはしません。医師の診断によって処方されるため、一般には手に入らないでしょう。

かゆみの原因は、ヒスタミンという物質によるため、抗ヒスタミン剤を使うことでヒスタミンの作用を抑えることができます。あまりにも我慢できないかゆみには、病院を受診して、塗り薬をもらうと良いでしょう。

肌が濡れたまま放置しない・濡らしたらすぐに保湿する

手や顔を洗って、しっかりと水分をふき取らない場合や、お風呂上がりに肌に何もつけない場合は、乾燥肌が悪化する原因になります。
入浴後はとくに、5分以内に保湿するようにしましょう。

また、洗顔後は化粧水と保湿クリームで、手洗い後はハンドクリームなどで保湿することが大切です。肌が濡れると、水分が蒸発しやすくなるタイミングなので、保湿ケアをおこたらないようにしましょう。

乾燥肌のかゆみは、保湿と生活習慣で対処しよう!

乾燥肌によるかゆみの対処法をご紹介しました。
原因となる習慣を改善し、保湿ケアでかゆみを予防することも大切です。肌をやさしく扱い、刺激を与えないことも大切ですよ。
 

こみち
こみちの一言コラム

乾燥肌は、敏感肌を引き起こす原因。
かゆみの対処法には、一時的に冷やすこともかゆみを鎮める方法ですよ。

スポンサーリンク