下半身が太っているのに胸が小さい悩みを解決するバストアップ法

下半身太りと胸が小さい悩み解決するバストアップ法

「太ると必ず下半身から太くなる」
「下半身は太いのに、上半身は痩せている」

そんな悩みを持つ女性は、胸が小さいことに悩んでいる人が多いのではないでしょうか? 実は、下半身太りになりやすい人は、胸が小さくなる理由があるのです。
 

こみち
ダイエットすると、確実に胸から痩せていくわ。

そこで今回は、下半身は太っているのに胸が小さい理由と、下半身太りを解消してバストアップする方法をご紹介します。

2つの悩みを同時に解決できる方法なので、コンプレックスを感じている人はあきらめないでくださいね。

下半身太りで胸が小さい体型がコンプレックス……。

下半身太りだと全身も太って見られがちですが、実は上半身はガリガリという人も少なくありません。このアンバランスな体型にコンプレックスを感じている女性も多いと思います。

この悩みを解消するには、まず下半身太りを解消することが大切です。下半身太りを解消すれば、自然とバストアップ効果が高まります。

その理由は次にご紹介しますが、もちろんバストアップマッサージなどのバストアップ法を実践することも大事ですよ。

ではまず、下半身太りになると胸が小さくなってしまう理由を見ていきましょう。体はつながっているので、一部分だけを解決しても意味がありません。

体の巡りを良くするために、根本的な原因からご紹介しますね。

下半身が太っているのに胸が小さい理由とは?

下半身が太っているのに胸が小さい人は、アンバランスな体型にコンプレックスを感じていることが多いと思います。その悩みを解決するためには、まず原因から知ることが大切です。

下半身がむくみ太りしている

下半身が太っているのに胸が小さい理由は、下半身が「むくみ太り」しているからです。女性の足が太い原因のナンバーワンは「むくみ」ですが、とくにむくみがひどい人は胸が小さくなりやすいのです。

足がむくんでいるということは、全身もむくみ体質の場合が多いのです。すると全身の血行が悪くなり、胸に栄養が届きにくくなります。そのため胸が小さくなってしまうと考えられます。

  • 塩分や糖分を多く摂っている
  • 冷たいものばかり好む
  • 運動をしない
  • 野菜はあまり好きじゃない

 
このような習慣がある人は、むくみ体質になりやすいです。即効で改善することはできませんが、少しずつ体質を変えていくことは可能です。むくみ体質が改善されれば、バストアップ効果が高まりますよ。

冷え性で足が冷たくなりやすい

下半身が太っているのに胸が小さい理由は、冷え性で足が冷たくなりやすい特徴がある人です。足先などの末端が冷える人のことを「末端冷え性」といいますが、実は末端だけでなく、ほかの部分も冷えている可能性があります。

足が冷え性の人は下半身が太りやすく、下半身で血流が止まってしまうので全身の血行も悪くなってしまいます。そのため胸の血行も悪くなり、バストアップの妨げになってしまうのです。

  • お風呂はシャワーで済ませている
  • 足を冷やすような服装ばかりしている
  • 運動をすることが少なく、汗をかきにくい
  • タバコを吸っている

 
このような心当たりがある人は、冷え性の可能性があります。体を冷やすような習慣はなるべく改善し、体を温める生活を心がけましょう。それが下半身痩せとバストアップにつながります。

O脚や骨盤など骨格に歪みがある

下半身が太っているのに胸が小さい理由は、O脚やX脚のように足の骨格に歪みがあったり、骨盤に歪みがある場合が多いです。ウエストから下半身にかけて歪みがあると、下半身の血行が悪くなってしまうのです。

  • 脚を組んで座るクセがある
  • 片側ばかりでバッグを持つ
  • 片足重心になることが多い
  • 内股やガニ股で歩く
  • 姿勢が悪く猫背になりやすい

 
このようなクセがある人は、骨格が歪む原因になります。骨格が歪むと下半身太りになりやすく、それが胸の成長を妨げる原因になります。

下半身が太りやすい人がバストアップするには、まずは上記のようなクセを改善し、下半身の血行を良くすることで胸の血行を改善することが大切です。

筋肉太りしやすい

下半身太りになる人は、2タイプいます。1つは筋肉量が少なく「むくみ体質」の人、そしてもう1つは「筋肉太り」の人です。

どちらにも共通しているのは、血行が悪いこと。血行が悪いからむくみが生じ、筋肉が硬くなって筋肉太りになってしまうのです。

たいした運動もしていないのにガチガチの筋肉太りになっている人は、まずは下半身の血行を良くすることから始めましょう。

運動不足や食生活の乱れでホルモンバランスが不安定

下半身太りで胸が小さい理由は、運動不足や食生活の乱れが原因と考えられます。とくにポテトチップスやクッキーなどのお菓子ばかり食べている人は、脂肪がたまりやすくなります。

それに加えて運動不足となれば、下半身は太るばかり。なぜ下半身ばかり太るのかというと、血行が悪くなるからです。しかも甘いお菓子などの「糖質」は、体を冷やす作用があります。

そのためホルモンバランスまで不安定になり、バストアップの妨げになってしまうのです。まずは健康的な食生活に改善することから始めてみましょう。

下半身太りを解消してバストアップする方法

では、下半身太りを解消してバストアップするには、どのような方法があるのでしょうか? 長年むくみ体質だった人は、そう簡単に改善することはできませんが、毎日コツコツと続けることが大切ですよ。

マッサージで下半身のむくみを解消する

下半身太りになっている人がバストアップする方法は、マッサージでむくみを解消するのが効果的です。最初にむくみを解消しなければ、ほかのどんな方法を実践してもあまり効果がありません。

オイルなどを塗って、滑りを良くした状態でマッサージを始めてください。
 

◆ふくらはぎのむくみ解消マッサージ

  1. 両手でふくらはぎをつかみ、足首から膝に向かって5回流します。
  2. 両手の親指を重ねて、スネを足首から膝のあたりにあるツボに向かって5回流します。
  3. 両手でふくらはぎをつかみ、雑巾を絞るように足首から膝に向かって3回くり返します。
  4. 両手をグーにして、ふくらはぎ全体を下から上に向かって5回流します。

 
膝のあたりのあるツボは「足三里」といって、万能ツボの1つ。胃腸の調子を整えたり、むくみを解消したり、病気予防の効果も期待できるツボです。このツボを5秒押して離し、5回くり返すのも効果的です。
 

◆太もものむくみ解消マッサージ

  1. 太ももの内側を膝から付け根に向かって、絞るようにマッサージしていきます。
  2. 両手をグーにして、膝から付け根まで流していきます。
  3. 太ももの外側も、膝から付け根に向かって絞るようにマッサージしていきます。
  4. 太ももの裏側もしっかりとマッサージするのがコツです。
  5. 両手をグーにして、膝から付け根までやさしくマッサージしましょう。
  6. 最後に手のひらで温めるように流して終了です。

 
セルライトが気になる場所は、血行が悪く老廃物がたまっている場所です。そのためむくみも生じている可能性が高いです。指先でやさしくさするようにマッサージすると良いでしょう。

どのマッサージも、力を入れ過ぎないように注意しましょう。力を入れてマッサージすると、内出血を起こすことがあるので気をつけてください。

下半身の筋肉を増やす

運動不足で下半身太りになっている人やむくみがひどい人は、下半身の筋肉を増やすことが大切です。下半身の筋肉を増やすのに、いちばん手っ取り早い筋トレが「スクワット」です。スクワットを毎日20回やるだけで、足の筋肉量が増えて、むくみ解消や脂肪燃焼効果が高まりますよ。

  1. 足を肩幅よりも広めに開き、つま先は45℃外側に向けます。
  2. 膝をつま先の方向へ曲げていき、太ももが床と平行になるまで曲げましょう。
  3. 膝がつま先よりも前に出ないように気をつけます。
  4. 背中が丸まらないようにして、前かがみになり過ぎないようにしましょう。
  5. お尻を突き出して、目線は正面を向けておきます。

 
今まで運動不足だった人が、いきなりスクワットをすると足が痛くなることがあります。その理由は、膝を完全に伸ばしてしまうことが原因の場合が多いです。

ゆっくりと膝を曲げて、ゆっくりと膝を伸ばしていき、完全に膝が伸びきる前にまた曲げていきましょう。

足の筋肉を増やすだけでむくみが解消されていくので、とっても効率のよい方法です。また筋肉が増えると代謝がアップして、脂肪が燃焼しやすくなるのも嬉しいポイントですね。

筋肉太りや歪みを解消できるストレッチで血行促進

筋肉太りになりやすい人や骨盤の歪みがある人は、股関節のストレッチをすることで下半身の血行を良くすることができます。

下半身の血行が良くなれば、筋肉太りも解消できますよ。もともと歪みが下半身の血行を妨げているので、股関節ストレッチはオススメです。
 

◆足の付け根と太もものストレッチ

  1. 両手を床につき、その間に右足を入れます。
  2. 足の真上に膝が来るようにして、左足は大きく後ろに伸ばします。
  3. 左足の付け根の部分が床に近づくように意識して、右足の膝が外側に傾かないようにします。
  4. それができたら、右手を後ろに回し、左足のつま先を持ちます。
  5. できれば足をお尻に近づけて、左太ももの前側をストレッチします。
  6. 反対足も同様にやってみましょう。

 
これは足の付け根のストレッチをするとともに、太もものストレッチができます。太ももから足全体の血行が良くなるので、筋肉太りやむくみの人にも効果的です。

はじめは足を前後に開くところまでしかできないかもしれませんが、毎日やっていると少しずつできるようになっていきます。コツコツ続けてみてくださいね。
 

◆股関節のストレッチ

股関節のストレッチは簡単です。骨盤に歪みがある人は、股関節が硬くなっていることもあるので、しっかりとストレッチしましょう。

  1. 床に座り、足裏同士をくっつけます。
  2. 膝を床に近づけて、つく人は手で膝を押します。
  3. そのまま20秒キープしましょう。

 
股関節が硬い人はあまり無理せず、少しずつストレッチしていきましょう。これでかなり下半身の血行が良くなるはずですよ。

栄養バランスの良い食生活をする

下半身太りを解消してバストアップするには、栄養バランスの良い食生活をすることが基本です。栄養バランスの良い食生活すれば、むやみに空腹に悩まされることも減りますし、体の調子が良くなっていきます。

また無駄に太ることがなくなるので、痩せるというよりも適正体型になれる効果があります。さらにバストアップに必要なホルモンバランスを整える効果もあるので、バストアップ効果も高いのです。

基本的には、いろいろな物をバランス良く食べることが大切ですが、とくにどんな食べ物を摂ればよいのか見ていきましょう。
 

◆タンパク質をしっかり摂る

下半身太りを解消してバストアップするには、タンパク質は必須です。タンパク質は人間が生きていくために必要な栄養素なので、どんな人にも必要なのです。

タンパク質の多い食べ物は、肉や魚、タマゴや乳製品、大豆製品などです。できるだけ脂質が少ないものが良いので、「鶏肉」か「大豆製品」がオススメです。

大豆製品には「イソフラボン」が含まれているので、女性ホルモンと似たようなはたらきをしてくれます。そのためバストアップには効果的な栄養素になります。
 

◆塩分・糖分をひかえる

下半身太りを解消して、バストの血行を良くするには、塩分や糖分をひかえめにすることが大切です。塩分と糖分を摂り過ぎるとむくみが生じるので、できるだけひかえましょう。

とくに料理の味付けが濃い味が好きな人は、薄味に変更することが大切です。またコーヒーや紅茶などには、あまり砂糖を入れないようにしましょう。
 

◆生姜や唐辛子などで代謝を良くする

下半身太りを解消してバストアップするには、生姜や唐辛子などの体を温める食材も効果的です。体が温まれば血行が良くなり、むくみを解消することができます。

全身の血行が良くなれば、足の血行も良くなり、代謝を良くすることができます。さらにバストの血行も良くなり、栄養が届きやすくなるのでバストアップ効果が高まりますよ。
 

◆カリウムでむくみを解消する

下半身のむくみを解消するには、カリウムを摂ることも大切です。カリウムには体内にたまった「水分」や「塩分」を排出する効果があり、デトックス食材として優秀です。

腎臓に不調のある人は注意が必要ですが、とくに健康に支障がない人はカリウムを積極的に摂るようにすると、むくみが解消されます。

カリウムはミネラルの一種で、野菜や果物に多く含まれていますが、とくに海藻類やバナナ、大豆製品やキノコ類などに多く含まれています。

海藻類やキノコ類は、便秘を解消する効果も高いので、体内の老廃物を排出するデトックス効果も高いですよ。

ホルモンバランスを整えるライフスタイルにする

下半身太りを解消してバストアップするには、ホルモンバランスを整えることが大事。そのためには生活習慣の乱れを改善し、健康的なライフスタイルを実現する必要があります。

でも、そんなにむずかしく考える必要はありません。普通に健康的な生活をすれば良いだけです。

  • 睡眠をしっかりとる
  • ストレスをためない生活をする
  • タバコはひかえる
  • 体を冷やさない

 
現代人の睡眠時間は短い人が多いのですが、できれば7時間くらいは眠っていたいところ。もちろん睡眠の質を高めることも大切です。

そしてできるだけストレスは早めに解消し、ためないようにしましょう。ストレスはダイレクトにホルモンバランスを崩す原因になるので、なるべくリラックスできる時間を確保することが大切ですよ。

またタバコは血行が悪くなり、むくみや下半身太りの原因になりやすいので、できればやめたほうが良いでしょう。

ホルモンバランスを整えて、女性ホルモンを胸に届けることがバストアップの重要ポイントです。そのためには体を冷やさないようにすることが大事。毎日お風呂に浸かって、体をしっかりと温めましょう。

そうすればむくみや下半身太りも解消されて、全身の血行も良くなります。冷え性も改善されて、まさに良いことづくしですね。

下半身太りを解消したらバストアップマッサージが必須

さて、下半身太りが解消されてきたら、バストアップマッサージをすることで胸周辺の血行を良くすることが大切です。

胸の周辺の血行が悪ければ、せっかく他の場所の血行が良くなっても意味がありません。そのためバストアップマッサージが効果的なのです。

  1. 指三本で、脇からバストトップに向かって軽く3回ずつ押します。気持ちいい程度の強さが重要。
  2. 手のひらで、脇から胸の上側に向かって手を滑らせていきます。これは5回くらいやるのがオススメ。
  3. 肩に手を置いて、肩を大きく回します。肩甲骨と僧帽筋をほぐすことで、バストの血行が良くなります。
  4. バストの谷間にある「壇中(だんちゅう)」というツボを親指で3秒押します。3回押しましょう。

 
脇には乳腺のツボ、バストの谷間には女性ホルモンを活性化させるツボがあるので、この2ヶ所を刺激するとバストアップに効果的です。

また肩甲骨をほぐすことで代謝がアップし、ダイエット効果もアップしますよ。

下半身太りを解消してバストアップも同時に叶えよう!

下半身が太っているのに胸が小さい理由とバストアップ法をご紹介しました。まずは下半身太りを解消し、それからバストアップマッサージをするのが効果的です。
 

こみち
こみちの一言コラム

下半身太りなのに胸が小さい人は、体の巡りが悪いことが原因。

とくに「むくみ」を解消するには、マッサージや運動、食事や生活習慣など、いろいろな面から働きかけてみましょう。

スポンサーリンク