レチノールの効果と注意点|シワたるみを解消して肌にハリと潤いを

年齢を重ねるとともに、肌の悩みは尽きなくなります。
シワやたるみ、シミや大人ニキビ……。

もう何から改善すれば良いやら。
そんな年齢肌の悩みを一気に解消してくれるのが、レチノールなんです。

レチノールには、高いアンチエイジング効果があると言われているんですね。
今回は実際に使ってみた感想とともに、レチノールの美容効果と注意点をご紹介します。

レチノールのアンチエイジング効果

レチノールには、高いアンチエイジング効果が期待できます。
それは年齢肌特有の悩みをすべて解消することも可能です。

ターンオーバーをうながしてシミ改善

レチノールには、肌をツルツルにするピーリング効果が期待できます。
古い角質を取りのぞき、あたらしい肌に生まれ変わるターンオーバーをうながしてくれます。

そのため今あるシミを改善して、これからシミができるのを防ぐはたらきもあります。
シミのもとになるメラニンを排出することで、白く美しい肌を保つことができます。

コラーゲンを増やしてしわ解消

年齢とともに減少していくコラーゲン。
そのため肌のハリがなくなっていきます。

レチノールが肌の細胞にはたらきかけて、コラーゲンを増やす作用が期待できます。
あの頃のような肌のハリと弾力をとり戻すのをサポートしてくれます。

ほうれい線を薄くする効果も期待できると言われています。

真皮に作用して高い保湿効果

コラーゲンが減少すると、肌に水分をため込むことができなくなります。
そのため年齢肌は、乾燥してゴワゴワになってしまうのです。

また肌の内部が乾燥している、インナードライの可能性もあります。
レチノールは肌の奥の真皮にまで作用すると言われているので、高い保湿効果が期待できます。

レチノール配合の化粧品を使った感想

レチノールの化粧品って、そもそもどこで購入できるの?
と思っているあなたへ、ワタシが実際に使ってみた化粧品をご紹介します。

ワタシの肌質は、外側は皮脂が多く、内側は乾燥している「インナードライ」です。
また疲れがたまった時や生理前後になると、ニキビができやすいです。

毛穴のつまりも気になりますが、ブツブツとした凹凸はありません。
毛穴が黒く見えるのが気になります。

一週間のトライアルキットを使った感想をお伝えします。

インナードライ肌が改善された

レチノール配合の化粧品を使ってから、過剰な皮脂分泌が改善されました。
肌の外側がベタベタ・テカテカしていたのですが、それも改善されて水分バランスが良くなった気がします。

化粧のノリも良くなり、ファンデーションがヨレるのも多少は改善されたと思います。

朝起きたときの保湿力が高い

今までは、朝起きたときに肌がベタベタだったのですが、しっとりという感じに変わりました。
サラサラとまではいきませんが、余計なベタベタが減った気がします。

目元の乾燥が改善された

Tゾーンやあごなどはベタつくのに、頬や目元は乾燥が気になる肌質でした。
でもレチノール配合の化粧品を使いはじめてから、目元の乾燥が改善されました。

目元にファンデーションを細かく塗るときに、乾燥した小じわが目立ったのですが、きれいに塗れるようになりました。
アイシャドウもパサパサせずに、しっとりと肌に乗っている感じがします。

レチノール配合の化粧品の公式サイトはコチラ。

1週間たっぷりと使えるトライアルキットなので、充分肌質が改善されるのを実感できますよ。
量が多めなので、1週間以上もちましたよ。おすすめ。

レチノールの使用で注意すること

レチノールを使用する際には、注意することもあります。

妊娠中は使用をひかえる

レチノールの使用で考えられる副作用は、妊娠中に摂取すると、胎児が奇形になる可能性があります。
実際の症例はないようですが、奇形の赤ちゃんが生まれる可能性があるとのことです。
そのため妊娠中には、レチノールの使用はひかえるようにしましょう。

赤く炎症を起こす

レチノールの注意点は、赤く炎症を起こす場合があることです。
ターンオーバーをうながす作用が高いため、とくに皮膚が薄い人は、注意が必要です。

皮膚が剥がれすぎて、赤く炎症を起こしたり、腫れたりする場合もあるようです。
肌に異変を感じたら、使用を中止することをおすすめします。

紫外線対策は万全にする

レチノールを使用すると、強いターンオーバーの作用により、皮膚が薄くなります。
まだ未熟な弱い肌が表面に出てきているため、紫外線の刺激を受けやすいのです。

するとシミができやすくなり、乾燥も引き起こします。
レチノールを使っている時は、紫外線対策を万全にしておく必要があります。

高い美容効果で年齢肌がピカピカに

アンチエイジング効果が高い、レチノールについてご紹介しました。
年齢肌の悩みをすべて解消してくれる可能性が高いので、とっても気になることでしょう。

ただし、妊娠中の人や肌が弱い人の使用は、充分に注意が必要です。
自分の肌質をしっかりとチェックしながら、上手にレチノールを活用しましょう。

うまく使えばあなたの肌は、あの頃のようにピカピカになりますよ。

スポンサーリンク