バストアップ方法は女性ホルモンを活性化させること

バストアップは相乗効果が大切

胸を大きくする方法はいろいろありますが、効果がないと思っていませんか?
それには原因があるかもしれません。

バストアップ効果を得るには、女性ホルモンを活性化させることが大切です。
女性ホルモンを活性化するには、いろいろな方法の相乗効果が必要なんです。

そこで、さまざまなバストアップ方法を考えていきたいと思います。

なぜ胸を大きくしたいんだろう?

女性の永遠の悩みナンバーワンは、胸を大きくしたいということ。
ではそもそも、なぜ胸を大きくしたいと考えているのでしょうか。

それはやっぱり、男性から魅力的だと思われたいからですよね。
女性がダイエットをするのも、胸を大きくしたいと願うのも、ほとんど男性に関係していると考えられます。

女性のキレイになりたい願望には、男性が絡んでいる場合が多いです。
また同性からも羨ましがられたい願望がある場合もありますよね。

たとえばファッションをカッコよく着こなしたいとか、お風呂で見られるのが恥ずかしいとか。
女性の自尊心を保つためにも、胸を大きくしたいと考えるのです。

では、胸が小さい原因は何でしょうか?

では、そもそもなぜ胸が小さいのでしょうか。胸が小さい原因を見ていきます。

遺伝が関係している

胸が小さい原因は、遺伝も関係しています。
でも「胸が小さい」とか「胸が大きい」というサイズは遺伝子ないと考えられます。

では何が遺伝するのか?
それは、「女性ホルモンのはたらき」です。

胸の大きさは、生活環境や生活習慣によって決まります。
でも女性ホルモンが活発かどうかは、遺伝によると言われています。

過激なダイエットでホルモンバランスが崩れた

とくに若い頃に過激なダイエットをすると、胸が小さくなると言われています。
小学生くらいの成長期や、中高生の思春期などに無理なダイエットをすると、女性ホルモンのバランスが崩れやすいのです。

女性のカラダができ上がっていく時期には、しっかりと栄養を摂らないといけません。
この時期にダイエットをしてしまうと、胸に栄養が充分に届かずに小さくなってしまったと考えられます。

生活習慣によって、女性ホルモンのバランスが崩れている

現在の生活習慣によって、女性ホルモンのバランスが崩れている場合もあります。
たとえば睡眠不足は、女性ホルモンの分泌を減少させる原因になります。

食生活も栄養バランスよくする必要があります。
適度な運動で血行を良くすることも大切です。そして、ストレスをためないことも重要ですよ。

バストアップサプリの効果で胸を大きくする方法

バストアップサプリの効果で胸を大きくする方法をご紹介します。
サプリなんて飲んでも意味ないと思っていませんか?
女性ホルモンを活性化させるには、体の中から改善することが大切です。

女性ホルモンを活性化して胸が大きくなる理由

女性ホルモンを活性化させると、胸が大きくなる理由は2つあります。

  • 乳腺を刺激する・乳腺を発達させる
  • 乳腺が増えると、バストに脂肪がつきやすくなる

 
バストアップに欠かせないのは、女性ホルモンを活性化させることがおわかりいただけましたか?

バストアップサプリの主成分は「プエラリア・ミリフィカ」

バストアップサプリの主成分のほとんどは、「プエラリア・ミリフィカ」です。
プエラリア・ミリフィカとは、タイ原産のマメ科の植物のことです。

別名「白ガウクルア」と呼ばれています。
医薬品と同じくらいの高い効果があるため、摂取量に気をつけなければ副作用があると言われています。

女性ホルモンの1つ「エストロゲン」を活性化させる効果が期待できるため、バストアップ効果が高いと言われています。

その高い効果ゆえ、服用量が多すぎると逆にホルモンバランスを崩すこともあります。
副作用としては、月経過多や月経不順などがあり、妊娠中は服用しないことです。

その他のバストアップサプリの成分とは?

プエラリア以外のバストアップサプリの成分にも、女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」を活性化させる効果があります。

プロゲステロンを活性化させる効果が期待できる「チェストツリー」は、チェストべりーとも呼ばれています。
エストロゲンを活性化させる効果が期待できる「ブラックコホシュ」。
だい
女性ホルモンと似たような作用のある「ワイルドヤム」と「レッドクローバー」。
ホルモンバランスを整える「プラセンタ」「エラスチン」などがあります。

バストアップサプリは効果あり?胸を大きくしたいならプエラリア

食べ物でもバストアップ効果はある?

食べ物でもバストアップ効果が期待できる栄養があります。
胸は大きくしたいけど、バストアップサプリを飲むのはお金がかかるし……と思っているなら、食べ物でもバストアップしましょう。

もちろんバストアップ効果は、サプリのほうが高いです。
でも多少は食べ物からもバストアップ効果を得ることはできますよ。

たとえば、女性ホルモンと似たようなはたらきをすることで有名な「大豆イソフラボン」。
エストロゲンの分泌量を増やす「ボロン」。
アンチエイジング効果のある「ザクロ」などがあります。

大豆イソフラボンとザクロは何を食べれば良いかわかると思います。
ではボロンは、どんな食べ物に含まれているのでしょうか。

ボロンは、キャベツやリンゴ、ももやハチミツなどに含まれています。

バストアップ効果のある食べ物

バストアップのためのマッサージ・エクササイズ効果

バストアップに効果のあるマッサージとエクササイズについてご紹介します。

バストアップマッサージの効果

バストアップに効果的なマッサージの方法は、2種類あります。

  • リンパを流して、血行促進するバストアップマッサージ
  • 乳腺を刺激するバストアップマッサージ

 
バストアップに血行やリンパの流れを良くするのは大切なことです。
血行が悪いと、バストまで栄養が届かないですからね。

また乳腺を刺激することで、女性ホルモンが活性化されます。
女性ホルモンが活性化されると、乳腺が増えて脂肪がつきやすくなります。

入浴中や入浴後に、やさしくバストアップマッサージをしましょう。

バストアップマッサージのやり方|バストアップクリームで効果アップ

バストアップクリームでマッサージ効果アップ

バストアップマッサージの効果をアップするためには、バストアップクリームをつけることです。
せっかくバストアップマッサージを頑張るのですから、クリームとの相乗効果がないともったいないですね。

バストアップクリームの成分は、このようなものが含まれていることが多いです。

  • 脂肪がつきやすくなる「ボルフィリン」
  • ハリと弾力をつける「プラセンタ」

 
ピンポイントで脂肪がつくなんて、すごい画期的です。
そんなクリームがあるなら、胸にだけたっぷり脂肪をつけられますね。

バストアップエクササイズの効果

バストアップに効果的なエクササイズの方法は、大胸筋をきたえて「垂れ乳」を防ぐことです。
ただし大胸筋をメキメキ鍛えればよいわけではありません。

あまり鍛え過ぎると、バストが硬くなる恐れがあります。
目指すのは、あくまでも柔らかくて女性らしいバストです。

そのため「適度なエクササイズ」が重要だと覚えておいてくださいね。

ナイトブラの効果とは?

ナイトブラって、本当に効果があるんでしょうか?
着けて寝ることで、どのような効果が期待できるのか見ていきましょう。

  • 胸が引っ張られてクーパー靭帯が伸びるのを防ぐ
  • 横に流れる脂肪をキープして、バストに定着させる
  • 肩こり解消と安眠効果がある

 
寝ている時は、重力の関係でバストが広がったり、流れたりしています。
するとバストを支えているクーパー靭帯に負担がかかって、伸びてしまう恐れがあるんです。

クーパー靭帯が伸びてしまうと、バストを支えられずに垂れてしまうんですね。
それを阻止して、バストの脂肪が体と一体化してしまうのを防ぎます。

また締めつけが少ないので、血行の妨げにもなりにくいです。
肩こりがあるなら改善も可能ですし、バストアップ効果にもつながる安眠効果が得られますよ。

ナイトブラの効果|つけて寝るメリットとナイトブラの選び方

豊胸手術のメリットとデメリットが知りたい

バストアップの最終手段として、豊胸手術がありますよね。
即効性があり、すぐに胸を大きくすることができます。

でも、大きなバストが持続できない手術方法もあります。
豊胸手術のメリットとデメリットを見ていきましょう。

ヒアルロン酸注入は安全だけど持続しない

豊胸手術の1つに、「ヒアルロン酸注入」があります。
これは安全な豊胸手術と言われているので、安心ですね。

でも効果が持続しないことがデメリットです。しかも安くはありません。
定期的にヒアルロン酸注入するとなると、経済的に厳しくなるかもしれませんね。

脂肪注入は自分の脂肪の一体化しやすい

豊胸手術の1つは、「脂肪注入」です。これは自分の脂肪を別の場所から取ってきて、バストに入れるという手術。
自分の脂肪なので、副作用や拒否反応が起きる心配はないでしょう。

ただし脂肪ですから、バストに定着してくれる保証はありません。
二の腕やお腹などに脂肪が流れてしまう恐れがあります。

シリコンバッグは永久だけどリスクもある

豊胸手術の昔ながらの方法は、「シリコンバッグ」ですよね。
シリコンを入れた胸は、小さくなることはありません。

ただしリスクもあります。
それは体内でシリコンバッグが破裂する恐れがあるということ。

飛行機などの気圧の変化にも弱いでしょう。
ちょっと怖いですよね。

バストアップに必要なのは「継続」と「相乗効果」

バストアップ方法について、ご紹介しました。
いろいろな方法がありますが、どれか1つだけでは効果が感じられないかもしれません。

胸を大きくする方法は、「継続すること」と「相乗効果」が大事なんです。
すぐにあきらめないで、まずは継続してみましょう。

そして「マッサージとバストアップサプリ」を併用するなど、相乗効果を狙うのが効果的です。
豊胸手術以外は、総合的に全部を同時進行もアリです。むしろ、それがバストアップのコツでもありますよ。

スポンサーリンク