バストアップに効果的な食べ物|女性らしいマシュマロバストになろう

バストアップ効果のある食べ物で女性らしさを手に入れる!

バストアップ方法はいろいろありますよね。
でもバストアップマッサージは面倒だし、続けたら本当に胸が大きくなるのか不安かもしれません。

効果が無かったら、努力が水の泡になってしまいますからね。
でも食べ物なら毎日食べるので、面倒でも苦痛でもありません。

しかも食べるだけでバストアップ効果があるなら、これ以上に簡単なバストアップ方法はありませんよね。
では、どんな食べ物がバストアップ効果が期待できるのか見ていきましょう。

バストアップに効果的な食べ物は「女性ホルモン」を活性化させる!

バストアップに効果的な食べ物とは、おもに「女性ホルモン」を活性化させることができる食べ物のことです。

女性ホルモンがバストアップに深い関係があるのは、ご存知ですよね。
女性ホルモンが活発になることで、バストが成長しやすくなるからです。

またバストを構成している栄養成分である「脂肪」なども、食べ物から摂取することでバストアップ効果が期待できます。

女性にとって女性ホルモンは、バストアップ効果だけでなく、健康や美容にも必要です。
年齢とともに女性ホルモンの分泌が減ってしまうので、食べ物から摂取するのはとっても大切なことです。

バストアップ効果のある栄養成分とは?

バストアップ効果のある栄養成分とは、何があるのでしょうか。
また、その栄養はどの食材に多く含まれているのかご紹介します。

大豆イソフラボン

バストアップ効果のある栄養成分といえば、「大豆イソフラボン」がいちばん有名ですね。
大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似たような働きをすると言われています。

そのため女性ホルモンを活発にして、ホルモンバランスを整えてくれるんです。
女性ホルモンのバランスが整うと、胸を大きくする「乳腺」が発達してきます。

乳腺が発達すると脂肪がつきやすくなりますので、胸が大きくなりやすいと言われています。
乳腺のまわりには、脂肪がつきやすくなるという特質があるのです。

では大豆イソフラボンは、どんな食べ物に含まれているのでしょうか。
「豆乳」「豆腐」「納豆」など、さまざまな大豆製品に含まれています。

ボロン

バストアップ効果のある食べ物は「ボロン」です。
ボロンは熱に弱いため、生のまま食べるのがベストですよ。

ボロンが多く含まれているのは、「キャベツ」や「リンゴ」、「レーズン」や「アーモンド」などです。
その中でも、キャベツがいちばん有名ですね。

ボロンには、女性ホルモンである「エストロゲン」と似たような働きがあります。
そのため女性ホルモンの分泌を活発にして、バストアップ効果があると言われています。

タンパク質

タンパク質は、皮膚や筋肉をつくる栄養ですよね。
タンパク質がバストアップに効果的な理由は、ハリのあるバストをつくることができるからです。

また女性ホルモンの分泌もうながす作用があると考えられます。
人間の生命活動に必要な栄養素と考えて良いでしょう。

タンパク質を含む食べ物は、肉や魚、乳製品や卵などの動物性タンパク質と、大豆製品などの植物性タンパク質があります。

ここまで見ると、大豆イソフラボンも入っているし、大豆製品を食べていれば間違いないと思ってしまいそうですが、そうでもありません。

タンパク質の量は、明らかに動物性タンパク質のほうが多いんです。
カラダに吸収されやすいのも、動物性タンパク質なんですよ。

良質な脂肪分・油

バストアップ効果のある食べ物は、良質な脂肪分です。
バストのほとんどは脂肪でできています。そのためバストを大きくするには、脂肪分が必要なのです。

と言っても、脂っこい食べ物を食べれば良いというわけではありません。
良質な油を食べることで、バストアップ効果が期待できます。

たとえば「アボカド」や「オリーブオイル」などを適量摂るぶんには、極端に太ることはないでしょう。
またビタミンEも含まれているので、バストにハリをもたせたり、血行やリンパの流れを良くする効果も期待できます。

ビタミンA・B・C

バストアップ効果のある食べ物は、ビタミン類です。
ビタミンAは、皮膚や粘膜をつくるはたらきがあります。

また皮膚の代謝にも関係しています。
そのためバストのハリを保つのに役立ちますね。

ビタミンB群は、バストアップに必要な栄養です。
とくにビタミンB1.B2.B6がバストアップに良い効果が期待できます。

血行を促進する効果があるため、栄養がバストに運ばれやすくなります。
また代謝をうながしたり、バストが垂れるのを防ぐ働きも期待できます。

ビタミンCはコラーゲンの生成を助ける働きがあるため、バストにハリをもたせてくれます。
コラーゲンは体内で再生させることでバストアップにつながるので、コラーゲンだけ摂取してもダメなんです。

コラーゲンとビタミンCは、セットで機能すると覚えておきましょう。

亜鉛などのミネラル

バストアップ効果のある食べ物は、ミネラル類です。
ミネラルというと、海藻類を思い浮かべる人が多いと思いますが、さまざまなミネラルがあります。

カルシウムやマグネシウム、鉄分も亜鉛も全部ミネラル類です。
その中でも亜鉛がバストアップに効果が期待できます。

亜鉛には女性ホルモンの分泌をうながす作用があると言われています。
また亜鉛には、タンパク質を合成する働きもあるため、バストアップ効果が期待できます。

マシュマロバストは、マシュマロを食べて作る!?

柔らかくて女性らしいふっくらバストのことを「マシュマロバスト」なんて呼んだりしますよね。
じつは、実際にマシュマロを食べることで、バストアップ効果があると言われているんです。

何だかギャグのような嘘のような話ですが、意外にも信ぴょう性のある情報のようなんです。
マシュマロの成分は、「コラーゲン」です。

コラーゲンと言えば、皮膚の弾力やハリに必要な保湿成分ですよね。
美肌にも効果的です。

でも残念ながら、年齢とともにコラーゲンの生成が不足していきます。
そのため食べ物からコラーゲンを摂取する必要が出てきます。

そこで登場するのが「マシュマロ」なんです。
ふわふわで甘くて美味しい「マシュマロ」を食べて、マシュマロバストを手に入れちゃいましょう。

バストを小さくする食べ物や飲み物もある?

バストアップ効果のある食べ物は、だいたいわかりましたね。
では、バストを小さくする食べ物や飲み物はあるのでしょうか。

アブラナ科の野菜(植物)

アブラナ科の植物といって真っ先に思い浮かぶのが「菜の花」ですよね。
春の旬になると、「菜の花のからし和え」が美味しくてたまりません。

でも、これがバストアップの大敵だそうです。
女性ホルモンの分泌を抑制するはたらきがあるんだとか。

他には「大根」「白菜」「ブロッコリー」などが、アブラナ科の野菜です。
どれもダイエットや健康に効果のある野菜なので、ちょっと残念な気もしますね。

ブロッコリーなんて美肌効果も期待できるので、できれば食べたいものです。
もちろん絶対に食べちゃいけないわけではなく、積極的に食べなければ良いのではないでしょうか。

コーヒー3杯以上で胸が小さくなる?

バストを小さくする飲み物は、コーヒーです。
といっても、コーヒーの成分が直接的にバストを小さくするわけではありません。

コーヒーを飲むと体が冷えるので、血行が悪くなりやすいのです。
血行が悪くなると、バストが成長しにくくなりますよね。

研究によると、コーヒーを1日3杯以上飲む人は、バストが小さくなりやすいという結果が出たそうです。
じゃぁ、2杯までならOKなんですね。

アルコールは少量だけにする

バストを小さくする飲み物は、アルコールです。
アルコールは肝臓で分解されますが、女性ホルモンにも肝臓が必要なんです。
女性ホルモンの分泌をうながすためには、肝臓の機能が必要です。

そのためアルコールの分解で肝臓が占領されてしまうと、女性ホルモンの分泌が少なくなり、結果バストが小さくなるということに繋がります。

少量なら、飲んでも問題はありません。
ビールはコップ1杯くらい。日本酒は徳利に半分くらいです。ホントに少量ですね。

バストアップ効果のある食べ物はサプリでも補おう

バストアップに効果的な食べ物をご紹介しました。
食べ物で摂る栄養が、いちばん体に良い作用をもたらしてくれます。

でも食べ物だけでは摂りきれない栄養は、サプリで補うのもオススメです。
食べ物とサプリを上手に利用して、バストアップを目指しましょう。

そしてバストアップ効果のある食べ物と一緒にやることは、バストアップマッサージです。

バストアップマッサージのやり方

食べ物との相乗効果で、バストアップ効果が期待できますよ。

スポンサーリンク