ハゲる前兆をチェックしてみよう|兆候を知って早めに薄毛対策

ハゲる前兆は抜け毛と髪質、頭皮の状態でわかる!

あなたはきっと、いつ薄毛になるのかビクビクして構えているのではありませんか?
でも心構えをいくらしても、正しい対処法をしなければ薄毛対策にはなりません。

ハゲる前兆はどんなことなのか。チェックしてみましょう。
ハゲる兆候がわかれば、早めに薄毛対策をすることができますね。

薄毛対策のいちばんのポイントは、「早めの対処」です。
では、ハゲる前兆を見ていきましょう。

こうなったらヤバイかも!ハゲる前兆チェックリスト

あなたの「頭皮」「髪質」「抜け毛」の状態をチェックして、ハゲる前兆を見極めていきましょう。

1日あたりの抜け毛の量が300本以上ある

ハゲる前兆を見極めるには、抜け毛の量をチェックすると良いでしょう。
1日あたり300本以上の抜け毛あると、ハゲる前兆と言えます。

でも、どれくらいの量が抜けているかなんて数えられないですよね。
正常な場合には、80~100本程度の抜け毛だと言われています。

つまり今までの倍~3倍の抜け毛量になったら、ハゲる危険があるということです。
さすがに倍以上の抜け毛があったら気づくと思います。意識して見ておきましょう。

頭皮が赤くなっている

頭皮が赤くなっていたり、ヒリヒリ痛いという症状はありませんか?
これは、間もなくハゲる可能性が高い状態です。

頭皮が赤くなっているということは、「頭皮が炎症を起こしている状態」ということです。
つまり髪の毛の成長に悪影響を与え、抜け毛が増える前兆と言えます。

頭皮が硬くて、触ってもあまり感覚がない

ハゲる前兆は、頭皮が硬いことです。
よく「頭皮が動くと良い」と言いますが、頭皮が動くかどうかチェックしてみましょう。

頭皮が硬いと、触ってもあまり感覚がない場合があります。
血行をうながすことで抜け毛を防ぐことができます。つまりハゲ予防になるんです。

頭皮が柔らかすぎるのも良くない・弾力が決め手

頭皮が柔らかければ良いかというと、そうではないようです。
柔らかすぎるのも良くないんだとか。ベストな状態は、弾力があることです。

もし頭皮が柔らかすぎる場合には、血液がたまって循環していないと考えられます。
むくみに近い状態です。血行を良くして改善していきましょう。

ベストな頭皮の状態は、「白くて弾力がある」状態です。
鏡などでチェックしてみてくださいね。

髪質が細く、柔らかくなった

ハゲる前兆としてわかりやすいのは、髪質が以前よりも細く、柔らかくなったかどうかをチェックしてみてください。

髪質が細く柔らかくなったと感じるのは、しっかりと成長する前に抜けてしまっている証拠。
つまりヘアサイクルが短くなっているんです。これは薄毛になる前兆以外の何者でもありません。

ハゲる前兆は、頭皮環境によって髪質が変わることなんです。
それを見逃さなければ、薄毛を予防することができるでしょう。

髪がパサパサ、もしくはベトベト

ハゲる前兆は、髪がパサパサに乾燥しているか、もしくはベトベトで脂っぽいかのどちらかです。
髪が乾燥しているということは、頭皮も乾燥している可能性高いです。
髪がベトベトということは、頭皮も皮脂分泌が過剰になっている状態でしょう。

つまり乾燥は皮脂分泌が起きる前段階である可能性もありますし、血行不良によって乾燥している場合も考えられます。
いずれにしても頭皮環境が悪くなっている状態で、抜け毛が増える可能性が非常に高いです。

抜け毛の毛根が小さい・毛根がない

ハゲる前兆は、抜け毛の毛根の状態を見るとわかります。
抜け毛の毛根が小さいと、髪の毛が正常に成長できていないことを表しています。

また毛根がないのは、さらに悪化した状態であると考えられます。
正常な成長を遂げた後での抜け毛は、毛根がしっかりあるんです。

また毛根が黒い場合も成長途中で抜けた可能性が高いです。
正常な毛根は、白いはずなんです。

ハゲる前兆を感じた時の薄毛対策とは?

ハゲる前兆に当てはまったら、今のうちに薄毛対策をしておく必要があります。
どんな対処法があるのかご紹介します。どれか1つではなく、全部やるつもりで見ていきましょう。

栄養バランスを考えた食生活に改善する

ハゲる前兆を感じたら、食生活を改善して対処しましょう。
食生活は頭皮環境と深く関わっています。

といっても、食べ物の栄養がそのまま頭皮に届くというよりは、健康なカラダを保つことが大切なんです。
抜け毛が増えるということは、ホルモンバランスが崩れたり、健康状態が悪い場合が多いからです。

まずは、あなたの健康状態を良好に保ちましょう。
ストレスや疲労がたまっているのも、抜け毛と深く関わっています。

タバコとアルコールをひかえる

タバコは血行不良を引き起こすため、薄毛対策をするなら禁煙したほうが良いでしょう。
またアルコールを飲むと、薄毛の原因になる「ジヒドロテストステロン」が増えると言われています。

アルコールの毒素を解毒する段階でも、髪の成長に欠かせない栄養が消費されてしまいます。
そのため薄毛になりやすくなってしまいます。

タバコもアルコールもストレス解消に良いかもしれませんが、体に悪いストレス解消法と言えますね。
もっと健康的な方法で、毎日のストレスに打ち勝ちましょう。

充分な睡眠・質の良い睡眠をとる

ハゲる前兆を感じたら、充分な睡眠をとるように心がけましょう。
ただし、長く寝れば良いというわけではありません。

睡眠の質が、とても重要なんです。
寝ている間に、成長ホルモンが分泌されて、体のあらゆる部分の修復をおこないます。

そのためには質の良い睡眠が必要なのです。
リラックスしたり、早めに寝たり、寝る前の過ごし方も気をつけてみましょう。

適度な運動で全身の血行促進と代謝アップ

ハゲる前兆を感じたら、適度な運動をすることが対処法になります。
適度な運動が大切で、ハードな運動は逆効果になる場合があります。

適度な運動をすると全身の血行が良くなり、頭皮の血行も良くなると考えられます。
また有酸素運動などの適度な運動は、代謝をアップさせます。

この場合の代謝とは、痩せるための代謝のほかに、皮膚の生まれ変わりなどの代謝も含まれます。
新陳代謝を活発にして、キレイで健康な頭皮を目指しましょう。

頭皮マッサージは必ず取り入れたい

ハゲる前兆を感じたら、まず始めたいことは「頭皮マッサージ」です。
頭皮マッサージが、いちばんの対処法になると考えられます。

ただし頭皮をこすって刺激を与えると、頭皮が傷つくことがあります。
お風呂上がりなどの血行が良くなった状態の時に、育毛剤などをつけてマッサージすると良いでしょう。

濡れた状態の時にマッサージをして、それから乾かすのでも良いでしょう。
また湯船に使った後に頭皮マッサージをして、それから洗髪するのも良いです。

とくに硬いと感じる部分を重点的にマッサージしましょう。

育毛剤は早めに使ったほうが効果を実感できる

薄毛対策や予防のために頭皮マッサージをするなら、育毛剤を使ったほうが効果が劇的にアップする可能性があります。

「まだハゲてないのに、育毛剤を使うのはちょっと」と抵抗がある人もいるかもしれません。
でも初期の薄毛の人こそ、育毛剤の効果が発揮してくれるんですよ。上手に利用してみてください。

ハゲる前兆はしっかりと見極めて改善しよう

ハゲる前兆のチェックリストをご紹介しました。
当てはまった人は、早めの薄毛対策をはじめましょう。

「仕事が落ちついたらやる」ではなく、「今日から始める」ことが大切ですよ。
育毛剤も初期段階のほうが良く効きます。
「育毛剤を使うにはまだ早い」と思うくらいの時が、ベストタイミングなんですよ。

スポンサーリンク