ノンワイヤーブラの選び方|もう胸が垂れるとは言わせない!

胸が垂れないノンワイヤーブラの選び方

「ノンワイヤーブラは、胸が垂れる」と思って、敬遠している女性は多いかもしれません。

でも、締めつけ感がなく、心地よさそうなノンワイヤーブラが気になっている女性は多いのではないでしょうか?
 

こみち
ノンワイヤーブラでも胸が垂れないなら、ぜひ使ってみたいわ。

ノンワイヤーブラのネックである「胸が垂れる」というイメージは、果たして事実なのでしょうか?

そこで今回は、ノンワイヤーブラのメリットを見ながら、正しい選び方をご紹介していきます。

ノンワイヤーブラで胸が垂れると思うのは、もう古いイメージかもしれませんよ。

ノンワイヤーブラで胸が垂れると言われる理由

「ノンワイヤーブラを使ってみたいけど、胸が垂れるのが怖い」と思って、なかなか踏みだせない女性も多いのではないでしょうか?

それでは、ノンワイヤーブラで胸が垂れると言われる理由を見ていきましょう。

胸が揺れる

ノンワイヤーブラで胸が垂れると言われる理由は、「胸が揺れる」からです。

胸が揺れると、胸を支えている「クーパー靭帯」が伸びてしまい、胸が垂れやすくなります。

確かにノンワイヤーブラでスポーツをすると、胸の揺れを支える力が不十分で、垂れやすくなってしまうかもしれません。

でも、ワイヤーブラでも、運動するときにはオススメできないのです。

◆運動時は「スポーツブラ」で解決!

走ったり、ジャンプしたり、はげしく動くスポーツをする時は、普通のブラジャーでは胸の揺れを止めることができません。

運動をする時は、「スポーツブラ」をすることをオススメします。

スポーツブラもノンワイヤーブラの一種ですが、サポート力が強く、胸の揺れを最小限に食い止めてくれます。

ただし、締めつけが強いため、血行の妨げになり、普段使いには向いていないのでご注意ください。

胸をしっかり支えられない

ノンワイヤーブラで胸が垂れると言われる理由は、「胸を支えるホールド力がない」からです。

ノンワイヤーブラは、ワイヤーブラに比べると下から支えるホールド力が弱く、胸をしっかり支えることができないイメージがありますよね。

でも、最近のノンワイヤーブラは、ノンワイヤーブラ特有のホールド力を誇っているブラも多く、決して胸を支えられないわけではありません。

◆脇に流れるお肉は「ハイカット」でキープする

ノンワイヤーブラが、胸を支えられないもう1つの理由は、お肉が脇に流れてしまうからです。

その場合は、脇の部分が「ハイカット」になっていれば、お肉をブラの中にキープすることができます。

サイドベルト部分の幅が広いノンワイヤーブラを選ぶと良いでしょう。

ナイトブラを昼用ブラとして使っている

ノンワイヤーブラの種類は、いくつかあります。先ほどご紹介した「スポーツブラ」もそうですが、「ナイトブラ」もノンワイヤーブラの一種です。

ノンワイヤーブラで胸が垂れると言われる理由は、ナイトブラを昼用ブラとして使っている可能性があります。

ナイトブラは、寝ている間の胸をしっかり支えてくれる機能はありますが、立った状態での胸を支える機能は、あまり優れていません。

中には、昼夜兼用のブラもありますが、そうでない場合は、ナイトブラは寝る時専用にすることで、胸が垂れるのを防ぐことができます。

ノンワイヤーブラのメリット

ノンワイヤーブラには、女性にうれしいメリットがたくさんあります。

「一度着けたら、二度と手放せなくなる!」とウワサのノンワイヤーブラには、どんなメリットがあるのでしょうか?

締めつけないので、胸の血行を妨げない

ノンワイヤーブラの最大のメリットは、「締めつけ感がなく、リラックスできること」です。

あまりの心地よさに、着けているのを忘れることもあるくらいです。もちろん、商品によって使用感は違います。

ワイヤーブラは、アンダーの締めつけがきつかったり、ワイヤーが肌に当たって痛い場合も多いですよね。

そんな窮屈なブラを一日中着けていたら、胸の血行が悪くなり、バストダウンや胸が垂れてしまうこともあります。

ストレスの多いブラジャーの悩みを解決してくれるのが、ノンワイヤーブラのメリットです。

◆体にブラの跡が残らない

締めつけないノンワイヤーブラのメリットは、もう1つあります。

それは、体にブラの跡が残らないことです。

ブラを外して水着に着替えるときなど、ブラの締めつけで肌が赤くなっていたりすると、恥ずかしいですよね。

そんな悩みまで解決してくれるのが、ノンワイヤーブラのメリットなのです。

ノンワイヤーブラ特有の「胸を支える力」がある

ノンワイヤーブラは、胸を支える力がないというイメージがありますが、ノンワイヤーブラ特有の「胸を支える力」があります。

最近は種類も豊富で、機能性も進化しています。

ノンワイヤーブラのホールド力を見るポイントは、「伸縮性」と「ブラの形状」です。

アンダーやカップに伸縮性があれば、胸を程よくキープしてくれますし、胸を支える形状につくられたノンワイヤーブラなら、ホールド力にも満足できるはずですよ。

ノンワイヤーブラでも、胸が垂れるのを防ぐことは可能です。

自然で、美しいバストラインをつくる

ノンワイヤーブラのメリットは、自然で美しいバストラインをつくれることです。

ワイヤーブラは、寄せて上げる機能にすぐれていますが、とかく不自然な形になりがちです。

でも、ノンワイヤーブラなら、自分自身のナチュラルなバストラインを美しく見せてくれるのがメリットです。

肌にやさしい素材が多く、着け心地が良い

ノンワイヤーブラのメリットは、肌にやさしい素材を使っているものが多いことです。

ワイヤーブラは肌に負担がかかってしまうと感じている人も多いと思いますが、ノンワイヤーブラは比較的肌にやさしい素材が多く、着け心地が良いのがメリットです。

汗を吸収しやすく、蒸れにくいコットン100%の素材なら、お肌も大満足ですね。

洗濯をしても、型崩れしにくい

ノンワイヤーブラの意外なメリットは、洗濯をしても、型崩れしにくいことです。

ワイヤーブラを洗濯ネットに入れないで、そのまま洗濯機で洗ってしまった経験はありませんか?

わたしは、それでワイヤーが曲がってしまい、体に当たって痛くて使えなくなってしまいました。

でもノンワイヤーブラなら、洗濯ネットに入れて洗えば、形状が崩れることも少なく、意外と長持ちしやすいメリットがあるのです。

胸が垂れないノンワイヤーブラの選び方

ノンワイヤーブラのメリットがわかったところで、胸が垂れない選び方のポイントを見ていきましょう。

伸縮性のある素材を選べば、胸を支えてくれる

ノンワイヤーブラの選び方は、伸縮性のある素材を選ぶことが大切です。

伸縮性のメリットは、ノンワイヤーなのに、胸をしっかり支えてくれることです。

アンダーに伸縮性があれば、バストの下垂れも防ぐことができますよ。

また、体にフィットしやすく、サイズ選びも簡単です。

肩紐がズレやすい人は「太い肩紐」か「ハーフトップ」が効果的

ノンワイヤーブラの選び方は、肩紐がズレにくいものを選ぶことです。

肩紐がズレやすいと感じる人は、「肩紐が太い」か「ハーフトップ」のブラを選ぶと良いでしょう。

ハーフトップとは、スポーツブラに多いタンクトップのような形状で、アンダーまでのタイプです。

これなら肩紐がズレてくることは少ないでしょう。ナイトブラにも、このようなタイプがありますね。

アンダーが太い・フロントホックならズリ上がりにくい

ノンワイヤーブラの選び方は、アンダーの部分がズリ上がりにくいものを選ぶことです。

そのためには、アンダーが太いタイプか、フロントホックになっているタイプを選べば良いでしょう。

腕を上げてもズリ上がらないか、試着の段階でチェックしてみることをオススメします。

フルカップではなく、3/4カップブラを選ぶ

ノンワイヤーブラの選び方は、3/4カップを選ぶことです。

フルカップブラのほうが、胸全体を包み込んでくれるのですが、カップの大きさが合わないとカパカパしやすいというデメリットがあります。

そのため、胸をしっかり支えつつ、胸にフィットしやすいのが3/4カップブラなのです。

ちなみに、1/2カップブラでは、胸を支えきれないことが多いようですよ。

カップの厚みが薄めで、やさしく包み込むブラを選ぶ

ノンワイヤーブラの選び方は、カップの厚みが薄めで、やさしくバストを包み込んでくれるブラを選ぶと良いでしょう。

ノンワイヤーブラは、カップ部分があまり分厚いと、胸を押しつぶしてしまう可能性があるので、薄めで柔らかい素材のほうが、どちらかというとオススメです。

これも、ナチュラルなバストラインをつくる理由の1つです。

必ず、試着してから購入する

ノンワイヤーブラを選ぶときは、必ず試着してから購入するようにしましょう。

ノンワイヤーブラは、サイズが2~3段階くらいしかないものが多いので、しっかり試着しないとサイズが合わないことがあります。

同じMサイズでも、メーカーによって大きさが異なったり、伸縮性の低いノンワイヤーブラだと、体にフィットしない場合もあります。

通販で購入するときは、「サイズ交換無料」などのサービスをしているショップで買うと良いでしょう。

ノンワイヤーブラを上手に使うコツ

ノンワイヤーブラの選び方がわかったので、最後に、ノンワイヤーブラを上手に使うコツをご紹介しましょう。

寄せたいなら、肩紐が背中クロスしているノンワイヤーブラを選ぶ

ノンワイヤーブラは、ワイヤーブラに比べると、寄せる機能性が低いブラが多いです。

でも、肩紐が背中でクロスしているノンワイヤーブラなら、胸を寄せる機能があるのでオススメですよ。

また、カップの形状によっては、ワイヤーブラよりも谷間ができるという喜びの声もあります。

ノンワイヤーブラを使おうか迷っているなら、試してみる価値はありそうですね。

オンとオフで、ワイヤーとノンワイヤーを使い分ける

ノンワイヤーブラを上手に使うコツは、シーンによって使い分けることです。

仕事や外出など「オン」のシーンでは、ワイヤーブラを使い、家でのリラックスタイムや休日など「オフ」のシーンでは、ノンワイヤーブラを使い分けると良いでしょう。

家にいるときは、ノーブラで過ごしている女性も多いと思いますが、ノーブラの時間は、なるべく少なくすることをオススメします。

できれば寝るときは「ナイトブラ」をつけるのがオススメです。ノンワイヤーブラでもOKですが、ワイヤーブラを着けて寝るのは避けたほうが良いでしょう。

ただし、ナイトブラではないノンワイヤーブラを着けて寝ると、寝た状態での胸の横流れをしっかりキープできるかは微妙です。

できればナイトブラも1つ持っておくのがオススメです。

ボリュームのある谷間を作りたいときはワイヤーブラを

たとえば、ドレスアップしてパーティーに参加するときや、体のラインをキレイに見せたいときには、寄せて上げる機能が高いワイヤーブラを使うと良いでしょう。

ノンワイヤーブラは、自然で美しいバストラインをつくってくれますが、谷間を強調したり、盛り上がった胸を演出したいときには、ノンワイヤーブラではちょっと物足りなさを感じるかもしれません。

コットン100%など、素材感にこだわって快適に

ノンワイヤーブラの選び方でも少しご紹介しましたが、ノンワイヤーブラは肌ざわりの良い素材のものが多いので、快適さを追究するなら「コットン100%」の素材を選ぶと良いでしょう。

夏場は汗をかくと、意外とブラの中が蒸れますよね。せっかく快適なノンワイヤーブラを着けているのに、蒸れてしまったら不快に感じてしまいます。

そのため、肌に触れる部分はコットン100%で、外側はレースなど可愛いデザインのブラを選ぶと良いかもしれませんね。

ノンワイヤーブラは「オバサン臭い」というイメージを持っている人もいると思いますが、最近は可愛いノンワイヤーブラがたくさんありますよ。

どうせなら、可愛いブラをつけて、女子力アップしたいですよね。

正しく選べば、ノンワイヤーブラでも胸が垂れることはない!

胸が垂れないノンワイヤーブラの選び方をご紹介しました。

ノンワイヤーブラは、「スポーツ時」と「ドレスアップ」の時以外は、かなり効果的に使えることがわかりました。

上手にノンワイヤーブラを使って、快適な毎日を過ごしましょう。
 

こみち
こみちの一言コラム

楽チンなのに、女性のバストを美しく見せるノンワイヤーブラ。

上手に使いこなせば、ノンワイヤーブラでも胸が垂れることはありませんよ。

スポンサーリンク