ノンシリコンシャンプーのメリットとデメリット|シリコンの役割とは?


薄毛対策にはノンシリコンシャンプーが良いと言われる理由は?
 

こみち
ノンシリコンシャンプーのほうが、髪に良いイメージがあるよね。

ノンシリコンシャンプーは、髪に良いイメージがありますが、薄毛対策にも効果があるのでしょうか?
それを解明するためには、まず「シリコン」の役割について知る必要がありますよね。

ノンシリコンシャンプーとは一体どんな物なのか。
またノンシリコンシャンプーのメリットとデメリットを見ていきましょう。

ノンシリコンシャンプーとは? シリコンの役割

ノンシリコンシャンプーとは、簡単にいうと「シリコンが入っていないシャンプー」ということです。
では、シリコンの役割とは、いったい何なのでしょうか?

シリコンには、髪をコーティングして、外部の刺激から髪を守る役割があります。
そう聞くと、シリコンが必ずしも悪い物ではないことがわかりますよね。

でもシリコンは薄毛や抜け毛に良くないと言われることが多いです。
その理由は、シリコンが頭皮の毛穴をふさぎ、頭皮環境が悪くなるからなのです。

では、ノンシリコンシャンプーのメリットとデメリットを見ていきましょう。

ノンシリコンシャンプーのメリットとデメリット

ノンシリコンシャンプーが髪や頭皮に良いと言われる理由は何なのでしょうか?
ノンシリコンシャンプーのメリットについて、見ていきます。

ノンシリコンシャンプーのメリットとは?

ノンシリコンシャンプーのメリットは、髪や頭皮を自然な状態に洗い上げることです。
つまりシリコンという人工物を髪に残さず、素の状態にしてくれるということ。

そのため頭皮環境が良くなり、髪が元気になると言えるでしょう。
ノンシリコンシャンプーのメリットを挙げると、次のようなことがあります。

  • 髪がふんわりと軽くなり、ボリュームが出る
  • 頭皮の毛穴づまりが解消し、抜け毛を減らす
  • カラーやパーマの効果が良く出る

 
このように、ノンシリコンシャンプーを使うと、髪や頭皮の状態が良くなります。
しかし髪がまっさらな状態になるということは、髪がダメージを受けやすい状態だとも言えるのです。

では、ノンシリコンシャンプーのデメリットとは何なのでしょうか?

ノンシリコンシャンプーのデメリットとは?

ノンシリコンシャンプーのデメリットは、髪を守ってくれるシリコンの効果を得られないことです。
シリコンは頭皮の毛穴をふさいだり、悪い影響もありますが、すべてにおいて悪いわけでもないのです。

シリコンが髪をコーティングすることによって、髪のダメージがそれ以上進行するのを防ぐことができます。
またカラーやパーマの効果が出にくいとはいえ、髪をダメージから守っているとも考えられます。

カラーやパーマに使われる薬液は刺激が強く、髪にダメージを与えることが多いです。
シリコンは、それらのダメージから髪を守っているとも言えるのです。

では結局、シリコンとノンシリコンのどちらのシャンプーを使えば良いのでしょうか?

ノンシリコンシャンプーを使ったほうが良い人

ノンシリコンシャンプーを使ったほうが良い人は、以下のような特徴のある人になります。

最近、抜け毛が増えてきたと感じる人

最近抜け毛が増えてきたと感じる人は、もしかしたらシリコンによって頭皮の毛穴がつまっていることが原因かもしれません。

シリコンが頭皮に残り毛穴をつまらせると、髪に栄養が届かなくなります。
そのため髪が弱り、抜け毛が増えたと考えられるのです。

シャンプーをノンシリコンに変えた途端に、抜け毛が減ったという人もいますので、一度試してみると、抜け毛の原因がハッキリするかもしれませんね。

頭皮のかゆみがひどく、フケが気になる人

頭皮のかゆみやフケの原因は、いろいろ考えられます。
そのため必ずしもシャンプーのせいではないかもしれませんが、ノンシリコンシャンプーに変えると症状が回復する場合もあります。

頭皮のかゆみやフケが気になる人は、頭皮が乾燥している可能性が高く、シリコンが頭皮の刺激になり、乾燥させている場合があるからです。

そのためノンシリコンシャンプーに変えると、症状がおさまることも良くあるのです。
一度試してみて、症状が回復したら、しばらくノンシリコンシャンプーを使ってみると良いかもしれません。

髪がそれほど傷んでいない人

シリコンは髪をコーティングするため、髪の傷みが進行するのを防ぐ働きがあります。

それを考えると、髪がとくに傷んでいない人は、ノンシリコンシャンプーを使ったほうが良いと言えます。
髪をなるべくまっさらな状態にすることで、頭皮や髪の状態を健やかに保つことができます。

では、シリコンシャンプーを使ったほうが良い人は、どんな人なのでしょうか?

シリコンシャンプーのほうが良い人もいる?

ノンシリコンシャンプーのメリットや向いている人をご紹介しましたが、最後にシリコンシャンプーのほうが合っている人をご紹介します。

髪のダメージがひどい人

枝毛や切れ毛など、髪のダメージがひどい人は、シリコンシャンプーを使ったほうが、少しでもダメージの進行を遅らせることができます。
しかしダメージを修復する効果はありませんので、何か他の方法でダメージ対策をする必要があります。

修復効果の高いトリートメントを使ったり、頭皮環境を良くするための頭皮マッサージなども効果的です。
シリコンには、ダメージの進行を遅らせる効果しかありませんので、勘違いのないようにしてくださいね。

カラーやパーマを頻繁におこなう人

シリコンには、カラーやパーマなどの薬液から髪を守る効果があります。
そもそもカラーやパーマの効果を出すためには、ノンシリコンシャンプーのほうが良いという人もいます。

しかし効果が出やすいということは、それだけ髪が傷んでいると考えられます。
そのためカラーやパーマを頻繁におこなう人は、むしろシリコンシャンプーを使ったほうが良いかもしれません。

髪質が乾燥しやすく、ドライヤーの熱ダメージが大きい

ノンシリコンシャンプーは、髪がコーティングされていないので、ドライヤーやヘアアイロンによる熱から髪を守ることができません。

そのため髪が乾燥しやすく、熱ダメージを受けやすい人は、シリコンシャンプーを使ったほうが良いかもしれません。
自分の髪質がどんな状態なのか、日頃からチェックしておくと良いでしょう。

けっきょく薄毛対策には、どっちのシャンプーが良いの?

薄毛対策にはノンシリコンシャンプーが良いと言われることが多いですが、それは間違っていません。
とはいえノンシリコンシャンプーそのものに、直接的に抜け毛を防ぐ効果があるわけではありません。

そのため抜け毛が増えたと感じる人や、頭皮環境の悪化が気になる人は、ノンシリコンシャンプーのほうが良いでしょう。

とくにオススメなのは、「アミノ酸系シャンプー」です。
シリコンかノンシリコンかも大切ですが、薄毛対策にはアミノ酸系シャンプーがもっとも効果的です。

アスロング

髪質や求める効果に合わせてシャンプーを選ぼう!

ノンシリコンシャンプーのメリットやデメリットをご紹介しました。
シリコンには悪いイメージがありますが、すべてにおいて悪いわけではないのですね。

そのため自分の髪質や、あなたが求める効果に合わせて、シャンプーの種類を選ぶと良いでしょう。
その時によって使い分けるという方法も、アリかもしれませんね。
 

こみち
こちみの一言コラム

髪質に合わせて、シャンプーの使い分けをすると良いかも。
ノンシリコンシャンプーを使って効果が出たら、あなたに合っている証拠です。

スポンサーリンク