ニートが就職したいと思った時にやるべき対策とは?

ニートだけど就職したい!
と一大決心をしたあなた。

ワタシは、そんなあなたのやる気を応援します。
では、ニートが就職したいと思った時にやるべき対策とは何でしょうか?

社会的には「ニートが就職なんて無理」と思っているかもしれませんが、しっかりと対策をすれば就職はできます。
あきらめないで、最後まで読んでくださいね。

ニートが就職できないと思う理由

ニートが就職できないと思う理由は、何でしょうか。
本人が感じていることや、周りから思われているニートのイメージを考えてみます。

怠惰な生活で自己管理ができないと思われている

ニート生活が長くなると、どうしても怠惰な生活に慣れてしまいますよね。
朝は好きな時間に起きて、夜は何時まででも起きているかもしれません。

そんな生活によって健康状態は悪化して、食生活も適当になっているかもしれません。
そのため就職しても、仕事ができない・仕事が続かないと思われてしまうことが多いです。

メンタルが弱く、人間関係を構築できないと思われている

ニートが就職できないと思う理由は、人間関係が一番むずかしいのではないでしょうか。
でも仕事ではチームワークを必要とされることが多いです。

たった一人だけでできる仕事なんて、ほとんどありませんからね。
またメンタルが弱く、「怒られたらすぐに辞めるのではないか」と思われる可能性もあります。

社会人経験がなく、すぐに辞めると思われている

今までニートをしてきたあなたは、社会人経験がない人もいるかもしれません。
またはブランクが長すぎて、「きっとすぐに辞めるだろう」と思われる可能性があります。

こればかりは、受け入れるしかありません。
でも、あなたのやる気はしっかりとアピールしましょう。

ニートが就職したいと思った時にやるべき対策

ニートが就職したいと思った時に、まずやるべき対策をご紹介します。
今すぐに実践してみてくださいね。

生活リズムを社会人と同じにしてみる

ニートが就職したいと思ったら、まずは生活リズムを変えてみることです。
今までは好きな時間に寝て起きていたのを、社会人と同じ時間に起きるようにしてみましょう。

毎朝7時には起きて、朝ごはんを食べましょう。
朝からご飯を食べると、元気が湧いてきます。

ワタシの場合は、朝ごはんを食べないと、何もできません。
だから朝起きたら、すでに腹ペコ状態なので、朝ごはんは絶対に食べます。

1日8時間、人がいる場所で集中してみる

ニートが就職したいと思ったら、1日8時間は人前で過ごす練習をしてみましょう。
就職したら、8時間は会社に拘束されて、しかも周りには人がたくさんいます。

今まではあなた一人の部屋で過ごしていましたが、まずは人ごみに慣れることが大切です。
図書館などで1日8時間過ごす練習をしてみましょう。

外見の身だしなみを整える

ニートが就職したいと思ったら、外見はしっかりと整えないといけませんね。
髪が伸び放題なら切りそろえて、服がないなら新調しましょう。

社会人として働くなら、相手を不快にしない程度の身だしなみは大切ですよ。
爪を切ったり、寝ぐせを直したりすることも必要ですね。

体力をつけておく

ニート生活が長いと、家に引きこもっていることが多いですよね。
家の中で過ごしていると、かなり筋肉が減っています。

そのため、あなたが思っている以上に体力が落ちていると考えられます。
まずは体力をつけておかないと、仕事が続きません。

健康管理の一環として、適度な運動を始めてみましょう。
散歩やウォーキングからでOKです。

家で筋トレするのも、良いかもしれませんね。
とにかく筋肉をとり戻すことが大切です。

ニートの就職支援を活用しよう

ニートの就職は、世間的にはむずかしいと思われていることでしょう。
あなた自身も「無理かも」と思ってしまうかもしれません。

そんな弱気な姿勢から、つい「入れる会社なら、どこでもいいかな」と思ってしまう時がありますよね。
でも中途半端に妥協して決めてしまうと、うっかりブラック企業に入社してしまい、またすぐに辞めないといけません。

「ニートは会社を選べない」という概念を捨てて、「ニートだからこそ会社を選びましょう」。
そんなあなたに、とっておきの方法をご紹介します。

ニート・フリーターの就活支援サイト

ニートの就職支援をしてくれるサイトです。
29歳以下の若者限定ですが、ぜひ活用してみてくださいね。

ニートの就職は無理じゃない!

ニートだけど就職したいあなたへ、就職する前にすべき対策をご紹介しました。
ニートじゃなくても、就職や転職が大変な世の中です。

逆に考えると、みんな大変なのは同じですから、ニートだからと諦める必要はありません。
あなたのやる気があれば、きっと就職は可能ですよ。

そのためには、やはり1歳でも若いうちに就職活動をすることをおすすめします。
頑張れニート!あなたなら、できる!

スポンサーリンク