ニベアパックの効果はあるの?洗顔後のスキンケアで美肌になる方法

ニベアパックは本当に効果があるのか? ニベアを使ったスキンケアで美肌になる。

ニベアクリームは一度は見たことがあると思いますが、SNSなどで「ニベアパック」が話題になっています。

ニベアパックをしたことで「お肌がモチモチになった」とか、「ニキビが治った」などと言われていますが、果たして本当に効果があるのでしょうか?
 

こみち
でもニベアパックでニキビが悪化したという人も見たことあるけど大丈夫かしら?

ニベアパックは「効果がある」という人と「ニキビが悪化した」という人に分かれます。実際のところ、ニベアパックの効果はどれくらいあるのでしょうか?

そこで今回は、ニベアパックの効果とニベアの効果を活かしたスキンケア方法をご紹介します。

どんな人にニベアパックは効果的なのか、どのような使い方をすれば良いのかなどを見ていきましょう。

ニベアパックの効果はあるの?

話題を呼んでいる「ニベアパック」には、本当に効果があるのでしょうか? どのような効果があるのか見ていきましょう。

ニベアクリームといえば、保湿効果が高いことで有名

ニベアクリームの効果は、保湿効果が高いことです。そのため、ニベアを保湿クリームの代わりとしてスキンケアに使うことができます。

ではニベアパックの効果はどうなのでしょうか? ニベアには保湿効果があるので、保湿をメインにスキンケアをするのであれば効果的です。

乾燥肌の人の保湿ケアはもちろん、年齢とともに肌の内部が乾燥してしまう「インナードライ」の人にもオススメです。

インナードライは肌の表面は皮脂でベタつくことが多いのですが、肌内部が乾燥していることが原因で皮脂が多くなっている可能性が高いのです。このような肌タイプの人のスキンケアとして使うことができます。

保湿することでターンオーバーを活発にして美肌になる

ニベアパックの効果は、モチモチの美肌になることです。保湿することでターンオーバーが正常になるので、さまざまな肌トラブルを解消することができます。

ターンオーバーが活発になれば肌がどんどん新しく生まれ変わるので、いつでもキレイな肌をキープすることができます。

ニキビやシミ、シワなどもターンオーバーの乱れが原因の場合が多いので、ターンオーバーを整えることは大切ですよ。

結果として、シミを予防・改善する美白効果も期待できる

ニベアパックの効果は、シミを予防・改善して美白効果を高めることです。シミができやすくなるのは、ターンオーバーの乱れが原因でシミの元である「メラニン」が排出できなくなること。

そのためターンオーバーを活発にすればメラニンを排出しやすくなり、結果としてシミを予防・改善することができます。

ニベアに美白成分は含まれていないので、直接的な美白効果はありませんが、ターンオーバーが活発になり肌状態が良くなることで、シミを予防・改善することができるのです。

大人ニキビを改善する効果がある

ニベアパックの効果は肌を保湿してくれることなので、とくに乾燥が原因のニキビである「大人ニキビ」の改善に効果的です。

一方、思春期のニキビや脂性肌のニキビに塗ると、逆に悪化してしまうことがあるので注意してください。

肌質やニキビの原因によって使い分けるようにしましょう。

皮脂の過剰分泌や化粧くずれを改善する効果がある

ニキビパックの効果は、インナードライ肌を保湿することで、皮脂の過剰分泌を改善してくれることです。

インナードライ肌は30~40代に多い肌質で、肌表面は皮脂でベタついているのに、肌内部が乾燥しているような肌質のことを言います。

この場合、肌内部が乾燥していることが原因で皮脂が多く分泌されていると考えられるので、ニベアパックの保湿効果でスキンケアすることが効果的です。

肌が保湿されれば皮脂のベタつきが改善されるので、化粧くずれを改善する効果も期待できます。

ニベアパックのやり方

ニベアパックのやり方はいくつか方法があるようですが、代表的なニベアパックのやり方をご紹介しましょう。

お風呂の中でニベアパックをする方法ですが、お風呂でやらない場合は「蒸しタオル」を5分くらい顔に乗せて、毛穴を開いてからニベアパックをすると良いでしょう。

  1. お風呂で5分くらい軽く温まります。
  2. 洗顔後の濡れた肌に、ニベアをまんべんなく塗ります。顔が白くなるくらいの量が目安です。
  3. お風呂に浸かりながら、10分くらい放置します。
  4. 濡れたタオルや化粧水を染みこませたコットンでやさしく拭き取ります。
  5. 最後は、ニベアクリームをしっかり落とすために洗顔をします。

 
ニベアパックを落とすときには、肌を強くこすらないようにすることがポイント。肌を傷めるので気をつけてください。

さて、洗顔したからには保湿ケアをしないといけませんね。では、洗顔後のスキンケアで美肌になる方法をご紹介していきましょう。

洗顔後のスキンケアで美肌になる方法

ニベアパックを洗顔で落としたら、効果的なスキンケアで美肌を手に入れましょう。どんなスキンケア方法をすれば良いのでしょうか?

ニベアパックの後はしっかり洗顔する

ニベアパックをした後は、しっかりと洗顔することが大切です。ニベアが肌に残ってしまうと、肌トラブルの原因になりかねません。

ニベアは油分が多いので、ニベアパックをしっかり落とさないで肌に残ってしまうと、逆にニキビができやすくなってしまうことがあるので気をつけてください。

化粧水をつけてからニベアで保湿する

洗顔後のスキンケアで美肌になる方法は、化粧水をつけてからニベアで保湿ケアをすることです。

ニベアをスキンケアに使う際には、いきなりニベアを肌に塗らないようにしましょう。ニベアは化粧品ではないので、ニベアクリームそのものに保湿効果や美白効果はありません。

そのため、必ず化粧水で保湿してからニベアをつけることが大切です。

もしニベアを先に塗ってしまうと、ニベアには油分が多いので、他の化粧品が肌に浸透しにくくなってしまいます。化粧水をつけないと肌が充分に保湿できないので、使う順番には気をつけましょう。

Tゾーンなどの皮脂が多い場所には塗らない

洗顔後のスキンケアで美肌になる方法は、どこにでもニベアを塗らないことです。何度も言っているようにニベアは油分が多いので、もともと皮脂が多い場所に塗るとベトベトになってしまいます。

ニベアクリームの塗り方は、乾燥している部分を中心に塗ること。とくにTゾーンなどの皮脂が多い場所には、塗らないようにしたほうが良いでしょう。

乾燥肌やインナードライ向けのスキンケアとして利用する

ニベアクリームでのスキンケアで美肌を手に入れるには、肌質によって使い分けることが効果的です。

脂性肌の人には、ニベアを使ったスキンケアには向いていません。おもに、「乾燥肌」の人や「インナードライ肌」の人向けのスキンケアとして使うことをオススメします。

ニキビができている場所にニベアは塗らない

ニベアクリームを使ったスキンケアの注意点は、ニキビができているところにはニベアを塗らないことです。ニキビができているところにニベアを塗ってしまうと、油分を足してしまうことでニキビが悪化してしまう場合もあるので気をつけてください。

乾燥が原因のニキビでも、ニキビができているときはニベアを塗らないほうが良いでしょう。ニキビ予防やニキビができにくい肌をつくるためのスキンケアとしてご利用ください。

ニベアパックは週1回が目安

保湿効果が高く、美肌になると話題のニベアパックですが、毎日やるのはオススメできません。

毎日のようにニベアの油分を与え続けると、毛穴づまりを起こしやすくなり、ニキビができやすい肌になってしまう恐れがあるからです。

そのためニベアパックをするなら、週1回のスキンケアとして利用する頻度がベストです。やりすぎ美容にならないように気をつけてくださいね。

ニベアパックの保湿効果でモチモチ肌を手に入れよう!

ニベアパックの効果とやり方、美肌になるスキンケア方法をご紹介しました。ニベアパックは保湿効果が高まることがメインなので、乾燥肌に最適のスキンケアです。

肌がしっかりと保湿されればターンオーバーが活発になり、さまざまな肌トラブルを改善できますよ。
 

こみち
こみちの一言コラム

ニベアパックは保湿効果がバツグン!

乾燥肌やインナードライ肌を保湿して、モチモチ肌を手に入れましょう。

スポンサーリンク