ナイトブラとノンワイヤーブラの違い|代用はできるの?

ナイトブラとノンワイヤーブラは兼用できる?

ナイトブラとノンワイヤーブラって、とっても良く似ていますよね。

ワイヤーブラよりもリラックス感があるし、「ナイトブラに代用できるのでは?」と思っている人も多いはず。
 

こみち
わざわざナイトブラを買わなくても、ノンワイヤーブラを着ければOKかしら?

そこで今回は、ナイトブラとノンワイヤーブラの違いについてご紹介します。

ノンワイヤーブラは、ナイトブラに代用できるのか? という気になる疑問にお答えします。

ナイトブラとノンワイヤーブラの違いとは?

では、ナイトブラとノンワイヤーブラには、どのような違いがあるのでしょうか?

ナイトブラもノンワイヤーブラの一種

ナイトブラはワイヤーが入っていないものが多いので、じつはノンワイヤーブラの一種です。

「だったら、やっぱりノンワイヤーブラは、ナイトブラに代用できるのでは?」と思うことでしょう。

これについては、後ほど詳しくご紹介します。

ナイトブラは、ホックがついていないブラが多い

ナイトブラとノンワイヤーブラの違いは、ホックがついているかどうかです。

ナイトブラは、着けたまま寝るので、ホックなどの金具が当たると痛いし、不快ですよね。

そのため、ナイトブラにはホックがついていないことが多いです。

ナイトブラはストラップの幅が広く、調節できないブラが多い

ナイトブラとノンワイヤーブラの違いは、ストラップの幅が異なることが多いです。

ノンワイヤーブラは、服からストラップが見えないように、比較的細く作られています。

でもナイトブラは、ストラップが見える心配をする必要はないので、太めの幅に作られています。

ストラップが太いほうが、肩にストラップが食い込んで、痛くなるのを防げますよね。

また、寝ている間にストラップがゆるむと困るので、ストラップに伸縮性があり、調節できないナイトブラが多いです。

ナイトブラはアンダーの幅が広く、脂肪をホールドしてくれる

ナイトブラとノンワイヤーブラの違いは、アンダーの幅が異なることが多いです。

昼用のノンワイヤーブラは、物にもよりますが、アンダー部分が普通のブラのように細いものが多いです。

でもナイトブラは、寝ているときに流れてしまう脂肪をしっかりとホールドする機能性が高いので、アンダーの幅が広く作られていることが多いです。

背中の脂肪までしっかりとホールドしてくれるナイトブラも多く、寝ている間にバストの形が崩れるのを防いでくれます。

ワイヤーブラを寝るときにつけるデメリット

ナイトブラとノンワイヤーブラの違いは、だいたいわかりましたが、寝ている間のバストを支えることが大切なら、ワイヤーブラではダメなのでしょうか?

ワイヤーブラを寝るときにつけることは、デメリットしかありません。

ワイヤーブラの締めつけが強く、血行を妨げてしまう恐れがあります。

また、ワイヤーが体に当たって、寝ているときの不快感がスゴイですよね。

安眠の妨げにもなるので、寝るときにワイヤーブラを着けるのは絶対にオススメできません。

ノンワイヤーブラはナイトブラに代用できるの?

では、ノンワイヤーブラは、ナイトブラに代用できるのでしょうか?

結論からいうと、ノンワイヤーブラは、ナイトブラに代用できません。ではこれから、その理由をご紹介していきます。

昼用のノンワイヤーブラは寝る姿勢に対応できない

ノンワイヤーブラがナイトブラに代用できない理由は、寝る姿勢に対応できないからです。

バストは、寝ているときに最も形が崩れやすいと言われています。胸が四方八方に流れて移動して、垂れやすくなる原因にもなります。

昼用のノンワイヤーブラは、以下のような寝るときの姿勢に対応できないのです。

  • 仰向け
  • うつ伏せ
  • 横向き寝

 
昼用のノンワイヤーブラは、立っている姿勢に対応した機能性はあります。それは、胸が下がらないように、持ち上げてくれる機能です。

でも寝ている間は、上記のように様々な姿勢をとります。このようなオールマイティに対応できるのは、ナイトブラだけなのです。

スポーツブラも締めつけが強すぎるのでNG

ナイトブラと良く似た形状のブラに、スポーツブラがあります。

似ているので、ナイトブラに代用できそうですが、じつはNGです。

スポーツブラは、激しい運動をしても胸が揺れないような構造になっているため、締めつけが強すぎるのです。

昼間でも、スポーツブラを長時間つけっぱなしにするのは、オススメできません。

血行が悪くなって、胸の成長に悪影響を及ぼす恐れがあります。

でも、運動によるクーパー靭帯の損傷からは守ってくれるので、スポーツ時には絶対着用することをオススメします。

昼夜兼用ブラは、機能性が最高ではない

ナイトブラと昼用ブラを分けるのは、けっこう大変ですよね。そこで、昼夜兼用のブラも多く販売されています。

ただし、機能性が最高とは言えません。その理由は、昼と夜のブラに求められる機能が違うからです。

求める機能が違うのに、昼も夜も、両方の機能が最高のブラは、なかなか作れませんよね。

そのため、昼用の機能も、夜用の機能も、そこそこ良いという感じになってしまいます。

ナイトブラは、昼用ブラとして使ってもOKなの?

ここまでの説明を見ると、もう1つの疑問がわき上がりますよね。

そうです。ナイトブラを昼用ブラとして使っても大丈夫なのか、ということです。

じつは、これもNGなのです。ナイトブラは夜だけに使うことをオススメします。

ナイトブラは、寝ているときの姿勢に対応していますが、立った姿勢への機能性はそこまで高くありません。

そのため、ナイトブラは寝るときだけに使うようにしましょう。

それに、ナイトブラを昼用ブラと兼用にすると、清潔感が損なわれます。

寝る前にお風呂に入るので、ナイトブラは清潔な体につけています。でも、寝ている間にコップ一杯の汗をかいています。

そのまま昼用ブラとして使用すると、汗臭くなってしまうこともあります。その逆もまた、同じことです。

昼と夜でブラを着けかえるなら、ナイトブラを買ってしまったほうが良いですよね。

ナイトブラに代用できるブラはないの?

ここまで様々なブラについて説明し、ナイトブラには代用できないとご紹介しました。

では何か、ナイトブラに代用できるブラはないのでしょうか?

まだ説明していないブラに「ブラトップ」がありますよね。ブラトップの特徴は、どのようなものでしょうか?

ブラトップは、ホックがついていなくて、ストラップがずり落ちにくくて、ノンワイヤーで締めつけもないですよね。

ここまでの特徴は、ナイトブラと機能性が似ているように感じます。でも、ブラトップもナイトブラに代用はできません。

ナイトブラに1番必要な「ホールド力」がないので、致命的といえるでしょう。

寝るときは、楽なだけではダメなのですね。

いっそノーブラで寝たらダメなの?

寝ているときは、あまり締めつけられるのはイヤですよね。だったら、ノーブラで寝るのはダメなのでしょうか?

先ほども少し説明したように、寝ているときにバストの形が1番崩れるので、寝るときにノーブラなのはオススメできません。

でも、ノーブラが必ずしもダメというわけではないそうです。

ノーブラは締めつけゼロですから、血行の妨げになるものがないので、バストの成長には良いこともあります。

ただし、それは30代前半くらいまでの話です。加齢とともに胸が垂れやすく、形が崩れやすくなりますので、やはりナイトブラを着けることをオススメします。

また、運動時もノーブラは絶対にNGです。激しく胸が揺れると、クーパー靭帯が損傷するので、あっという間に胸が垂れてしまいますよ。

やっぱりシーンによって、ブラを使い分けるのが1番胸にとって良いというわけですね。

ナイトブラは夜だけ着けるのが1番! 昼用とは別々にして。

ナイトブラとノンワイヤーブラの違いと、ノンワイヤーブラをナイトブラとして代用できるのかをご紹介しました。

ナイトブラは夜だけ着けるのが1番です。昼夜兼用ブラではなく、できればナイトブラを購入することをオススメします。
 

こみち
こみちの一言コラム

ナイトブラとノンワイヤーブラは、根本的に機能性が違う。

夜は夜用のナイトブラを、昼は昼用のブラを着けることをオススメします。

スポンサーリンク