ドライヤーを使わないで自然乾燥するとハゲる?正しい髪の乾かし方

ドライヤーはハゲる? 自然乾燥するとハゲる? どっちが正しいの?

あなたはドライヤーを使う派ですか? それとも使わない派ですか?

ドライヤーを使うと「ハゲる」とか「髪が傷む」と聞いたことがあると思いますが、逆にドライヤーを使わないで自然乾燥をすると、ハゲると聞いたことはありませんか?
 

こみち
一体どっちが正しいのかしら?

薄毛対策をしたくても、どっちが正しいかわからないと困りますよね。そこで今回は、ドライヤーを使わないで自然乾燥するとハゲるのか、その真相をご紹介します。

いつまでも髪を健康に保つために、効果的な方法を見ていきましょう。

ドライヤーを使わないで自然乾燥するとハゲる?

「ドライヤーは髪に良くない」というのを聞いたことがある人は多いと思います。また「髪を乾かさないとハゲる」というのを聞いたことがある人も多いと思います。

ドライヤーを使わないで自然乾燥すると、たしかにハゲやすくなります。その理由は、頭皮環境が悪くなったり、髪が傷みやすくなるからです。

そうはいっても、ドライヤーの熱によって頭皮や髪にダメージを与えるのもまた事実です。どちらにも一長一短がありますが、実際のところどちらのほうが薄毛対策になるのでしょうか?

今回は、自然乾燥が良くない理由と、薄毛対策としての正しい髪の乾かし方をご紹介します。

ドライヤーで乾かさず自然乾燥すると良くない理由

ドライヤーで乾かさずに自然乾燥をすると、頭皮環境が悪くなったり、髪が傷みやすくなります。では、その理由は何なのでしょうか?

濡れた髪はキューティクルが開き、傷みやすい状態

自然乾燥すると良くない理由は、髪が傷みやすい状態だからです。濡れた髪はキューティクルが開いた状態なので、摩擦や紫外線などのダメージを受けやすいのです。

そのため髪がパサパサに乾燥したり、髪の栄養分が逃げてしまう原因になります。髪の健康を保つためには、自然乾燥をせずにしっかりと乾かすようにしましょう。

自然乾燥すると頭皮が蒸れて、頭皮環境が悪くなる

自然乾燥すると良くない理由は、頭皮が濡れている状態が長く続くため、湿って蒸れてしまうのです。頭皮が蒸れると雑菌が繁殖しやすくなり、フケやかゆみが出て頭皮環境が悪化します。

また頭皮のニオイも気になるので、清潔ではないですね。頭皮を清潔に保つことも、薄毛対策には大事なポイントですよ。

頭皮が冷えて血行が悪くなる

自然乾燥すると良くない理由は、濡れたままでいると頭皮が冷えて、頭皮の血行が悪くなります。頭皮の血行が悪くなると、抜け毛が増えたり、栄養が毛根まで届きにくくなるなど、薄毛対策に良くない影響を与えます。

また頭皮が冷えるということは、体も冷えて風邪をひきやすくなります。「頭皮環境」と「体の健康」はイコールなので、体が健康でないと薄毛を予防することはできません。

髪のためにも体のためにも、髪をしっかりと乾かしてから寝ましょう。

濡れたまま寝ると枕でこすれて髪が傷む

ドライヤーで乾かさずに寝ると、枕で髪がこすれて傷みやすくなります。濡れている髪はキューティクルが剥がれやすくなっているので、枕との摩擦で髪が傷んでしまうのです。

またキューティクルが開いた状態だと髪の水分がどんどん逃げてしまうので、髪がパサパサになってしまいます。そのためドライヤーで髪を乾かすことが大切です。

薄毛対策としての正しい髪の毛の乾かし方

では、正しい髪の毛の乾かし方はどうすれば良いのでしょうか? 薄毛対策のためにも、正しい乾かし方をすることが大切です。

タオルドライは頭皮までしっかりと拭く

ドライヤーで乾かす前に、しっかりとタオルドライをしておくことが大切です。洗髪後は乾いたタオルで、頭皮までしっかりと拭きましょう。

また髪を拭くときは、タオルで髪をこすり合わせるのはNGです。タオルで髪を挟み、ポンポンとたたくようにして髪の水分を吸いとりましょう。

根元と後頭部から乾かす

薄毛対策のための正しい髪の毛の乾かし方は、「根元」から先に乾かすことが大事。毛先から乾かしても根元が濡れていると、また髪が湿ってしまうのです。

また後頭部は髪が多い場所なので、後頭部を先に乾かすと良いでしょう。頭皮を守るためには、ドライヤーの熱を当てている時間をできるだけ短くすることも大事。

そのためには速く乾かさないといけませんね。早く乾かすためにも、根元と後頭部を先に乾かすことをオススメします。

ドライヤーを近づけすぎたり、同じ場所に長く当て続けない

正しい髪の毛の乾かし方は、ドライヤーを髪や頭皮に近づけ過ぎないこと。また同じ場所に長く当て続けると、髪や頭皮がダメージを受けてしまいます。

注意するポイントは、以下の3つです。

  • 高温にしすぎない
  • 15~20センチくらい離す
  • ドライヤーを揺らしながら当てる

 
この3つのポイントを守れば、髪や頭皮のダメージを最小限に食い止めることができますよ。そのため薄毛対策に効果的です。

最後は冷風でキューティクルを閉じる

薄毛対策のためには、髪の毛の状態も健康にしておくことが大切です。洗髪後は髪のキューティクルが開いた状態になっているので、それを閉じなければ髪がパサパサになってしまいます。

ドライヤーで乾かした髪のキューティクルを閉じるには、最後に冷風を当てることが大事。これでキューティクルが閉じて、髪のダメージを抑えられます。

毛先は少しくらい濡れていてもOK

正しい髪の毛の乾かし方は、毛先まで完璧に乾かさなくてもOKです。毛先にドライヤーの熱を当てすぎると髪が傷んで、その影響が髪全体に広がり、髪がボロボロになってしまうこともあります。

そのため毛先は少しくらい濡れていてもOKです。ただし、頭皮は完全に乾かさないといけませんよ。それが頭皮環境を守るための乾かし方のポイントです。

髪を正しく乾かして薄毛対策をしよう

ドライヤーを使わずに自然乾燥すると薄毛対策に良くない理由をご紹介しました。正しい髪の毛の乾かし方で、頭皮と髪を守りましょう。
 

こみち
こみちの一言コラム

薄毛対策のためには、自然乾燥はNG。ドライヤーで乾かすことが大切です。

ドライヤーのダメージを最小限に食い止める正しい乾かし方で、将来の髪と頭皮を守りましょう。

スポンサーリンク