チューブトレーニングでバストアップ!美しい上向きバストをつくる

チューブトレーニングで上向きバストをつくるバストアップ法

筋トレのイメージが強いチューブトレーニングですが、実はバストアップ効果も期待できます。

胸の大きさは変わっていなくても、だんだん胸の位置が下がってきたと感じている女性にオススメのトレーニング方法です。
 

こみち
年齢とともに胸が垂れてきたような気がするわ。

バストの位置は、加齢とともに下がってきてしまうもの。それを何とかしたいと思っている女性も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、バストアップのためのチューブトレーニングの方法をご紹介します。バストアップのためには、胸の筋肉である「大胸筋」を鍛えることがポイント。

美しい上向きバストをつくるための「大胸筋の鍛え方」を見ていきましょう。

チューブトレーニングのバストアップ効果とは?

「チューブトレーニングって、何だかきつそう」と思うかもしれませんが、バストアップ効果を高めるためには、ゆるいチューブトレーニングがポイントです。

きついと感じるほどのチューブトレーニングをしてしまうと、逆にバストアップ効果がなくなります。

では、チューブトレーニングにはどのようなバストアップ効果が期待できるのでしょうか? チューブトレーニングのメリットをご紹介します。

大胸筋を鍛えて美しい上向きバストをつくる

チューブトレーニングのバストアップ効果は、何といっても大胸筋を鍛えられること。バストの位置が下がってきたと感じたら、大胸筋を鍛えることが大切です。

でも大胸筋を鍛えるバストアップ方法といえば、「腕立て伏せ」や「合掌のポーズ」など、退屈なエクササイズが多いですよね。

でもチューブトレーニングなら、楽しみながらできるのがメリット。それに少しの回数で高いバストアップ効果が期待できるのも嬉しいポイントです。

美しい上向きバストをつくるには、チューブトレーニングが簡単でオススメです。

筋肉を鍛えることで血行を促進し、女性ホルモンを届けやすくする

チューブトレーニングのバストアップ効果は、胸やバスト周辺の血行が良くなること。胸のまわりの血行が悪くなっていると、女性ホルモンが胸まで届かなくなり、バストアップ効果が半減してしまうのです。

チューブトレーニングなら、適度に胸の筋肉を鍛えることで血行が良くなる効果が期待できます。

背中や二の腕など、バスト周辺の筋肉も同時に鍛えられる

チューブトレーニングの良いところは、バストだけでなく、背中や二の腕の筋肉も同時に鍛えられること。

バスト周辺の筋肉が適度に鍛えられると、胸周辺の血行もさらに良くなります。また女性が気になる「二の腕のプニプニ」も解消できるので、一石二鳥です。

肩甲骨のストレッチもできる

チューブトレーニングのやり方によっては、肩甲骨のストレッチもできるのでバストアップ効果が高まります。

バストアップ効果を高めるには、肩甲骨のストレッチも大事なポイント。背中と肩、胸の血行を良くすることが、バストアップ効果を高めてくれます。

肩こりに悩まされている人は、肩こりのせいで胸の血行が悪くなっていることも考えられるので、肩こりも同時に解消して血行を良くすることができます。

ゴムチューブの種類って、どんなのがあるの?

チューブトレーニングに使うゴムチューブには、いくつかの種類があります。どれを使ってもバストアップ効果はありますが、多少やり方が変わってきます。

使いやすいものを使うのが一番ですが、バストアップにオススメなのは持ち手がついているゴムチューブです。

ひも状のゴムチューブ

ひも状のゴムチューブは、好きな長さに切ったり、どこかに縛って使うことができるタイプです。

いろいろな使い方ができますが、縛った場所がほどけてゴムに弾かれないように気をつけてください。

持ち手がついているゴムチューブ

持ち手が両端についてるゴムチューブは、基本的には「ひも状のゴムチューブ」と同じ形状です。

持ち手がついている分、使いやすいのでオススメです。

輪っか状のゴムチューブ

使い方によってはバストアップに効果的ですが、今回ご紹介するチューブトレーニングでは使用しません。

足のトレーニングなどに使いやすいタイプなので、脚やせを目指すなら使ってみてはいかがでしょうか?

8の字のゴムチューブ

両端に持ち手がついていて、8の字になっているゴムチューブです。最近は100均でも売っているので、コスパを考えるなら最強のゴムチューブです。

今回は、このタイプのチューブトレーニングもご紹介します。

美しい上向きバストをつくるチューブトレーニング

では、美しい上向きバストをつくるための「チューブトレーニング」のやり方をご紹介しましょう。どれも簡単なので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

ひも状のゴムチューブか、持ち手がついているひも状のゴムチューブを使っておこなってください。

バタフライ

  1. ひも状のゴムチューブを背中に回し、両手でチューブの端を持ちます。
  2. 肘を伸ばした状態で胸の前まで持っていき、ゆっくりと戻します。
  3. 反動をつけないでゆっくりおこなうことで、大胸筋に効きやすくなります。

 
腕を前に持ってきたときに、大胸筋にキューっと効いているのを感じましょう。そして戻すときもゆっくり動かすと、大胸筋を鍛えることができます。

背すじを伸ばした状態でやるのがポイントです。

チューブローイング

  1. 床に座り、ひも状のゴムチューブを足に引っかけます。
  2. 両手でゴムチューブの端を持ち、胸を張るようにして引っ張ります。
  3. さらに負荷をかける場合は、ゴムチューブを短く持って、同じように引っ張りましょう。

 
このチューブトレーニングが、1番バストアップに効果的です。さらに二の腕と背中の筋肉も鍛えられるので、1粒で3度おいしいお得なトレーニングです。

100均の8の字ゴムチューブでコスパ最強バストアップ

100均でもゴムチューブが売っていますが、8の字になっているタイプが多いです。ひも状になっているタイプもるようですが、8の字ゴムチューブでも充分バストアップ効果があります。

ゴムチューブトレーニングでバストアップ①

この動画で使っているのは「輪っか状のゴムチューブ」ですが、「8の字ゴムチューブ」でもできます。

  1. 右手でゴムチューブを持ち、手のひらを上に向けます
  2. 頭の横くらいに持っていき、ゴムチューブを背中側に下ろします。
  3. 反対の持ち手の部分を左手で持ち、手のひらが後ろを向くようにしましょう。
  4. 左肘を曲げて、右手でゴムチューブを上に引っ張ります。
  5. このときに左の肩甲骨が同時にストレッチされるのがメリットです。
  6. 反対側も同じようにやりましょう。

 
このチューブトレーニングは、大胸筋を鍛えるだけでなく、「肩甲骨のストレッチ」も同時にできるのが最大のメリット!

美しい上向きバストをつくるためには、肩甲骨のストレッチも重要なポイントなのです。肩甲骨をストレッチするメリットは、バストの血行が良くなること。

バストアップのためには、胸の血行を良くすることはもちろん、ちょうど胸の裏側にある「肩甲骨」の血行を良くすることも大切なのです。

ゴムチューブトレーニングでバストアップ②

  1. ゴムチューブを両手で持ち、頭の後ろくらいの高さに持っていきます。
  2. 手のひらを外側もしくは上に向けて、両側に引っ張ります。
  3. 腕よりも胸に効かすためには、あまり思いっきり引っ張り過ぎないこと。
  4. 姿勢を良くしておこなってください。

 
手のひらを外側もしくは上に向けて引っ張るのがポイントです。手のひらが前に向いていると、腕に効きやすくなるので気をつけましょう。

胸の筋肉を使っていることを意識しておこなってください。

ゴムチューブトレーニングでバストアップ③

  1. 片方の足にゴムチューブをひっかけて、片手で引っ張ります。
  2. 脇を開いて、肘を高くしておこなうと大胸筋に効きます。
  3. 二の腕の引き締め効果もあります。

 
チューブトレーニングでご紹介した「チューブローイング」を片側ずつやるトレーニング方法です。

8の字ゴムチューブでも簡単にできます。脇を開いて、肘を高くしておこなうのがポイントです。

チューブトレーニング後はバストマッサージとストレッチでほぐすのが必須

チューブトレーニングでバストアップする方法をご紹介しましたが、1つだけ注意点があるとすれば「やりすぎないこと」です。

大胸筋を鍛えることで上向きバストをつくることができますが、やり過ぎると胸の脂肪が減ってしまったり、胸が硬くなってしまうことがあるので気をつけましょう。

使った筋肉はしっかりほぐすことが大切なので、チューブトレーニングの後は「バストマッサージ」と「ストレッチ」を必ずおこないましょう。

バストマッサージは、お風呂でバストの上側を手のひらでマッサージするのがオススメ。やさしくほぐすように揉んでみましょう。

そして、胸を張るようにするストレッチも効果的。両手を後ろで組んで、胸を開きましょう。お風呂上がりにやるのがオススメです。

大胸筋に限ったことではありませんが、「筋肉を鍛える」ことと「ほぐす」ことはセットです。

上向きバストをつくるバストアップ法はチューブトレーニングがオススメ!

チューブトレーニングで上向きバストをつくるバストアップ方法をご紹介しました。

二の腕の引き締めや、肩甲骨のストレッチ効果もあるゴムチューブで、効果的にバストアップをしていきましょう。
 

こみち
こみちの一言コラム

チューブトレーニングは毎日かんたんにできるバストアップ方法です。

回数をやり過ぎないように注意して、終わったらマッサージやストレッチを忘れずにおこないましょう。

スポンサーリンク