シャンプーのいい香りを長持ちさせる方法

シャンプーの香りを長く残してイイ女度アップ!

通り過ぎたときに、ふわっといい香りがする女性って魅力的ですよね。
きっと男性は、そんな女性にメロメロになっちゃうはずです。
 

こみち
いい香りがする女性には憧れるけど、シャンプーの香りを長持ちさせる方法ってあるのかしら?

シャンプーの香りがする人としない人がいるのには、理由があります。
それは、髪や頭皮に何らかの問題があるからです。

正しいヘアケアをすれば、シャンプーのいい香りを長く漂わせることができますよ。
これをマスターすれば、気になる男性を振り向かせることができるかもしれませんね。

女性のシャンプーの香りに引き寄せられる男性多し!

「シャンプーのいい香りがする女性が通り過ぎると、思わず振り返ってしまう」という男性は、かなり多いようです。

いい香りが忘れられなくて、その人のことが頭から離れなくなる男性もいるんだとか。
シャンプーの香りは、それほどまでに男性を惹きつけていたんですね。

いかにもセクシーな香水の香りよりも、自然なシャンプーの香りのほうが好きという男性が圧倒的に多いです。

また、いい香りがする女性が近くにいると、このままずっと一緒にいたくなるそうですよ。
好きな男性がいる人は、シャンプーの香りを漂わせれば、恋が成就するかもしれませんね。

女性としての魅力をアップするためにも、まずはシャンプーの香りが持続しない原因についてご紹介します。

シャンプーの香りが持続しない原因とは?

シャンプーのいい香りが持続しない原因を知ることで、香りを長持ちさせるコツがわかります。
考えてみれば当然のことですが、今日から気をつけてみてくださいね。

髪が傷んでいるとシャンプーのいい香りが持続しない

シャンプーのいい香りが持続しない原因は、髪が傷んでキューティクルが剥がれているからです。
キューティクルとは、髪の毛の表面にあるうろこのように重なった層のこと。

キューティクルが剥がれる原因は、ドライヤーの当てすぎやヘアアイロンなどによるダメージです。
また、シャンプーの仕方やタオルドライのやり方によっても、キューティクルを剥がしてしまう原因になります。

キューティクルがめくれあがっていると、空気中の臭いをキャッチしやすくなり、シャンプーのいい香りを持続させることができなくなってしまうのです。

頭皮に皮脂や汚れがあると、シャンプーのいい香りが持続しない

シャンプーのいい香りが持続しない原因は、頭皮環境が悪いからです。
頭皮に皮脂や汚れがあると、その臭いが髪の毛にもうつり、シャンプーのいい香りを消してしまうのです。

頭皮環境が悪くなる原因は、食生活やストレスなどによる皮脂の過剰分泌。
または、頭皮が乾燥しやすいシャンプーを使っていると、乾燥を補うために皮脂が過剰に出てしまうのかもしれません。

「高級アルコール系シャンプー」は、頭皮の皮脂をとり過ぎてしまうため、頭皮が乾燥しやすくなります。「ラウレス硫酸」や「ラウリル硫酸」の表示があるものは、高級アルコール系シャンプーです。

頭皮の皮脂をとり過ぎず、やさしく洗い上げるのは、「アミノ酸系シャンプー」です。「ココイル」や「ラウロイル」の表示があるものは、アミノ酸系シャンプーです。

タバコの煙はシャンプーの香りを消してしまう

シャンプーのいい香りが持続しない原因は、タバコの煙が多い場所にいることが多いからです。
自分で吸っている人はもちろん、タバコの煙のそばにいると、髪だけでなく、全身に臭いが染みついてしまいますよね。

シャンプーのいい香りを長持ちさせたいなら、タバコはやめたほうが良いかもしれません。

シャンプーのいい香りを長持ちさせる方法

シャンプーのいい香りを長持ちさせる方法は、シャンプーの仕方にポイントがあります。
また、シャンプー後のヘアケアの方法もしっかりチェックしてくださいね。

シャンプー前のブラッシングでシャンプーの効果を高める

シャンプーのいい香りを長持ちさせる方法は、シャンプー前の乾いた髪をブラッシングすることです。
濡れた髪をブラッシングすると、髪が傷みやすくなるのでご注意ください。

1日過ごした髪の毛には、目には見えない汚れやホコリがたくさん付着しています。
髪を濡らす前にとらないと、シャンプーしても髪に残ってしまい、シャンプーの香りが持続しにくくなります。

シャンプー前にぬるま湯で洗い、汚れをしっかり落とす

シャンプーのいい香りを長持ちさせる方法は、シャンプーで洗う前に、38℃くらいのぬるま湯で洗うことです。
これを「予備洗い」と言います。

髪や頭皮の汚れは、シャンプーで落とすものだと思っている人が多いですが、じつはぬるま湯だけで7~8割の汚れを落とせるのです。

この予備洗いをすることで、シャンプーの泡立ちがよくなり、髪や頭皮の汚れをしっかり落とすことができます。
汚れが落ちれば、シャンプーのいい香りが長持ちしやすくなります。

香りの強いシャンプーをしっかり泡立てるのがポイント

シャンプーのいい香りを長持ちさせる方法は、香りの弱いシャンプーを使うよりは、香りの強いシャンプーを使ったほうが効果的です。
また、シャンプーをしっかりと泡立ててから髪につけることで、髪への刺激をおさえることができます。

つまり、泡立てたシャンプーは髪が傷みにくくなるということ。
シャンプーを手のひらの上で、モコモコの泡にしてから髪につければ、いい香りを長持ちさせることができますよ。

シャンプーのすすぎ残しは絶対にNG

シャンプーのいい香りを長持ちさせる方法で、絶対に気をつけなければいけないポイントは、「シャンプーのすすぎ残し」です。

シャンプーのいい香りを長持ちさせるには、シャンプーが残っていたほうが良さそうな気がしますよね。
でも、じつは逆効果になってしまうのです。

シャンプーが髪に残っているということは、頭皮にもシャンプーが残っている可能性があります。
すると頭皮環境が悪くなり、頭皮の臭いでいい香りを消してしまいます。

また、シャンプーは汚れを落とすためにするものですよね。ということは、シャンプーには汚れが混ざっています。
それが髪や頭皮に残ると、単純に汚いと思いませんか? そのためしっかりと洗い流すことが重要です。

洗い流さないトリートメントで髪のダメージを補修

シャンプーのいい香りが持続しない原因は、髪のダメージだとご紹介しましたよね。
そのため、傷んだ髪を補修することで、シャンプーのいい香りを長持ちさせることができます。

シャンプー後に「洗い流さないトリートメント」をつけることで、長時間にわたって髪のダメージを補修してくれます。

ただし、頭皮につけてはダメ。頭皮につけてしまうと、頭皮環境が悪くなるとともに、頭皮が複雑な臭いになってしまいます。

香りが混ざらないように、シャンプーとトリートメントは同じ香りを

シャンプーのいい香りを長持ちさせる方法は、同じ匂いのシャンプーとトリートメントを使うのがポイントです。
ちがう匂いが混ざると、お互いにいい香りだとしても、微妙な香りになってしまいます。

同じメーカーの同じ香りのシャンプーを選ぶようにしましょう。

頭皮環境を良くするため、髪の毛はしっかり乾かす

シャンプーのいい香りを長持ちさせる方法は、髪の毛をしっかりと乾かすことがポイント。
ドライヤーをかけると確かに髪は傷みますが、かけ方に注意すれば、髪のダメージを防ぐことができます。

髪の毛を乾かさないと、頭皮が湿った状態になり、頭皮に雑菌が繁殖してしまいます。
これではシャンプーのいい香りを持続させるどころか、イヤな臭いを発してしまうでしょう。

ドライヤーは頭皮や髪の毛に近づけすぎず、20センチくらい離せば、ダメージを抑えられます。
また、頭皮に近い根元から乾かすことで、頭皮に雑菌が繁殖しにくくなります。

さらにドライヤーの前にタオルドライをしますが、髪をこすり合わせると傷むので、ポンポンと軽くたたくように水分を吸い取りましょう。

シャンプーのいい香りを漂わせて、まわりを魅了しちゃおう!

シャンプーのいい香りを長持ちさせる方法をご紹介しました。
原因となる「髪のダメージ」や「頭皮環境の悪化」を防ぎ、「シャンプーの仕方」と「髪の乾かし方」でいい香りを持続させましょう。
 

こみち
こみちの一言コラム

シャンプーのいい香りは、男性を魅了する効果アリ!
髪や頭皮をキレイにして、いい香りを漂わせよう。

スポンサーリンク